Skip to content
make EBS-Backed AMI (Ubuntu Server 12.04 LTS or Ubuntu Server 13.10)
Shell XML
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
scripts
.project
README.md
ubuntu-server-via-ebs-1204lts.json
ubuntu-server-via-ebs-1310.json
ubuntu-server-via-ebs-14041lts.json

README.md

packer-aws-ubuntu-server

概要

Packer を使い Amazon Web Services に Ubuntu Server の EBS-Backed AMI を作成します。 Ubuntu Server 12.04 LTS および Ubuntu Server 13.10 で確認しました。

ソース AMI は以下のものを利用しています。Tokyo リージョン指定になっています。別なリージョンで試す場合は合致するAMI IDに書き換えて下さい。

使い方

  1. ファイルをダウンロード
  2. json の /builders/access_key および /builders/secret_key を自分のものに編集
  3. $ packer build ubuntu-server-via-ebs-1204lts.json で Ubuntu Server 12.04 LTS の EBS-Backed AMI を作成
  4. $ packer build ubuntu-server-via-ebs-1310.json で Ubuntu Server 13.10 の EBS-Backed AMI を作成
  5. $ packer build ubuntu-server-via-ebs-14041lts.json で Ubuntu Server 13.04.1 LTS の EBS-Backed AMI を作成
  6. Amazon Web Services の EC2 で AMI が作成されていることを確認する

留意点

t1.micro だと Rails および ri のインストールにえらく時間がかかるためお金に余裕がある人は /builders/instance_type を c1.medium あたりにすると良いかもしれません

補足

script/ruby.sh の後半で以下の処理を実施しています

  • dist-upgrade を実施 -- apt-get upgrade 時の「The following packages have been kept back: linux-image-virtual ...」対策
  • /etc/fstab を修正 -- ssh ログイン時の「*** /dev/sda1 will be checked for errors at next reboot ***」対策
  • AMI を作成した日付を .setup.log に残す -- なんとなく
  • 再起動
You can’t perform that action at this time.