ggplot2逆引きの記事をまとめてみる
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Rmds
_bookdown_files
docs
.gitignore
README.md
_bookdown.yml
_output.yml
book.json
ggplot2-gyakubiki-book.Rproj
index.Rmd
preamble.tex
style.css
toc.css

README.md

ggplot2逆引き集

これはQiitaで行われているggplot2逆引きの記事を収集し,書籍の形式にするためのリポジトリです。

書籍ファイルの作成方法

必要なパッケージ,環境など

Knitr, rmarkdown, bookdownのパッケージがデータのレンダリングに必要です。またpandocの新しいのが必要で,面倒でしたらRStudioの最新版をインストールしてください(内包してます)。 ggplot2逆引き記事内にて使用するパッケージも必要となります。おそらくggplot2パッケージぐらいで大丈夫だと思いますが,面倒でしたらtidyverseパッケージを導入してください。これをインストールするとHadleyverseなパッケージ群が自動的にインストールされます。 現在,pdf_book出力についてはそのままでは出ないようになっています。必要な場合は@kazutanまでご連絡ください。

http://ipafont.ipa.go.jp/

また,bookdownはutf-8しか受け付けません。そのためwindowsではうまく動かないかもしれません(未検証)。もし何かありましたらissueなり@kazutan までご連絡ください。

私の作業環境(動作確認環境)は,最後にまとめて表示しています。

Download

git cloneして持ってくるか,右側のDownload Zipで持ってきてください:

$ git clone git@github.com:kazutan/ggplot2-gyakubiki-book.git

レンダリング(本のファイル作成)

種類

  • gitbook形式: 以下のコードを実行
bookdown::render_book("index.Rmd", output_format = "bookdown::gitbook")
  • epub形式: 以下のコードを実行
bookdown::render_book("index.Rmd", output_format = "bookdown::epub_book")
  • pdf形式: 現在の状態では,うまくいきません。

RStudioを利用しているなら,BuildパネルでBuilde Bookから選択してください。

生成物の場所

生成物は,docsディレクトリに置かれるように設定してます。.epubは単独ファイルで,それ以外はgitbook形式のファイルとなります。

session info

Session info ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 setting  value                       
 version  R version 3.3.2 (2016-10-31)
 system   x86_64, linux-gnu           
 ui       RStudio (1.0.44)            
 language (EN)                        
 collate  en_US.UTF-8                 
 tz       <NA>                        
 date     2016-11-20                  

Packages -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 package   * version  date       source                            
 backports   1.0.4    2016-10-24 cran (@1.0.4)                     
 bookdown    0.2.3    2016-11-19 Github (rstudio/bookdown@7c09c9b) 
 devtools    1.12.0   2016-06-24 CRAN (R 3.3.1)                    
 digest      0.6.10   2016-08-02 cran (@0.6.10)                    
 evaluate    0.10     2016-10-11 CRAN (R 3.3.1)                    
 htmltools   0.3.5    2016-03-21 CRAN (R 3.3.1)                    
 httpuv      1.3.3    2015-08-04 CRAN (R 3.2.3)                    
 knitr       1.15     2016-11-09 CRAN (R 3.3.2)                    
 magrittr    1.5      2014-11-22 CRAN (R 3.2.3)                    
 memoise     1.0.0    2016-01-29 CRAN (R 3.2.3)                    
 mime        0.5      2016-07-07 CRAN (R 3.3.1)                    
 miniUI      0.1.1    2016-01-15 cran (@0.1.1)                     
 R6          2.2.0    2016-10-05 CRAN (R 3.3.1)                    
 Rcpp        0.12.8   2016-11-17 CRAN (R 3.3.2)                    
 rmarkdown   1.1.9017 2016-11-19 Github (rstudio/rmarkdown@40bb5c1)
 rprojroot   1.1      2016-10-29 cran (@1.1)                       
 shiny       0.14.2   2016-11-01 cran (@0.14.2)                    
 stringi     1.1.2    2016-10-01 CRAN (R 3.3.1)                    
 stringr     1.1.0    2016-08-19 CRAN (R 3.3.2)                    
 withr       1.0.2    2016-06-20 CRAN (R 3.3.1)                    
 xtable      1.8-2    2016-02-05 CRAN (R 3.2.3)                    
 yaml        2.1.14   2016-11-12 cran (@2.1.14)     

Lisence

書籍作成に関する内容についてはCC0とします。 各記事に関するライセンスはQiitaの利用規約および各記事の執筆者の指定に準じるものとします。