Skip to content
openpyxl wrapper
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
README.md
Util.py
Xls.py

README.md

pyXls

openpyxl wrapper

クラスメンバ

Xlsクラスのメンバ変数。

book

開いたブック。

sheet

開いたシート。

data

loadAllData()で読み込んだデータが格納される。

bookName

開いたブックの名称。

メソッド

Xlsクラスのメソッド。

init(self):

コンストラクタ。

インスタンス生成後、openBook()、openSheet()の実行が必要。

init(self, bookName):

コンストラクタ。

インスタンス生成後、openSheet()の実行が必要。

引数で渡されたパスのブックをオープンする。

init(self, bookName, sheetName):

コンストラクタ。

引数で渡されたパスのブックをオープンする。
引数で渡されたシート名をオープンする。

initialize(self):

現在未使用。

openBook(self, bookName, isDataOnly=True):

引数で渡されたパスのブックを開く。

isDataOnlyにboolを渡すことで、openpyxl.load_workbook()のdata_onlyオプションを指定可能。
指定しない場合、Trueが指定される。

openSheet(self, sheetName):

引数で渡された名称のシートを開く。

createSheet(self, sheetName, renew=False):

引数で渡された名称のシートを作成、または再作成する。

renewがTrueの場合で、同名のシートが既に存在したとき、シートを削除→作成する。

resultText(self, result, text):

成功・失敗を付加したログを出力する。

resultの値に応じて、下記のように出力を行う。

result=True: "[SUCCESS]" + text
result=False: "[FAILED]" + text

isOpenedBook(self, book, isOutputLog=False):

ブックが開いているかを判定する。

isOpenedSheet(self, sheet, isOutputLog=False):

シートが開いているか確認する。

isOpened(self, book, sheet, isOutputLog=False):

ブックとシートが開いているかを確認する。

existSheet(self, sheetName):

現在のブックにシートが存在するかをチェックする。

存在する場合、Trueが返る。

getCellValue(self, _row=0, _col=0):

引数で指定した行列番号のセルの値を取得する。

いずれかの値が0の場合、空文字が返る(失敗)。

isBlankCell(self, val):

引数で渡した文字列が、有効な値かをチェックする。
(取得したセルの値の有効チェック用)

loadAllData(self, startRow=0, startCol=0):

指定した行列番号を始点とし、表のデータを取得する。

writeHorizontal(self, data, row=1, col=1):

引数で渡されたデータを、指定した行列番号を始点として、右方向に順次書き込む。

データは配列を想定。

save(self):

ブックを保存。

You can’t perform that action at this time.