Convert .erb to .blade.php for Laravel command.
Switch branches/tags
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
sources
tests
.gitignore
.travis.yml
composer.json
phpunit.xml
readme.md

readme.md

erb2blade

機能

  • RailsのテキストテンプレートErbファイル(.*.erb)を、Laravel4のビューテンプレートBladeファイル(.blade.php)に変換します。
  • Artisanコマンドview:erb2bladeで変換できます。

対応erbディレクティブ

  • <%# ... %> => {{-- --}}
  • <%= render ... %> => @include (...)
  • <%= ... %> => {{ }}
  • <% if statement %> => @if (statement)
  • <% unless statement %> => @if (!(statement))
  • <% while statement do %> => @while (statement)
  • <% statement.each do |value| %> => @foreach (statement as $value)
  • <% statement.each_with_index do |value, key| %> => @foreach (statement as $key => $value)
  • <% case statement %> => <?php switch (statement): ?>
  • <% when statement %> => <?php case statement: ?>
  • <% else %> => @else
  • <% elsif %> => @elseif
  • <% end %> => @end?
  • <% ... %> => <?php ... ?>

インストール方法

composer.jsonファイルを編集します。 行末のカンマはJSON記法に合わせて設定してください。

Laravel 5

	"require": [
		"laravel/framework": "5.1.*",
		...
		↓追加する
		"jumilla/erb2blade": "~2.0"
	],

Laravel 4

	"require": [
		"laravel/framework": "4.2.*",
		...
		↓追加する
		"jumilla/erb2blade": "~1.0"
	],

以下のコマンドを実行して、Laravel Extension Packをセットアップしてください。

$ composer update

もしくは、

$ php composer.phar update

app/config/app.configファイルを編集します。

	`providers` => [
		`Illuminate\Foundation\Providers\ArtisanServiceProvider`,
		...
		↓追加する
		`Jumilla\Erb2Blade\ServiceProvider`,
	],

コマンド

php artisan view:erb2blade

app/viewsディレクトリ下にある全ての.*.erbファイルを、.blade.phpファイルに変換します。

注意

  • <% %>ディレクティブの中の変数までは見ていません。$を付けるなどして手動で変換してください。
  • Rubyのendキーワードは、if, unless, case, while, until, for の制御構文の終端シンボルです。@end?に変換するので手動で変換してください。
  • Rubyのcase/when/endブロックの変換は不完全です。@end?の部分を <?php endswitch; ?>に置き換えてください。

ライセンス

MIT

著者

Fumio Furukawa (fumio@jumilla.me)