Permalink
Browse files

Change .yaml to .yml (Fix #244)

  • Loading branch information...
1 parent 7ba76a2 commit 93fd449b2a020b5aea495dfa7beb92077fc62014 @kdmsnr kdmsnr committed Apr 3, 2014
Showing with 7 additions and 7 deletions.
  1. +1 −1 debian/docs
  2. +2 −2 doc/format.rdoc
  3. +1 −1 doc/quickstart.rdoc
  4. +1 −1 lib/epubmaker.rb
  5. +2 −2 lib/review/i18n.rb
  6. 0 lib/review/{i18n.yaml → i18n.yml}
View
@@ -3,4 +3,4 @@ ChangeLog
doc/format.rdoc
doc/quickstart.rdoc
doc/sample.css
-doc/sample.yaml
+doc/sample.yml
View
@@ -588,15 +588,15 @@ Web ハイパーリンクを記述するには、リンクに @<href>、アン
Re:VIEWが出力する文字列(「第◯章」「図」「表」など)を、指定した言語に
合わせて出力することができます。デフォルトは日本語です。
-CHAPS などと同じディレクトリに locale.yaml というファイルを用意して、
+CHAPS などと同じディレクトリに locale.yml というファイルを用意して、
以下のように記述します(日本語の場合)。
例:
locale: ja
既存の表記を書き換えたい場合は、該当する項目を上書きします。
-既存の設定ファイルは lib/review/i18n.yaml にあります。
+既存の設定ファイルは lib/review/i18n.yml にあります。
例:
View
@@ -174,7 +174,7 @@ review-pdfmaker コマンドで PDF ブックの作成、review-epubmaker コマ
PDF を作成するには、pTeXLive2009 以上の環境が必要です。EPUB を作成するには、zip コマンドが必要です (MathML も使いたいときには、 {MathML ライブラリ}[http://www.hinet.mydns.jp/?mathml.rb]も必要です)。
-いずれのコマンドも、必要な設定情報を記した YAML ファイルを引数に指定して実行します。YAML ファイルのサンプルは、 {sample.yaml}[https://github.com/kmuto/review/blob/master/doc/sample.yaml] としてこのドキュメントと同じディレクトリに収録しています。
+いずれのコマンドも、必要な設定情報を記した YAML ファイルを引数に指定して実行します。YAML ファイルのサンプルは、 {sample.yml}[https://github.com/kmuto/review/blob/master/doc/sample.yml] としてこのドキュメントと同じディレクトリに収録しています。
review-pdfmaker YAMLファイル ←PDFの作成
review-epubmaker YAMLファイル ←EPUBの作成
View
@@ -11,7 +11,7 @@
# == Quick usage
# require 'epubmaker'
# epub = EPUBMaker::Producer.new
-# params = epub.load("config.yaml")
+# params = epub.load("config.yml")
# epub.contents.push(EPUBMaker::Content.new({"file" => "ch01.xhtml"}))
# epub.contents.push(EPUBMaker::Content.new({"file" => "ch02.xhtml"}))
# ...
View
@@ -4,15 +4,15 @@
module ReVIEW
class I18n
def self.setup
- user_i18n = YAML.load_file(File.expand_path "locale.yaml", ENV["PWD"])
+ user_i18n = YAML.load_file(File.expand_path "locale.yml", ENV["PWD"])
I18n.i18n user_i18n["locale"], user_i18n
rescue
I18n.i18n "ja"
end
def self.i18n(locale, user_i18n = {})
locale ||= "ja"
- i18n_yaml_path = File.expand_path "i18n.yaml", File.dirname(__FILE__)
+ i18n_yaml_path = File.expand_path "i18n.yml", File.dirname(__FILE__)
@i18n = YAML.load_file(i18n_yaml_path)[locale]
if @i18n
@i18n.merge!(user_i18n)
File renamed without changes.

0 comments on commit 93fd449

Please sign in to comment.