Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
sendto plugin for vimfiler
VimL
branch: master
Failed to load latest commit information.
autoload/unite/sources
README.md README修正

README.md

sendto plugin for vimfiler

vimfilerにエクスプローラの「送る」のような機能を提供するプラグインです。

デフォルトでも!コマンドで外部コマンドを実行できますが、 毎回入力するのが面倒なのでunite.vimのIF上で選択できるようにしました。

インストール

NeoBundle 'git://github.com/liquidz/vimfiler-sendto.git'

.vimrc 設定

let g:vimfiler_sendto = {
\   'unzip' : 'unzip %f'
\ , 'zip' : 'zip -r %F.zip %*'
\ , 'Inkscape ベクターグラフィックエディタ' : 'inkspace &'
\ , 'GIMP 画像エディタ' : 'gimp %* &'
\ , 'gedit' : 'gedit &'
\ }

unite.vimの候補として表示するラベル(key)と実際に実行する際のコマンド(value)を定義します。

valueには後述のワイルドカード指定ができるのと、Linux, Mac(未確認)では コマンドの末尾に「&」がついていれば別プロセスとして実行します。 (Windows環境では末尾に & が入っていても無視されます)

.vimrc 設定で使えるワイルドカード

%p : マークされたファイルのフルパス
%d : カレントディレクトリ
%f : マークされたファイルのファイル名
%F : マークされたファイルの拡張子を除くファイル名
%* : マークされたファイルのファイル名(スペース区切り)
%# : マークされたファイルのフルパス(スペース区切り)

%*, %# を使用するかどうかでコマンドの展開のされ方が変わります

  • 指定あり gedit %* => !gedit foo.txt bar.txt &

  • 指定なし gedit %f => !gedit foo.txt; gedit bar.txt &

なお %*, %# を指定すると %f, %n, %N などファイル個別のワイルドカードは 最初にマークされたファイルで展開されます。

vimfiler上での操作

起動

:Unite sendto

ファイルがマークされていればそのファイルを、 マークされていなければカーソルのあたっているファイルを選択したコマンドで実行します

Something went wrong with that request. Please try again.