Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
(Unity iOS/Android) システムフォントをテクスチャにレンダリングするプラグイン
branch: master

This branch is even with keijiro:master

Fetching latest commit…

Cannot retrieve the latest commit at this time

Failed to load latest commit information.
android
unity
.gitignore
LICENSE.txt
README.md

README.md

概要

Unity iOS および Android においてシステムフォントをテクスチャにレンダリングするプラグインの実装です。

Screens

使い方

SystemFontRenderer.js を何らかのゲームオブジェクトに付加します。パラメーターとして Inspector 上に "Text", "Text Size", "Texture Width", "Texture Height" が表示されるので、これにそれぞれ値を設定します。

注意 Texture Width と Texture Height は 2 のべき乗サイズでなくてはなりません。

これで SystemFontRenderer 内にテクスチャが生成されます。これを表示するには、何らかのマテリアルにバインドする必要があります。例えば、同ゲームオブジェクトにある表示物のマテリアルにバインドするには次のようにします。

// JavaScript
GetComponent.<SystemFontRenderer>().BindMaterial(renderer.material);

// C#
GetComponent<SystemFontRenderer>().BindMaterial(renderer.material);

なお、パラメーターの Text は動的な変更に対応しています。

GetComponent.<SystemFontRenderer>().text = "10秒待ちたまえ";
yield WaitForSeconds(10.0);
GetComponent.<SystemFontRenderer>().text = "そろそろ時間だ!";

組み込み方法

iOS では Plugins ディレクトリの内容を任意のプロジェクトにインポートするだけです。

Android ではアクティビティの置き換えを行っているため、組み込みが若干面倒です。詳しくはこちらの解説を参照してください。

Editor 上でのプレビューについて

Editor 上でも結果をプレビューすることができますが、実験的な実装のため動作が怪しいです。例えばデモプログラムでは、最初は黒い文字が出てしまっていたりします。

なお、テンポラリオブジェクトを配置するためのレイヤーとして 31 番を勝手に利用しています。もし既に 31 番レイヤーを使用している場合、描画が競合する可能性があります。

既知の問題について

既知の問題がいくつか存在します。詳しくは issues を参照してください。

Something went wrong with that request. Please try again.