Skip to content
SymfonyのMakerBundleを拡張してEC-CUBE4に対応したEccubeMakerBundleプラグイン
Branch: master
Clone or download
akira akira
akira and akira README更新
Latest commit fb182ae Mar 13, 2019
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Doctrine update Mar 10, 2019
Maker
Resource/config
Resources
.gitignore first commit Mar 8, 2019
Event.php
LICENSE.txt LICENSE.txt追加 Mar 11, 2019
README.md
composer.json update Mar 10, 2019

README.md

EccubeMakerBundle

SymfonyのMakerBundleを拡張してEC-CUBE4に対応したEccubeMakerBundleプラグインです。
インストールするとEC-CUBE4用のmakerコマンドが追加されます。
makerコマンドで生成したファイルはapp/Customizeディレクトリに出力されます。

インストール

app/Plugin内にcloneすれば多分動くはずです。
動かなかったら以下のコマンドを実行して下さい。

bin/console eccube:plugin:install --code EccubeMakerBundle
bin/console eccube:plugin:enable --code EccubeMakerBundle

コマンド

このプラグインをインストールして追加されるコマンドは以下のとおりです。

bin/console eccube:make:controller  
bin/console eccube:make:entity

コマンドを実行するとウィザードが開始され、質問に答えていくとCustomizeディレクトに雛形のファイルが生成されます。

Entityファイル作るときはゲッターセッターを書かなくて良いので便利です。

SymfonyのMakerBundleについて

SymfonyのMakerBundleのmakerコマンドで生成したファイルもCustomizeディレクトリに出力されます。

個人的にはSubscriberを多用するので、以下のコマンドも便利かと思います。

bin/console make:subscriber

出力場所を指定する方法

開発しているプラグインでmakerコマンドを使用したい場合はservices.ymlのroot_namespaceを変更して下さい。

services.ymlの場所

EccubeMakerBundle/Resource/config/services.yml

プラグインコードがSampleの場合

maker:
    root_namespace: 'Plugin\Sample'
You can’t perform that action at this time.