Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Automatically login when connected to a public wireless LAN for Mac OS X.
Ruby
branch: master

Fetching latest commit…

Cannot retrieve the latest commit at this time

Failed to load latest commit information.
bin
lib
spec
.gitignore
Gemfile
LICENSE.txt initial commit
README.md
Rakefile
wifi_login.gemspec

README.md

WifiLogin

An automatically login tool when connected to a public wireless LAN for Max OS X.

公衆無線LANに自動でログインするためのツールです。 現時点では docomo Wi-Fi サービスのみ対応しています。

Mac OS X 用です。バージョン 10.7.4 でテストしています。 docomo Wi-Fi サービスは 802.1X を使うことで自動ログオンが可能ですが、Mac OS X 10.7 (Lion) 以降では標準ツールで 802.1X の設定ができなくなったためこのツールを作りました。

Installation

gem コマンドを用いてインストールできます。

$ gem install wifi_login

rbenv を使っているのであれば、忘れずに rehash も実行してください。

$ rbenv rehash

Configuration

公衆無線LANに接続したときに自動的にこのスクリプトを起動するように設定します。 wifi_login install コマンドを実行してください。

$ wifi_login install
      create  /Users/machu/Library/Logs/jp.machu.wifi_login
      create  /Users/machu/Library/LaunchAgents/jp.machu.wifi_login.plist
         run  launchctl load /Users/machu/Library/LaunchAgents/jp.machu.wifi_login.plist from "."

Complete install. Please run `pit set docomo` to set your ID/Password.
Example
--
id: your-id-spmode@docomo
password: your-password

公衆無線LANにログインするためのIDとパスワードを、pitコマンドで設定してください。

$ pit set docomo
---
id: your-id-spmode@docomo
password: your-password

Usage

無線LANを有効にして login コマンドを実行すると、自動的に公衆無線LANにログインします。

$ wifi_login login

前述の install コマンドを実行していれば、 login コマンドを手動で実行する必要はありません。

Uninstall

このスクリプトを無効にするには、 uninstall コマンドを実行してください。 install コマンドで登録した自動起動設定を削除します。

$ wifi_login uninstall
         run  launchctl unload /Users/machu/Library/LaunchAgents/jp.machu.wifi_login.plist from "."
      remove  /Users/machu/Library/LaunchAgents/jp.machu.wifi_login.plist

TODO

  • Growlによるログオン完了通知
  • WISPr対応

Contributing

  1. Fork it
  2. Create your feature branch (git checkout -b my-new-feature)
  3. Commit your changes (git commit -am 'Add some feature')
  4. Push to the branch (git push origin my-new-feature)
  5. Create new Pull Request
Something went wrong with that request. Please try again.