DAZ Studioで使えるスクリプト集です。
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
LimitList_images
ts
LimitList.dsa
README.md
switch_visible.dsa

README.md

Daz3DScriptSet

DAZ Studioのスクリプト集です。 自分が作画時に使用したものを都度、追加していこうかと思います。

LimitList.dsa:各関節のLimitの設定を一覧表示する

各関節のLimitの設定を一覧表示します。
表示したいFigureのノードを選択して、スクリプトを実行してください。

実行結果

下図のように、Limit設定が解除されている関節は緑色で表示されます。

"説明1"

現在のところ、Genesis3Femaleのみに対応しています。
関節の構造が異なるため、Genesis3MaleやGenesis8への対応は若干の改造が必要です。

使い方(インストール方法)

本スクリプトでは、事前に用意した画像ファイルをウィンドウ上に表示します。

LimitList_imagesフォルダ内の各PNGファイルを任意のフォルダに格納し、LimitList.dsa内の以下の箇所に画像ファイルのフルパスを指定してください。

設定例)

var basepath = "C:/DAZ Studio/LimitList/images/";

開発背景

PoseをFigureへ適用する時、下記のようにLimit設定を解除するか尋ねられることがあります。「Turn limits off」を選択するとFigureのLimit設定が解除されますが、このとき、どの関節を解除したのかは特に表示されません。

普段、ポーズ適用後にカスタマイズをすることが多かったため、どの関節のLimit設定が解除されたのか把握しておきたくて、開発しました。

開発背景

仕組み

各NodeのPropertyのうち、XRotate、YRotate、ZRotateのisClamped値を取得して判定しています。NodeによってはXRotate、YRotateが無いものもあるため(指など)、それらはONでもOFFでもない透明表示(None)にしています。

説明2

また、Hidden設定になっているNodeやPropertyは取得していません。
そのため、DAZ Studio上の見た目そのままの設定値の確認ができると思います。

TypeScript版

このスクリプトはTypeScriptで書いた後、DAZ Scriptへ変換しています。
変換前のTypeScriptのソースはtsフォルダに格納しています。

switch_visible.dsa:選択ノードの表示/非表示を切り替え時、子ノードも含める

  • 選択しているノードを表示/非表示を切り替えるとき、子ノードも一緒に切り替えます。
  • 複数のノードを選択していても有効です。
  • 作画参考時に、「腕が邪魔で体のラインが見えない!」なんていうときに使ってみてください。

実行前 実行前 実行後 実行後

DAZ Script開発環境について

DAZ ScriptはECMAScript(gen3)の言語仕様のため、TypeScriptで開発しています。
Visual StudioによるTypeScriptを用いたDAZ Script用の開発環境の構築方法を以下に解説しています。

DAZ Script開発環境の構築方法[DAZ Studio]

注意

DAZ StudioのScript IDE画面では日本語が文字化けします。上書きしないように注意してください。