Skip to content
No description, website, or topics provided.
Processing Ruby
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Chapter_01/microbit 20190729 Jul 30, 2019
Chapter_03/microbit 20190729 Jul 30, 2019
Chapter_04/microbit
Chapter_05/microbit
Chapter_06/microbit 20190729 Jul 30, 2019
Chapter_07/microbit
Chapter_08 20190729 Jul 30, 2019
Chapter_09 20190729 Jul 30, 2019
Chapter_10/microbit 20190729 Jul 30, 2019
.gitignore 20190729 Jul 30, 2019
README.md 20190802 Aug 2, 2019

README.md

プログラム×工作でつくるmicro:bit

書籍で紹介したプログラムを載せています。

プログラムは、micro:bit、Processing、SonicPiと3種類あります。

※ Chapter02にはプログラムはありません。


Chapter01 : micro:bitとは?

01-1. micro:bitとは?

  • microbit-Ch01_1_LED画面に表示.hex

01-2. micro:bitの外観と機能

01-3. プログラミングと工作を始める前の注意


Chapter02 : プログラミングと工作のための準備

02-1. 最低限の準備

02-2. 用途に応じた準備


Chapter03 : MakeCodeエディタの使いかた

03-1. MakeCodeエディタへのアクセス

03-2. MakeCodeエディタ画面の説明

03-3. プロックプログラミングから書き込みまでの体験

  • microbit-Ch03_3_ボタンでアイコン変化.hex

Chapter04 : ブロックで知る基本機能

04-1. LED

  • microbit-Ch04_1_1_LED_アイコンを表示.hex
  • microbit-Ch04_1_2_LED_ドットXY.hex
  • microbit-Ch04_1_3_LED_棒グラフ.hex
  • microbit-Ch04_1_4_LED_明るさ変える.hex

04-2. ABボタン

  • microbit-Ch04_2_1_ボタン_ABでアイコン変わる.hex
  • microbit-Ch04_2_2_ボタン_押された回数.hex
  • microbit-Ch04_2_3_ボタン_押された回数(制限).hex
  • microbit-Ch04_2_4_トグル操作のボタン.hex
  • microbit-Ch04_2_5_ボタン反応をよくする.hex

04-3. 音

  • microbit-Ch04_3_1_音を出す.hex
  • microbit-Ch04_3_2_周波数で音の高さを指定する.hex
  • microbit-Ch04_3_3_周波数で音の高さを指定する(音が高くなる).hex

04-4. 光センサ

  • microbit-Ch04_4_1_明るさで口をパクパク.hex

04-5. 加速度センサ

  • microbit-Ch04_5_1_加速度XでLED棒グラフ.hex
  • microbit-Ch04_5_2_加速度Xが2Gを超えたら音を鳴らす.hex

04-6. 磁力センサ

  • microbit-Ch04_6_1_方位磁石.hex
  • microbit-Ch04_6_2_方位磁石(マップする).hex
  • microbit-Ch04_6_3_磁石を近づけるとLEDが変わる.hex

04-7. 温度センサ

  • microbit-Ch04_7_1_温度でLED棒グラフ.hex

04-8. マイクロUSBコネクタ

  • microbit-Ch04_8_1_加速度Xをシリアル通信で書き出す.hex
  • microbit-Ch04_8_2_ボタンの状態をシリアル通信で書き出す.hex
  • microbit-Ch04_8_3_加速度XYZをシリアル通信で書き出す.hex

04-9. 無線

  • microbit-Ch04_9_1_光センサの値を無線で送信.hex
  • microbit-Ch04_9_2_無線で文字列を受けてLED棒グラフ.hex

Chapter05 : シミュレーターの使いかた

05-1. 光センサのシミュレーション

  • microbit-Ch05_1_光センサのシミュレーション.hex

05-2. 加速度センサのシミュレーション

  • microbit-Ch05_2_加速度センサのシミュレーション.hex

05-3. デジタルコンパスのシミュレーション

  • microbit-Ch05_3_デジタルコンパスのシミュレーション.hex

05-4. 温度センサのシミュレーション

  • microbit-Ch05_4_温度センサのシミュレーション.hex

05-5. タッチセンサのシミュレーション

  • microbit-Ch05_5_タッチのシミュレーション.hex

05-6. シリアル通信のシミュレーション

  • microbit-Ch05_6_シリアル通信のシミュレーション.hex

Chapter06 : ブロックとJavaScriptを組み合わせたプログラミング

  • microbit-Ch06_1_LEDドキドキ.hex
  • microbit-Ch06_2_LEDドキドキ.hex
  • microbit-Ch06_3_LEDドキドキ.hex
  • microbit-Ch06_4_LEDドキドキ.hex

Chapter07 : 関数を使ったプログラミング

07-1. 単純な関数

  • microbit-Ch07_1_単純な関数.hex

07-2. パラメータを渡す関数

  • microbit-Ch07_2_パラメータを渡す関数.hex

07-3. パラメータを返す関数

  • microbit-Ch07_3_パラメータを返す関数.hex

Chapter08 : デザイン工作

08-1. 工作の準備

08-2. 工作のコツ

08-3. 基本ボックスの工作

08-4. 厚紙によるパーツ作り

08-5. 足や腕につける

08-6. マグネットで貼り付ける

08-7. 植木鉢や花壇にさしこむ

  • microbit-Ch08_7_無線で受信しシリアル通信で書き出す(無線受信).hex
  • microbit-Ch08_7_無線で明るさと温度を送信する(無線送信).hex
  • Processing-Ch08-7-1 シリアル通信で受信した2つのデータをグラフにする

08-8. タッチ操作のジュークボックス

  • microbit-Ch08_8_タッチ操作のジュークボックス.hex

08-9. 持ちやすいコントローラ

  • microbit-Ch08_9_持ちやすいコントローラ.hex
  • Processing-Ch08_9_1 シューティングゲーム風の画面

Chapter09 : より自由な表現の実践

09-1 : micro:bit+Processingの連携

09-1-1. シリアル通信で、加速度センサXYZを受けとり、画像を移動させる

  • microbit-Ch09_1_1_加速度XYZ.hex

  • Processing-Ch09_1_1 micro:bit加速度センサXYZで画像を移動

09-1-1. 応用:シリアル通信で、加速度センサXYZを受けとり、画像を移動させる(残像効果)

​ *09-1-1のProcessingを数行変更しただけなので、09_1_1のままとなっています。

  • microbit-Ch09_1_1_加速度XYZ.hex

  • Processing-Ch09_1_1 micro:bit加速度センサXYZで画像を移動(残像効果)

09-1-2. 応用:シリアル通信で、加速度センサXYZ+ボタンABを受けとり、画像を移動させる

  • microbit-Ch09_1_2_加速度XYZボタンAB.hex

  • Processing-Ch09_1_2 micro:bit加速度センサXYZ+ボタンABで画像を移動

09-1-3. 応用:シリアル通信で、加速度センサXYZを受けとり、画像を移動させる(なめらか)

  • microbit-Ch09_1_1_加速度XYZ.hex
  • Processing-Ch09_1_3 micro:bit加速度センサXYZで画像を移動(なめらか)

09-2 : micro:bit+Processing+SonicPiの連携

09-2-1. micro:bitをつかわず、ProcessingとSonicPiの連携(OSCのみ)

  • Processing-Ch09_2_1 micro:bitをつかわず、ProcessingとSonicPiを連携(OSCのみ)

  • SonicPi-Ch09_2_1 Processingから送られたOSCを受けて音を鳴らす

09-2-2. micro:bitをつかって、ProcessingとSonicPiの連携(シリアル通信+OSC)

  • microbit-Ch09_2_2_シリアル通信で加速度X.hex

  • Processing-Ch09_2_2 加速度センサX,1つだけをつかってSonicPiと連携

  • SonicPi-Ch09_2_1 Processingから送られたOSCを受けて音を鳴らす

    *SonicPiは、「Ch09_2_1」と同じプログラムです

09-3 : 表現の工夫

09-3-1. 曲のように聞こえる表現(SpnicPiからのアプローチ)

  • SonicPi-Ch09_3_1.rb ペンタトニックスケールで演奏する
  • microbit-Ch09_3_1_シリアル通信で加速度X(マップする).hex

09-3-2. ウェアラブルに体をつかって演奏する表現(microbitからのアプローチ)

  • microbit-Ch9_3_2_無線で送信.hex
  • microbit-Ch9_3_2_無線で受信.hex

09-3-3. インタラクティブなグラフィック表現(Processingからのアプローチ)

Processingのみでインタラクティブなグラフィック
  • Ch09_3_3_simple_sample スペースキーでインタラクティブなグラフィック
シリアル通信(USBケーブルあり)
  • microbit-Ch09_3_1_シリアル通信で加速度X(マップする).hex

  • Processing-Ch09_3_3 インタラクティブなグラフィック表現

  • SonicPi-Ch09_3_1.rb ペンタトニックスケールで演奏する

    *microbitとSonicPiは、「Ch09_3_1」と同じプログラムです

無線
  • microbit-Ch9_3_2_無線で送信.hex

  • microbit-Ch9_3_2_無線で受信.hex

  • Processing-Ch09_3_3 インタラクティブなグラフィック表現

  • SonicPi-Ch09_3_1.rb ペンタトニックスケールで演奏する

    *SonicPiは、「Ch09_3_1」と同じプログラムです


Chapter10 : micro:bitの知ってて得するポイント

10-1. ブラウザでワンクリック書き込みができる

10-2. β版のMakeCodeエディタがある

10-3. iOSやAndroidでもmicro:bitにプログラミングできる

10-4. Arduinoでもmicro:bitにプログラミングできる

10-5. シリアル通信が少しだけ速くなるプログラムがある

  • microbit-Ch10_5_シリアル通信が少しだけ速くなるプログラム.hex

10-6. 「マップする」結果の上下の下限は超えることがある

  • microbit-Ch10_6_マップする結果の上限と下限は超えることがある.hex

10-7. シリアル通信で簡易的なDMX信号を送ることができる

10-8. 拡張機能がたくさんある

10-9. Pythonのプログラム環境もある

You can’t perform that action at this time.