Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
fdd
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
io
 
 
 
 
 
 
lio
 
 
mem
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
x11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

readme.txt

// ---- 定義

  最適化の為のメモリ使用量の抑制
    MEMOPTIMIZE = 0~2

    CPUにより以下の数値をセットされることを期待している
      MEMOPTIMIZE未定義 … Celeron333A以降のセカンドキャッシュ有効機
      MEMOPTIMIZE = 0   … x86
      MEMOPTIMIZE = 1   … PowerPC等のデスクトップ用RISC
      MEMOPTIMIZE = 2   … StrongARM等の組み込み用RISC


  コンパイラの引き数・戻り値の最適化
    引き数・戻り値でint型以外を指定した場合に、最適化が有効に働かない
    コンパイラ向けの定義です。
    通常は common.h の物を使用します。
      REG8 … UINT8型 / (sizeof(REG8) != 1)の場合 上位ビットを0fillする事
      REG16 … UINT16型 / (sizeof(REG16) != 2)の場合 上位ビットを0fillする事
   いずれも値をセットする側が0fillし、参照側は0fillしたものと見なします。


  OSの言語の選択
    OSLANG_SJIS … Shift-JISの漢字コードを解釈する
    OSLANG_EUC  … EUCの漢字コードを解釈する

    OSLINEBREAK_CR   … MacOS   "\r"
    OSLINEBREAK_LF   … Unix    "\n"
    OSLINEBREAK_CRLF … Windows "\r\n"

      ※現在は以下のソースコード内で個別に設定しています。
        (Windowsが APIによって \r\nの場合と\nの場合があるので…)
        ・common/_memory.c
        ・debugsub.c
        ・statsave.c

    (milstr.h選択用)
    SUPPORT_ANK      … ANK文字列操作関数をリンクする
    SUPPORT_SJIS     … SJIS文字列操作関数をリンクする
    SUPPORT_EUC      … EUC文字列操作関数をリンクする

      ※現在milstr.hですべて定義されたままになっています。
        ver0.73でmilstr.hの定義を外し compiler.hで指定した物となります。


 CPUCORE_IA32
  IA32アーキテクチャを採用
   i386cを使用する場合の注意点
    ・CPU panic や警告表示時に msgbox() という API を使用します。
    compiler.h あたりで適当に定義してください。
   ・sigsetjmp(3), siglongjmp(3) が無いアーキテクチャは以下の define を
    compiler.h あたりに追加してください。
    ----------------------------------------------------------------------
        #define sigjmp_buf              jmp_buf
        #define sigsetjmp(env, mask)    setjmp(env)
        #define siglongjmp(env, val)    longjmp(env, val)
    ----------------------------------------------------------------------

  CPUSTRUC_MEMWAIT
   cpucore構造体にメモリウェイト値を移動する(vramop)

 SUPPORT_CRT15KHZ
   水平走査15.98kHzをサポートする(DIPSW1-1)

 SUPPORT_CRT31KHZ
   水平走査31.47kHzをサポートする
   Fellowタイプはこれ

 SUPPORT_PC9821
   PC-9821拡張のサポート
   当然ですが 386必須です。
   また SUPPORT_CRT31KHZも必要です(ハイレゾBIOSを使用する為)

 SUPPORT_PC9861K
   PC-9861K(RS-232C拡張I/F)をサポート

 SUPPORT_IDEIO
   IDEの I/Oレベルでのサポート
   でも ATAのリード程度しかできない…

 SUPPORT_SASI
   SASI HDDをサポート
   定義がなければ常時IDEとして作動します。

 SUPPORT_SCSI
   SCSI HDDをサポート…全然動かない

 SUPPORT_S98
   S98ログを取得

 SUPPORT_WAVEREC
  Soundレベルで waveファイルの書き出し関数をサポート
  但し書き出し中は サウンド出力が止まるので ほぼデバグ用


// ---- screen

  PC-9801シリーズの画面サイズは標準で 641x400。
  VGAでは収まらないので 強制的にVGAに収める為に 画面横サイズは width + extend
とする。
  8 < width < 640
  8 < height < 480
  extend = 0 or 1

typedef struct {
	BYTE	*ptr;		// VRAMポインタ
	int		xalign;		// x方向オフセット
	int		yalign;		// y方向オフセット
	int		width;		// 横幅
	int		height;		// 縦幅
	UINT	bpp;		// スクリーン色ビット
	int		extend;		// 幅拡張
} SCRNSURF;

  サーフェスサイズは (width + extern) x height。


const SCRNSURF *scrnmng_surflock(void);
  画面描画開始

void scrnmng_surfunlock(const SCRNSURF *surf);
  画面描画終了(このタイミングで描画)


void scrnmng_setwidth(int posx, int width)
void scrnmng_setextend(int extend)
void scrnmng_setheight(int posy, int height)
  描画サイズの変更
  ウィンドウサイズの変更する
  フルスクリーン中であれば 表示領域を変更。
  SCRNSURFではこの値を返すようにする
  posx, widthは 8の倍数

BOOL scrnmng_isfullscreen(void) … NP2コアでは未使用
  フルスクリーン状態の取得
    return: 非0でフルスクリーン

BOOL scrnmng_haveextend(void)
  横幅状態の取得
    return: 非0で 横幅拡張サポート

UINT scrnmng_getbpp(void)
  スクリーン色ビット数の取得
    return: ビット数(8/16/24/32)

void scrnmng_palchanged(void)
  パレット更新の通知(8bitスクリーンサポート時のみ)

RGB16 scrnmng_makepal16(RGB32 pal32)
  RGB32から 16bit色を作成する。(16bitスクリーンサポート時のみ)



// ---- sound

NP2のサウンドデータは sound.cの以下の関数より取得
  const SINT32 *sound_pcmlock(void)
  void sound_pcmunlock(const SINT32 *hdl)


SOUND_CRITICAL  セマフォを入れる(see sndcsec.c)
SOUNDRESERVE    予約バッファのサイズ(ミリ秒)
  サウンドを割り込み処理する場合の指定。
  割り込みの最大延滞時間をSOUNDRESERVEで指定。
  (Win9xの場合、自前でリングバッファを見張るので 割り込み無し・指定時間通りに
  サウンドライトが来るので、この処理は不要だった)


UINT soundmng_create(UINT rate, UINT ms)
  サウンドストリームの確保
    input:  rate    サンプリングレート(11025/22050/44100)
            ms      サンプリングバッファサイズ(ミリ秒)
    return: 獲得したバッファのサンプリング数

            msに従う必要はない(SDLとかバッファサイズが限定されるので)
            NP2のサウンドバッファ操作は 返り値のみを利用しています。


void soundmng_destroy(void)
  サウンドストリームの終了

void soundmng_reset(void)
  サウンドストリームのリセット

void soundmng_play(void)
  サウンドストリームの再生

void soundmng_stop(void)
  サウンドストリームの停止

void soundmng_sync(void)
  サウンドストリームのコールバック

void soundmng_setreverse(BOOL reverse)
  サウンドストリームの出力反転設定
    input:  reverse 非0で左右反転

BOOL soundmng_pcmplay(UINT num, BOOL loop)
  PCM再生
    input:  num     PCM番号
            loop    非0でループ

void soundmng_pcmstop(UINT num)
  PCM停止
    input:  num     PCM番号



// ---- mouse

BYTE mousemng_getstat(SINT16 *x, SINT16 *y, int clear)
  マウスの状態取得
    input:  clear   非0で 状態を取得後にカウンタをリセットする
    output: *x      clearからのx方向カウント
            *y      clearからのy方向カウント
    return: bit7    左ボタンの状態 (0:押下)
            bit5    右ボタンの状態 (0:押下)



// ---- serial/parallel/midi

COMMNG commng_create(UINT device)
  シリアルオープン
    input:  デバイス番号
    return: ハンドル (失敗時NULL)


void commng_destroy(COMMNG hdl)
  シリアルクローズ
    input:  ハンドル (失敗時NULL)



// ---- joy stick

BYTE joymng_getstat(void)
  ジョイスティックの状態取得

    return: bit0    上ボタンの状態 (0:押下)
            bit1    下ボタンの状態
            bit2    左ボタンの状態
            bit3    右ボタンの状態
            bit4    連射ボタン1の状態
            bit5    連射ボタン2の状態
            bit6    ボタン1の状態
            bit7    ボタン2の状態


// ----

void sysmng_update(UINT bitmap)
  状態が変化した場合にコールされる。

void sysmng_cpureset(void)
  リセット時にコールされる



void taskmng_exit(void)
  システムを終了する。

About

Neko Project 2 (PC98 emulator) port for libretro/RetroArch

Resources

Releases

No releases published

Packages

No packages published

Contributors 4

  •  
  •  
  •  
  •  
You can’t perform that action at this time.