Skip to content
Kibela 2 esa.io
Ruby
Branch: master
Clone or download
Latest commit 1b7fdde Feb 10, 2019
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.env.sample
.gitignore Initial commit Jan 8, 2019
Gemfile Install gem nokogiri Jan 27, 2019
Gemfile.lock Install gem nokogiri Jan 27, 2019
LICENSE.txt MIT License Feb 10, 2019
README.md Create README.md and .env.sample Feb 4, 2019
kibela.rb Use env var to team name Feb 4, 2019
script.rb Use env var to team name Feb 4, 2019

README.md

kibela2esa

概要

kibelaからexportされたファイル、記事をesaへインポートするスクリプトになります。

使いかた

1. API tokenの取得

esaに対してwrite権限があるAPI tokenを発行し、環境変数 ESA_TOKEN へ格納してください。

create token with write scope

2. 環境変数の定義

.env.sample を参考に、 ESA_TEAMKIBELA_TEAM を設定してください。 (dotenvを読むようにはなっていないことに注意してください。)

3. kibela -> esa におけるユーザー名のmappingを行なうHashの定義

KIBELA_ESA_USER_MAP = {
  'kibela_user_name1' => 'esa_user_name1',
  'kibela_user_name2' => 'esa_user_name2',
  # ...
}

4. dry runで実行し、移行が問題ないか確認する

$ bundle exec ruby script.rb

上記コマンドを実行すると、migraterがnewされた時点でpry consoleに入ります。

この時点で、 migrater.migrate を実行すると、API callするparamsをlogに表示して終了します。このlogを見て、移行が正しく行なわれそうかを確認するようにしてください。

5. migrateを実行する

migrater.migrate(dry_run: false) により、実際にAPI callを行ない移行を開始します。

移行対象のオブジェクトが多い場合にはAPIの利用制限がかかることがあります。sleep の値を調整したり、サポートに連絡を行うなどで対応してください。

You can’t perform that action at this time.