Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
2 contributors

Users who have contributed to this file

@takahashim @kmuto
45 lines (31 sloc) 1.69 KB

Re:VIEW カタログファイル ガイド

Re:VIEW のカタログファイル catalog.yml について説明します。

このドキュメントは、Re:VIEW 2.0 に基づいています。

カタログファイルとは

カタログファイルは、Re:VIEW フォーマットで記述された各ファイルを1冊の本(たとえば PDF や EPUB)にまとめる際に、どのようにそれらのファイルを構造化するかを指定するファイルです。現在はカタログファイルと言えば catalog.yml のことを指します。

catalog.yml を用いた場合の設定方法

catalog.yml 内で、PREDEF(前付け)、CHAPS(本編)、APPENDIX(付録、連番あり)、POSTDEF(後付け、連番なし)を記述します。CHAPS のみ必須です。

PREDEF:
  - intro.re

CHAPS:
  - ch01.re
  - ch02.re

APPENDIX:
  - appendix.re

POSTDEF:
  - postscript.re

本編に対して、「部」構成を加えたい場合、CHAPS を段階的にして記述します。部の指定については、タイトル名でもファイル名でもどちらでも使えます。

CHAPS:
  - ch01.re
  - 第1部:
    - ch02.re
    - ch03.re
  - pt02.re:
    - ch04.re

古いバージョンについて

1.2 以前の Re:VIEW ではカタログファイルとして PREDEF, CHAPS, POSTDEF, PART という独立した4つのファイルを使用していました。古いカタログファイルを変換するツールとして、review-catalog-converter を提供しています。

このコマンドにドキュメントのパスを指定して実行後、生成された catalog.yml の内容が正しいか確認してください。

You can’t perform that action at this time.