No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.circleci
html
.gitignore
Dockerfile
Dockerfile.dev
README.md
docker-compose-dev.yml
docker-compose.yml

README.md

利用方法

basercmsを使ってみる

このコンテナを利用すると簡単な手順で、ローカル環境でbasercmsを試すことが出来ます。

コンテナの起動

$ docker-compose up -d

コンテナの起動が完了したら、 http://localhost/ にアクセスしてください。basercmsのインストールページが表示されます。

コンテナの停止

$ docker-compose stop

コンテナの削除

$ docker-compose rm

コンテナの状態の確認

$ docker-compose ps
      Name                     Command               State                 Ports
----------------------------------------------------------------------------------------------
basercms            docker-php-entrypoint apac ...   Up      0.0.0.0:80->80/tcp
basercms-database   /entrypoint.sh mysqld            Up      0.0.0.0:3306->3306/tcp, 33060/tcp

データベースの設定情報

name value
host basercms-database
user basercms
password Passw0rd
database basercms

開発環境としての利用

このコンテナを使用して、basercmsの開発などをしたい場合、以下の手順でコンテナを実行してください。 ホスト上の ./html ディレクトリが、コンテナ内の /var/www/basercms にマウントされますので、ホスト側でbasercmsの修正が可能になります。

コンテナの起動

$ docker-compose -f docker-compose.yml -f docker-compose-dev.yml up -d

basercmsのインストール

$ docker exec -it basercms /bin/sh
# cd /var/www/basercms
# ./init.sh

インストールが完了したら、 http://localhost/ にアクセスしてください。basercmsのインストールページが表示されます。

** basercmsのバージョンを変えたい場合は、init.sh の下記の設定を変更して下さい **

#!/bin/sh

version="4.0.8"  # 別のバージョンを使用する場合はここを変更する

curl -o /var/www/basercms-${version}.zip https://basercms.net/packages/download/basercms/${version}
...

コンテナイメージのビルド

以下は、作者の環境でのビルド方法なので、独自にビルドする場合は各自ターゲット名は変更して下さい。

通常版

$ docker build -t kaz29/basercms .

開発版

$ docker build -t kaz29/basercms:dev -f Dockerfile.dev .