FLAutoKerning.jsにユーザインターフェイスを付けたシロモノです。
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
img
.gitignore
README.md
ctKerningTuner.js
fontfamily.css
index.html
layout.css

README.md

Kerning Tuner

これは、@fladdictさん作「FLAutoKerning.js」に、ユーザインターフェイスを付けたシ
ロモノです。基本的にMORISAWAのTypeSquare向けに作成しています。
ペアごとにはなりますが、キーボードを使ってカーニングが可能です。ご利用の際は、ご
自身のサーバでお使いください。

設置方法

  1. ソースをダウンロードします。
  2. TypeSquareから、ご自身用のJavascriptコードを取得し、index.htmlのhead要素に
    コピペします。
  3. FLAutoKerning.js」をダウンロードし、フォルダに入れます。
  4. ご自身の持ってるサーバにひっそりとアップしてください。

使い方

カーニングするフォントを選びます。または予め使うフォントが決まっている場合は、
index.htmlにあるinput#font_familyのvalue属性を、fontfamily.cssのクラス名に設定
しておくと、少し幸せになれます。(初期値でリュウミンLにしています)

右向きの三角の右側で、カーニングする文字ペアを入力できます。値を変更していれば、
enterやtabで入力を確定できます。確定になった場合は、Webフォントを読み込むために
画面のリロードが発生します。

リロード後、文字ペアが表示されていると思うので、←/→キーでカーニングを調整でき
ます。また数値を入力することでも変更可能です。カーニングが程よくできたら、enter
キーで確定してください。
確定すると、確定値としてラベルみたいなモノが表示されます。「x」をクリックするこ
とで、値を破棄できます。同じペアがあった場合は上書きされます。

カーニングの増減値は右左の矢印アイコンの値を変更します。こちらも値を変更しておけ
ば、enterやtabで確定できます。(画面に変化が起きないのでわかりづらいですが…)

{}アイコンをクリックすると、textarea要素に実際のObjectデータが書き込まれていま
す。これをFLAutoKerning.process()の第2引数で使えば、カーニングを適用できます。

その他

  • Mac版 FirefoxとChromeで動作確認。

ライセンスなど

とりあえずMITライセンスにしておきます。
何かあれば、下記までお願いします。
URL:http://creative-tweet.net/
Twitter:@littlebusters