Skip to content
No description, website, or topics provided.
Swift JavaScript Python HTML Ruby CSS Shell
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
A-nimo.xcodeproj
A-nimo.xcworkspace
JPHACKS_team5.5G
Pods
Raspberry_Pi
docs
server
.gitignore
Cartfile
LICENSE
Podfile
Podfile.lock
README.md
_image.png
image.png

README.md

A-nimo ー安心・安全な荷物デバイスー

Product Name

製品概要

荷物 × Tech

背景(製品開発のきっかけ、課題等)

カフェに行ったときに、トイレや飲み物を買いに行くなどで席を立つ時がある。一人のときには荷物を見てくれる人がいないので、盗まれる心配がある。そこで、誰でも安心して席を離れることができるデバイスを開発した。 類似商品として、忘れ物防止タグが販売されている。これらは盗まれたことを検知できるが、リアルタイムで荷物の状態を確認することができない。本製品では、荷物の盗難危険度をリアルタイム表示することで、より安心して荷物から離れることができるようになる。

製品説明(具体的な製品の説明)

本製品は加速度センサを用いて荷物が盗まれていないかを検知する。加速度が大きく変化していると盗まれそうになっていると判断し、スマートフォンに通知する。

特長

1. 特長1

荷物から離れるときと荷物が盗まれそうになったときにスマートフォンに通知する。通知は、Bluetoothの電波強度をもとに、荷物から距離が離れている場合のみ行う。盗まれそうな状態のときに通知が来ることによって、盗難を未然に防ぐことができる。従来の忘れ物防止タグでは、盗まれたあとに検知できるが、盗まれそうなことを検知できない。本製品は盗まれそうな状態を知ることができるため、より安心して荷物から離れることができる。

2. 特長2

加速度をもとに荷物の盗難危険度を推定し、スマートフォンでリアルタイムに確認できる。これにより、離れていても荷物の状態を確認することができる。

3. 特長3

荷物が盗まれそうになった時間の履歴を表示することができる。これにより、もし盗まれてしまったときには、いつ盗まれたのかを把握することができる。

解決出来ること

荷物の心配をすることなくカフェで席を立つことができる。

今後の展望

現状、Bluetoothのみで位置を特定しているが、GPSを搭載することで荷物が盗まれてしまった場合や置き忘れてしまった場合に、より正確な荷物の位置を知ることができる。

開発内容・開発技術

活用した技術

フレームワーク・ライブラリ・モジュール

  • サーバ
    • Amazon EC2
    • Amazon DynamoDB
    • Node.js
    • Apple Push Notification Service
  • iPhone
    • Swift
  • Raspberry Pi Zero
    • Python

デバイス

  • iPhone
  • Raspberry Pi Zero
  • 加速度センサ

独自開発技術(Hack Dayで開発したもの)

2日間に開発した独自の機能・技術

  • 加速度センサの情報を用いた荷物の盗難危険度を推定
  • スマートフォン上における荷物の盗難危険度のリアルタイム表示
  • Bluetoothの電波強度を用いたデバイスとスマートフォンの距離推定
  • 荷物から離れたときと荷物が盗まれそうになったときのスマートフォンへの通知
You can’t perform that action at this time.