Permalink
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
82 lines (44 sloc) 8.13 KB
title date
日本国外で「GAFA」といっているのは誰なのか?
2018-12-24 22:55:32 -0800

Google, Apple, Facebook, Amazon をまとめた "GAFA" という言葉、ジャーナリストの林信行さんには

GAFAという表現を聞くたびに、仮にも今、時価総額でアップル抜いて1位に返り咲いたM社も忘れてるし、そもそもビジネスモデルも哲学も(Amazonに関しては)本拠地も異なる無理矢理感ある乱暴過ぎるくくりに思えてあまりニュースや官の人に使って欲しくない。一括りにして本質見えなくしちゃうバカ化言葉。

とまでいわれ、Yusuke Ando さんには

Google Apple Facebook Amazonの頭文字を取ったGAFAという言葉だけど、感覚的に日本語圏でしかほぼ聞いたことがない。出版物の影響がこんなに強いとは驚きます。

ガラパゴス化を指摘されたりと、あまり評判が良くない。

FANG, FAANG, GAFAM, ...

"GAFA" みたいなテック企業の頭文字をつなげた頭字語には色々あって、一昔前は "FANG" というのもよく目にした。このあたりの経緯は、Quora の Why is Microsoft not counted as one of the Big Four Tech companies (GAFA)? (2017) によくまとまっている。

Because GAFA does not describe the “Big Four Tech companies”. If it did, it would probably include both Microsoft and IBM. It’s actually about share trading….

要約すると

  • 2013年に、CNBC の "Mad Money" という番組のホストをつとめる Jim Cramer が、注目すべきテクノロジー関連株として FANG (Facebook, Amazon, Netflix, Google) というのを命名する。ここでは値動きの無さから Microsoft が除外されている。
  • その後に、Goldman Sachs のアナリストが、時価総額ベースで、FAAMG (Apple と Microsoft を追加して、小さすぎる Netflix を除外) というのを命名する。
  • さらに、JP Morgan も同じ企業群を FAAMA (Google を Alphabet といいかえ) と命名する。
  • 2012年に、Bruce Sterling が Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoft を、垂直に統合されたテクノロジースタックを有する企業としてまとめるが、GAFAM とは命名しなかった。

と言った歴史があるらしい。SF 作家である Bruce Sterling を除いては、そろいもそろって金融業界からの命名で、テック業界の人々の混乱もやむをえない感がある。

回答者の Jack Schofield は The Guardian や ZDNet にも書いているジャーナリストで、ZDNet のほうにも Can't tell your FANG from your FAAMG? And should you be worried? (2017) という記事を書いている。

As a technologist, you may have wondered about the technological insight behind suddenly popular acronyms such as FANG, FAANG, and FAAMG. At the moment, there isn't one: they are just shorthand terms being used by stock traders. However, maybe we should be worried about GAFAM, which controls so much of the technology business.

この書き出しの "suddenly popular acronyms" というのは、冒頭にあげた林さんの感覚とも一致するものがあると思う。

フランスにおける GAFA

一方で、日本以上に "GAFA" という言葉を好み、大臣までもがその名を口にする国もある。フランスだ。

France to levy digital services tax on big tech companies like Google, Apple, Facebook, Amazon in the new year (2018)

Le Maire told France24 television, “I am giving myself until March to reach a deal on a European tax on the digital giants. If the European states do not take their responsibilities on taxing the GAFA, we will do it at a national level in 2019.”

フランスの GAFA に対する執着は、この年末の "GAFA tax" でクライマックスを迎えた感があるけれど、起源はもう少し古い。これについては Quartz の American cultural imperialism has a new name: GAFA (2014) が面白い。

In France, there’s a new word: GAFA. It’s an acronym, and it has become a shorthand term for some of the most powerful companies in the world—all American, all tech giants. GAFA stands for Google, Apple, Facebook, and Amazon.

この記事によると、例えば Le Monde に "GAFA" というタイトルがはじめて登場したのは、2012年の12月のことらしい。

フランスでの流行はヨーロッパ全体にも広がっているのか、イギリスの The Guardian なんかも "GAFA" というくくりで企業をまとめることがある。

The Guardian view on big tech: a new era needs new rules (2018)

Google, Amazon, Facebook, Apple – or Gafa as they have come to be known – represent something entirely new and all too familiar.

Society will be defined by how we deal with tech giants (2017)

There is a fissure growing between European and US attitudes towards these global super-platforms – “the Gafa” as Brussels calls them (Google, Apple, Facebook, Amazon) – and the UK will soon need to decide on which side it sits.

多国籍巨大テック企業 vs. 国家というのは、今後も議論が活発になりそうなトピックだと思う。金融業界では、色々ある頭字語の一つだった "GAFA" が、ここでは一躍主役に踊り出ているのはちょっと面白い。

おまけ: Eric Schmidt 曰く

ちなみに、Wikipedia の GAFABig Four tech companies にリンクされていて、ここでは

The Big Four are four tech companies described by Eric Schmidt, Phil Simon, and Scott Galloway as driving a large amount of growth in technology.

"The Age of the Platform" (未訳?) の Phil Simon と、"The Four" が邦訳にあたり『the four GAFA』になった Scott Galloway に加えて、Google の Eric Schmidt の名が挙げられている。Eric Schmidt's Gang Of Four: Google, Apple, Amazon, And Facebook (2011) を読んでみると、確かに Google, Apple, Amazon, Facebook を、インターネット時代に消費者向けサービスを提供して急成長した会社としてあげている。

Every technology era has its four horsemen driving growth and innovation. In the 1990s it was Microsoft, Intel, Cisco, and Dell. Today, there is anew “gang of four,” as Google chairman Eric Schmidt puts it. They are Google (of course), Apple, Amazon and Facebook, and they are behind the consumer revolution on the Internet today. Not only are all four companies “growing at incredible rates.”

当時の Google 会長が賞賛 (含む自画自賛) していたのが、巡りめぐって EU の規制対象と一致しているのは、ちょっと皮肉。

まとめ

  • GAFA といっているのは日本人だけではなくて、金融業界やフランスの人々もいっているよ
  • インターネット時代の消費者向けサービスで大成功した、という意味では4社に共通項もあるよ (と Eric Schmidt が昔いっていたよ)

多国籍巨大テック企業は本当に良いものなのか、というのはヨーロッパだけじゃなくて世界全体で議論されるであろうトピックで、規制の文脈で、これからアメリカに GAFA が輸入される可能性もあるかもなと思いました。