Chapter 3

kono edited this page Sep 14, 2010 · 1 revision
Clone this wiki locally

第3章 コードの臭い

リファクタリングが必要なコードの特徴の解説。付録の表ではどの兆候にどのリファクタリングが有効である可能性が高いかが一覧表になっているが、その「兆候」の方の解説。以下の25種類の兆候が解説してある。

3.1 コードの重複
3.2 長いメソッド
3.3 大きなクラス
3.4 長い引数リスト
3.5 変更系統の分岐
3.6 ショットガン創の手術
3.7 メソッドの浮気
3.8 群れたがるデータ
3.9 プリミティブ強迫症
3.10 case文
3.11 パラレルな継承階層
3.12 仕事をしないクラス
3.13 空論的一般化
3.14 一時フィールド
3.15 メッセージの連鎖
3.16 横流しブローカー
3.17 親密すぎるクラス
3.18 インターフェイスの異なるクラス群
3.19 不完全なライブラリクラス
3.20 データクラス
3.21 継承した遺産の拒絶
3.22 コメント
3.23 メタプログラミング狂
3.24 柔軟すぎるAPI
3.25 紋切り型コードの繰り返し

一読してもピンと来ないところもあったが、ここは後で何度も戻ってくるだろうし、そのときにまた確認する。