Skip to content
チームもつなべ「プレゼンチェッカー」
Python HTML Jupyter Notebook CSS
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
data
docs
models
results
static
templates
uploads
.gitignore
LICENSE
README.md
api.py
image.png
requierments.txt
score_trainer.ipynb
server.py
sound.py

README.md

プレゼンテーションチェッカー

製品概要

プレゼンテーション x Tech

プレゼンチェッカー

背景(製品開発のきっかけ、課題等)

プレゼンテーションにおいて、視線の運び方や話す声の大きさやトーンの抑揚は、
聞き手を惹き込むためにとても大事なものである。
しかし、実際に自分が視線抑揚をうまく使えているか客観的に判断することは難しい。
そこで、私達はこれらを数値化することで、プレゼンテーションスキルを客観的に判断できるアプリを考えた。

製品説明(具体的な製品の説明)

特長

1. プレゼンテーションのスキルを数値化できる

  • 視線や抑揚に基づいて、聞き手を惹きつけられるトークができているかを判定

2. 視線推定技術(NEC遠隔視線推定API)を用いて、プレゼンターの視線を解析

  • 左右 => 左右に視線に偏りがないか
  • 上下 => 下を向いていないか
  • 分布 => 全体を見渡せているか

3. フーリエ変換を用いて、プレゼンターの声の抑揚を解析

  • 声の大きさの分布
  • 声のトーンの分布

使用方法

  1. プレゼンテーションを撮影し、動画をアップロード
  2. 視線抑揚の観点から採点結果が表示される
  3. プレゼンターの視線データを表示した動画をダウンロードすることもできる

解決出来ること

プレゼンテーションスキルの向上

今後の展望

現在、プレゼンテーションのスコアは経験則に基づいたパラメータを設定している。 今後は、機械学習を用いたパラメータ設定ができるようにしたい。
また、文字起こしと抑揚の時系列データを利用し、 抑揚のタイミングに関するフィードバックを得られる機能を搭載することも考えている.

開発内容・開発技術

活用した技術

API・データ

  • NEC遠隔視線推定API
  • WebAudioAPI

フレームワーク・ライブラリ・モジュール

独自開発技術(Hack Dayで開発したもの)

2日間に開発した独自の機能・技術

  • フーリエ変換を用いた声の抑揚の抽出
  • 視線データと抑揚のデータからプレゼンテーションスキルを数値化
  • 視線データを表示した動画の生成
You can’t perform that action at this time.