Arduino+Konashi互換のBLEラジコン制御ボードとファームウェア
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
firm/GPduinoR3
hard/GPduinoPCB
image
.gitignore
LICENSE
README.md

README.md

GPduino

概要

GPduinoは、Arduino+Konashi互換のBLEラジコン制御ボードです。
GPduinoに関する詳細は、GPduino特設ページをごらんください。
GPduinoの回路/基板設計データとプリセットファームウェアのソースをここに公開します。

GPduinoの写真     概要の図

ファイル一覧

  • firm/GPduinoR3/ : ファームウェア(Arduino Pro Mini 3.3V 互換のスケッチ)
  • hard/GPduinoPCB/
    • GPduino.sch/brd: 回路/基板設計データ(Eagle形式)
    • GPduino.pdf: 回路図(PDF)
    • GPduino_BOM.xlsx: BOMリスト(Excel形式)
    • GPduino.GBL/GBO/GBP/GBS/GML/GTL/GTO/GTP/GTS/TXT: ガーバデータ
  • LICENSE: Apache Licence 2.0です。
    • ただし、回路/基板設計は、Creative Commons Attribution Share-Alike 3.0です。
  • README.md これ

ブートローダの書き込み

部品実装したGPduino基板をArduinoとして使用できるようにするには、まずブートローダを書き込みます。

  • ISPコネクタ(CN12)にISPプログラマーを接続します。向きに注意してください。
    • 3.3V系のArduino (Arduino Pro Mini 3.3V版など)をISPプログラマーにすることができます。
    • File > Examples > Arduino ISP をArduinoに書き込んでください。
  • Arduino IDEにて、Tools > Board で、Arduino Pro or Pro Mini を選びます。
  • Tools > Processor で、ATmega328(3.3V, 8MHz) を選びます。
  • Tools > Programmer で、ISPプログラマーを選びます。
    • 上記の、Arduinoを使ったISPプログラマーの場合は、Arduino as ISPを選んでください。
  • Tools > Burn Bootloader で、ブートローダーを書き込みます。

ファームウェアの書き込み

GPduinoは、Arduino Pro Mini 3.3V版互換機です。

  • 書き込みはArduino Pro Miniと同様、USBシリアル変換基板が必要です。CN13に接続してください。
    • SparkFun製 FTDI Basic Breakout - 3.3V を推奨します。かならず、3.3Vのものを使用してください。
  • 基板のジャンパJ3を[USB]側に設定してください。
  • Arduino IDEにて、Tools > Board で、Arduino Pro or Pro Mini を選びます。
  • Tools > Processor で、ATmega328(3.3V, 8MHz) を選びます。
  • Tools > Port で、USBシリアルのポート番号を選びます。
  • Uploadボタンで、ファームウェアを書き込みます。