🐳 💻 My resume: work experience and skills.
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
LICENSE
README.md
avatar.png Initial commit Jan 12, 2019

README.md

職務経歴書

key value
Name 松下 健太郎
GitHub kentaro-m (Kentaro Matsushita)
SpeakerDeck Kentaro Matsushita
Qiita kentaro_m - Qiita
Twitter @_kentaro_m
Portfolio Kentaro Matsushita - @kentaro-m
Mail contact@kentarom.com

職務経歴

合同会社DMM.com (正社員: 2016/04/01 ~ 現職)

プラットフォームリプレイス開発

  • 時期: 2016/07〜2018/07
  • 役割: サーバーサイドエンジニア
  • 技術
    • Node.js
    • React.js
    • Express.js
    • AWS
      • ALB
      • EC2
      • Kinesis Firehose
      • Lambda
      • API Gateway
      • ElasticSearch Service
      • CloudFormation
      • ElastiCache
    • New Relic
    • CircleCI
    • Sentry
  • 担当したこと
    • Node.jsとExpress.js、React.jsを用いたフロントエンド開発
    • CloudFormationを用いたインフラ構成のコード化
    • オートスケーリングを用いた負荷対策
    • アプリケーションのリリース作業をSlackコマンドで行うサーバーレスアプリケーション構築
    • ログ基盤及びアプリケーションエラーを通知するサーバーレスアプリケーション構築
    • New Relicを用いたインフラ監視の導入
    • チーム内輪読会開催による開発手法の啓蒙活動
  • 工夫したところ
    • アプリケーションリリース作業をSlackから実施できるようにし、精度の高いリリースを実現した
    • ログ基盤及びアプリケーションエラーを通知する仕組みを整備し、障害検知と復旧の迅速化を実現した
    • インフラ監視にNew Relicを導入し、開発者が運用監視しやすい環境を整えた
    • GitHubのプルリクエストワークフローを改善するBotを導入し、レビューからマージまでの時間を短縮した

Webアプリケーション機能追加及び保守・運用

  • 時期: 2018/07〜現在
  • 役割: サーバーサイドエンジニア
  • 技術
    • Node.js
    • React.js
    • Express.js
    • AWS
      • ALB
      • EC2
      • Kinesis Firehose
      • Lambda
      • API Gateway
      • ElasticSearch Service
      • CloudFormation
      • ElastiCache
    • New Relic
    • CircleCI
    • Sentry
    • Java
    • Spring Framework
    • Jenkins
    • MySQL
    • Couchbase
    • Cassandra
  • 行ったこと
    • Node.jsとExpress.js、React.jsを用いたフロントエンド開発
    • Spring Frameworkを用いたAPI開発
    • MySQLテーブル設計及びレビュー
    • ZenHubを用いたプロダクトバックログ管理
  • 工夫したところ
    • プロダクトバックログ管理のためにZenHubを導入
      • 新チームの組成に伴い、スクラム開発で使用するプロジェクト管理ツールの選定と導入を行った。ZenHubを選定したあとは、チームで運用するための指針を作成し、使い方のレクチャーもあわせて行った。
    • 開発や運用の改善アイデアを収集するBotの開発・導入
      • Slackから気軽にGitHub Issueを作成できるBotを開発しました。
      • 週1回Issueについて話し合うMTGがあり、良い改善サイクルができつつある。

登壇歴

Date Event Content
2018/11/23 JAWS-UG金沢 #36 x OpsJAWS! AWS運用・監視についてのクロスイベント! AWSの既存サービスを活用して、 障害検知・復旧を迅速化するカラクリ
2018/10/31 AWS Dev Day Tokyo 2018 LT大会 DMM.comの認証基盤を支えるエラー通知の仕組み
2017/09/16 GitHub勉強会 in Kanazawa GitHubでのプルリクエストレビューを加速するためにいろいろと作った話

ブログ

OSS

プログラミング言語・フレームワーク

業務経験のあるものを列挙。

  • サーバーサイド
    • Node.js
    • Java
    • PHP
  • フロントエンド
    • React.js
  • ミドルウェア
    • MySQL
    • Couchbase
    • Cassandra
    • Redis
  • モニタリング
    • New Relic
    • Zabbix
  • インフラ
    • AWS
  • その他
    • CircleCI
    • Jenkins
    • Git