This repository has been archived by the owner. It is now read-only.
epgrecUNA + EPGRemote on Docker
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
BonDriver
epgrecUNA
epgremote_config
.gitignore
LICENSE
Readme.md
docker-compose.yml

Readme.md

docker-epgrecUNA

epgrecUNA + EPGRemote の Docker コンテナ

前提条件

Docker, docker-compose, u-n-k-n-o-w-n/BonDriverProxy_Linux の導入が必須です。

BonDriverProxy_Linux の機能はないので、自分で準備してください。(Dockerfile を追加するなり適当に)

また b25 関係の機能は無いので、 BonDriverProxy_Linux 側で処理をするか、自分で追加してください。

動作確認環境

・Docker Host

OS: Debian jessie

Docker version 1.12.3, build 6b644ec

docker-compose version 1.8.1, build 878cff1

・BonDriverProxy_Linux Host

BonDriverProxy_Linux: BonDriverProxyEx版

ネットワーク上の別マシン

インストール手順

・プロジェクトディレクトリ内で下記の手順を実行してください。

1. epgrecUNA と epgdump を作者ページから適当な場所にダウンロードし展開する

  • epgdump を ./epgrecUNA/ に展開する
  • epgrecUNA を ./ に展開する

2. コンテナのビルド準備

make 時の cpu core 数の指定を設定

./docker-compose.ymlCPUCORE=2 となっている部分を CPU コア数に応じて変更する

EPG 更新用の cron の設定

cp epgrecUNA/crontab.sample epgrecUNA/crontab

BonDriver を他で使用している際に EPG 更新が走るとチャンネル権を奪われるので、必要に応じて crontab の設定を変更する

EPGRemote でリアルタイム視聴を使用する予定であれば変更することを推奨します (EPGRemote 専用のチューナーを用意する場合は関係ないです)

EPGRemote の config のコピー

cp ./epgremote_config/config.json.sample ./epgremote_config/config.json
cp ./epgremote_config/logConfig.json.sample ./epgremote_config/logConfig.json

3. コンテナのビルド

sudo docker-compose pull
sudo docker-compose build

4. ./epgrec/config.php の編集

$GR_CHANNEL_MAP をチャンネルに合わせて設定する

$rec_cmds に recbond を追加する

  • recbond の path は /usr/local/bin/recbond になる

$OTHER_TUNERS_CHARA でチューナーの設定

  • チューナーの数に応じて設定する

  • reccmd と device を変更する

BonDriver は /BonDriver にマウントされるので device 指定は以下のように書く

'device'   => '--driver /BonDriver/BonDriver_Proxy-T.so'

5. epgrecUNA の実行

以下のコマンドでコンテナが起動する

sudo docker-compose up -d

以下のディレクトリがマウントされる

./BonDriver			->	/BonDriver
./epgrec			->	/var/www/epgrec
./epgremote_config	->	/usr/local/EPGRemote/config

6. BonDriver の設定

コンテナが起動したら以下のコマンドで実行中のコンテナイメージから BonDriver をコピーする

sudo docker cp epgrec:/Bon/BonDriver_Proxy.so ./BonDriver/BonDriver_Proxy-S.so
sudo docker cp epgrec:/Bon/BonDriver_Proxy.so ./BonDriver/BonDriver_Proxy-T.so

BonDriver/BonDriver_Proxy-*.so.conf の設定をする

cp ./BonDriver/BonDriver_Proxy.so.conf.sample ./BonDriver/BonDriver_Proxy-S.so.conf
cp ./BonDriver/BonDriver_Proxy.so.conf.sample ./BonDriver/BonDriver_Proxy-T.so.conf

ADDRESS, PORT, BONDRIVER, CHANNEL_LOCK などの必要な部分を書き換える

7. ブラウザでの epgrecUNA の設定

ブラウザで http://DockerHostIP:8080 へアクセスしてセットアップをする

MySQL の設定は以下のようになっている

MySQLホスト名: mysql
MySQL接続ユーザー名: epgrec
MySQL接続パスワード: epgrec
使用データベース名: epgrec

ffmpeg は /usr/local/bin/ffmpeg にインストールされている

8. EPGRemote の設定

以下のコマンドで検索用 php ファイルを ./epgrec へコピーする

sudo docker cp epgrec:/usr/local/EPGRemote/php/epgremote ./epgrec/

./epgremote_config/config.json の設定は EPGRemote の Readme を見ながら設定する

9. コンテナの停止

以下のコマンドでコンテナを停止できる

sudo docker-compose stop

設定

epgrecUNA

  • ポート番号: 8080

EPGRemote

  • ポート番号: 8888

録画ファイル保存先

epgrec のインストール設定時に設定を変更していなければ、プロジェクトフォルダ内の ./epgrec/video に保存されます。

ffmpeg

ffmpeg -version
ffmpeg version N-82560-gd1d18de Copyright (c) 2000-2016 the FFmpeg developers
built with gcc 4.9.2 (Debian 4.9.2-10)
configuration: --prefix=/usr/local --pkg-config-flags=--static --enable-gpl --enable-libass --enable-libfdk-aac --enable-libfreetype --enable-libmp3lame --enable-libopus --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libx264 --enable-nonfree
libavutil      55. 40.100 / 55. 40.100
libavcodec     57. 66.105 / 57. 66.105
libavformat    57. 57.100 / 57. 57.100
libavdevice    57.  2.100 / 57.  2.100
libavfilter     6. 67.100 /  6. 67.100
libswscale      4.  3.101 /  4.  3.101
libswresample   2.  4.100 /  2.  4.100
libpostproc    54.  2.100 / 54.  2.100

Licence

MIT Licence としておきます。