Skip to content
jlab-script-plusの後継バージョンです
JavaScript PHP HTML CSS
Branch: develop
Clone or download

Latest commit

Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.

Files

Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
application
static
README.md
custom-html.php
manage.php

README.md

jlab-script-plus 2.0 beta2

jlab-script-plus 2.0 は実況ろだ向け(とは言うものの一般向けアップローダーでも使える)アップローダースクリプトです。
Native PHPとNative Javascriptでコーディングされている為、軽量かつ高速なアップローダーを簡単に構築することができます。
画像は設定した期間保存され、保存期間を過ぎた画像は自動的に削除されるため、半自動でアップローダーを運用することができます。

Beta版の為、不具合が存在する場合があります

Beta2 概要

旧版jlab-script-plusや、jlab-script-plus 2.0 beta1では画像ファイルの転送にBase64形式を使用していましたが、今回から Blob(Binary Large Object, 一部界隈では "ぶよぶよしたもの" ) で転送する方式に変更しました。これにより10MB超の画像も安定して転送できるようになりました。その他Javascriptを書き直していますが、機能的にはbeta1と同一のものとなります。

必要環境

  • PHP 5.4 以上(PHP7.1以上の環境推奨)
  • GDライブラリ
  • nginx 1.11.0以上 + php-fpm または Apache 2.2以上
  • レンタルサーバー等で稼働予定の場合はここは気にしなくても問題無いです。

ダウンロード

右上の Clone or Download から Download ZIP を選択してスクリプト一式をダウンロードしてください。

ファイル・ディレクトリ一覧

初期設定では以下の通りにファイル、ディレクトリを設置することにより動作します。
d,s,tフォルダ(フォルダ名は manage.php で変更可能)は各自で作成してください。
[707] は推奨パーミッションを表しています。(サーバにより推奨の設定は異なります。)index.htmlが生成できないエラーが表示された場合は、この親フォルダのパーミッションを一時的に変更することにより正常に動作します。

  • /s [707]
  • /d [707]
  • /t [707]
  • /static
  • /application
  • custom-html.php
  • manage.php

設置方法

  1. manage.php を開いて各項目を設定します。
  2. すべてのファイル・ディレクトリを稼働させる環境に設置します。
  3. ブラウザから manage.php にアクセスしてアップローダートップページが表示され、ホームディレクトリに master.jsindex.html が配置されていれば設置完了です。

設定の変更方法

  1. ホームディレクトリに配置されている master.jsindex.html を削除します。
  2. manage.php を開いて設定を変更し、manage.php を上書きします。
  3. ブラウザから manage.php にアクセスしてアップローダートップページが表示され、ホームディレクトリに master.jsindex.html が配置されていれば設定変更完了です。

再配布等について

再配布・転載・フォークはご自由にしていただいて構いません。 バグ修正版の公開等はこのGitHubでのみ行います。

動作確認環境

  • nginx 1.17.10 + php-fpm
  • CentOS 8 x86_64
  • PHP 7.4.5(+gd +mcrypt)

開発環境

  • macOS 10.15
  • mi 3(テキストエディタ)
You can’t perform that action at this time.