Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
204 lines (123 sloc) 8.97 KB

WordPress+

Build Status Latest Stable Version Total Downloads Software License

ブログ記事:「WordPress+(プラス)」それはより高機能なWebサイトを手早く構築するための新しいプラットフォームです も合わせてお読みください。

WordPress+(プラス)とは

WordPress+は、2015年4月にリリースされたばかりの高速マイクロフレームワークLumen(るーめん)WordPressをラップしたもので、次のような特徴を持つ開発中のプロダクトです。

機能的な特徴

  • 世界中で公開されているWordPressプラグインやテーマといった既存資産が利用可能
  • WordPress本体の更新が可能(もちろんプラグインも)
  • URLゲート(ブラウザからのHTTPアクセスをフィルタリングする層)搭載
  • Bladeテンプレートエンジンで、HTMLテンプレートのコーディングスピードがあがる
  • Laravelのスキーマビルダー・クエリービルダーを活用することで、一般的なMySQL利用ができる
  • 既存システムや外部Webサービスとの連携が作りやすい
  • WordPressの管理画面をベースにした独自の管理画面が作りやすい(管理画面制作のコストを下げられる)
  • モバイル連携(スマートフォンへの通知など)もチョイチョイ

開発サイドのうれしさ

  • PHPビルトインサーバーで実行できます
  • Composerを使ったPHPパッケージ管理が可能
  • Laravel 5のもつ各種Web職人用ツールが使える(O-Auth認証、コマンドスケジューラー、Redis、クラウドストレージ統合などなど)

WordPress+(プラス)の動作要件

  • PHP 5.6 以上 (Lumen Framework は5.5.9以上を要求しています)
    • PHP拡張: openssl, mbstring, pdo, pdo-mysql
  • Composer
  • Webサーバー
    • Nginx
      • ※ Nginx 1.8 で動作確認済み
    • Apache 2
      • ※ Apacheモジュール php5, rewrite が有効になっていること
      • ※ Apache 2.2, 2,4 で動作確認済み
    • PHPビルトインサーバー
      • ※ PHP 5.6, PHP 7 で動作確認済み

WordPress+(プラス)のサポートしている機能

  • コマンドラインからのWordPressデータベースセットアップ
  • コマンドラインからのWordPressテーマ・プラグイン作成
  • Bladeテンプレートエンジンを使ったテーマ作成
  • マルチサイト(サブドメイン型のみ対応)
    • オプション: 有効にするには、環境変数 WP_MULTISITE=true を指定してください。
  • リンクマネージャー
    • オプション: 有効にするには、環境変数 WP_LINK_MANAGER=true を指定してください。

設定について

Webサーバーの設定

下記の設定ファイルを参考にしてください。

プロジェクト固有の環境変数

WordPress+は、.envファイルにプロジェクトローカルな環境変数を指定できます。 このファイルは、Lumen と WordPressに共通の設定を記述できる領域です。

例)

  • WordPressサイトURL、バックエンドURL
  • データベースの接続設定

WordPress設定ファイル wp-config.php

wp-config.php はWordPress+用にカスタマイズされています。 直接編集しないでください

インストール方法

Composerまたはソースコードダウンロードからインストールできます。

Composerを使ったインストール

コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行してください。

$ cd <インストールしたいディレクトリ>
$ composer create-project laravel-plus/wordpress <ディレクトリ名>

ソースコードをダウンロードしてインストール

GitHubの当リポジトリの「Download ZIP」ボタンを押し、ソースコードをダウンロードします。

そして、ローカルマシンの任意のディレクトリにZIPファイルを展開します。

コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行してください。

$ cd <ZIPファイルを展開したディレクトリ>
$ composer install
$ cp .env.example .env
$ php artisan key:generate

環境変数

データベース等の設定は、プロジェクト固有の環境変数設定ファイル .env に記述します。 設定例は .env.exampleを参照してください。

サーバー起動方法

PHPビルトインサーバーで起動できます。

コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行してください。

$ cd <インストールしたディレクトリ>
$ php artisan serve

Webブラウザで http://localhost:8000 を開くとアクセスできます。 初回起動時は、GUIでのWordPressのセットアップが始まります。 (artisanコマンド wordpress:install でインストールすることもできます。)

管理画面のURLは http://localhost:8000/backend です。(http://localhost:8000/backend/wp-admin/ へリダイレクトされます。)

※セットアップ先のドメインに合わせて、.envでURLを変更してください。 サイトURLWP_SITEURLとバックエンドURLWP_BACKENDURLを別にし、セキュリティを高めることもできます。

Webサーバーの設定

Lumen 5 / Laravel 5 は、Webサーバーの設定でURLの末尾のスラッシュ/を取り除くことを推奨しています。 しかし、WordPressは末尾のスラッシュ/を必要としていますので、設定の際には注意してください。 管理画面へのログイン後にリダイレクトループが発生する場合があります。

artisan(アルチザン)コマンド

  • wordpress:status WordPressの状態表示
  • wordpress:install WordPressテーブルのインストール
  • wordpress:uninstall WordPressテーブルのアンインストール
  • wordpress:multisite:install マルチサイトテーブルのインストール
  • wordpress:multisite:uninstall マルチサイトテーブルのアンインストール
  • wordpress:theme テーマ一覧表示
  • wordpress:theme <name> テーマ詳細表示
  • wordpress:plugin プラグイン一覧表示
  • wordpress:plugin <name> プラグイン詳細表示
  • make:theme <name> テーマ作成
  • make:plugin <name> プラグイン作成

テーマ内でのBladeの利用

テーマディレクトリ内にbladeというディレクトリを作成し、そこにWordPressテンプレートファイル名規約に沿ったファイルを配置します。 拡張子は.blade.phpにします。

環境変数WP_BLADE_PRECOMPILEtrue(デフォルト)に設定した場合、WordPress+でページを表示したときにコンパイルされたPHPファイルがテーマディレクトリ直下に出力されます。この時に使われるBladeエンジンはWordPress+独自の実装です。

環境変数WP_BLADE_PRECOMPILEfalseに設定した場合、bladeファイルに対応する空のPHPファイルをテーマディレクトリ直下に出力します。この時に使われるBladeエンジンはLaravel 5の実装です。

Bladeディレクティブ

  • @filter('filter-name') フィルタを呼び出す
  • @action('action-name') アクションを呼び出す
  • @shortcode([shortcode-name param1="value1"]) ショートコードを展開する
  • @postloop @postloop($posts) Postクエリーのループブロックを開始する
  • @postempty Postクエリーが0件の場合のブロックを開始する
  • @endpostloop Postデータのループブロックを終了する

著作権表示

2015 Fumio Furukawa, All rights reserved.

ライセンス

WordPress+ is open-sourced software licensed under the MIT license
Lumen framework is open-sourced software licensed under the MIT license
WordPress is open-sourced software licensed under the – GNU General Public License –

You can’t perform that action at this time.