Permalink
Find file
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
3909 lines (3777 sloc) 389 KB
<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Node.js 日本ユーザグループ</title>
<link type="image/x-icon" rel="icon" href="favicon.ico" />
<link type="image/x-icon" rel="shortcut icon" href="favicon.ico" />
<link type="text/css" rel="stylesheet" href="style.css" />
<link type="text/css" rel="stylesheet" href="nodejs.org_ja/sh_vim-dark.css" />
<script src="nodejs.org_ja/sh_main.js"></script>
<script src="nodejs.org_ja/sh_javascript.min.js"></script>
</head>
<body onload="sh_highlightDocument();">
<div id="content">
<div id="header">
<a href="index.html">
<p><img id="logo" src="nodejs.org_ja/logo.png" alt="Node.js" /></p>
<h1>Node.js 日本ユーザグループ</h1>
</a>
</div>
<div id="nav">
<div id="toc">
<h2>ナビゲーション</h2>
<ul>
<li><a href="index.html#mailinglist">メーリングリスト</a></li>
<li><a href="index.html#document">ドキュメント</a></li>
<li><a href="index.html#rel-document">関連ドキュメント</a></li>
<li><a href="index.html#link">リンク</a></li>
<li><a href="index.html#irc">IRC</a></li>
<li><a href="index.html#blog">ブログ</a></li>
<li><a href="index.html#contact">連絡先</a></li>
</ul>
</div>
<div id="docs">
<h2>日本語訳ドキュメント</h2>
<ul>
<li><a href="nodejs.org_ja/api/">v0.11.11 マニュアル</a></li>
<li><a href="nodejs.org_ja/docs/v0.10/api/">v0.10.26 マニュアル</a></li>
<li><a href="nodejs.org_ja/docs/v0.8/api/">v0.8.26 マニュアル</a></li>
<li><a href="nodejs.org_ja/docs/v0.6/api/">v0.6.21 マニュアル</a></li>
<li><a href="nodejs.org_ja/docs/v0.4/api/">v0.4.12 マニュアル</a></li>
<li><a href="nodejs.org_ja/docs/v0.2/api.html">v0.2.6 マニュアル</a></li>
<li><a href="changelog.html">ChangeLog</a></li>
</ul>
</div>
</div>
<div id="changelog">
<h2>変更履歴</h2>
<p><a href="https://github.com/joyent/node/blob/master/ChangeLog">ChangeLog</a> の日本語訳です。</p>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.9">Node v0.11.9</h3>
<dl>
<dt>2013.11.20, バージョン 0.11.9 (開発版)</dt>
<dd>uv: v0.11.15に更新しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>v8: 3.22.24.5に更新しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>buffer: エンコーディング未指定時の警告を除去しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>build: v8がハッシュテーブルにランダムシードを使うようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: NPNなしのshared opensslで構築するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: ルート証明書を更新しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>debugger: v8デバッグスイッチを渡すようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>domain: AsyncListener APIを使うようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>fs: 再起的なサブディレクトリのサポートをfs.watchに追加しました (Nick Simmons)</dd>
<dd>fs: fs.watch()をデフォルトで非再起的にしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: ソケット破壊時にfreeSocketsを一掃するようにしました (fengmk2)</dd>
<dd>http: socketエンコーディングを強制的にnullにするようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: DELETEリクエストが`req.method`を設定するようにしました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>node: AsyncListenerサポートを追加しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>src: メモリーリークを隠蔽していたグローバルのHandleScopeを取り除きました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls: ECDH暗号化サポートを追加しました (Erik Dubbelboer)</dd>
<dd>tls: servernameの初期値を'localhost'にしないようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: ソケット接続のラッピングをより正確にしました (Fedor Indutny)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/x64/node-v0.11.9-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/x64/node-v0.11.9-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/node-v0.11.9-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.9/">http://nodejs.org/dist/v0.11.9/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.9/">http://nodejs.org/docs/v0.11.9/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.9/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.9/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.8">Node v0.11.8</h3>
<dl>
<dt>2013.10.30, バージョン 0.11.8 (開発版)</dt>
<dd>uv: v0.11.14 に更新しました</dd>
<dd>v8: 3.21.18.3 に更新しました</dd>
<dd>assert: 例外メッセージが生成されたものかどうかを表示するようにしました (Glen Mailer)</dd>
<dd>buffer: buf.toArrayBuffer() API を追加しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>cluster: 早期に 'disconnect' イベントが発生してしまう問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: SPKAC サポートを追加しました (Jason Gerfen)</dd>
<dd>debugger: 行番号のための空白を適切にしました (Alex Kocharin)</dd>
<dd>debugger: busy loop でも SIGUSR1 が割り込みできるようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>debugger: 最後のコマンドを繰り返すようにしました (Alex Kocharin)</dd>
<dd>debugger: #6150 の修正のため現在行を表示するようにしました (Alex Kocharin)</dd>
<dd>dgram: send() が文字列を受け付けるようになりました (Trevor Norris)</dd>
<dd>dns: domain を hostname に名前を変更しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dns: エラーオブジェクトに hostname プロパティを設定するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dtrace, mdb_v8: 文字列やフレームタイプのサポートを改善しました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>http: statusMessage を追加しました (Patrik Stutz)</dd>
<dd>http: サポートする HTTP メソッドを公開しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: パイプライン溢れに対するバックプレッシャーを提供しました (isaacs)</dd>
<dd>process: exitCode プロパティを追加しました (isaacs)</dd>
<dd>tls: socket.renegotiate(options, callback) (Fedor Indutny)</dd>
<dd>util: instanceof エラーをエラーとしてフォーマットするようにしました (Rod Vagg)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/x64/node-v0.11.8-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/x64/node-v0.11.8-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/node-v0.11.8-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.8/">http://nodejs.org/dist/v0.11.8/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.8/">http://nodejs.org/docs/v0.11.8/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.8/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.8/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.7">Node v0.11.7</h3>
<dl>
<dt>2013.08.21, バージョン 0.11.7 (開発版)</dt>
<dd>uv: v0.11.13 に更新しました</dd>
<dd>v8: 3.20.17 に更新しました</dd>
<dd>buffer: INSPECT_MAX_BYTES に忠実に従うようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>buffer: 巨大なバッファの生成に関する再修正をおこないました (Trevor Norris)</dd>
<dd>buffer: slice 長が長すぎる場合は throw しないようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>buffer: Buffer(buf) コンストラクタが適切なバッファにコピーをするようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>cli: --max-stack-size を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>cli: 不明なコマンドラインオプションをエラーにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: exec が encoding として buffer を受け付けるようにしました</dd>
<dd>crypto: randomBytes/pbkdf2 コールバックが domain に対応しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>domain: domain.dispose() を廃止予定にしました (Forrest L Norvell)</dd>
<dd>fs: stat オブジェクトの birthtime にアクセスできるようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: 必要な時にだけ connection:keep-alive を送信するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>repl: シンタックスエラーをより適切にとらえるようにしました (isaacs, Nathan Rajlich)</dd>
<dd>stream: objectMode 時のデフォルト highWaterMark を16に変更しました (Mathias Buus)</dd>
<dd>stream: setEncoding/pause/resume をチェーンできるようにしました (Julian Gruber, isaacs)</dd>
<dd>util: custom inspect 関数に opts を渡すようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>vm: Contextify として振る舞うように書きなおしました (Domenic Denicola)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/x64/node-v0.11.7-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/x64/node-v0.11.7-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/node-v0.11.7-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.7/">http://nodejs.org/dist/v0.11.7/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.7/">http://nodejs.org/docs/v0.11.7/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.7/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.7/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.6">Node v0.11.6</h3>
<dl>
<dt>2013.08.21, バージョン 0.11.6 (開発版)</dt>
<dd>uv: v0.11.8 に更新しました</dd>
<dd>v8: 3.20.14.1 に更新しました</dd>
<dd>build: SSLv2 をデフォルトで無効にしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>build: 既存の設定を自動削除しないようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: secureProtocol リストに TLS 1.1 と 1.2 を追加しました (Matthias Bartelmeß)</dd>
<dd>crypto: randomBytes() エラーパスにおけるメモリーリークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dgram: send cb が省略された時に js 内で実行しないようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dgram: 文字列引数の扱いにおけるリグレッションを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>domains: パフォーマンスを向上しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>events: EventEmitter = require('events') (Jake Verbaten)</dd>
<dd>http: write()/end() コールバックを追加しました (isaacs)</dd>
<dd>http: 持続的な 'finish' イベントセマンティクス (isaacs)</dd>
<dd>http: 'ascii' よりも 'binary' を使用するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: 古い agent.addRequest API をサポートしました (isaacs)</dd>
<dd>http: hex/base64 chunk を適切に書き込むようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: agent.maxFreeSockets オプションを追加しました (isaacs)</dd>
<dd>http: raw headers/trailers へのアクセスを提供しました (isaacs)</dd>
<dd>http: 削除済みヘッダーを削除済みのままにしました (James Halliday)</dd>
<dd>http,timers: コールバックのパフォーマンスを改善しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: net.connect に family オプションを追加しました (Vsevolod Strukchinsky)</dd>
<dd>readline: terminal raw モードが無効になる前に stdin を一時停止するようにしました (Daniel Chatfield)</dd>
<dd>smalloc: 他の外部配列タイプを利用可能にしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>smalloc: ExternalArraySize にアクセス可能にしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>stream: データが流れている時は Short-circuit buffer にプッシュするようにしました (isaacs)</dd>
<dd>tls: Socket が開放される前に Socket のエラーを処理するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>util: isPrimitive チェックを修正しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>util: isObject 常に戻り値が真偽値になるようにしました (Trevor Norris)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/x64/node-v0.11.6-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/x64/node-v0.11.6-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/node-v0.11.6-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.6/">http://nodejs.org/dist/v0.11.6/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.6/">http://nodejs.org/docs/v0.11.6/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.6/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.6/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.5">Node v0.11.5</h3>
<dl>
<dt>2013.08.06, バージョン 0.11.5 (開発版)</dt>
<dd>v8: 3.20.11 に更新しました</dd>
<dd>uv: v0.11.7 に更新しました</dd>
<dd>buffer: 最後に書き込んだ位置のオフセットを返すようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>build: mdb_v8.so をバイナリに組み込みました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>build: --without-ssl ビルドを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: .exec() に 'shell' オプションを追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dgram: バイト数を渡さず、送信エラーを cb に伝えるようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs: 文字列を直接ディスクに書き込むようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>https: デフォルトポートを変更しました (Koichi Kobayashi)</dd>
<dd>openssl: sha、md5、rmd について asm を使用するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>os: networkInterfaces() の出力に MAC アドレスを追加しました (Brian White)</dd>
<dd>smalloc: smalloc モジュールを導入しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>stream: フローを単純化し、受動的なデータ受信にしました (streams3) (isaacs)</dd>
<dd>tls: SNICallback を非同期化しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: cluster ワーカー間で TLS チケット鍵を共有するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>util: format() に対して、循環する %j について例外を発生しないようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/x64/node-v0.11.5-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/x64/node-v0.11.5-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/node-v0.11.5-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.5/">http://nodejs.org/dist/v0.11.5/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.5/">http://nodejs.org/docs/v0.11.5/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.5/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.5/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.4">Node v0.11.4</h3>
<dl>
<dt>2013.07.12, バージョン 0.11.4 (開発版)</dt>
<dd>npm: 1.3.4 に更新しました</dd>
<dd>v8: v3.20.2 に更新しました</dd>
<dd>c-ares: piscisaureus/cares@805d153 に更新しました</dd>
<dd>timers: setImmediate が各ターンで全てのキューを処理するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: agent.get/request メソッドを追加しました (isaacs)</dd>
<dd>http: KeepAlive の振る舞いを適切なものにしました (isaacs)</dd>
<dd>configure: --without-ssl オプションを修正しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>buffer: 元の parent を伝えるようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>tls_wrap: 証明書が見つからない場合は Error を throw するのではなく返すようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>src: v8 のネイティブ TypedArrays を有効にしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>stream: objectMode transform が false 値を受け付けるようになりました (Jeff Barczewski)</dd>
<dd>slab_allocator: SlabAllocator を削除しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>crypto: LoadPKCS12 におけるメモリーリークを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: TLSSocket を export しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>zlib: level と strategy の変更が可能になりました (Brian White)</dd>
<dd>zlib: flush() でフラッシュタイプの指定が可能になりました (Brian White)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/x64/node-v0.11.4-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/x64/node-v0.11.4-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/node-v0.11.4-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.4/">http://nodejs.org/dist/v0.11.4/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.4/">http://nodejs.org/docs/v0.11.4/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.4/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.4/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.3">Node v0.11.3</h3>
<dl>
<dt>2013.06.26, バージョン 0.11.3 (開発版)</dt>
<dd>uv: v0.11.5 に更新しました</dd>
<dd>c-ares: 1.10.0 に更新しました</dd>
<dd>v8: v3.19.13 に更新しました</dd>
<dd>punycode: v1.2.3 に更新しました (Mathias Bynens)</dd>
<dd>debugger: uncaught exception 時に break するようになりました (Miroslav Bajtos)</dd>
<dd>child_process: 'disconnect' を非同期で emit するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dtrace: 有効な場合にのみ uv のプローブが有効化されるようになりました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>dtrace: dtrace と systemtap のインターフェースを統合しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>buffer: 新しい API のためのデータストア (Trevor Norris)</dd>
<dd>buffer: 呼び出しをチェインできるように fill() が this を返すようになりました (Brian White)</dd>
<dd>build: Windows でのビルドのための include 順序を修正しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>build: Android サポートを追加しました (Linus Mårtensson)</dd>
<dd>readline: プロンプトの幅計算のために制御文字を除去するようにしましたs (Krzysztof Chrapka)</dd>
<dd>tls: tls_wrap バインディングに基づく TLSSocket を導入しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: localAddress と localPort プロパティが追加されました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: NodeBIO での過剰なメモリー解放 (Fedor Indutny)</dd>
<dd>process: maxTickDepth を削除しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>timers: Date.now の代わりに uv_now を使用するようになりました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>util: console に似たメソッドを廃止し、debuglog を追加しました (isaacs)</dd>
<dd>module: カスタムソリューションの代わりに path.sep を使用するようになりました (Robert Kowalski)</dd>
<dd>http: リクエストの path はエスケープせず、不正な文字を拒否するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: 接続前に DNS の 'lookup' イベントを発生するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dns: getServers と getServers を追加しました (Timothy J Fontaine)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/x64/node-v0.11.3-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/x64/node-v0.11.3-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/node-v0.11.3-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.3/">http://nodejs.org/dist/v0.11.3/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.3/">http://nodejs.org/docs/v0.11.3/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.3/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.3/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.2">Node v0.11.2</h3>
<dl>
<dt>2013.05.13, バージョン 0.11.2 (開発版)</dt>
<dd>uv: 0.11.2 に更新しました</dd>
<dd>V8: 3.19.0 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.21 に更新しました</dd>
<dd>build: Makefile が configure の --prefix に従うようになりました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>cluster: ラウンドロビンによるロードバランシングをおこなうようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>debugger, cluster: 各ワーカーがそれぞれデバッグポートをもつようになりました (Miroslav Bajtoš)</dd>
<dd>debugger: カスタムデバッグポートによる再起動をサポートしました (Miroslav Bajtoš)</dd>
<dd>debugger: 読み込まれる前のスクリプトにブレークポイントが設定できるようになりました (Miroslav Bajtoš)</dd>
<dd>events: EventEmitter#setMaxListeners() が this を返すようになりました (Sam Roberts)</dd>
<dd>events: EventEmitter.defaultMaxListeners を追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>install: インストール先ディレクトリのプレフィクスとして $(PREFIX) をサポートしました (Olof Johansson)</dd>
<dd>os: os.networkInterfaces() にネットマスクを含めるようにしました (Ben Kelly)</dd>
<dd>path: path.isAbsolute(path) を追加しました (Ryan Doenges)</dd>
<dd>stream: 'finish' イベントの順序を保証するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>streams: .cork/.uncork/._writev にアクセスできるようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>vm: timeout 引数のサポートを追加しました (Andrew Paprocki)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/x64/node-v0.11.2-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/x64/node-v0.11.2-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/node-v0.11.2-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.2/">http://nodejs.org/dist/v0.11.2/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.2/">http://nodejs.org/docs/v0.11.2/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.2/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.2/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.1">Node v0.11.1</h3>
<dl>
<dt>2013.04.19, バージョン 0.11.1 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.18.0 に更新しました</dd>
<dd>uv: v0.11.1 に更新しました</dd>
<dd>http: 複数の分離したモジュールに分割しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>http: リクエストパスにおける安全でない文字をエスケープするようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>url: 適切でない全ての文字をエスケープするようになりました (isaacs)</dd>
<dd>build: v8 の postmortem-metadata が有効な場合はそれに依存するようになりました (Paddy Byers)</dd>
<dd>etw: DTrace プロバインダーにあうようにプロトタイプを更新しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>buffer: Buffer.prototype.toJSON() の出力を変更しました (David Braun)</dd>
<dd>dtrace: _handle.fd の値を適切に使うようになりました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>dtrace: プローブにより多くの引数を渡すようになりました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>build: osx 上で DTrace と共にビルドすることが可能になりました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>zlib: 一部の便利なメソッドにオプションを渡すことができるようになりました (Kyle Robinson Young)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/x64/node-v0.11.1-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/x64/node-v0.11.1-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/node-v0.11.1-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.1/">http://nodejs.org/dist/v0.11.1/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.1/">http://nodejs.org/docs/v0.11.1/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.1/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.1/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.11.0">Node v0.11.0</h3>
<dl>
<dt>2013.03.28, バージョン 0.11.0 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.17.13 に更新しました</dd>
<dd>os: os.tmpdir() において %SystemRoot% や %windir% を使用するようになりました (Suwon Chae)</dd>
<dd>util: util.inspect() の行幅計算を修正しました (Marcin Kostrzewa)</dd>
<dd>buffer: _charsWritten を削除しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>fs: uv_[fl]stat が1秒以下の解像度で通知するようになりました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>fs: エラーが発生し、コールバックが存在しない場合に例外を発生するようになりました (bnoordhuis)</dd>
<dd>tls: tls.createServer から SSL_CTX_set_timeout にアクセスできるようになりました (Manav Rathi)</dd>
<dd>tls: 有害で不要な境界チェックを削除しました (Marcel Laverdet)</dd>
<dd>buffer: ASCII 文字列の書き込みに WriteOneByte を使用するようになりました (Trevor Norris)</dd>
<dd>dtrace: FreeBSD における v8 定数の生成を修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>dtrace: x64 向け ustack ヘルパーを追加しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>readline: ワイド文字を適切に扱うようにしました (Nao Iizuka)</dd>
<dd>repl: 非同期エラーを受けるために domein を使用するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>repl: context がリセットされた際に 'reset' イベントを発生するようになりました (Sami Samhuri)</dd>
<dd>util: カスタム inspect() メソッドは場合によっては Object を返すようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>console: console.dir() が inspect() メソッドにバイパスするようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/x64/node-v0.11.0-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/x64/node-v0.11.0-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/node-v0.11.0-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.11.0/">http://nodejs.org/dist/v0.11.0/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.0/">http://nodejs.org/docs/v0.11.0/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.11.0/api/">http://nodejs.org/docs/v0.11.0/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.24">Node v0.10.24</h3>
<dl>
<dt>2013.12.18, バージョン 0.10.24 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.21に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.3.21に更新しました</dd>
<dd>v8: CVE-2013-{6639|6640}のバックポートを行いました</dd>
<dd>build: unix install nodeとdep library headers (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>cluster, v8: --logfile=%p.logを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>module: packageをキャッシュするようにしました (Wyatt Preul)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/x64/node-v0.10.24-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/x64/node-v0.10.24-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/node-v0.10.24-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.24/">http://nodejs.org/dist/v0.10.24/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.24/">http://nodejs.org/docs/v0.10.24/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.24/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.24/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.23">Node v0.10.23</h3>
<dl>
<dt>2013.12.12, バージョン 0.10.23 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.20に更新しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>npm: 1.3.17に更新しました (isaacs)</dd>
<dd>gyp: 78b26f7に更新しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>build: Linuxにおいてpostmortem symbolsを含めるようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>crypto: Decipher._flush()がエラーを発生させるようにしました (Kai Groner)</dd>
<dd>dgram: closed dgramの`fd`取得時の途中停止を修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>events: setMaxListenersにてNaNを許容しないようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>events: `once`関数が二度呼び出されないようにしました (Tim Wood)</dd>
<dd>events: removeAllListenersにおけるTypeErrorを修正しました (Jeremy Martin)</dd>
<dd>fs: EEXISTのときに正しいパスを報告するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>process: 許可されたkillシグナルを実行するようにしました (Sam Roberts)</dd>
<dd>tls: .receivedShutdownにて'end'を発火させるようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: 潜在的なデータ破損を修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: `ssl.start()`のエラーを適切に処理するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: SNIの後のNPN callbacksをリセットするようにしました (Fedor Indutny)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/x64/node-v0.10.23-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/x64/node-v0.10.23-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/node-v0.10.23-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.23/">http://nodejs.org/dist/v0.10.23/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.23/">http://nodejs.org/docs/v0.10.23/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.23/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.23/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.22">Node v0.10.22</h3>
<dl>
<dt>2013.11.12, バージョン 0.10.22 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.3.14に更新しました</dd>
<dd>uv: v0.10.19に更新しました</dd>
<dd>child_process: stale file descriptorイベントでアサートしないようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>darwin: Mavericksアクティビティモニタでの"Not Responding"を修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>debugger: 名前のないスクリプトでのsb()のバグを修正しました (Maxim Bogushevich)</dd>
<dd>repl: 終了時に複製を挿入しないようにしました (Maciej Małecki)</dd>
<dd>src: closedハンドルでのメモリーリークを修正しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>tls: read(0)使用時に失速しないようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>v8: Solarisで正しいタイムゾーン情報を使用するようにしました (Maciej Małecki)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/x64/node-v0.10.22-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/x64/node-v0.10.22-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/node-v0.10.22-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.22/">http://nodejs.org/dist/v0.10.22/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.22/">http://nodejs.org/docs/v0.10.22/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.22/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.22/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.21">Node v0.10.21</h3>
<dl>
<dt>2013.10.18, バージョン 0.10.21 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.18 に更新しました</dd>
<dd>crypto: verify 失敗時にエラーを初期化するようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>dtrace: 2バイト文字を解釈するようにしました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>fs: fs.truncate() におけるファイル内容のゼロ化に関するバグを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: パイプライン溢れに対するバックプレッシャーを提供しました (isaacs)</dd>
<dd>tls: 早期に接続終了してしまうバグを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/x64/node-v0.10.21-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/x64/node-v0.10.21-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/node-v0.10.21-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.21/">http://nodejs.org/dist/v0.10.21/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.21/">http://nodejs.org/docs/v0.10.21/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.21/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.21/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.20">Node v0.10.20</h3>
<dl>
<dt>2013.09.30, バージョン 0.10.20 (安定版)</dt>
<dd>tls: 不定期に発生する停止と部分的な読み込みを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>&quot;npm ERR! cb() never called!&quot; を修正しました</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/x64/node-v0.10.20-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/x64/node-v0.10.20-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/node-v0.10.20-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.20/">http://nodejs.org/dist/v0.10.20/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.20/">http://nodejs.org/docs/v0.10.20/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.20/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.20/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.19">Node v0.10.19</h3>
<dl>
<dt>2013.09.24, バージョン 0.10.19 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.17 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.3.11 に更新しました</dd>
<dd>readline: 制御文字で始まる入力を扱うようにしました (Eric Schrock)</dd>
<dd>configure: mips-float-abi (soft, hard) オプションを追加しました (Andrei Sedoi)</dd>
<dd>stream: objectMode において falsy な値を扱うことができるようになりました (isaacs)</dd>
<dd>tls: read から分割された値が返されてしまうのを防ぐようにしました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>tls: NPM プロトコルは接続ごとに扱われるようになりました (Fedor Indutny)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/x64/node-v0.10.19-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/x64/node-v0.10.19-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/node-v0.10.19-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.19/">http://nodejs.org/dist/v0.10.19/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.19/">http://nodejs.org/docs/v0.10.19/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.19/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.19/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.18">Node v0.10.18</h3>
<dl>
<dt>2013.09.04, バージョン 0.10.18 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.15 に更新しました</dd>
<dd>stream: _events プロパティを unset する際にクラッシュしないようにしました (isaacs)</dd>
<dd>stream: デコード済みの writable chunks と共に 'buffer' エンコードを渡すようにしました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/x64/node-v0.10.18-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/x64/node-v0.10.18-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/node-v0.10.18-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.18/">http://nodejs.org/dist/v0.10.18/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.18/">http://nodejs.org/docs/v0.10.18/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.18/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.18/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.17">Node v0.10.17</h3>
<dl>
<dt>2013.08.21, バージョン 0.10.17 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.14 に更新しました</dd>
<dd>http_parser: PUN/GEM メソッドを PUT/GET として処理しないようにしました (Chris Dickinson)</dd>
<dd>tls: 読み込み時に ssl が破棄されていた場合のアサーションを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>stream: イベントリスナーが削除されていても、'error' が発生するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>dgram: 不正な引数での send() におけるアサーションを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>readline: terminal raw モードが無効になる前に stdin を一時停止するようにしました (Daniel Chatfield)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/x64/node-v0.10.17-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/x64/node-v0.10.17-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/node-v0.10.17-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.17/">http://nodejs.org/dist/v0.10.17/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.17/">http://nodejs.org/docs/v0.10.17/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.17/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.17/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.16">Node v0.10.16</h3>
<dl>
<dt>2013.08.16, バージョン 0.10.16 (安定版)</dt>
<dd>v8: CVE-2013-2882 に対応するバックポートをおこないました</dd>
<dd>npm: 1.3.8 に更新しました</dd>
<dd>crypto: 不正な Hex 入力時の assert() を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: randomBytes() エラーパスにおけるメモリーリークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>events: イベント名がリークしないようにメモリーリークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: hex/base64 エンコードを適切に扱うようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: chunked res.write(buf) のパフォーマンスを向上しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>stream: pipe エラーが2重に emit される問題を修正しました (Eran Hammer)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/x64/node-v0.10.16-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/x64/node-v0.10.16-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/node-v0.10.16-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.16/">http://nodejs.org/dist/v0.10.16/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.16/">http://nodejs.org/docs/v0.10.16/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.16/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.16/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.15">Node v0.10.15</h3>
<dl>
<dt>2013.07.25, バージョン 0.10.15 (安定版)</dt>
<dd>src: process.getuid() の戻り値を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/x64/node-v0.10.15-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/x64/node-v0.10.15-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/node-v0.10.15-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.15/">http://nodejs.org/dist/v0.10.15/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.15/">http://nodejs.org/docs/v0.10.15/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.15/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.15/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.14">Node v0.10.14</h3>
<dl>
<dt>2013.07.25, バージョン 0.10.14 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.13 に更新しました</dd>
<dd>npm: v1.3.5 に更新しました</dd>
<dd>os: cpu info において負の時間を報告しないようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs: 大きい値の UID と GID を扱うようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>url: プロトコルが小文字でないようなエッジケースについて修正しました (Shuan Wang)</dd>
<dd>doc: Stream API のドキュメントを書き直しました (isaacs)</dd>
<dd>node: 全ての Domain ケース MakeDomainCallback を呼ぶようになりました (Trevor Norris)</dd>
<dd>crypto: LoadPKCS12 でのメモリーリークを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/x64/node-v0.10.14-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/x64/node-v0.10.14-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/node-v0.10.14-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.14/">http://nodejs.org/dist/v0.10.14/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.14/">http://nodejs.org/docs/v0.10.14/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.14/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.14/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.13">Node v0.10.13</h3>
<dl>
<dt>2013.07.09, バージョン 0.10.13 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.12 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.3.2 に更新しました</dd>
<dd>windows: 適切な errno を取得するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls: 完了していない場合にのみ完了を待機するようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>http: リクエストが中止された場合はレスポンスを破棄するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>終了時の遅延を修正するために定義済みのタイマーを使用するようにしました (Peter Rust)</dd>
<dd>zlib: level に負数を指定できるようになりました (Brian White)</dd>
<dd>zlib: level と strategy に 0 を指定できるようにしました (Brian White)</dd>
<dd>buffer: バッファの調整についてを説明するコメントを追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>string_bytes: 64bit を適切に検出できるようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>src: UsingDomains() におけるメモリリーク修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/x64/node-v0.10.13-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/x64/node-v0.10.13-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/node-v0.10.13-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.13/">http://nodejs.org/dist/v0.10.13/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.13/">http://nodejs.org/docs/v0.10.13/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.13/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.13/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.12">Node v0.10.12</h3>
<dl>
<dt>2013.06.18, バージョン 0.10.12 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.32 に更新しました</dd>
<dd>readline: ctrl + L で画面を初期化できるようにしました (Yuan Chuan)</dd>
<dd>v8: setVariableValue デバッガコマンドを追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: 書き込み途中のソケットを破棄しないようにしました (isaacs)</dd>
<dd>v8: mips32r2 アーキテクチャ向けのビルドを修正しました (Andrei Sedoi)</dd>
<dd>configure: host_arch_cc() のクロスコンパイルを修正しました (Andrei Sedoi)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/x64/node-v0.10.12-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/x64/node-v0.10.12-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/node-v0.10.12-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.12/">http://nodejs.org/dist/v0.10.12/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.12/">http://nodejs.org/docs/v0.10.12/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.12/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.12/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.11">Node v0.10.11</h3>
<dl>
<dt>2013.06.13, バージョン 0.10.11 (安定版)</dt>
<dd>uv: 0.10.11 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.30 に更新しました</dd>
<dd>openssl: MIPS 向けの一部の設定を追加しました (Andrei Sedoi)</dd>
<dd>"http: 'upgrade' イベントから bodyHead を削除しました" の変更を元に戻しました (isaacs)</dd>
<dd>v8: undefined として振舞う際のポインタ計算について修正しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>crypto: utf8/utf-8 エンコーディングチェックを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: 古い Linux カーネルにおける POLLERR|POLLHUP でのビジーループを修正しました (Ben Noordhuis, isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/x64/node-v0.10.11-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/x64/node-v0.10.11-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/node-v0.10.11-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.11/">http://nodejs.org/dist/v0.10.11/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.11/">http://nodejs.org/docs/v0.10.11/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.11/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.11/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.10">Node v0.10.10</h3>
<dl>
<dt>2013.06.04, バージョン 0.10.10 (安定版)</dt>
<dd>uv: 0.10.10 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.25 に更新しました</dd>
<dd>url: 明らかにおかしな形式の URL を適切にパースするようにしました (isaacs)</dd>
<dd>stream: unshift('') は何もしないようになりました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/x64/node-v0.10.10-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/x64/node-v0.10.10-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/node-v0.10.10-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.10/">http://nodejs.org/dist/v0.10.10/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.10/">http://nodejs.org/docs/v0.10.10/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.10/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.10/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.9">Node v0.10.9</h3>
<dl>
<dt>2013.05.30, バージョン 0.10.9 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.24 に更新しました</dd>
<dd>uv: v0.10.9 に更新しました</dd>
<dd>repl: JSON.parse エラーの確認処理を修正しました (Brian White)</dd>
<dd>tls: .destroySoon を適切な動作にしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: 反対側のストリームのreadが完了後にのみ、write コールバックを実行するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: .shutdown() による syscall エラーを無視するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/x64/node-v0.10.9-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/x64/node-v0.10.9-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/node-v0.10.9-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.9/">http://nodejs.org/dist/v0.10.9/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.9/">http://nodejs.org/docs/v0.10.9/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.9/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.9/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.8">Node v0.10.8</h3>
<dl>
<dt>2013.05.24, バージョン 0.10.8 (安定版)</dt>
<dd>v8: 3.14.5.9 に更新しました</dd>
<dd>uv: 0.10.8 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.23 に更新しました</dd>
<dd>http: 'upgrade' イベントから bodyHead を削除しました (Nathan Zadoks)</dd>
<dd>http: 空の引数で write を実行した場合、false ではなく true を返すようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: ラウンドトリップを抑制するために, buffers を文字列に変換しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>configure: 常に --dest-os フラグに従うようにしました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>buffer: buffer を超えた書き込みをおこなった場合に例外を発生するようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>crypto: DiffieHellman キーエラーが発生した後はエラーを初期化するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>string_bytes: base64 文字列からパディングを削除するようにしました (Trevor Norris)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/x64/node-v0.10.8-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/x64/node-v0.10.8-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/node-v0.10.8-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.8/">http://nodejs.org/dist/v0.10.8/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.8/">http://nodejs.org/docs/v0.10.8/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.8/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.8/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.7">Node v0.10.7</h3>
<dl>
<dt>2013.05.17, バージョン 0.10.7 (安定版)</dt>
<dd>uv: v0.10.7 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.21 に更新しました</dd>
<dd>crypto: Verify の encoding 引数を無視しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>buffer, crypto: デフォルト encoding のリグレッションを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>timers: setInterval() の assert を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/x64/node-v0.10.7-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/x64/node-v0.10.7-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/node-v0.10.7-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.7/">http://nodejs.org/dist/v0.10.7/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.7/">http://nodejs.org/docs/v0.10.7/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.7/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.7/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.6">Node v0.10.6</h3>
<dl>
<dt>2013.05.14, バージョン 0.10.6 (安定版)</dt>
<dd>module: require.extensions が廃止予定になりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: Readable.wrap が objectMode と空のストリームをサポートするようになりました (Daniel Moore)</dd>
<dd>child_process: handle の転送を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: パフォーマンスリグレッションを修正しました (isaacs)</dd>
<dd>src: 文字列のエンコード/デコード処理をテンプレート化しました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/x64/node-v0.10.6-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/x64/node-v0.10.6-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/node-v0.10.6-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.6/">http://nodejs.org/dist/v0.10.6/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.6/">http://nodejs.org/docs/v0.10.6/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.6/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.6/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.5">Node v0.10.5</h3>
<dl>
<dt>2013.04.23, バージョン 0.10.5 (安定版)</dt>
<dd>uv: 0.10.5 に更新しました (isaacs)</dd>
<dd>build: Visual Studio 2012 のサポートを追加しました (Miroslav Bajtoš)</dd>
<dd>http: 存在しないソケットを destroy しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>crypto: LazyTransform をメソッドではなくプロパティに変更しました (isaacs)</dd>
<dd>assert: err.name を err.message に変更しました (Ryan Doenges)</dd>
<dd>dgram: アドレスのない bind() を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>handle_wrap: NULL ポインタからの値の取得を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>os: os.type() における通常は考えられないバッファオーバーフローを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>stream: unshift() での競合を修正しました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/x64/node-v0.10.5-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/x64/node-v0.10.5-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/node-v0.10.5-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.5/">http://nodejs.org/dist/v0.10.5/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.5/">http://nodejs.org/docs/v0.10.5/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.5/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.5/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.4">Node v0.10.4</h3>
<dl>
<dt>2013.04.11, バージョン 0.10.4 (安定版)</dt>
<dd>uv: 0.10.4 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.18 に更新しました</dd>
<dd>v8: JSON.parse 時に極端にメモリー使用が増加するのを防ぐようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>child_process, cluster: cms 文字列の O(n*m) スキャンを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: socket.bytesWritten の Buffer サポートを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>buffer: オフセットの確認処理を修正しました (Łukasz Walukiewicz)</dd>
<dd>stream: finish イベントの前に write の cb を実行するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>http: write(data, 'hex') をサポートしました (isaacs)</dd>
<dd>crypto: dh シークレットが left-padded になるようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>process: process.versions に NODE_MODULE_VERSION を割り当てました (Rod Vagg)</dd>
<dd>crypto: crypto streams でのコンストラクタ呼び出しを修正しました (Andreas Madsen)</dd>
<dd>net: .byteLength において encoding を考慮するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>net: bytesWritten でのバッファの反復処理を修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>crypto: 0バイトが書きこまれた場合では zero is not an error となるようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: 証明書確認での CN-ID チェックを再度有効化しました (Tobias Müllerleile)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/x64/node-v0.10.4-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/x64/node-v0.10.4-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/node-v0.10.4-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.4/">http://nodejs.org/dist/v0.10.4/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.4/">http://nodejs.org/docs/v0.10.4/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.4/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.4/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.3">Node v0.10.3</h3>
<dl>
<dt>2013.04.03, バージョン 0.10.3 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.17 に更新しました</dd>
<dd>child_process: 送信ハンドルを確認するようにしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>etw: dtrace プロバイダにあわせてプロトタイプを更新しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>dtrace: probe により多くの引数を渡すようにしました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>build: osx 上で dtrace と共にビルドすることが可能になりました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>http: 古い ECONNRESET 関連のコードを削除しました (isaacs)</dd>
<dd>http: クライアントレスポンスの終了時に確実にソケットを終了するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>tls: 暗号化側が終了した時にソケットを削除するようにしました (isaacs)</dd>
<dd>repl: isSyntaxError() が "strict mode" エラーを扱うようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>crypto: ctor の呼び出しにオプションを渡すようになりました (isaacs)</dd>
<dd>src: process.versions.uv を uv_version_string() に割り当てました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/x64/node-v0.10.3-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/x64/node-v0.10.3-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/node-v0.10.3-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.3/">http://nodejs.org/dist/v0.10.3/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.3/">http://nodejs.org/docs/v0.10.3/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.3/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.3/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.2">Node v0.10.2</h3>
<dl>
<dt>2013.03.28, バージョン 0.10.2 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.15 に更新しました</dd>
<dd>uv: 0.10.3 に更新しました</dd>
<dd>tls: SSL_ERROR_ZERO_RETURN を扱うようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: C++ メソッド呼び出し前のエラーを扱うようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: 有害で不要な境界チェックを削除しました (Marcel Laverdet)</dd>
<dd>crypto: getCiphers() が非SSL ciphers を返すようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: randomBytes() の size 引数を確認するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>timers: Timeout._when プロパティを計算しないようになりました (Alexey Kupershtokh)</dd>
<dd>timers: ミリ秒の off-by-one エラーを修正しました (Alexey Kupershtokh)</dd>
<dd>timers: enroll() における符号付き int32 オーバーフローを扱うようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>stream: 特定の条件下での Transform におけるストールを修正しました (Gil Pedersen)</dd>
<dd>stream: 後から設定された 'readable' イベントリスナーを扱うようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: Writables での長さが 0 の書き込みにおいて、早期に end が呼び出されてしまう問題を修正しました (isaacs)</dd>
<dd>domain: MakeCallback による domain コールバックを修正しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>child_process: 同一のハンドルが2度実行しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: 子プロセスに対する utf-8 の送信処理を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/x64/node-v0.10.2-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/x64/node-v0.10.2-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/node-v0.10.2-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.2/">http://nodejs.org/dist/v0.10.2/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.2/">http://nodejs.org/docs/v0.10.2/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.2/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.2/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.1">Node v0.10.1</h3>
<dl>
<dt>2013.03.21, バージョン 0.10.1 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.15 に更新しました</dd>
<dd>crypto: ストリーム API 以外のパフォーマンスを向上しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: 処理後に this.ssl.error を常に初期化するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: mid-stream ハングを防ぐようになりました (Fedor Indutny, isaacs)</dd>
<dd>net: 任意 TCP ソケットのサポートを向上しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: 'connect' の後にのみ 'finish' イベントを処理するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>http: 巨大なバッファに対して hot-path end() をしないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>fs: cb が存在しないエラーを廃止し、例外を発生しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>fs: write/appendFileSync においてファイルモードを適切に設定するようにしました (Raymond Feng)</dd>
<dd>stream: readable.wrap が self を返すようにしました (isaacs)</dd>
<dd>stream: decoder.end() を複数回呼び出さないようになりました (Gil Pedersen)</dd>
<dd>windows: process.on('SIGXYZ') によるシグナル監視を有効化しました (Bert Belder)</dd>
<dd>node: 削除した MakeCallback を復帰しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>node: fd getter の処理において中止なしの時にのみ Unwrap するようになりました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/x64/node-v0.10.1-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/x64/node-v0.10.1-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/node-v0.10.1-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.1/">http://nodejs.org/dist/v0.10.1/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.1/">http://nodejs.org/docs/v0.10.1/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.1/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.1/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.10.0">Node v0.10.0</h3>
<dl>
<dt>2013.03.11, バージョン 0.10.0 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.14 に更新しました</dd>
<dd>core: windows での dlopen においてファイル名を適切に追加するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>zlib: flush フラグを適切に管理するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>domains: ネストされたエラーハンドラで発生したエラーを扱うようになりました (isaacs)</dd>
<dd>buffer: ascii への変換時に上位ビットを除去するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>win/msi: modify と repair を有効化しました (Bert Belder)</dd>
<dd>win/msi: いくつかの Node パーツを選択するための機能を追加しました (Bert Belder)</dd>
<dd>win/msi: 持続的なレジストリキーのパスを使用するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>child_process: dgram ソケットへの送信をサポートしました (Andreas Madsen)</dd>
<dd>fs: Windows において、dir に対する fs.read/write の呼び出し時に EISDIR を発生するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>unix: 警告やマクロ化された関数の厳密なエイリアシングを修正 (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: UV_THREADPOOL_SIZE 環境変数を重んじるようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>win/tty: 色属性の列挙におけるタイポを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>win/tty: 入力モードやクイック編集モードについてを変更しないようになりました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/x64/node-v0.10.0-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/x64/node-v0.10.0-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.10.0/">http://nodejs.org/dist/v0.10.0/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.0/">http://nodejs.org/docs/v0.10.0/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.10.0/api/">http://nodejs.org/docs/v0.10.0/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.12">Node v0.9.12</h3>
<dl>
<dt>2013.03.06, バージョン 0.9.12 (開発版)</dt>
<dd>stream: Readable.push/unshift において文字列が許容されるようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: bufferSize オプションが削除されました (isaacs)</dd>
<dd>stream: 巨大な読み込み時に highWaterMark を増加するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: _write が encoding 引数を受け取るようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: _transform から output() メソッドを削除し、encoding を提供するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: 'readable' イベントの発生のために read(0) を必要としなくなりました (isaacs)</dd>
<dd>node: --throw-deprecation を追加しました (isaacs)</dd>
<dd>http: 多重タイムアウトイベントを修正しました (Eugene Girshov)</dd>
<dd>http: サーバーでの setTimeout API がより使いやすくなりました (isaacs)</dd>
<dd>net: process.nextTick ではなく close コールバックを使用するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: FIN の後の書き込みにおいて、よりよいエラーを提供するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>dns: NAPTR クエリをサポートしました (Pavel Lang)</dd>
<dd>dns: エラーパスでの resolve() における ReferenceError を修正しました (Xidorn Quan)</dd>
<dd>child_process: Windows において ENOENT を適切に扱うようになりました (Scott Blomquist)</dd>
<dd>cluster: kill(signal=SIGTERM) のための destroy() を削除しました (isaacs)</dd>
<dd>build: 外部ビルドシステムのために nightly タグを定義しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>build: パスにスペースが含まれる場合でも msi ビルドが動作するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>build: WiX 3.7/3.8 における msi のビルド問題を修正しました (Raymond Feng)</dd>
<dd>repl: domains との互換性を改善しました (Dave Olszewski)</dd>
<dd>events: コードを整理し、パフォーマンスを改善しました (Trevor Norris)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/x64/node-v0.9.12-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/x64/node-v0.9.12-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/node-v0.9.12-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.12/">http://nodejs.org/dist/v0.9.12/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.12/">http://nodejs.org/docs/v0.9.12/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.12/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.12/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.11">Node v0.9.11</h3>
<dl>
<dt>2013.03.01, バージョン 0.9.11 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.14.5 にダウングレードしました</dd>
<dd>openssl: 1.0.1e に更新しました</dd>
<dd>darwin: process.title が適切に動作するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs: read/append/writeFile で mode/flag オプションをサポートしました (isaacs)</dd>
<dd>stream: _read() がコールバックを受け取らないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: stream.unshift(chunk) を追加しました (isaacs)</dd>
<dd>stream: lowWaterMark の機能を削除しました (isaacs)</dd>
<dd>net: 不要な 'connect' イベントが発生しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>build, windows: SEH を無効化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>core: グローバル変数 errno を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>core: メインファイル実行時の nextTick を削除しました (isaacs)</dd>
<dd>core: ステータスコードと共に exit() が呼ばれるようになりました (isaacs)</dd>
<dd>core: デバッグ用のシグナルハンドラにおける競合ロックを修正しました (isaacs)</dd>
<dd>crypto: エラースタックを初期化するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>test: 環境変数から common.PORT を設定するオプションを追加しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>path: path.resolve/join に非文字列の引数が指定された場合に TypeError を発生するようになりました (isaacs, Arianit Uka)</dd>
<dd>crypto: OpenSSL における初期化されていないメモリーへのアクセスを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/x64/node-v0.9.11-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/x64/node-v0.9.11-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/node-v0.9.11-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.11/">http://nodejs.org/dist/v0.9.11/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.11/">http://nodejs.org/docs/v0.9.11/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.11/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.11/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.10">Node v0.9.10</h3>
<dl>
<dt>2013.02.19, バージョン 0.9.10 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.15.11.15 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.2.12 に更新しました</dd>
<dd>fs: WriteStream のデフォルト設定を変更し、パフォーマンスが向上しました (isaacs)</dd>
<dd>process: tick コールバックロジックを効率化しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>stream_wrap, udp_wrap: 読み込み専用 fd プロパティを追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>buffer: Buffer#slice() において負数のインデックスを受け付けるようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls: 内部ソケットの drain する際にデータを循環するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: read(0) が常に _read(n,cb) を呼び出さないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: 空の文字列/Buffer は EOF を示さないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>crypto: cipher/decipher のエラーメッセージを改善しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: ソケットの 'readable' フラグを尊重するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>net: ECONNRESET を抑制しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>typed arrays: typed array コンストラクタ内で Buffer をコピーするようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>typed arrays: DataView が non-ArrayBuffer を発生するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>windows: MSI インストーラーを改善しました (Scott Blomquist, Jim Schubert)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/x64/node-v0.9.10-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/x64/node-v0.9.10-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/node-v0.9.10-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.10/">http://nodejs.org/dist/v0.9.10/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.10/">http://nodejs.org/docs/v0.9.10/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.10/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.10/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.9">Node v0.9.9</h3>
<dl>
<dt>2013.02.07, バージョン 0.9.9 (開発版)</dt>
<dd>tls: CryptoStream を streams2 に移行しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>typed arrays: ArrayBuffer がバッキングストアのみ共有するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>stream: Writable#end() がコールバック関数を受け付けるようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>buffer: 'hex' の扱いを最適化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>dns, cares: NOTIMP、REFUSED、SERVFAIL をフィルターしないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>readline: \r を行の終わりとして扱うようになりました (isaacs)</dd>
<dd>readline: \r\n を1つの 'line' イベントとするようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>cluster: datagram ソケットをサポートしました (Bert Belder)</dd>
<dd>stream: Transform クラスのバックプレッシャーを修正しました (isaacs)</dd>
<dd>addon: NODE_MODULE の初期化関数に module オブジェクトを渡すようになりました (isaacs, Rod Vagg)</dd>
<dd>buffer: slow buffer の copy メソッドの互換性を修正しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>tls.CryptoStream に bytesWritten を追加しました (Andy Burke)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/x64/node-v0.9.9-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/x64/node-v0.9.9-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/node-v0.9.9-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.9/">http://nodejs.org/dist/v0.9.9/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.9/">http://nodejs.org/docs/v0.9.9/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.9/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.9/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.8">Node v0.9.8</h3>
<dl>
<dt>2013.01.24, バージョン 0.9.8 (開発版)</dt>
<dd>npm: v1.2.3 に更新しました</dd>
<dd>V8: 3.15.11.10 に更新しました</dd>
<dd>streams: Buffers 以外のオブジェクトをサポートしました (Jake Verbaten)</dd>
<dd>buffer: 浮動小数点書き込み時の範囲チェックを削除しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>http: chunked エンコーディングでの 304/204 レスポンス時にコネクションを切断するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>build: FreeBSD における dtrace サポート付きビルドを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>console: trace() におけるフォーマットオプションをサポートしました (isaacs)</dd>
<dd>domain: 全ての例外発生時にスタックを空にするようになりました (Dave Olszewski)</dd>
<dd>unix, windows: uv_*_bind() エラーコードを一致させました (Andrius Bentkus)</dd>
<dd>linux: futimes() にフォールバック処理を追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/x64/node-v0.9.8-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/x64/node-v0.9.8-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/node-v0.9.8-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.8/">http://nodejs.org/dist/v0.9.8/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.8/">http://nodejs.org/docs/v0.9.8/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.8/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.8/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.7">Node v0.9.7</h3>
<dl>
<dt>2013.01.18, バージョン 0.9.7 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.15.11.7 に更新しました</dd>
<dd>npm: v1.2.2 に更新しました</dd>
<dd>punycode: 1.2.0 に更新しました (Mathias Bynens)</dd>
<dd>repl: 標準でビルトインモジュールが提供されるようになりました (Felix Böhm)</dd>
<dd>windows: '_Total' パフォーマンスカウンタのサポートを追加しました (Scott Blomquist)</dd>
<dd>cluster: ワーカープロセスに対して --prof が動作するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: 送信ソケットのリストを保持しないようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>tls: より厳密に RFC6125 に準拠しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>buffer: 浮動小数点数の読み書きを改善しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>TypedArrays: エンディアンパラメータでないデータビューのパフォーマンスを改善しました (Dean McNamee)</dd>
<dd>module: 空でない文字列と共に require() が呼び出されたかを assert するようになりました (Felix Böhm, James Campos)</dd>
<dd>stdio: 読み込み可/書き込み可フラグを適切に設定するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>stream: プッシュストリームからの巨大な読み出しを適切に扱うようになりました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/x64/node-v0.9.7-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/x64/node-v0.9.7-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/node-v0.9.7-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.7/">http://nodejs.org/dist/v0.9.7/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.7/">http://nodejs.org/docs/v0.9.7/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.7/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.7/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.6">Node v0.9.6</h3>
<dl>
<dt>2013.01.11, バージョン 0.9.6 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.15.11.5 に更新しました</dd>
<dd>node: ev-emul.h を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>path: basename と extname が末尾のスラッシュを無視するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>typed arrays: SunOS での符号付き/符号なし char の問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: {stdio:'inherit'} の問題を再度修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: 子プロセスの標準入力ストリームからの pipe() を修正しました (Maciej Małecki)</dd>
<dd>child_process: fork() 時に execPath を設定可能にしました (Bradley Meck)</dd>
<dd>stream: readable.push(chunk) メソッドを追加しました (isaacs)</dd>
<dd>dtrace: x64 向けの ustack ヘルパーを追加しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>repl: 浮動小数点数のパースを修正しました (Nirk Niggler)</dd>
<dd>repl: ビルトインライブラリ変数の上書きを可能にしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: localAddress と localPort を Socket に追加しました (James Hight)</dd>
<dd>fs: プールサイズを ReadStream の bufferSize に一致させました (Shigeki Ohtsu)</dd>
<dd>typed arrays: ロード/ストア命令による入れ替えを実装しました (Dean McNamee)</dd>
<dd>windows: XP や 2003 における perfctr クラッシュを修正しました (Scott Blomquist)</dd>
<dd>dgram: 2重の暗黙的バインドエラーを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/x64/node-v0.9.6-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/x64/node-v0.9.6-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/node-v0.9.6-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.6/">http://nodejs.org/dist/v0.9.6/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.6/">http://nodejs.org/docs/v0.9.6/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.6/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.6/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.5">Node v0.9.5</h3>
<dl>
<dt>2012.12.30, バージョン 0.9.5 (開発版)</dt>
<dd>assert: 新しい実行コンテキストのサポートを改善しました (lukebayes)</dd>
<dd>domain: スネークケースの代わりにキャメルケースを使用するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>domain: uncaughtException ハンドラを使用しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>fs: 'start' イベントなしに ReadStream の 'end' が動作するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>https: createConnection() を最適化しました (Ryunosuke SATO)</dd>
<dd>buffer: base64 エンコーディングが 20% 高速化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>doc: ドキュメントにおける API stabilitity index ヘッダを色付けしました (Luke Arduini)</dd>
<dd>net: socket.readyState を修正しました (bentaber)</dd>
<dd>http: stream2 での HTTP のパフォーマンスを改善しました (isaacs)</dd>
<dd>stream: http.ClientResponse で 'end' イベントを発生するように修正しました (Shigeki Ohtsu)</dd>
<dd>stream: readstream の pipe と unpipe におけるイベントハンドラのリークを修正しました (Andreas Madsen)</dd>
<dd>build: ./configure --tag スイッチをサポートしました (Maciej Małecki)</dd>
<dd>repl: require.cache を更新しないように修正しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>node: uncaught exception による終了時に 'exit' イベントを発生するようになりました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/x64/node-v0.9.5-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/x64/node-v0.9.5-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/node-v0.9.5-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.5/">http://nodejs.org/dist/v0.9.5/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.5/">http://nodejs.org/docs/v0.9.5/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.5/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.5/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.4">Node v0.9.4</h3>
<dl>
<dt>2012.12.21, バージョン 0.9.4 (開発版)</dt>
<dd>streams: 新しいクラスを使うために全てのストリーミングインターフェースを更新しました (isaacs)</dd>
<dd>node: アイドル時のGC処理を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: HTTP Response Splitting 攻撃に対する保護を追加しました (Bert Belder)</dd>
<dd>fs: パスにおいて null バイトを検出した際にエラーを発生するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>fs: 'object is not a function' コールバックエラーを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs: fs.createReadStream に autoClose=true オプションを追加しました (Farid Neshat)</dd>
<dd>process: getgroups()、setgroups()、initgroups() を追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>openssl: x86 および x64 向けの asm コードを最適化しました (Bert Belder)</dd>
<dd>crypto: GetPeerCertificate におけるリークを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>SystemTap のサポートを追加しました (Jan Wynholds)</dd>
<dd>windows: ETW と PerfCounters のサポートを追加しました (Scott Blomquist)</dd>
<dd>windows: UNC パスの正規化処理を修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>crypto: SSL エラー処理を修正しました (Sergey Kholodilov)</dd>
<dd>node: eio-emul.h を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>os: os.endianness() 関数を追加しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>readline: 終端に 'n' 文字が追加された "line" イベントを発生しないようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>build: XCode ビルドファイルを生成するための configure オプションを追加しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>build: システムの libuv, cares, http_parser に対するリンクを許可しました (Stephen Gallagher)</dd>
<dd>typed arrays: ArrayBuffer に slice() サポートを追加しました (Anthony Pesch)</dd>
<dd>debugger: SIGTERM や SIGHUP が発生した際に子プロセスと共に終了するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>url: url.format がパスやクエリ内のデリミタをエスケープするようになりました (J. Lee Coltrane)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/x64/node-v0.9.4-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/x64/node-v0.9.4-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/node-v0.9.4-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.4/">http://nodejs.org/dist/v0.9.4/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.4/">http://nodejs.org/docs/v0.9.4/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.4/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.4/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.3">Node v0.9.3</h3>
<dl>
<dt>2012.10.24, バージョン 0.9.3 (開発版)</dt>
<dd>V8: 3.13.7.4 に更新しました</dd>
<dd>crypto: バイナリ文字列のかわりに buffer が標準になりました (isaacs, Fedor Indutny)</dd>
<dd>crypto: getHashes() と getCiphers() を追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: 独自のスレッドプールを追加し、libeio を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>util: inspect() が "options" 引数を受け取るようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>https: 再ネゴシエーション攻撃からの保護機能を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>cluster: 'listening' ハンドラが物理ポートを扱うようになりました (Aaditya Bhatia)</dd>
<dd>windows: ユーザーのホームディレクトリを取得するために USERPROFILE を使用するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>path: プラットフォーム固有のパス区切り文字を追加しました (Paul Serby)</dd>
<dd>http: response.headersSent プロパティを追加しました (Pavel Lang)</dd>
<dd>child_process: .fork() された子プロセスを自動的に終了するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>events: 'removeListener' イベントを追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>string_decoder: 'end' メソッドを追加し、base64 を適切に扱うようになりました (isaacs)</dd>
<dd>buffer: 不正時の例外にエンコード値を含めるようになりました (Ricky Ng-Adam)</dd>
<dd>http: http.ServerResponse が 'end' イベントを発生しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>streams: 送信先からの 'end' イベントでパイプが破壊されるのを修正しました (koichik)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/x64/node-v0.9.3-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/x64/node-v0.9.3-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/node-v0.9.3-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.3/">http://nodejs.org/dist/v0.9.3/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.3/">http://nodejs.org/docs/v0.9.3/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.3/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.3/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.2">Node v0.9.2</h3>
<dl>
<dt>2012.09.17, バージョン 0.9.2 (開発版)</dt>
<dd>http_parser: ad3b631 に更新しました</dd>
<dd>openssl: 1.0.1c に更新しました</dd>
<dd>darwin: ディレクトリの変更監視に FSEvents を使用するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>unix: NetBSD 上で未対応だった API をサポートしました (Shigeki Ohtsu)</dd>
<dd>unix: EMFILE によるビジーループを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>windows: 書き込み可能な tty ハンドルを壊さないようにしました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: WSAESHUTDOWN を UV_EPIPE に割り当てました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: 一部の特殊な環境で spawn が再び動作するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: ERROR_DIRECTORY を UV_ENOENT に割り当てました (Bert Belder)</dd>
<dd>tls, https: サーバー証明書の検証をデフォルトでおこなうようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls, https: 暗号鍵や証明書が見つからない場合は例外が発生するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls: 非同期セッションストレージが追加されました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>installer: ヘッダーファイルをインストールしないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>buffer: Buffer.prototype.toJSON() が実装されました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>buffer: NaN と Infinity の書き込みをサポートしました (koichik)</dd>
<dd>http: http.ServerResponse が 'end' イベントを発生するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>build: ./configure --ninja (Ben Noordhuis, Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>installer: --without-npm を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>cli: -p オプションを -pe オプションと等価にしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>url: Url クラスを使用することでより高速になりました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/x64/node-v0.9.2-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/x64/node-v0.9.2-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/node-v0.9.2-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.2/">http://nodejs.org/dist/v0.9.2/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.2/">http://nodejs.org/docs/v0.9.2/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.2/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.2/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.1">Node v0.9.1</h3>
<dl>
<dt>2012.08.28, バージョン 0.9.1 (開発版)</dt>
<dd>buffer: 正しいエンコード値かどうかを検証するために Buffer.isEncoding(enc) を追加しました (isaacs)</dd>
<dd>早まった close 時に UV_ECANCELED を発生するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>libuv から c-ares を削除し、node による依存に移行しました (Bert Belder)</dd>
<dd>全ての HandleWraps、timers、servers、sockets に ref/unref を追加しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>addon: node-waf を削除し node-gyp に移行しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process: exec に失敗した際に error イベントを発生するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>cluster: 内部サーバーAPIを使用しないようになりました (Andreas Madsen)</dd>
<dd>constants: O_DIRECT を追加しました (Ian Babrou)</dd>
<dd>crypto: crypto.pbkdf2() の同期インターフェースを追加しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>darwin: fdatasync() をエミュレートしました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>dgram: .bind() が常に非同期になりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>events: emitter.listeners() の副作用が発生しないようになりました (isaacs, Joe Andaverde)</dd>
<dd>fs: 不正なエンコード引数を与えられた場合に例外を発生するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>fs: truncate/ftruncate 関数の名前を修正しました (isaacs)</dd>
<dd>http: ClientRequest にパーサーのエラーを伝えるようになりました (Brian White)</dd>
<dd>linux: ARM と MIPS における cpuinfo パーサーを改善しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net: :: で終わる IPv6 アドレスをサポートしました (Josh Erickson)</dd>
<dd>net: Server.listen(Pipe) をサポートしました (Andreas Madsen)</dd>
<dd>node: アドオンの "init" シンボルを確認しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>process.uvCounters() を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>repl: コンソールをプロセスの標準出力ではなく repl に出力するようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>timers: setImmediate を実装しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>tls: pummel/test-tls-ci-reneg-attack でのセグフォを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tools: gyp アドオンツールを node-gyp に移行しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>unix: 予備的なシグナルハンドラをサポートしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: ev_child の依存を削除しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: darwin でのバグを回避するため, パイプでの poll() をしないようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>util: util.pump() を正式に廃止しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>windows: アクティブや閉じているハンドルの状態を独立させました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: exit コールバックに発生したエラーを報告するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: uv_signal_t によるシグナル処理サポートを追加しました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/x64/node-v0.9.1-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/x64/node-v0.9.1-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/node-v0.9.1-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.1/">http://nodejs.org/dist/v0.9.1/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.1/">http://nodejs.org/docs/v0.9.1/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.1/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.1/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.9.0">Node v0.9.0</h3>
<dl>
<dt>2012.07.20, バージョン 0.9.0 (開発版)</dt>
<dd>punycode モジュールを v1.1.1 に更新しました (Mathias Bynens)</dd>
<dd>c-ares を 1.9.0 に更新しました (Saúl Ibarra Corretgé)</dd>
<dd>dns モジュールが Windows により報告される不正な DNS サーバーを無視するようになりました (Saúl Ibarra Corretgé)</dd>
<dd>UNIX 環境において uv_async_send() が高速化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Mac OS X 上で CPU モデルを正しく取得するようになりましたc (Xidorn Quan)</dd>
<dd>nextTick があらゆる I/O よりも前にコールバックを処理するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>util.inspect の色カスタマイズが有効化されました (Pavel Lang)</dd>
<dd>tls モジュールのメモリー使用を改善し、高速化しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>readline モジュールにおいて再入力行に履歴アイテムを使用するようになりました (Vladimir Beloborodov)</dd>
<dd><a href="https://github.com/joyent/node/issues/3521">#3521</a> process.env をより一般的なオブジェクトとして扱えるようにしました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.0/node-v0.9.0.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.9.0/node-v0.9.0.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.0/node-v0.9.0.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.9.0/node-v0.9.0.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.0/node-v0.9.0-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.0/node-v0.9.0-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.0/x64/node-v0.9.0-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.9.0/x64/node-v0.9.0-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.0/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.9.0/x64/</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.9.0/">http://nodejs.org/dist/v0.9.0/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.0/">http://nodejs.org/docs/v0.9.0/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.9.0/api/">http://nodejs.org/docs/v0.9.0/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.26">Node v0.8.26</h3>
<dt>2013.10.13, バージョン 0.8.26 (メンテナンス版)</dt>
<dd>v8: 3.11.10.26 に更新しました</dd>
<dd>crypto: 処理された OpenSSL エラースタックを初期化するようにしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: verify 失敗時にエラーを初期化するようにしました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>crypto: LoadPKCS12 におけるメモリーリークを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>http: パイプライン溢れに対するバックプレッシャーを提供しました (isaacs)</dd>
<dd>http_parser: パーサーのための pause/resume メソッドを公開しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>readline: ターミナルの raw モードがオフになる前に stdin を停止するようにしました (Daniel Chatfield)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/x64/node-v0.8.26-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/x64/node-v0.8.26-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/node-v0.8.26-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.26/">http://nodejs.org/dist/v0.8.26/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.26/">http://nodejs.org/docs/v0.8.26/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.26/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.26/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.25">Node v0.8.25</h3>
<dl>
<dt>2013.06.13, バージョン 0.8.25 (メンテナンス版)</dt>
<dd>npm: v1.2.30 に更新しました</dd>
<dd>child_process: ハンドルの転送について修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/x64/node-v0.8.25-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/x64/node-v0.8.25-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/node-v0.8.25-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.25/">http://nodejs.org/dist/v0.8.25/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.25/">http://nodejs.org/docs/v0.8.25/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.25/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.25/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.24">Node v0.8.24</h3>
<dl>
<dt>2013.06.04, バージョン 0.8.24 (メンテナンス版)</dt>
<dd>npm: v1.2.24 に更新しました</dd>
<dd>url: 明らかにおかしな形式の URL を適切にパースするようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: 存在しないソケットを破棄しようとしないようにしました (isaacs)</dd>
<dd>handle_wrap: NULL ポインタの参照取得を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/x64/node-v0.8.24-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/x64/node-v0.8.24-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/node-v0.8.24-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.24/">http://nodejs.org/dist/v0.8.24/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.24/">http://nodejs.org/docs/v0.8.24/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.24/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.24/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.23">Node v0.8.23</h3>
<dl>
<dt>2013.04.09, バージョン 0.8.23 (メンテナンス版)</dt>
<dd>npm: v1.2.18 に更新しました</dd>
<dd>http: ECONNREFUSED 処理時の EE 警告を無効にしました (isaacs)</dd>
<dd>tls: 証明書確認での CN-ID チェックを再度有効化しました (Tobias Müllerleile)</dd>
<dd>child_process: 子プロセスに対する utf-8 の送信処理を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: GetPeerCertificate() で鍵の種類を確認するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>win/openssl: アセンブルされたオブジェクトファイルを seh セーフとしてマークしました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows/msi: WiX 3.7/3.8 での msi ビルド問題を修正しました (Raymond Feng)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/x64/node-v0.8.23-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/x64/node-v0.8.23-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/node-v0.8.23-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.23/">http://nodejs.org/dist/v0.8.23/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.23/">http://nodejs.org/docs/v0.8.23/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.23/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.23/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.22">Node v0.8.22</h3>
<dl>
<dt>2013.03.07, バージョン 0.8.22 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.2.14 に更新しました</dd>
<dd>cluster: バインドエラーを伝搬するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: Cipher#final() が2度呼ばれたときに assert しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>build, windows: SEH を無効化しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/x64/node-v0.8.22-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/x64/node-v0.8.22-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/node-v0.8.22-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.22/">http://nodejs.org/dist/v0.8.22/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.22/">http://nodejs.org/docs/v0.8.22/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.22/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.22/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.21">Node v0.8.21</h3>
<dl>
<dt>2013.02.25, バージョン 0.8.21 (安定版)</dt>
<dd>http: ソケット終了時に誤ったパーサーを解放しないようにしました (isaacs)</dd>
<dd>http: 書き込みハングアップをより丁寧に扱うようになりました (isaacs)</dd>
<dd>zlib: 不正ない入力での assert を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>test: テストランナーに TAP 出力を追加しました (Timothy J Fontaine)</dd>
<dd>unix: ドメインソケットからの EINPROGRESS を扱うようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/x64/node-v0.8.21-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/x64/node-v0.8.21-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/node-v0.8.21-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.21/">http://nodejs.org/dist/v0.8.21/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.21/">http://nodejs.org/docs/v0.8.21/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.21/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.21/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.20">Node v0.8.20</h3>
<dl>
<dt>2013.02.15, バージョン 0.8.20 (安定版)</dt>
<dd>npm: v1.2.11 に更新しました</dd>
<dd>http: エージェントが破棄されたソケットを使用しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>http: 破棄されたソケットへの書き込み時にハングアップエラーを発生するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>http: response splitting attacks に対する保護を追加しました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/x64/node-v0.8.20-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/x64/node-v0.8.20-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/node-v0.8.20-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.20/">http://nodejs.org/dist/v0.8.20/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.20/">http://nodejs.org/docs/v0.8.20/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.20/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.20/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.19">Node v0.8.19</h3>
<dl>
<dt>2013.02.06, バージョン 0.8.19 (安定版)</dt>
<dd>npm: v1.2.10 に更新しました</dd>
<dd>zlib: V8 にオブジェクトサイズのヒントを伝えるようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>zlib: メモリー消費を減らし、早く解放するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>buffer: slow buffer のコピーにおける互換性を修正しました (Trevor Norris)</dd>
<dd>zlib: 不正な辞書を assert しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>zlib: 存在しない辞書を assert しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>windows: よりよい ipv6 のサポート (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: 未サポートのプロトコルに関連するエラーマッピングを追加しました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: ERROR_DIRECTORY を UV_ENOENT に割り当てました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/x64/node-v0.8.19-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/x64/node-v0.8.19-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/node-v0.8.19-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.19/">http://nodejs.org/dist/v0.8.19/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.19/">http://nodejs.org/docs/v0.8.19/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.19/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.19/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.18">Node v0.8.18</h3>
<dl>
<dt>2013.01.18, バージョン 0.8.18 (安定版)</dt>
<dd>npm: v1.2.2 に更新しました</dd>
<dd>dns: エラーメッセージを errno と一致するようにしました (Dan Milon)</dd>
<dd>tls: より厳密に RFC6125 に準拠しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>buffer: 負数の SlowBuffer オフセットを拒否するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>install: simplejson のフォールバックを追加しました (Chris Dent)</dd>
<dd>http: "Cannot call method 'emit' of null" が発生するのを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/x64/node-v0.8.18-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/x64/node-v0.8.18-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/node-v0.8.18-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.18/">http://nodejs.org/dist/v0.8.18/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.18/">http://nodejs.org/docs/v0.8.18/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.18/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.18/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.17">Node v0.8.17</h3>
<dl>
<dt>2013.01.09, バージョン 0.8.17 (安定版)</dt>
<dd>npm: v1.2.0 に更新しました
<ul>
<li>peerDependencies を追加しました (Domenic Denicola)</li>
<li>node-gyp を v0.8.2 に更新しました (Nathan Rajlich)</li>
<li>GitHub の user/project ショートハンドによるインストールを高速化しました (Nathan Zadoks)</li>
</ul>
</dd>
<dd>typed arrays: fix 32ビットのサイズ/インデックスオーバーフローを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: シングルパケットレスポンスのパフォーマンスを高速化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>install: OpenBSD における man ページの場所を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: ClientRequest にパーサーのエラーを伝えるようになりました (Brian White)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/x64/node-v0.8.17-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/x64/node-v0.8.17-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/node-v0.8.17-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.17/">http://nodejs.org/dist/v0.8.17/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.17/">http://nodejs.org/docs/v0.8.17/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.17/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.17/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.16">Node v0.8.16</h3>
<dl>
<dt>2012.12.13, バージョン 0.8.16 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.1.69 に更新しました</dd>
<dd>fs: WriteStream/ReadStream の fd リークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto: GetPeerCertificate でのリークを修正しました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>buffer: バッファ引数に二重否定の数値を使わないようにしました (Trevor Norris)</dd>
<dd>net: より正確な IP アドレスの検証と IPv6 ドット表記 (Joshua Erickson)</dd>)))))
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/x64/node-v0.8.16-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/x64/node-v0.8.16-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.16/">http://nodejs.org/dist/v0.8.16/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.16/">http://nodejs.org/docs/v0.8.16/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.16/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.16/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.15">Node v0.8.15</h3>
<dl>
<dt>2012.11.26, バージョン 0.8.15 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.1.66 に更新しました (isaacs)</dd>
<dd>linux: CPU 周波数の取得のために /proc/cpuinfo を使うようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>windows: WSAESHUTDOWN を UV_EPIPE に割り当てました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>windows: ERROR_GEN_FAILURE を UV_EIO に割り当てました (Bert Belder)</dd>
<dd>unix: 値が設定されていない限り、environ を設定しないようになりました (Charlie McConnell)</dd>
<dd>domains: domain に null が設定されてもクラッシュしないようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: x64 向けデバッグビルドを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>net, tls: connect() でのリソースリークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/x64/node-v0.8.15-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/x64/node-v0.8.15-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/node-v0.8.15-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.15/">http://nodejs.org/dist/v0.8.15/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.15/">http://nodejs.org/docs/v0.8.15/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.15/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.15/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.14">Node v0.8.14</h3>
<dl>
<dt>2012.10.25, バージョン 0.8.14 (安定版)</dt>
<dd>events: EE ctor において終了前の _events オブジェクトを破壊しないようにしました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/x64/node-v0.8.14-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/x64/node-v0.8.14-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/node-v0.8.14-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.14/">http://nodejs.org/dist/v0.8.14/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.14/">http://nodejs.org/docs/v0.8.14/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.14/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.14/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.13">Node v0.8.13</h3>
<dl>
<dt>2012.10.25, バージョン 0.8.13 (安定版)</dt>
<dd>V8: 3.11.10.25 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.1.65 に更新しました</dd>
<dd>url: - や _ で始まるホスト名をパースするようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>repl: Windows 8 ターミナルにおける問題を修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>typed arrays: signed int8s に signed char を使用するようになりました (Aaron Jacobs)</dd>
<dd>crypto: DiffieHellman のバグを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>configure: ARMv7 で VFPv3 を有効化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tty でのパスフレーズ入力のために OpenSSL UI が再び有効化されました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>repl: 各 REPL インスタンスが自身の "context" を保持することを保証しました (Nathan Rajlich)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/x64/node-v0.8.13-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/x64/node-v0.8.13-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/node-v0.8.13-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.13/">http://nodejs.org/dist/v0.8.13/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.13/">http://nodejs.org/docs/v0.8.13/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.13/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.13/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.12">Node v0.8.12</h3>
<dl>
<dt>2012.10.12, バージョン 0.8.12 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.1.63 に更新しました</dd>
<dd>crypto: ドキュメントの安定指数を 2-Unstable に変更しました (isaacs)</dd>
<dd>windows: uv_fs_utime でのハンドルリークを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: デバッグ版でのアプリケーションクラッシュポップアップを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>buffer: プロファイラにおいて、適切な保持サイズを出力するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>buffer: UTF-16LE における byteLength の値を修正しました (koichik)</dd>
<dd>repl: REPL における JSON.parse() でのエラー発生は "end of input" にするようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>repl: 不正な正規表現修飾子をエラーにするようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>http: Proxy-Authenticate ヘッダの値を複数扱えるようになりました (Willi Eggeling)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/x64/node-v0.8.12-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/x64/node-v0.8.12-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/node-v0.8.12-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.12/">http://nodejs.org/dist/v0.8.12/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.12/">http://nodejs.org/docs/v0.8.12/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.12/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.12/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.11">Node v0.8.11</h3>
<dl>
<dt>2012.09.27, バージョン 0.8.11 (安定版)</dt>
<dd>fs: stat() において巨大なファイルのサイズが正しくない問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/x64/node-v0.8.11-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/x64/node-v0.8.11-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/node-v0.8.11-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.11/">http://nodejs.org/dist/v0.8.11/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.11/">http://nodejs.org/docs/v0.8.11/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.11/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.11/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.10">Node v0.8.10</h3>
<dl>
<dt>2012.09.25, バージョン 0.8.10 (安定版)</dt>
<dd>npm: 1.1.62 に更新しました</dd>
<dd>repl: REPL において不正な正規表現が使用された場合に例外が発生するようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>v8: 意図的な mmap 制約を緩和しました (Bryan Cantrill)</dd>
<dd>process: setuid() と setgid() のエラー通知を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>domain: Domain での処理において適切に exit() するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>fs: watchFile() が削除イベントを検知できない問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs: fs.watch() における assert 処理を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs: 深い再帰的な stat() 処理で segfault が起こらないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>http: データを受信した際にはタイムアウトハンドラを削除するようになりました (Frédéric Germain)</dd>
<dd>http: クライアントのレスポンスオブジェクトの Domain は、リクエストオブジェクトと同一の Domain になりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>windows: 起動時に不正なファイルディスクリプタが使用された場合は、無視するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>unix: EDQUOT を UV_ENOSPC に割り当てました (Charlie McConnell)</dd>
<dd>linux: /proc/cpuinfo パーサーを改善しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>win/tty: 色がデフォルトに設定された場合に、バックグラウンドの明るさを初期化するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>unix: ブロッキングモード時に子プロセスの標準入出力ファイルディスクリプタを設定するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: EMFILE によるビジーループを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>sunos: TCP_KEEPALIVE を設定しないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls: メモリー管理のためにスラブアロケーターを使用するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>openssl: x86 と x64 に最適化したアセンブリコードを使用するようになりました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/x64/node-v0.8.10-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/x64/node-v0.8.10-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/node-v0.8.10-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.10/">http://nodejs.org/dist/v0.8.10/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.10/">http://nodejs.org/docs/v0.8.10/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.10/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.10/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.9">Node v0.8.9</h3>
<dl>
<dt>2012.09.11, バージョン 0.8.9 (安定版)</dt>
<dd>v8: 3.11.10.22 に更新しました</dd>
<dd>GYP: r1477 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.1.61 に更新しました</dd>
<dd>npm: 全書き込み権限のあるファイルを作成しないようになりました (isaacs)</dd>
<dd>windows: 共有サーバーソケット向けに single-accept モードを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: uv_update_time() における初期化されていないメモリーへのアクセスを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>windows: シグナルハンドラが設定されている場合に例外を発生しないようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>unix: udp モジュールのメモリーリークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: ESPIPE エラーを割り当てました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix, windows: fs-poll.c のメモリー汚染を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>sunos: x86_64 環境での os.cpus() を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child process: IPC チャンネルのプロセスで 'close' イベントが発生しない問題を修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>build: gyp "flavor" を強制するための "--dest-os" オプションを追加しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>build: SunOS では process.platform に "sunos" が設定されるようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>build: make clean 後に make -j が失敗するのを修正しました (Bearice Ren)</dd>
<dd>build: "arm" ビルドの OpenSSL 設定が失敗するのを修正しました builds (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>tls: tls.connect で UNIX ドメインソケット/名前付きパイプ をサポートしました (Shigeki Ohtsu)</dd>
<dd>https: https.get() が URL を受け付けるようになりました (koichik)</dd>
<dd>http: HTTP/1.0 TE ヘッダーに配慮するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>crypto, tls: setSNICallback, pbkdf2, randomBytes が Domains に対応しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>stream.pipe: destroy プロパティが関数でない場合は destroy() が呼ばれないようになりました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/x64/node-v0.8.9-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/x64/node-v0.8.9-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/node-v0.8.9-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.9/">http://nodejs.org/dist/v0.8.9/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.9/">http://nodejs.org/docs/v0.8.9/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.9/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.9/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.8">Node v0.8.8</h3>
<dl>
<dt>2012.08.22, バージョン 0.8.8 (安定版)</dt>
<dd>V8: 3.11.10.19 に更新しました</dd>
<dd>npm: 1.1.59 に更新しました</dd>
<dd>windows: uv_update_time() における初期化されていないメモリーへのアクセスを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>unix, windows: fs-poll.c でのメモリー汚染を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: uv_hrtime での整数オーバーフローを修正しました (Tim Holy)</dd>
<dd>sunos: x86_64 での uv_cpu_info() を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls: デフォルト暗号リストを更新しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>unix: llvm と古い gcc のシンボル重複に関する警告を修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>fs: stat watcher での解放後の変数を使用する問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>build: OS X で手動コンパイルした gcc を使用してしまう問題を修正しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>windows: ジャンクションが再び動作するようになりました (Bert BertBelder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/x64/node-v0.8.8-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/x64/node-v0.8.8-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/node-v0.8.8-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.8/">http://nodejs.org/dist/v0.8.8/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.8/">http://nodejs.org/docs/v0.8.8/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.8/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.8/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.7">Node v0.8.7</h3>
<dl>
<dt>2012.08.15, バージョン 0.8.7 (安定版)</dt>
<dd>npm を 1.1.49 に更新しました</dd>
<dd>ウェブサイトのダウンロードページが新しくなりました (Golo Roden)</dd>
<dd>crypto モジュールが OpenSSL でのメモリーアクセスを初期化していない問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>buffer および crypto モジュールのバッファデコード処理を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>gcc が 4.0 以上の場合は -fno-tree-vrp オプションを指定してコンパイルするようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>tls モジュールが証明書の検証時に複数の CN フィールドを扱えるようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>child_process のドキュメントから不要な util の記述を削除しました (Kyle Robinson Young)</dd>
<dd>ビルドにおける -fvisibility=hidden の検出を見直しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Windows 環境において不正な標準入出力ハンドルを複製しないようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>Windows 環境での process-stdio.c のタイポを修正しました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/x64/node-v0.8.7-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/x64/node-v0.8.7-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/node-v0.8.7-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.7/">http://nodejs.org/dist/v0.8.7/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.7/">http://nodejs.org/docs/v0.8.7/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.7/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.7/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.6">Node v0.8.6</h3>
<dl>
<dt>2012.08.07, バージョン 0.8.6 (安定版)</dt>
<dd>npm を v1.1.48 に更新しました</dd>
<dd>UNIX環境用 バイナリ tar ボールの作成用に 'make binary' を追加しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>zlib モジュールの destroy() 時に 'close' イベントが発生するようになりました (Dominic Tarr)</dd>
<dd>child_process モジュールにおいて stdio=['pipe'] の時に stdout=null になる問題を修正しました (Tyler Neylon)</dd>
<dd>インストーラーで ETXTBSY が発生するのを防止しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>インストーラーが --without-npm を正しく扱うようになり、標準のインストールパスを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net モジュールの接続中のソケットにおいて、pause が動作するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>インストーラーのクロスコンパイルインストールを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net モジュールの .listen({fd:0}) を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Windows 環境において WSANO_DATA を UV_ENOENT に割り当てました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/x64/node-v0.8.6-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/x64/node-v0.8.6-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/x64/</a></li>
<li>Linux 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-linux-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-linux-x86.tar.gz</a></li>
<li>Linux 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-linux-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-linux-x64.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 32-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-sunos-x86.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-sunos-x86.tar.gz</a></li>
<li>Solaris 64-bit バイナリパッケージ: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-sunos-x64.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/node-v0.8.6-sunos-x64.tar.gz</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.6/">http://nodejs.org/dist/v0.8.6/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.6/">http://nodejs.org/docs/v0.8.6/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.6/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.6/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.5">Node v0.8.5</h3>
<dl>
<dt>2012.08.02, バージョン 0.8.5 (安定版)</dt>
<dd>Node 本体の Encode に NODE_EXTERN をタグ付けしました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>fs モジュールの ReadStream / WriteStream が正しくコールバックを実行しない問題を修正しました (Gil Pedersen)</dd>
<dd>fs モジュールの readFileSync("/proc/cpuinfo") に関する不具合を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>インストーラーが bash をインストールされている環境を必須としないようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>標準入力と --eval の組み合わせ時に適切にエラーを報告するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>assert の throws() が message プロパティなしにエラーを発生する問題を修正しました (koichik)</dd>
<dd>cluster モジュールの net.listen() において libuv の判定に問題が発生するのを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>SunOS ビルドは常に libumem をリンクするようになりました (Trent Mick)</dd>
<dd>ARM v7 向けのビルドを改善し、hard-float を検出するようになりました (Adam Malcontenti-Wilson)</dd>
<dd>https モジュールが有効なサーバー名を host ヘッダーに使用するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>SunOS において OS のバグにより fs.watch() が発動してしまうのを防ぐようになりました (Bryan Cantrill)</dd>
<dd>Linux 環境において1つのパスに2つの Watcher があるとセグメンテーションフォールトが発生する問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Windows 環境における fs モジュールの多くの関数で発生するメモリーリークを修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>Windows 環境において、書き込み/追記のためにディレクトリをオープンすることは許可しないようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>Windows 環境において、全ての標準入力ハンドルが妥当なものでなくても fork() が動作するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>Windows 環境において unlink() のパフォーマンスを改善し、またマウントポイントを削除しないようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>OS X 向けに認証済み pkg インストーラーを用意しました (isaacs)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.5/node-v0.8.5.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.5/node-v0.8.5.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.5/node-v0.8.5.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.5/node-v0.8.5.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.5/node-v0.8.5-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.5/node-v0.8.5-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.5/x64/node-v0.8.5-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.5/x64/node-v0.8.5-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.5/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.5/x64/</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.5/">http://nodejs.org/dist/v0.8.5/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.5/">http://nodejs.org/docs/v0.8.5/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.5/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.5/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.4">Node v0.8.4</h3>
<dl>
<dt>2012.07.25, バージョン 0.8.4 (安定版)</dt>
<dd>V8 を 3.11.10.17 に更新しました</dd>
<dd>npm を 1.1.45 に更新しました</dd>
<dd>net モジュールの Socket({ fd: 42 }) API を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>readline モジュールが close 時にイベントリスナーを削除するようになりました (isaacs)</dd>
<dd>Windows 環境において fs.exists(Sync) 向けに長いファイルを正しく扱うようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>デバッガコマンドを終了した際にイベントループを始動するようになりました (Peter Rybin)</dd>
<dd>tls モジュールにおいてサーバーアイデンティティを照合するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
<dd>net モジュールが socket.setTimeout(Infinity or NaN) を無視するようになりました (Fedor Indutny)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.4/node-v0.8.4.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.4/node-v0.8.4.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.4/node-v0.8.4.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.4/node-v0.8.4.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.4/node-v0.8.4-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.4/node-v0.8.4-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.4/x64/node-v0.8.4-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.4/x64/node-v0.8.4-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.4/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.4/x64/</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.4/">http://nodejs.org/dist/v0.8.4/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.4/">http://nodejs.org/docs/v0.8.4/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.4/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.4/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.3">Node v0.8.3</h3>
<dl>
<dt>2012.07.19, バージョン 0.8.3 (安定版)</dt>
<dd>V8 を 3.11.10.15 に更新しました</dd>
<dd>npm を 1.1.43 に更新しました</dd>
<dd>net モジュールにおける net.Server.listen({fd:x}) のエラー報告を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>net モジュールが誤ったエラーを報告する問題を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>npm シェバングのロジックを npm スクリプトに移動しました (isaacs)</dd>
<dd>FreeBSD でのアドオンの読み込みを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルドにおける危険な最適化を無効化しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルドにおける擬似的な mksnapshot クラッシュを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルド時の genv8constants を高速化しました (Dave Pacheco)</dd>
<dd>fs モジュールの unwatchFile() が固有のリスナーを削除するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>domain モジュールの intercept コールバックから最初の引数を削除しました (Toshihiro Nakamura)</dd>
<dd>domain モジュールがエラー時にメモリーリークする問題を修正しました (isaacs)</dd>
<dd>events モジュールの removeAllListeners によるメモリーリークを修正しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>zlib モジュールの Unzip クラス内でのメモリーリークを修正しました (isaacs)</dd>
<dd>crypto モジュールの DecipherUpdate() でのメモリーリークを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.3/node-v0.8.3.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.3/node-v0.8.3.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.3/node-v0.8.3.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.3/node-v0.8.3.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.3/node-v0.8.3-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.3/node-v0.8.3-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.3/x64/node-v0.8.3-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.3/x64/node-v0.8.3-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.3/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.3/x64/</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.3/">http://nodejs.org/dist/v0.8.3/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.3/">http://nodejs.org/docs/v0.8.3/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.3/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.3/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.2">Node v0.8.2</h3>
<dl>
<dt>2012.07.09, バージョン 0.8.2 (安定版)</dt>
<dd>npm を 1.1.36 に更新しました</dd>
<dd>readline モジュールで Function#call() を使用しないようになりました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>'use strict' で実行できるようにコードを見直しました (Jonas Westerlund)</dd>
<dd>require() における JSON エラーにファイル名を追加しました (TJ Holowaychuk)</dd>
<dd>readline モジュールの Unicode プロンプトを修正しました (Tim Macfarlane)</dd>
<dd>timers における非常に長い時間のタイムアウトの扱いを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>repl モジュールにおいて空白行がバッファに "undefined" を挿入してしまう問題を修正しました (Nathan Rajlich)</dd>
<dd>repl モジュールがコマンドのバッファリング時にクラッシュする問題を修正しました (Maciej Małecki)</dd>
<dd>ビルドでの strict_aliasing を node_no_strict_aliasing に名前変更しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルドにおいて gcc が 4.6.0 以下の場合は -fstrict-aliasing が無効になるようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルドにおいて -dumpversion により cc のバージョンを検知するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルドでの gcc や clang のローカライズされた出力を扱うようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>freebsd.c のメモリー汚染を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>UNIX 環境における 'zero handles, one request' ビジーループを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>UNIX 環境における予期しない TCP メッセージによるビジーループを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>UNIX 環境における EINPROGRESS ビジーループを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.2/node-v0.8.2.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.2/node-v0.8.2.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.2/node-v0.8.2.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.2/node-v0.8.2.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.2/node-v0.8.2-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.2/node-v0.8.2-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.2/x64/node-v0.8.2-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.2/x64/node-v0.8.2-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.2/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.2/x64/</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.2/">http://nodejs.org/dist/v0.8.2/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.2/">http://nodejs.org/docs/v0.8.2/</a></li>
<li>ドキュメント: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.2/api/">http://nodejs.org/docs/v0.8.2/api/</a></li>
</ul>
</div>
<div class="section">
<h3 id="v0.8.1">Node v0.8.1</h3>
<dl>
<dt>2012.06.29, バージョン 0.8.1 (開発版)</dt>
<dd>V8 を 3.11.10.12 に更新しました</dd>
<dd>npm を 1.1.33 に更新しました
<ul>
<li>キャッシュディレクトリの並列処理をサポートしました</li>
<li>レジストリがタイムアウトまたはネットワークエラーになった際にリトライするようになりました (Trent Mick)</li>
<li>'engines' の指定による失敗を警告の扱いに変更しました</li>
<li>入手可能であれば新しい zsh 補完を使用するようになりました (Jeremy Cantrell)</li>
<li>#3577 require('sys') により動作しない不具合を修正しました</li>
</ul>
</dd>
<dd>util モジュールによる巨大な配列やオブジェクトのフォーマット化が高速になりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Windows 環境において fs.realpath(Sync) が UNC パスでも動作するようになりました (Bert Belder)</dd>
<dd>ビルド時の --shared-v8 オプションを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ドキュメントの detached の値を boolean に変更しました (Andreas Madsen)</dd>
<dd>ビルド時に最適な python インタプリタを使用するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd> ./configure --prefix=~/a/b/c における ~ のパスを展開するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>ビルド時に空白を含む CC 環境変数を扱うようになりました (Gabriel de Perthuis)</dd>
<dd>gcc 4.5 を利用したコンパイル時の V8 のビルド処理を修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Windows 用 msi のサイズが巨大なファイルにより発生するアイコンの問題を修正しました (Bert Belder)</dd>
<dd>UNIX環境において dlopen() が dlerror() が呼び出される可能性があることを想定するようになりました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Sun OS 環境におけるメモリー汚染のバグを修正しました (Ben Noordhuis)</dd>
<dd>Windows 環境での (f)utimes および (f)stat を修正しました (Bert Belder)</dd>
</dl>
<ul>
<li>ソースコード: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.1/node-v0.8.1.tar.gz">http://nodejs.org/dist/v0.8.1/node-v0.8.1.tar.gz</a></li>
<li>Mac インストーラー (Universal): <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.1/node-v0.8.1.pkg">http://nodejs.org/dist/v0.8.1/node-v0.8.1.pkg</a></li>
<li>Windows インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.1/node-v0.8.1-x86.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.1/node-v0.8.1-x86.msi</a></li>
<li>Windows x64 インストーラー: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.1/x64/node-v0.8.1-x64.msi">http://nodejs.org/dist/v0.8.1/x64/node-v0.8.1-x64.msi</a></li>
<li>Windows x64 ファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.1/x64/">http://nodejs.org/dist/v0.8.1/x64/</a></li>
<li>その他のリリースファイル: <a href="http://nodejs.org/dist/v0.8.1/">http://nodejs.org/dist/v0.8.1/</a></li>
<li>ウェブサイト: <a href="http://nodejs.org/docs/v0.8.1/">http://nodejs.org/docs/v0.8.1/</a></li>
<