Skip to content
Go TypeScript PHP Perl Python Ruby Other
Branch: master
Clone or download
Latest commit 7be31ce Sep 13, 2019
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bench [bench] replace new_item to new_items Sep 8, 2019
bin add Makefile Aug 6, 2019
cmd [bench] log score Sep 6, 2019
docs add faq Sep 9, 2019
initial-data fixed keyword Sep 8, 2019
provisioning 競技者向け開発用の外部サービスという表現にする Sep 8, 2019
webapp Create README.md Sep 13, 2019
.gitignore [manual] about security risk alert Sep 6, 2019
LICENSE doc: fixed names in license. Sep 8, 2019
Makefile makefile: removed fmt target. Aug 30, 2019
README.md Update README.md Sep 13, 2019
go.mod remove xerrors Aug 21, 2019
go.sum remove xerrors Aug 21, 2019

README.md

isucon9-qualify

ディレクトリ構成

├── bench        # ベンチマーカーなどが依存するパッケージのソースコード
├── cmd          # ベンチマーカーなどのソースコード
├── docs         # 運営が用意した各種ドキュメント
├── initial-data # 初期データ作成
├── provisioning # セットアップ用ansible
└── webapp       # 各言語の参考実装

アプリケーションおよびベンチマーカーの起動方法

こちらのblogでも紹介しています。参考にしてください http://isucon.net/archives/53805209.html

前準備

# 初期データ作成
$ cd initial-data
$ make

# 初期画像データダウンロード

$ cd webapp/public
# GitHub releases から initial.zip をダウンロード
$ unzip initial.zip
$ rm -rf upload
$ mv v3_initial_data upload

# ベンチマーク用画像データダウンロード

$ cd initial-data
# GitHub releases から bench1.zip をダウンロード
$ unzip bench1.zip
$ rm -rf images
$ mv v3_bench1 images

$ make
$ ./bin/benchmarker

ベンチマーカー

Version: Go 1.13 or later

実行オプション

$ ./bin/benchmarker -help
Usage of isucon9q:
  -allowed-ips string
        allowed ips (comma separated)
  -data-dir string
        data directory (default "initial-data")
  -payment-port int
        payment service port (default 5555)
  -payment-url string
        payment url (default "http://localhost:5555")
  -shipment-port int
        shipment service port (default 7000)
  -shipment-url string
        shipment url (default "http://localhost:7000")
  -static-dir string
        static file directory (default "webapp/public/static")
  -target-host string
        target host (default "isucon9.catatsuy.org")
  -target-url string
        target url (default "http://127.0.0.1:8000")
  • HTTPとHTTPSに両対応
    • 証明書を検証するのでHTTPSは面倒
  • 外部サービス2つを自前で起動するので、いい感じにするならnginxを立てている必要がある
  • nginxでいい感じにするなら以下の設定が必須

外部サービス

実行オプション

$ ./bin/shipment -help
Usage of shipment:
  -data-dir string
        data directory (default "initial-data")

paymentはオプションなし。

注意点

nginxでいい感じにするなら以下の設定が必須

  • proxy_set_header Host $http_host;
    • shipmentのみ必須
  • proxy_set_header X-Forwarded-Proto "https";
    • HTTPSでないなら不要

webapp 起動方法

cd webapp/sql

# databaseとuserを初期化する
mysql -u root < 00_create_database.sql

# データを流し込む
./init.sh

cd webapp/go
make
./isucari

サポートするMySQLのバージョン

MySQL 5.7および8.0にて動作確認しています。

ただし、nodejsでアプケーションを起動する場合、MySQL 8.0の認証方式によっては動作しないことがあります。 詳しくは、 https://github.com/isucon/isucon9-qualify/pull/316 を参考にしてください

使用データの取得元

You can’t perform that action at this time.