Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
133 lines (89 sloc) 4.39 KB

移植作業マニュアル

新規言語の実装開始

ディレクトリを作成し、言語固有のdocker-composeファイルを作成する。

mkdir webapp/${LANGUAGE}
cp webapp/docker-compose.go.yml webapp/docker-compose.${LANGUAGE}.yml

Dockerfileを作成する

${EDITOR} webapp/${LANGUAGE}/Dockerfile

8000番ポートでアプリケーションが動作するようにコンテナイメージを作成してください。

また、ソースコードは実行時にVolumeでマウントするようにし、イメージにはソースコードを含めないでください。

起動と動作確認

docker-composeでコンテナを起動すると、webapp、MySQL、Nginx、外部決済サービスが起動します。

export LANGUAGE=go
docker-compose -f webapp/docker-compose.yml -f webapp/docker-compose.${LANGUAGE}.yml build
docker-compose -f webapp/docker-compose.yml -f webapp/docker-compose.${LANGUAGE}.yml up

コードの変更時にwebappが自動で再起動しない場合には以下のコマンドでwebappコンテナだけ再起動することができます。

export LANGUAGE=go
docker-compose -f webapp/docker-compose.yml -f webapp/docker-compose.${LANGUAGE}.yml restart webapp

起動すると、 http://localhost:8080 でフロントエンドとwebapp両方にアクセスできます。

ベンチマークの実行

ベンチマーカーのディレクトリに移動し、バイナリをビルドする

cd bench
make

ベンチマーカーが必要とする情報を集める

以下に、案内通りの起動を行なった場合の情報を記載します

初期状態のwebappはあまりにも遅いので、インデックスを貼る

これをしないと、ベンチマーカーが即失格判定を出してしまい、ちゃんとした検証ができません

まずは、コンテナのシェルを立ち上げ、mysqlログインします

$ docker exec -it webapp_mysql_1 mysql -uroot -ppassword isutrain

以下のようにインデックスを貼ります (数分くらいで終わります)

mysql> create index train_timetable_master01 ON train_timetable_master (date, train_class, train_name, station);

ベンチマーカーを起動する

bench/bin/bench_darwin run --payment=http://localhost:5000 --target=http://localhost:8080 --assetdir=webapp/frontend/dist

実装時の注意点

環境変数の利用

データベースの接続情報や、外部APIのURLは必ず .env ファイルに存在する環境変数を使ってください。

環境変数が設定されていない場合のデフォルト値はGolangの参考実装を元にしてください。

利用すべき環境変数

  • MYSQL_HOSTNAME
    • MySQLサーバのホスト名
  • MYSQL_DATABASE
    • MySQLサーバのデータベース名
  • MYSQL_USER
    • MySQLサーバへの接続ユーザー名
  • MYSQL_PASSWORD
    • MySQLサーバへの接続パスワード
  • PAYMENT_API
    • 決済代行サービスURL

PAYMENT_APIは環境変数が入っていない場合、webappからのリクエストは http://payment:5000 へ投げ、 /settings で応答するコンテンツは http://localhost:5000 を返してください。

データベースのスキーム

データベースのスキームは変更しないでください。

fixtureのインポート方法

docker-composeを利用する場合、初期データが投入された状態で起動します。

docker-composeを使わない場合、 CREATE DATABSE isutrain してから webapp/sql/ 以下の.sqlファイルを順にmysqlコマンドで取り込んでいくことでfixtureを投入できる

sudo mysql < webapp/sql/01_schema.sql
sudo mysql < webapp/sql/90_train.sql
sudo mysql < webapp/sql/91_station.sql
sudo mysql < webapp/sql/92_fare.sql
sudo mysql < webapp/sql/93_seat.sql
sudo mysql < webapp/sql/94_0_train_timetable.sql
sudo mysql < webapp/sql/94_1_train_timetable.sql
sudo mysql < webapp/sql/94_2_train_timetable.sql
sudo mysql < webapp/sql/94_3_train_timetable.sql
sudo mysql < webapp/sql/94_4_train_timetable.sql
sudo mysql < webapp/sql/94_5_train_timetable.sql
sudo mysql < webapp/sql/99_fixture.sql
You can’t perform that action at this time.