Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
62 lines (35 sloc) 4.51 KB

Outlook メール API と Ruby on Rails の使用を開始する

このサンプル アプリは https://docs.microsoft.com/ja-jp/outlook/rest/ruby-tutorial のチュートリアルの結果を示します。 このチュートリアルを実行すると、このリポジトリ内のコードに非常に近い結果が得られるはずです。

注: Microsoft Graph ではなく、Outlook API を直接使用するチュートリアル バージョンをお探しの場合は、 outlook-api ブランチをご覧ください。 Microsoft は、メール、予定表、連絡先へのアクセスに Microsoft Graph を使用することをお勧めしています。 Graph エンドポイントで利用できない機能が必要な場合にのみ、Outlook API を直接 (https://outlook.office.com/api から) 使用してください。

サンプルの実行

このチュートリアルを実行せず、このリポジトリをダウンロードして試すだけの場合は、最初にいくつかの操作を実行する必要があります。

開発環境のセットアップ

このガイドは、以下を前提としています。

  • Ruby on Rails がインストール済みで、開発用コンピューターで動作すること。
  • Office 365 のテナントを持ち、そのテナントのアカウントにアクセス権があること、または Outlook.com のアカウントを持っていること。

アプリを登録する

クライアント ID とシークレットを素早く取得するには、https://apps.dev.microsoft.com にアクセスします。サインインのボタンを使用し、Microsoft アカウント (Outlook.com) か職場または学校アカウント (Office 365) のいずれかを使用してサインインします。

アプリケーション登録ポータル サインイン ページ

サインインしたら、[アプリの追加] をクリックします。名前に「o365-tutorial」を入力し、[アプリケーションの作成] をクリックします。アプリを作成したら、[アプリケーション シークレット] セクションを検索し、[新しいパスワードを生成する] をクリックします。ここでパスワードをコピーし、安全な場所に保存します。パスワードをコピーしたら、[OK] をクリックします。

新しいパスワードのダイアログ。

[プラットフォーム] セクションを検索し、[プラットフォームの追加] をクリックします。[Web] を選択し、[リダイレクト URI] に「http://localhost:3000/authorize」を入力します。[保存] をクリックし、登録を完了します。[アプリケーション ID] をコピーし、先ほどコピーしたパスワードとともに保存します。後ほど、これらの値が必要になります。

完了後のアプリケーション登録の詳細は、次のように表示されます。

完了後の登録のプロパティ。

これが完了すると、クライアント ID とシークレットが得られます。auth_helper.rb<YOUR APP ID HERE><YOUR APP PASSWORD HERE> のプレースホルダーをこれらの値に置き換え、変更内容を保存します。

依存関係をインストールしてプロジェクトを初期化する

このプロジェクトのルートでコマンド プロンプト/シェルから次のコマンドを実行します。

bundle install
rails db:migrate

Rails サーバーを起動する

このプロジェクトのルートでコマンド プロンプト/シェルから次のコマンドを実行します。

rails server

http://localhost:3000 を参照します。

Copyright

Copyright (c) Microsoft.All rights reserved.


Twitter (@JasonJohMSFT) をぜひフォローしてください。

Outlook/Exchange 開発ブログをフォローする