Skip to content
Permalink
master
Go to file
1 contributor

Users who have contributed to this file

162 lines (123 sloc) 7.8 KB
======================================================================
Large Vocabulary Continuous Speech
Recognition Engine
Julius
(Rev 4.6 2020/09/02)
(Rev 4.5 2019/01/02)
(Rev 4.4.2 2016/09/12)
(Rev 4.4 2016/08/30)
(Rev 4.3.1 2014/01/15)
(Rev 4.3 2013/12/25)
(Rev 4.2.3 2013/06/30)
(Rev 4.2.2 2012/08/01)
(Rev 4.2.1 2011/12/25)
(Rev 4.2 2011/05/01)
(Rev 4.1.5 2010/06/04)
(Rev 4.1 2008/10/03)
(Rev 4.0.2 2008/05/27)
(Rev 4.0 2007/12/19)
(Rev 3.5.3 2006/12/29)
(Rev 3.4.2 2004/04/30)
(Rev 2.0 1999/02/20)
(Rev 1.0 1998/02/20)
Copyright (c) 1991-2020 京都大学 河原研究室
Copyright (c) 1997-2000 情報処理振興事業協会(IPA)
Copyright (c) 2000-2005 奈良先端科学技術大学院大学 鹿野研究室
Copyright (c) 2005-2020 名古屋工業大学 Julius開発チーム
All rights reserved
======================================================================
Julius について
=================
Julius は,音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能
な汎用大語彙連続音声認識エンジンです.数万語彙の連続音声認識を一般のPC
上でほぼ実時間で実行できます.また,高い汎用性を持ち,発音辞書や言語モ
デル・音響モデルなどの音声認識の各モジュールを組み替えることで,様々な
幅広い用途に応用できます. 動作プラットフォームは Linux, Windows, iOS,
Android, その他の環境です.
What's new in Julius-4.6
==========================
Julius-4.6 はマイナーリリースです。主な変更点は以下のとおりです。
- DNN-HMM 計算での CUDA サポート (Linux + CUDA-8,9,10 でのみ動作確認)
- 1パス文法認識の実装
- DNN-HMM で出力が log10 化されていないモデルのサポート
- 特徴量正規化モードを追加:平均は入力自身、分散は固定値を使うモード
- Visual Studio 2017 でのビルド全面対応 (msvc/Julius.sln)
- 不具合の修正
- 修正BSDライセンスへ移行
全ての変更の詳細は同梱の Release-ja.txt をご覧ください。
UTF-8への移行について
======================
バージョン4.5以前はテキストエンコーディングとして SJISや EUC が混在していましたが、
バージョン4.5から全て UTF-8 に変換されました.
バージョン4.5の時点でのテキストエンコード変換前のコードを
"master-4.5-legacy" ブランチで保存してあります.4.5 リリース以前の
コードから 4.5 までの差分を見る場合はそちらのブランチを checkout して
ください.
Julius-4.6 のファイルの構成
=============================
00readme-ja.txt 最初に読む文書(このファイル)
LICENSE.txt ライセンス条項
Release-ja.txt リリースノート/変更履歴
00readme-DNN.txt DNN-HMM の使い方説明
configure configureスクリプト
configure.in
Sample.jconf jconf 設定ファイルサンプル
Sample.dnnconf DNN 設定ファイルのサンプル
julius/ Julius ソース
libjulius/ JuliusLib コアエンジンライブラリ ソース
libsent/ JuliusLib 汎用ライブラリ ソース
adinrec/ 録音ツール adinrec
adintool/ 音声録音/送受信ツール adintool
generate-ngram/ N-gram文生成ツール
gramtools/ 文法作成ツール群
jcontrol/ サンプルネットワーククライアント jcontrol
mkbingram/ バイナリN-gram作成ツール mkbingram
mkbinhmm/ バイナリHMM作成ツール mkbinhmm
mkgshmm/ GMS用音響モデル変換ツール mkgshmm
mkss/ ノイズ平均スペクトル算出ツール mkss
support/ 開発用スクリプト
jclient-perl/ A simple perl version of module mode client
plugin/ プラグインソースコードのサンプルと仕様文書
man/ マニュアル類
msvc/ Microsoft Visual Studio 2013 用ファイル
dnntools/ Sample programs for dnn and vecnet client
binlm2arpa/ バイナリN-gramからARPAへの変換ツール
ライセンスおよび引用
=====================
Juliusのコードは modified BSD License (BSD-3-Clause License) のもとで公開されています.
上記ライセンスによる利用条件のほか、本ソフトウェアを利用して得られた知見に関して発表を行な
う際には、「大語彙連続音声認識エンジン Julius」を利用したことを明記し、可能であれば
適切な参照あるいは引用を示すことを強くお勧めします.このようにしていただくことで、読者が
Julius の情報へ容易にアクセスできるようになるほか、Julius の利用様態の可視化が促進され、
Juliusおよび関連ソフトウェアの今後の開発・拡張につながります.
参照は、Juliusのホームページ(https://julius.osdn.jp) あるいは GitHub のページ
(https://github.com/julius-speech/julius) へリンクしてください.
文献における引用は、下記のJulius に関する論文を引用いただくか、
A. Lee, T. Kawahara and K. Shikano. "Julius --- An Open Source Real-Time Large Vocabulary
Recognition Engine". In Proc. EUROSPEECH, pp.1691--1694, 2001.
A. Lee and T. Kawahara. "Recent Development of Open-Source Speech Recognition Engine Julius"
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference
(APSIPA ASC), 2009.
あるいはこのソフトウェアを直接下記の要領で引用いただくか
A. Lee and T. Kawahara: Julius v4.5 (2019) https://doi.org/10.5281/zenodo.2530395
あるいは両方をご使用ください.
GitHub への移行について
========================
Julius のコード開発は2016年より GitHub へ移行しました.開発者向けの
最新のソースコード・各種実行キット・開発情報の公開・共有および
フォーラム運営は GitHub にて行っています.
Julius on GitHub
https://github.com/julius-speech/julius
ホームページには一般向けのお知らせやキットのリンク、日本語の情報等が
掲載されます.こちらもご活用下さい.
旧 Julius Web サイト
http://julius.osdn.jp/
連絡先
===========
Julius 開発に関するご質問・お問い合わせは主に GitHub 上で承っております.
Julius on GitHub
https://github.com/julius-speech/julius
あるいは下記のメールアドレスまでお問い合わせ下さい
('at' を '@' に読み替えてください)
julius-info at lists.sourceforge.jp
以上
You can’t perform that action at this time.