Skip to content
ASP.NET Identityのカスタムのストアを利用するサンプル
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
db_script
src
.gitignore
LICENSE
README.md

README.md

AspNetIdentityCustomStoreSample

ASP.NET Identityのカスタムのストアを利用するサンプル

これは何?

ASP.NET Identity の 簡易カスタマイズで、独自のユーザーストアを利用するサンプルです。 『既に運用されている既存の独自のユーザー管理データベースを利用する』というケースを想定しています。

環境

作成した環境は以下です

  • Visual Studio 2013 Update 2
  • .NET Framework 4.5.1
  • ASP.NET MVC 5.1

データベースについて

データベースは特に特定のものを想定しませんが、サンプルとしての容易さからSQL Server LocalDBを利用しています。 (ただし、DBアクセスにはEntity Frameworkを敢えて利用せず、Dapperを利用しています。)

セットアップ方法

そのまま実行するにはデータベースファイルが必要です。LocalDBを利用する場合は下記の手順でデータべースファイルおよび必要なオフジェクトを設定してください。 既存のDBインスタンスに設定する場合はdb_script配下のスクリプトを利用するなどし、適当に設定してください。

LocalDBを利用する場合のDBのセットアップ

  1. src配下のソリューションファイル(CustomIdentitySample.sln)をVisual Studioで開く
  2. App_Dataフォルダを追加
    • ソリューションエクスプローラーより、プロジェクト「CustomIdentitySample」直下にApp_Dataフォルダを追加
  3. App_DataフォルダにDBファイルを追加
    • [追加]-[新しい項目]-[SQL Server データベース]
    • ファイル名は任意だが、Web.Configのconfiguration/connectionStringsセクションで指定しているAttachDbFilenameと合わせること
      • サンプルではUserInfo.mdfとしている
  4. 追加したmdfのDBに対して、db_script配下のスクリプトを順番に実行

サンプルDBのユーザー情報について

サンプルDBに登録されているユーザーでログインする場合、

  • ID : narami
  • パスワード : hogepassword

です。変更したい場合はdb_dcript/04.insert_user_data.sqlあたりを見ながら適当に。

その他

本サンプルは下記の記事などを参考しています

You can’t perform that action at this time.