ESP8266搭載のWiFiロボット制御ボードとファームウェア
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
firm
hard/GPduino-R
.gitignore
LICENSE
README.md
photo.jpg

README.md

GPduino-R

概要

GPduino-Rは、ESP8266搭載のWiFiロボット制御ボードです。

写真

以下のことができます。

  • ラジコンサーボ最大16個を制御
  • DCモータ2個を制御 (最大連続1.2A / 最大瞬間3.0A)
  • 電源 3.6V~7.2V (4.8~6V推奨)、電源電圧を監視
  • WiFiによる通信 (APにもSTAにもなれる)

ファイル一覧

  • hard/GPduino-R/
    • GPduino-R.sch/brd: 回路/基板設計データ(Eagle形式)
    • GPduino-R.pdf: 回路図(PDF)
    • GPduino-R_BOM.xlsx: BOMリスト(Excel形式)
    • GPduino-R.GBL/GBO/GBP/GBS/GML/GTL/GTO/GTP/GTS/TXT: ガーバデータ
  • firm/
    • GPduinoR/: Arduinoライブライリ
    • Mini4LD/Mini4LD.ino: 四足歩行ロボットのArduinoスケッチ
  • LICENSE: Apache Licence 2.0です。
    • ただし、回路/基板設計は、Creative Commons Attribution Share-Alike 3.0です。
  • README.md これ

Arduino開発環境のセットアップ

GPduino-R はESP8266を搭載しており、Arduinoでファームウェアを開発できます。

  • まず、ArduinoIDE をインストールしておきます。 (ここでは 1.6.9 を使用)
  • [ファイル] > [環境設定] > [Additional Boards Manager URLs:]に下記URLをコピペ
  • [ツール] > [ボード] > [ボードマネージャ] で [esp8266] をインストール
  • [ツール] > [ボード] で [Generic ESP8266 Module]を選択
    • Flash Mode : QIO
    • Flash Frequency : 40MHz
    • Upload Using : Serial
    • CPU Frequency : 80MHz
    • Flash Size : 4M(3M SPIFFS) (3MBをファイルシステムで使用 / 1MBをスケッチで使用)
    • Debug port : Disabled
    • Debug Level : None
    • Reset Method : nodemcu
    • Upload Speed : 115200

Arduinoライブラリのインストール

firm/ にある GPduinoR/ フォルダを、Arduinoのライブラリフォルダにコピーします。

Arduinoのライブラリフォルダは、以下の場所です。

  • Documents/Arduino/libraries (Windows10, Mac, Linux)
  • My Documents/Arduino/libraries (Windows7)

Arduinoスケッチの作成

GPduinoR.h をインクルードします。

#include <GPduinoR.h>

すると、以下のオブジェクトが使用できます。詳細は、GPduinoR/フォルダにあるソースを参照してください。

  • Battery: バッテリー電圧の取得
  • DcMotor: DCモータの制御
  • RcServo: ラジコンサーボの制御
  • UdpComm: WiFiによるUDP/IP通信

Mini4LD/Mini4LD.ino は、四足歩行ロボット(歩くミニ四駆)のArduinoスケッチです。参考にしてください。

Arduinoスケッチの書き込み

  • GPduino-RをUSBケーブルでPCに接続します。
  • 書き込み時もUSBからの給電は受けません。CN1から給電してください。
  • Windows 7以降であればドライバが自動でインストールされ、COMポートとして認識されます。
    • 自動でデバイスが認識されない環境ではFTDIのデバイスドライバをインストールしてください。
  • [ツール] > [シリアルポート]でGPduino-RのCOMポート番号を指定します。
  • BOOTボタン(SW2)を押し下げた状態で、RESETボタン(SW1)を押して離します。
  • Uploadボタンで、ファームウェアを書き込みます。

既知の問題点

  • サーボのコネクタの間隔が狭すぎる。(干渉して16個全部を接続できない)