Skip to content
No description, website, or topics provided.
Branch: master
Clone or download
Latest commit 5680167 Dec 28, 2017
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Assets TextureFormat.R16 で行けるように変更。ついでにHSVで回す Dec 27, 2017
Packages 1st commit Dec 6, 2017
ProjectSettings RunInBackground Dec 26, 2017
UnityPackageManager 1st commit Dec 6, 2017
.gitignore 1st commit Dec 6, 2017
README.md readme 更新 Dec 28, 2017

README.md

これは

Unity で Kinect V2 の Depth 画像を、点群として見るソフトです

image

Unity 2017.3 から、Mesh が 32bit index buffer をサポートしました。 (リリースノート) これにより、65536頂点以上の頂点を持つ Mesh オブジェクトを扱えるようになっています。

できること

  • Kinect v2 のデプス画像 (512x424 pixels, 8000階調[16bit]) を、間引くことなくポイントクラウド風に表示する

できないこと

  • KinectSDK をつかった CameraSpace への展開をしていません。「それっぽい」展開を独自実装しています
  • カラー画像とのマッピングが出来る設計になっていません。

リファレンス

先に keijiro さんがこの機能を利用して、PCLのデータをインポートするエディタ拡張を作られていて、これが出来るなら Kinect V2 のデプスデータも似たような感じで扱えるのでは、と思って、参考にしながら作ってみました。

実行

環境

  • Windows 10 x64
  • Unity 2017.3.0f3 (2017/12/23現在)
  • Visual Studio Community 2017 (これは依存してないと思う)
  • KinectSDK-v2.0_1409

必要なアセット

手順

  • あらかじめ KinectSDK を入れて、標準のビューワでデータが見られることを確認しておく
  • 本リポジトリをDLして、Unityで開く
  • Kinect for Windows SDK 2.0 Unity Pro Add-in の .unitypackage を展開する
  • Main.unity シーンを開く
  • 実行する

調整

  • KinectDepthBasic マテリアル (KinectDepthBasic シェーダ) の Displacement の値を調整することで、デプスの奥方向への広げ方を調整出来ます。
You can’t perform that action at this time.