Major page faults/sec check plugin for Nagios
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore
LICENSE.txt
README.md
check_mpf.py
test_check_mpf.py

README.md

check_mpf - Major page faults/sec check plugin for Nagios

  • Copyright(C) 2014 Yuichiro SAITO (@koemu)

  • This software is released under the MIT License, see LICENSE.txt.

check_mpf とは?

ある時間(デフォルト:2秒)の間に発生した、Major Page Faults/s(以下、MPFs)の数を取得します。

その上で、一定以上のMPFsが発生したときに、Warning(デフォルト:100MPFs)またはCritical(でフォルト:1,000MPFs)を返します。

なぜ Major Page Faults/s をチェックするのか?

アプリケーションがスワップアウトしたメモリページを読み込む際、Major Page Fault、すなわち二次記憶装置(HDD, SSD等)から物理メモリにページへロードする事象が発生します。これは、直接物理メモリからメモリページをロードする時よりも、何倍もコストがかかる処理となります。そのため、Major Page Faultが頻発するとCPUのiowaitが大きくなり、システム全体のパフォーマンスが劣化します。

そこで、MPFsをチェックする事で、パフォーマンス劣化の兆候を掴む事ができるようになります。

Requirements

  • OS: Linux Kernel 2.6.18 or above
  • Python: 2.6 or 2.7

Usage

  • --version 本プログラムのバージョンを表示します。
  • -h, --help コマンドラインのヘルプを表示します。
  • -w <pages>, --warning=<pages> 指定した値以上のMPFsが発生した場合、Warningステータスを返します。デフォルトは100です。
  • -c <pages>, --critical=<pages> 指定した値以上のMPFsが発生した場合、Criticalステータスを返します。デフォルトは1,000です。
  • -i <seconds>, --interval=<seconds> MPFsをサンプリングする秒数を指定します。デフォルトは2秒です。
  • -V, --verbose メッセージを詳細に表示します。デバッグ用です。

changelog

  • 2013-02 0.0.1 Initial release.