rogueclone2s
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
doc
man
msg
src
AUTHORS
COPYING
ChangeLog
ChangeLog-0
INSTALL
MANIFEST
Makefile.am
NEWS
README
TODO
configure.ac

README

 rougeclone2s (データ分離版ローグ・クローンII メンテナンスバージョン)

■はじめに

このゲームは、伊藤康史さん作成の「データ分離版ローグ・クローンII」の独自メン
テナンスバージョンです。
「データ分離版ローグ・クローンII」は素晴らしいプログラムですが、作成されてか
ら10年以上が経過しています。
その頃とプログラミング環境を比べるとかなり変化しています。C99 の規格が策定さ
れ、autoconf / automake などの互換性を保持するツールも登場しています。
また、以前の仕様で書かれた「データ分離版ローグ・クローンII」はソース内に様々
な機種用のソースコードが入っていて見るのが少し難しくなっています。
そこでこの素晴らしいプログラムを少しでも分かりやすく・コンパイルしやすくしよ
うと目指しているのがこの rogueclone2s です。


■コンパイルするには
付属の INSTALL を御覧ください。
ソース・プログラムを変更した場合には、『play.c』の中のバージョン表示にメッセ
ージを追加して、変更の履歴を残すようにしてください。


■ゲームの始め方

ゲームを始めるには、端末から引数にメッセージファイルを与え、プログラムを起動
させます。
% rogue mesg

また、スコアを見たり、セーブファイルから始めるにはメッセージファイルの後にそ
れぞれオプションやファイルを指定します。
% rogue mesg -s
% rogue mesg savefile


■ゲームの遊び方
初めてローグをする人は、まずrogue.doc を読んでください。この中には基本的な遊
び方が書かれています。遊び方を知っている人は、options.doc を読んでください。
この中には rogueclone2s のオプションについて書かれています。
なお、rogue.man はUNIXコマンドマニュアルであり、オリジナルのローグ・クローン
2に付属していたものを和訳したものです。
ローグに関する書籍としては以下のものがあります。

 ・ローグハンドブック (ゲームハンドブックシリーズ - 3)     ¥1,500
      竹山正寿・木村信行・太田昌孝著  株式会社ビー・エヌ・エヌ 発行


■利用条件
このソースの利用条件その他については COPYINGに記述がありますので、そちらをご
覧ください。


■データ分離版ローグ・クローンIIとの主要な違い
付属の NEWS を御覧ください。


■ゲーム進行におけるオリジナル・ローグ5.3との主要な違い
基本的な戦略はオリジナルと同じですが、全体に易しくなっています。
・部屋はいつでも明るく、入ると同時にすべてが見える
・迷路のマッピングが異なる
・大部屋(!)がある
・巻き物や水薬は1度使えば効果が明らかになる
・部屋の入口にも持ち物を落とすことができる


■README.doc 原版より
>●ローグ・クローン2 日本語版1.3について はじめに
>このゲームはバークレイ版UNIXに載っているオリジナル・ローグ5.3のクロー
>ンです。原作者のTim Stoehrは、ローグを見てプログラムのソースを手に
>入れたかったのですが、それが不可能だったので、クローンを自分で作ってしまった
>わけです。そしてそのローグ・クローンのソースをパブリック・ドメインに置いて、
>誰もが触ることができるようにしました。
>このオリジナルのローグ・クローン(ああ、ややこしい)はUNIX上で動くプログ
>ラムでしたが、私がMS-DOS上に移植しました。日電のPC-9801シリーズ
>を初めとして、日本語の使えるほとんどのMS-DOSマシン上で実行できるように
>したつもりです。大きな変更は、メッセージを日本語化したこととカラーにしたこと
>です。その段階でソースをあちこちいじり回したので、かなりの数のバグがひそんで
>いると思われます(実際にひそんでいました:-)。これらのバグは、原作者ではな
>くすべて私の責任です。
>
>●プレイヤー・メニューについて
>配布ファイル中のROGUE.COMは、複数の人間が1台のMS-DOSマシンで
>ローグをプレイするためのメニューコマンドです。メニュー上で10人までのプレイ
>ヤーを登録し、それぞれに独立した名前とセーブファイルを持たせることができます。
>セーブされたゲームの再開も自動的に行います。
>操作方法は簡単で、H、J、K、Lキーでカーソル移動、スペースあるいはリターン
>で選択・実行、エスケープでキャンセルです。名前を登録・変更するときには、バッ
>クスペース(1文字削除)、CTRL-U(1行削除)も有効です。PC-9801
>ではH、J、K、Lキーの代わりにカーソルキーを使うこともできます。
>最初にローグで遊ぶときは、メニューから『A.プレイヤー登録』を選び、表示され
>るメッセージに従ってプレイヤーの名前を登録してください(プレイヤー名には漢字
>を使用することができます)。次回からはH、J、K、Lキーでプレイヤーを選んで
>スペースを押せば、ゲームが始まります。
>ROGUE.COMは、独自に管理するプレイヤー情報に基づいて環境変数USER、
>ローグのオプションname、fileを設定し、ローグの実行ファイルであるRO
>GUE.EXEを起動します。このため、ROGUE.COM経由でローグをプレイ
>する場合には、環境変数USER、ROGUEOPT9が一時的に無効になります。


■playmenu.cについて
playmenu.cはそのままでは動かないはずです。使っていないので直してありません。


■最後に
それでは、Enjoy happy hacking!


--
FUNABARA Masao