🚲 金沢のレンタサイクル「まちのり」の貸出可能なポートを案内してくれるLINE Botです。
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
images
src
.babelrc
.eslintrc.json
.gitignore
README.md
package.json
template.yml

README.md

金沢空きチャリbot

金沢のレンタサイクル「まちのり」の貸出可能なポートを案内してくれるLINE Botです。

特徴

  • 現在地を送ると、近くの貸し出し可能なポートを3箇所表示
  • ポートまでの道順を表示

使い方

Botに対して現在地を送ると、貸し出し可能なポートを表示します。

道順を調べるを押すと、ポートまでの経路を表示します。

構成

開発環境構築

本サービスの開発環境を構築するためにはAWSアカウントとLINEの開発者登録が必要です。

$ npm install
$ npm run package
$ aws cloudformation package --template-file template.yml --s3-bucket <bucket name> --output-template .sam/packaged.yml
$ aws cloudformation deploy --template-file ./.sam/packaged.yml --stack-name <stack name> --capabilities CAPABILITY_IAM

リポジトリをクローンして、プロジェクトディレクトリ内で上記コマンドを実行していくと、API GatewayとLambdaを組み合わせたアプリケーションがAWS上に構築されます。

CloudFormationコンソールにて、作成したスタックの出力結果のApiUrlにAPI Gatewayのエンドポイントが表示されるので、LINE BotのWebhookに登録してください。

また、LambdaのコンソールでLINE Message APIトークンを環境変数MESSAGE_API_TOKENとして設定してください。

ライセンス

MIT