Skip to content

koturn/sr

master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
src
 
 
 
 
 
 
 
 

クラウド型音声認識のコマンド

Build Status

概要

クラウド型音声認識を利用するCUIツールである.

なお,このプログラムは,公開許可があった上で公開している.

ビルド方法

UNIX/Linux,あるいはWindowsにおけるCygwinにおいて,添付しているMakefileを 利用してビルドすればよい. srcディレクトリに移動した上で,以下のようにすること.

$ make

デバッグ用のバイナリを作成する場合は,以下のようにすること.

$ make DEBUG=true

余談だが,最近のg++なら,以下のようにすれば,かなりの最適化がかかるように してある. (古いg++だと未対応のオプションを用いている)

$ make OPT=true

また,Microsoft Visual C++のコンパイラでもコンパイル可能である. msvc.mkはnmake向けに書かれたMakefileであり,以下のようにすれば,コンパイル できる.

> nmake /f msvc.mk

使い方

簡単な使い方

音声が記録されたwavファイルを対象として,次のように使用する.

$ ./sr [音声認識を行うwavファイル]

もしくは,wavファイルが格納されたディレクトリを指定してもよい.

$ ./sr [wavファイルがいくつかはいったディレクトリ]

これで,wavファイルと同一ディレクトリにwavファイルの音声の認識結果が 出力される. 出力ファイル名は,

  • [wavファイル名].txt

となる.

オプション等

このプログラムのコマンドライン引数として,以下のオプションが使用可能である.

  1. -h, --help
  • プログラムの使い方を表示する.
  1. -l [target-language], --language [target-language]
  • 対象ディレクトり以下のwavファイルを音声認識させる

ファイルについて

srcディレクトリにソースコードがあり,各Makefileとコンパイラの対応は以下のように なっている.

Makefile名 対象コンパイラ
Makefile g++
clang.mk clang(ただし,未対応)
msvc.mk Microsoft Visual C++コンパイラ用

依存ライブラリ

以下のライブラリを,このリポジトリ内に組み込んでいる.

  1. CLX C++ Libraries (BSDライセンス)
  1. PicoJSON (BSDライセンス)
  1. getopt(MSVCのみ) (BSDライセンス)

ビルドについての注意

1. インクルードパス

各Makefileに記述してあるように,依存ライブラリへのインクルードパスは, コンパイラのオプションで通している. Makefileを用いずにコンパイルする場合は,インクルードパスをコンパイラに与える こと.

2. 環境とコンパイラについて

  1. ビルドと動作に成功した環境とコンパイラ
  • Windows7 : Cygwinのg++
  • Ubuntu12.04 : g++
  1. ビルドに失敗した環境とコンパイラ
  • Windows7 : Cygwinのclang
  • Windows7 : MinGWのg++
  • Ubuntu12.04 : clang
  1. ビルドに成功したが,動作しない環境とコンパイラ
  • WindowsのMSVCコンパイラ(英語のみ動作可能)

これ以外の環境については,確認していない.

About

クラウド型音声認識のコマンド

Resources

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published