Skip to content
No description, website, or topics provided.
TypeScript JavaScript
Branch: master
Clone or download
Latest commit 4760752 Jan 6, 2020
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
doc/img
src
test
.eslintrc.js
.gitignore
LICENSE
README.md
package-lock.json
package.json
tsconfig.json

README.md

メニュー検索 Slack Bot

ホットクックのレシピを検索し、またレシピの詳細を教えてくれるSlack用のbotです。

動作環境

  • Node.js >= v10.0.0

できること

レシピを検索する

キーワードをメンションすると、レシピ検索結果を表示します。

@hotcookbot おでん

レシピ検索

レシピの詳細を表示する

検索結果で得られたレシピIDをメンションすると、詳細を表示します。

@hotcookbot R4012

レシピ詳細表示

検索時、ヒット件数が1つのみの場合は、直接詳細を表示します。

@hotcookbot みそ煮こみおでん

レシピ詳細直接表示

インストール

Slackにbotアカウントを登録し、トークンを取得する。

  1. 事前準備を行います。
    Slackの公式ドキュメントEnabling interactions with botsGetting Started 1.〜3.を参考にして、botアカウントを追加し、bot tokenを取得してください。(2. Setting up the Events API は行わなくて構いません。)

  2. 以下のコマンドで、ソースコードのダウンロードとビルドを行います。

    $ git clone https://github.com/mecab/slack-hotcook-bot.git
    $ cd slack-hotcook-bot
    $ npm i
    $ npm run build
  3. 以下のコマンドでbotを起動します。

    $ SLACK_TOKEN=xoxb-XXXXXXXX(0.で取得したbot token) npm start

    サービスとして起動したままにしたい場合は、systemd [^1] やforever [^2] で良い感じにやってください。

  4. 前章の使い方の通り、botにメンションを投げて、レシピを検索したり、詳細を見たりします。

  5. ホットクックでおいしいごはんを作ります 🍲

副産物

  • ホットクックのレシピを検索するnpmパッケージ @mecab/hotcook (リポジトリ: mecab/node-hotcook)
    本bot内部でも利用しています。

ライセンス

MIT

脚注

[^1]: Systemdを使ってさくっと自作コマンドをサービス化してみる - Qiita

[^2]: Node.jsでforeverを使ってスクリプトの起動を永続化する – 塩焼きブログ

You can’t perform that action at this time.