Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Tree: 2766ecece3
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

91 lines (62 sloc) 1.493 kB

My notebooks of Go

Install

http://golang.jp/install

Windows版は、zipを解凍してどこかへおき、次の二つ設定

  • GOROOT環境変数へ \go
  • PATH環境変数へ \go\bin

コンパイルとか

  • 主に二つ
go run foo.go
go tool 8g foo.go
go tool 8l foo.8
foo.out.exe
  • i386だと8g, 8lを使う事になり、amd64なら6g, 6lを使う事になる。

構文とか

次のHelloで、結構なポイントがある

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("Hello\n")
}
  • package には""とかつけない
  • import でライブラリ読み込むが、ここでは""つける
  • funcで関数定義
  • 行末は改行のみでOK。コンパイラが勝手に改行を追加する
  • ライブラリ名.foo で、そのライブラリ内の各要素へアクセスする。

ライブラリ名の競合を避ける手段として、あまり推奨されない物のimport時に名前を変える手段もある

package main

import format "fmt"

func main() {
    format.Printf("Hello\n")
}

型宣言省略しながら変数へつっこむと、こう

package main

import "fmt"

func main() {
    str := "hello, world\n"
    fmt.Printf(str)
}

参考

Author

Kenichi Kamiya

Jump to Line
Something went wrong with that request. Please try again.