Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Tree: 1a6c93bc4c
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

752 lines (717 sloc) 134.559 kB
<html lang="en" dir="ltr"> <head>
<title>ロジバンリファレンス文法:第13章
</title>
<style type="text/css"><![CDATA[h1 {
font-size: x-large;
}
h2 {
font-size: large;
}
h3 {
font-size: medium;
}
h4 {
font-size: medium;
}
h5 {
font-size: small;
}
h6 {
font-size: x-small;
}
div.leftbar {
float: left;
width: 219px;
height: auto;
background: #c0c0c0;
color: black;
border-style: outset;
margin-right: 2%;
font-size: small;
}
div.rightbar {
float: right;
min-width: 90px;
width: 15%;
height: auto;
background: #c0c0c0;
color: black;
border-style: outset;
font-size: small;
top: 1%;
padding: 1%;
}
div.centered {
text-align: center;
}
div.main {
padding-right: 1%;
padding-left: 2%;
}
li {
padding-right: 1%;
padding-left: 1%;
margin-left: 1%;
}
img.noborder {
text-align: center;
border-style: none;
border: 0;
}
hr {
width: 60%;
}
]]></style>
</head> <body dir="ltr"> <div class="leftbar"> <h4>文法リファレンス 章</h4> <ol> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter1.html">ロジバン人のなかで押しつぶしたロジバンとして:この本について</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter2.html">ダイアグラムつきのロジバン文法クイックツアー</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter3.html">ヒルズは、ロジバンの音声と生きている</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter4.html">単語の形がやってくる:ロジバン形態</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter5.html">&quot;かわいい小さな女の子の学校&quot;:ロジバンselbriの構造</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter6.html">物事の多くの話しかた:ロジバンスムティ</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter7.html">簡潔さは言語の魂である:代スムティそして代ブリディ</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter8.html">相対句、スムティをもさらに複雑にする</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter9.html">私は道を経由してボストンへいく、様式の国への小旅行ををしつつ</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter10.html">想像の旅:ロジバンの空間/時間 時制システム</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter11.html">事象、質、量、そしてその他の曖昧な言葉:ロジバンの抽象化</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter12.html">ドッグハウスとホワイトハウス:ルジヴォ配置構造の決定</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html">オー!、アッ!ウーッ!ゲーッ!</a><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html">感情と情動の指標</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter14.html">もし馬だったならば:ロジバン結合システム</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter15.html">&quot;いいえ&quot;の問題:ロジバンの否定表現について</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter16.html">誰があなたに道を通すか?。だれも:ロジバンと論理</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter17.html">ABCのように簡単ですか?</a><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter17.html">ロジバン文字システムとその使用法</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter18.html">lojbau mekso:ロジバンでの数式</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter19.html">ひとまとめにする:ロジバンの構造についてのノート</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter20.html">セルマホのカタログ</a></li> <li><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter21.html">フォーマルな文法</a></li> </ol> </div> <div class="main"> <div class="centered"> <img src="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.gif" alt="[Cartoon]" width="405" height="405" /> <h2>第13章<br />オー!アッ!ウーッ!ゲーッ!!態度と感情を表すもの</h2> </div> <h3><a id="s1" name="s1">1.</a><a id="s1" name="s1">心態指標とは何か</a></h3>この章では、ロジバンが提供する、態度と、関連する概念を表現するためのさまざまな語彙を説明します。自然言語では、態度は通常、話す時の声のトーンで表現され、そして(非常に不完全ながら)句読点で区切って書くことで表現します。たとえば、次の裸の文章<pre>
<a id="e1d1" name="e1d1">1.1)</a>ジョンは来ています。</pre>は、話す人の声のトーンで、幸福、同情、希望、驚き、または、不信の感情を表現することができます。これらのトーンの細かい点は、書面で表現することはできません。態度はさまざまな音声で表現され、それらは奇妙なつづりの言葉で表現されます。例えば、タイトルにあるような「オー!」「アッ!」「ウーッ!」「ゲーッ!」です。これらは、英語の一部です。他の言語に生まれた人々は異なる語彙のセットを使います。まだ、あなたは、辞書にあるこれらの語彙を、決して見つけられないでしょう。
<p>ロジバンでは、話すことができることは書くことができます。したがって、音声のこれらのトーンは、「心態指標」、または単に「心態詞」として知られている明示的な単語で表現される必要があります。この規則は最初、英語の話者には、ぎこちなく、重たく見えますが、ロジバン方式の重要な部分です。</p> <p>最も簡単な心態詞の使い方は、心態詞をテキストの先頭に配置することです。そうすると、それらは、話者の主だった態度を表現します。ここでは、次のいくつかの例では、例<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e1d1">1.1</a>と関連しています
</p> <p></p> <pre>
<a id="e1d2" name="e1d2">1.2)</a> .ui la djan klama
[わーい!]ジョンが来ている!</pre> <pre>
<a id="e1d3" name="e1d3">1.3)</a> .uu la djan klama
[え~!]ジョンが来ています。</pre> <pre>
<a id="e1d4" name="e1d4">1.4)</a> .a&#39;o la djan klama
[うまくいけば]ジョンが来ています。</pre> <pre>
<a id="e1d5" name="e1d5">1.5)</a> .ue la djan klama
[わお!]ジョンが来ている!</pre> <pre>
<a id="e1d6" name="e1d6">1.6)</a> .ianai la djan klama
[うっそー!]ジョンは来ています。</pre>主なロジバン心態詞は、VV または V&#39;Vの形式のシマヴォすべてです。心態詞はシマヴォのフォームで単独で分類されている、数少ないケースの一つです。これらのシマヴォは39あります。可能な25の母音のペアはすべてV&#39;Vの形式で、4つの標準二重母音(「.ai」、「.au」、「.ei」、「.oi」)、そして10個以上の二重母音 (「.ia」、「.ie」、「.ii」、「.io」、「.iu」、「.ua」、「.ue」、「.ui」、「.uo」、「.uu」)は心態詞の中、または、名前、借用語でのみ許可されています。これらのシマヴォはそれぞれ、ピリオドで始まり、母音で始まるすべての単語の前に必須の停止を作ります。この章で記述された、ほかの種類の指標はほとんどそうですが、心態詞はセルマホ 「UI」 に属します。<p>心態詞はシマヴォを合成して作ることができます。これらは、4-8のセクションで説明しており、例<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e1d6">1.6</a>で合成した心態詞は「ianai」その可能性の一つを示しています。心態詞では「-nai」は軸の否定、つまり、「-nai」がつかない単純な心態詞の反対の意味を示します。したがって、「.ia」が信念を表現するとして、「.ianai」は不信念を表現します。</p> <p>態度に加えて、他の指標分類があります。強度、感情のカテゴリ、態度の修飾子、観察、および、談話です。それらはすべて文法的に同等物であるのが、この章で一緒に処理される理由です。</p> <p>すべての指標は、多かれ少なかれ同じように、言語の残りの部分の文法に対して動作します。一般的に、1つまたは複数の指標は、発話や任意の単語の後の部分の、先頭に挿入することができます。冒頭の指標は、発話全体に適用されます。それ以外の場合、指標に先行する単語に適用されます。詳細は<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s9">第9章</a>をご確認ください</p> <p>この章では、指標のテーブルが4つの列に書き込まれます。最初の列はシマヴォそのものです。2番目の列は、対応する英語の単語ですが、必ずしも直訳したものではありません。4列目は2番列目の反対のことを表し、接尾語として「-nai」をつけた場合のおおよその意味を示します。3列目は時に省略されていますが、2列目と4列目の中立的な観点を示し、接尾語に「-cu&#39;i」をつけたときの、おおよその意味を示しています。シマヴォである「cu&#39;i」はセルマホ「CAI」に属していますが、さらに完全な説明はセクション<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s4">4 </a>をご確認ください</p> <p>英語の注釈で特に主題になる欠点は、英語では、あなたの気持ちを表現することと、それらを話すことを区別するのがしばしば難しいことです。それは、特に、数の制約された書き言葉で、難しいです。そのため、「.ui」は、幸福を表現する感じや調子がありますが、総体としては、本当は「幸福」とすべきではありません。しかしながら、ロジバンでは素早く表現可能な、本当にたくさんの異なる感情のすべてについて、英語ではあいまいな、もしくは、明確な意味を持つ語が、ほとんど、十分に存在していません。</p> <p>CV&#39;Vフォームの多くの指標は、おおよそ、特定のギスムから派生しています。ギスムは、シマヴォとは同等なものではなく、覚えやすくするためのフックとして、考えてくださいこのようなギスムは、この章では、角括弧の間に表示されます。このように:[gismu]</p> <h3><a id="s2" name="s2">2.</a><a id="s2" name="s2">純粋感情指標</a></h3> <p>心態詞は主張しません:それらは態度の表現であり、事実の表現ではありません、また、主張された事実でもありません。その結果、心態詞自体は真理値を持たず、また、直接、心態詞が修飾するブリディの真理値にも影響を与えません。しかしながら、感情的な態度はあなたの心に届くので、感情的な態度は、そのような世界の状況を考慮した行動に影響するでしょう。これはほとんど現実の世界と同じです。時々、私たちは現実世界の観念的なバージョンを考えています。また別の時には、私たちは、存在しうる、または、これまで存在しない可能性について考えています。</p> <p>したがって、ロジバンには心態詞の2つのグループがあります。「純粋な感情の指標」は何が言われているかについて直接参照することなく話者が感じている方向を表現します。これらの指標は「u」や「o」と多くの「i」で始まる心態詞を構成します。</p> <p>「u」で始まるシマヴォは単純な感情です。それらは、話者の現状の世界、または、そのように受け取った世界への反応を示しています。</p> <pre>
.ua 発見 混乱
.u&#39;a 獲得 損失
.ue 驚愕 無動揺 覚悟
.u&#39;e 畏敬 平凡
.ui 幸福 不幸
.u&#39;i 愉快 退屈
.uo 完全 不完全
.u&#39;o 勇気 内気 臆病
.uu 哀憫 冷酷
.u&#39;u 後悔 教訓 潔白</pre> <p>これらは「u」で始まる心態詞のいくつかの典型的な用途です:</p> <p></p> <pre>
2.1) .ua mi facki fi le mi mapku
[わかったぞ!]私は帽子をみつけた!
[帽子の発見を強調]
2.2) .u&#39;a mi facki fi le mi mapku
[手に入れたぞ!]私は帽子をみつけた!
[帽子の獲得を強調]</pre> <pre>
2.3) .ui mi facki fi le mi mapku
[イェーイ!]私は帽子をみつけた!
[幸福感を強調]
2.4) .uo mi facki fi le mi mapku
[ついに!]私は帽子をみつけた!
[帽子捜索の終了を強調]</pre> <pre>
2.5) .uu do cortu
[かわいそう!]いたそうね
[話者の同情を表現]
2.6) .u&#39;u do cortu
[後悔!]いたそうね
[話者は罪を感じている]</pre><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d4">例の2.4</a>で 「uo」は英語の非態度的なフレーズ「ついに!(At last!)」と翻訳されたことに注意ください。ロジバン心態詞を英語に対応させる際に、多かれ少なかれ通常の文法で、この種の短いフレーズであることは一般的なことですが、実際に感情の表現です<p>特に、「uu」と「u&#39;u」の両方は英語に翻訳すると、「私は残念です(I&#39;m sorry)」になります。これらの2つの態度の違いが、このフレーズを使用したときに、しばしば、英語話者の間に混乱を引き起こし、引き続いて、次のような反応があります。「なぜあなたが残念なの?、それは、あなたのせいではないよ(Why are you sorry? It&#39;s not your fault!)」</p> <p>重要なことは「.uu」を事実のものとすることです。実際に、すべての心態詞は誠実に使われるもので、皮肉には使用されません。英語では、感嘆符つきの「残念!(Pity!)」は皮肉を意図して使われます、この使い方はロジバンには適用されません。心態詞で嘘をつくことは、通常、他の種類の嘘と同じくらい、ロジバンのコミュニケーションの中では不適切です。おそらく、よりタチが悪いでしょう。なぜなら、間違った感情は、間違った文章よりも、より大きな問題を引き起こす可能性があるからです。</p> <p>次の例は「nai」と「cu&#39;i」を心態詞に付加したときの効果です。</p> <pre>
2.7) .ue la djan. klama
[びっくり!]ジョンは来ます
2.8) .uecu&#39;i la djan. klama
[ふーん。で?]ジョンは来ます
2.9) .uenai la djan. klama
[予想してたさ!]ジョンは来ます</pre> <p><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d9">例2.9</a>で 、ジョンが来ることは話者に予期されています。<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d7">例2.7</a>と<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d8">例2.8</a>では 、予期されていませんが、<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d7">例2.8</a>で予期していない以上に進むことはなく、例<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d8">2.7 </a>では、それは実際に驚きになっています。</p> <p>「u」で始まる言葉を「o」「i」で始まる純粋な感情と確実に分けることはできません。しかし、一般的には「u」で始まることは、より込み入っていて、アンビバレントで、もしくは、より複雑な感情を表します。</p> <pre>
.o&#39;a プライド 謙虚さ 恥
.o&#39;e 親密 孤立 隔たり
.oi 苦情/痛み 問題なし 喜び
.o&#39;i 用心 大胆 軽率
.o&#39;o 忍耐 単なる許容 怒り
.o&#39;u くつろぎ 平静 ストレス</pre> <p>次が例です</p> <p></p> <pre>
2.10) .oi la djan. klama
[不快]ジョンは来ています。</pre> <p>ここでは話者は、ジョンがくることについて苦しんで不愉快になっています。「.oi」はイディッシュ語の「oy」の類似の意味から派生しています。それはイディッシュ語の起源の唯一のシマヴォです。</p> <p></p> <pre>
2.11) .o&#39;onai la djan. klama
[怒り]ジョンは来ている!</pre> <p>ここでは話者は、ジョンがくることについて怒っています。</p> <p></p> <pre>
2.12) .o&#39;i la djan. klama
[注意!]ジョンは来ています。</pre> <p>ここにはジョンがくることに対して危機感があります。</p> <p></p> <pre>
2.13) .o&#39;ecu&#39;i la djan. klama
[疎外感]ジョンは来ています。</pre> <pre>
2.14) .o&#39;u la djan. klama
[リラックス!]ジョンは来ています。</pre> <p><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d13">例2.13</a>と<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d14">例2.14</a> ではジョンの到着に問題はありません:前者では、話者は状況からの距離を感じています。後者では、ジョン来ることは、実際的に、ある種のリラックス、安堵になっています</p> <p>「i」で始まる純粋感情指標は「u」や「o」のグループには適合しません。なぜならそれらは余裕がないからです。そのため、それらは混合して使用されます。「.ia」、「.i&#39;a」、「.ie」、そして、「.i&#39;e」は、ここには出てきません。それらは<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s3">第3節</a>に代わりに出現します</p> <pre>
.ii 恐怖 緊張感 安全
.i&#39;i 連帯 内密
.io 尊敬 無礼
.i&#39;o 鑑賞 嫉妬
.iu 愛 中立 憎悪
.i&#39;u 既知 謎</pre> <p>いくつかのサンプルです:</p> <pre>
2.15) .ii smacu
[恐怖!][観察法:]ねずみ
きゃー!ねずみ~!</pre> <pre>
2.16) la djan. .iu klama
ジョン[愛しの!]は来ています。</pre> <pre>
2.17) la djan. .ionai klama
ジョン[軽蔑してる!]は来ています。</pre><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d15">例2.15</a>は態度に彩られた観察法を示しています。心態詞が観察法によって描写された状況に変更を加えています。すなわち、ねずみは感情を引き起こしています。ロジバンを話す幼児は、現在までに存在していればですが、おそらく、<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d15">例2.15</a>のような文章ををたくさん使用するでしょう。<p><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d16">例2.16</a>と<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d17">例2.17</a>では心態詞は文章の頭にあるのではなく、「la djan」の後ろにあります。この形式の意味は、彼が来た事に対して態度が付与されているというよりも、ジョンに感情が付与されていることを意味します。この話者は、具体的には、ジョンについて愛したり、軽蔑しています。比較:</p> <pre>
2.18) la djan. klama .iu
ジョンは、来ています。[愛しい!]
</pre>この感情が刺激されるのは、具体的には、ジョンが来るというところです<p><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e2d17">例 2.17</a>はジョンに対する断言の方法です。:あなたは、「あの、ろくでなしのジョンが来ている」と翻訳することもできます。</p> <h3><a id="s3" name="s3">3.</a><a id="s3" name="s3">命題態度指標</a></h3> <p>セクション2の冒頭に挙げたように、心態詞は2つのグループに分割が可能です。前のセクションで説明した純粋態度指標と、「命題態度指標」と呼ばれる対照的なグループです。これらの指標は、話者が反応する、内部な仮想世界を作ります。また、世界が実際にそうあることから区別します。したがって、私たちは「世界は~のようなことでしょう」というように態度を表明することができます。もしくは、もっと直接的に、ありえる世界を現実のものにしようとして、私たちの態度を表現できます。</p> <p>一般的に、純粋感情のブリディの言い換えは、(英語の場合)「I&#39;m going to the market, and I&#39;m happy about it.(私はマーケットに行きます。私はそれが幸せ)」のように現れます。感情は、主な主張のテーマとして存在しますが、論理的には、主張から独立しています。対して、命題態度の場合は、さらに「I intend to go to the market(私はマーケットに行くつもりだ)」というようなものです。主な主張は、意図に対して、論理的に下位にあります。私は、私が実際に行くことを主張していません。ただ単に、意図するだけです。</p> <p>「a」と「e」で始まる心態詞の間に明確な違いはありません。しかしながら、本来の意図としては、(少なすぎる空間にあまりにも多くの態度を詰め込むするために、全体として実現していないが)、「a」シリーズのメンバーは、より純粋に、潜在的な世界を態度としてより現すために作成され、「e」シリーズのメンバーは、叙述を尊重しつつ、話者の意図について、より曖昧、もしくは、複雑ですなものです。「a」シリーズと「e」シリーズの関係は、「u」シリーズと「o」シリーズとの関係に相互に似ています。いくつかの命題態度指標は「i」シリーズにもあふれ出ています。</p> <p>実際には、純粋態度と命題態度の間の、全体的な違いは、それ自体、少し不安定です:「u&#39;u」 は「私は~を後悔している」という命題態度指標として見ることができます。そして、「a&#39;e」(次に議論されます)は、「私は、気がついた」という純粋態度としてみることができます。この章の純粋感情と命題態度の分類は、主に説明のためです。それは特定のポイントについて、しっかりとしたルールを認めるものではありません。心態詞は、ロジバンの「論理的な言語」の側面から最も遠い部分です。</p> <p>リストは命題態度指標は最初の文字でグループ化しており、ここからは「a」で始まるものです:</p> <pre>
.a&#39;a 気配り 無愛想 回避
.a&#39;e 警戒 枯渇
.ai 意図 優柔不断 拒否
.a&#39;i 努力 余裕 休息
.a&#39;o 希望 絶望
.au 欲望 無欲求 不本意
.a&#39;u 関心 無関心 反発
</pre> <p>(親のような)いくつかの例:</p> <p></p> <pre>
3.1) .a&#39;a do zgana le veltivni
[気配り]あなたはテレビの視聴者を観察します。
私は、あなたがテレビを見ていることに気づいた。</pre> <pre>
3.2) .a&#39;enai do ranji bacru
[消耗]あなたは継続的に発話している
私は、あなたが話し続けるので疲れている。</pre> <pre>
3.3) .ai mi benji do le ckana
[意図]私はベットへあなたを移動する。
私はあなたをベットに寝かせるつもりです。</pre> <pre>
3.4) .a&#39;i mi ba gasnu
le nu do cikna binxo
[努力]私は[未来]する、
あなたが目覚め的に成長する事を。
それは、あなたを目覚めさせることは、私にとって、本当の苦労になるでしょう。</pre> <pre>
3.5) .a&#39;o mi kanryze&#39;a
ca le bavlamdei
[希望]私は、しばらく(中期的に)健康です。
明日を基準として。
私は、よりより明日を希望します。</pre> <pre>
3.6) .au mi sipna
[欲求]私は眠る
私は眠りたい
</pre> <pre>
3.7) a&#39;ucu&#39;i do pante
「無関心」あなたは抗議する
私は、あなたの抗議には関心がない。
</pre>(現実の状況では、例3.1から3.7は、さらに様々な純粋態度指標によって彩られるでしょう。確実に「oicai」を含むでしょう。また、おそらく「iucai」も。<p>態度を指標に分割することは、標準的なブリディの文法に最高の動作をすることを許します。意図、欲求、願われる対象、その他の概念の間の関係を表現するのに動作します。態度を表現するために、これらの例を、主たるセルブリとして言い換えることは、容認できないほど重量級の文法を生むでしょう。</p> <p>ここでは「e」で始まる命題態度指標が取り上げられます。これらは「o」で始まる純粋感情指標が、「u」で始まる純粋感情指標に関係するように、「a」で始まるものへの関係に、だいたい対応しています。</p> <pre>
.e&#39;a 許可 禁止
.e&#39;e 能力 不全
.ei 義務 自由
.e&#39;i 制約 独立性 制約への抵抗
.e&#39;o 要求 否定要求
.e&#39;u 提案 放棄 警告</pre>(一晩ぐっすり眠ってから)さらなる例:<p></p> <pre>
3.8) .e&#39;a do sazri le karce
[許可]あなたは車を運転する。
もちろん、あなたは車を運転することができます。</pre> <pre>
3.9) e&#39;e mi lifri tu&#39;a do
[能力]私は、あなたに関係する何かを経験します
私はあなたに対処することができると感じている
</pre> <pre>
3.10) .ei mi tisna
le karce ctilyvau
[義務]私は注ぐ
車の石油タンクに。
私は車のガソリンタンクに注がなければなりません。</pre> <pre>
3.11) .e&#39;o ko ko kurji
[要求]あなた(命令)は、あなた(命令)を世話する
自分の面倒を見てください。</pre> <pre>
3.12) .e&#39;u do klama le panka
[提案]あなたは、公園へ行く
私は公園に行くことを提案します。</pre> <p>最後に、「i」で始まる命題態度の指標です。これらは、他のシリーズからあふれたものです。</p> <pre>
.ia 信念 懐疑 不信感
.i&#39;a 受容 叱責/非難
.ie 同意 不同意
.i&#39;e 承認 保留 不承認</pre> <p>(もっともっと後に) さらに、より多くの例:</p> <p></p> <pre>
3.13) .ianai do pu pensi le nu tcica mi
[不信]あなたは[過去]私を欺くことを考えた
私はあなたが私をだますと考えていたなんて、信じられない。
</pre> <pre>
3.14) do .i&#39;anai na xruti do le zdani
あなた[非難]は、家に戻りません
私は、家に戻らないので、あなたを責めます。</pre> <pre>
3.15) .ie mi na cusku
lu&#39;e le tcika
be le nu xruti
[同意]私は言わなかった
日時の事
帰った日時
私が帰ってくる日時を言わなかったのは本当です。</pre> <pre>
3.16) .i&#39;enai do .i&#39;e zukte
[不承認]あなた[承認]は行為する
私はあなたのやったことは認めませんが、あなたは認めています。
</pre><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e3d16">例 3.16</a> では、命題態度指標の使用例を示しています。この例では、「i&#39;e」の通常の意味(ブリディの最初にあるもの)と、純粋態度指標として(「do」についているもの)の両方を説明しています。この事象では、メインのブリディは話者によって否認されていることが表現されていますが、x1の場所のスムティ(すなわち、聞き手)は承認されています。<p>このセクションで議論された心態詞を示すことは、命題態度を示すことを意味しません。心態詞を複数の文章へ分割することへの、もっともシンプルな方便です。したがって、<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e3d8">例3.8</a>で実際に話者へ車を運転することを要求するバージョンがあります:</p> <pre>
3.17) do sazri le karce .i e&#39;a
あなたは車を運転する。[許可]
あなたは車を運転している。(または、するつもりだろう)
それは、結構だ</pre> <h3><a id="s4" name="s4">4.</a><a id="s4" name="s4">スケールとしての態度</a></h3> <p>ロジバンでは、すべての感情や態度はスケール(重み付け)があります。これらのスケールは、ある極端な値(ここでは「肯定」と呼びます)から、真逆の極端な値(「否定」と呼びます)まであります。私たちは上記の平面にあるスケール上の3点を見ています:「肯定」、「中性」、そして、「否定」。これらの用語、「肯定」と「否定」は驚きのある引用文に入ります。なぜなら、私たちは感情に対して適合させるときに言葉を積み上げるからです。心態詞のシステムはこの積み上げを反映しています。これは、文化的なバイアスとして知られています。2つの「肯定」スケールの単語、すなわち「ii」(恐怖)と、「oi」(痛み/不快)だけは、多くの場合、その真逆の「否定」よりも、より、道徳的に好ましくない感情として一般に表現されます。しかし、この二つはより本能的で、明確で、必要性によっては、単音節表現であることが求められる、強力な感情であるとあると感じられました。一方、真逆の表現は一般的に用いられることは、より少ないです。</p> <p>(なぜ明白なバイアスを存在させているのでしょう?なぜなら、そこにはたくさんの心態詞があるので、私たちはセット全体として学ぶべきことは難しいからです。私たちのスケールに合わせて、私たちは単音節の「nai」に、便利な意味を付与します。それは初心者に、少なくとも、肯定または否定の指標の並びを認識させるのを簡単にします。それが、明確な言葉ではないにせよ。その他の考慮された選択肢は、「ランダム」方向です。これは、知られざるバイアスを含み、学習が難しく、私たちの推測に基づいた方向です。その推測とは、スケールの方向は、もっとも頻繁な使用方法を短期的にするというもので、これはアメリカ人の便利さの認識が支持するバイアスとなるでしょう。もし、バイアスが私たちの指標セット内に存在しているのに違いない場合でも、学習が容易な既知のバイアスとしてでしょう。さらに、調和的で肯定的な世界観を支持するでしょう)</p> <p>とはいえ、実際には、それぞれの感情のスケールは、7つの位置が定義されています。3つの「肯定」(下記の左に表示)、3つの否定(下記の右に表示)、そして、「中立」の指標です。中立の指標は、このスケール上には、任意の態度がないことを示しています。次のチャートはスケールの7つの位置と関連付けられているシマヴォを示します。これらのすべてのシマヴォは、「nai」を除いて、セルマホ CAIに属します。</p> <pre>
cai sai ru&#39;e cu&#39;i nairu&#39;e naisai naicai
[carmi] [tsali] [ruble] [cumki]</pre>あるスカラー態度は、心態詞の単語を使用して表現します。そして、続いて望みのスカラー強度をその後にづづけます。バイアスは忍びこみます。なぜなら、「否定」感情は、軸上の彼らの否定位置を示すために、追加の音節「nai」を連れて行きます。そのため、表現するのにもうちょっと努力が要求されます。<p>このシステムの多くはオプションです。もし、あなたがどれくらい強く感じたかについて立ち止まって考えたくない場合、あなたはスケール指標を使うことなしに、態度を表現できます。実際、ほとんどの心態詞で、我々は、特に高い強度を示すために、スカラー値なしか、または「cai」を使用することがわかりました。まれに、「ru&#39;e」は、それとすぐわかるような、弱い強度のために使用されます。また、「cu&#39;i」は態度疑問「pei」(セクション10を参照)への応答として、感情を感じていないときに使用されます。</p> <p>次の例では、強度変化によるバリエーションを示します。:</p> <p></p> <pre>
4.1) .ei
私はすべき
(不特定の義務)
</pre> <pre>
4.2) .eicai
私はしなければならない/する必要がある
(強烈な義務や要件、おそらく
公的な事象)</pre> <pre>
4.3) .eisai
私はする必要があります
(強い義務や必要性、可能性を示唆しかし、公式な要件ではない)</pre> <pre>
4.4) .eiru&#39;e
私はする可能性があります
(弱い義務---しばしば、英語で混同
許可と欲望について)
</pre> <pre>
4.5) .eicu&#39;i
どうでもいい。かまわない
(特に義務はない)</pre> <pre>
4.6) .einai
私はする必要はない
(義務ではない)</pre>特定の感情なしにスケール指標を使用することもできます。これは、しばしば言語で使用されます:あなたが強く感じたことを強調するために、スケール指標の「cai」であなたの言いたいところを強調します。「cu&#39;i」を使用することで、あなたがそれ自体として気ににしていないことを示すこともできます。<h3><a id="s5" name="s5">5.</a><a id="s5" name="s5">感情の空間</a></h3> <p>それぞれの態度スケールは、多次元空間の軸を構成します。実質的に、これまで39スケールの合計を与えられています、我々には39次元空間があります。任意の時点で、私たちの感情や態度は、この39次元空間の位置として与えられます。この位置は、各次元に沿って座標として、強度指標を持っています。完全な態度目録は、表現するために一意に決める必要がありますが、それぞれの感情のそれぞれのスケール値を読み上げることで構成されます。それは、明確な唯一の点として提供されるベクトル和です。それこそ私たちの態度です。</p> <p>今、自分の感情を表現するために、誰も奇妙な100もの心態詞の文字列を表現しようと思う人はいないでしょう。確認してみるとわかるように、私たちは通常、一度に1つまたは2つ以上の感情を認識しません。---通常、最も強い、または、ある重大な方法で変化したもっとも直近の感情です。しかし、スケールシステムは、可能な感情の理論(それは、ロジバンを使用して検証可能な可能性があります)に、いくつかの有用な洞察を提供しています。ついでに、ロジバン使用者が複合的な感情を認識したときに、どのように表現するか、説明します。</p> <p>39スケールの存在が感情の複雑性を照らし出します。また、私たちは39スケールに縛られていません。<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s6">セクション6</a>では、規模の順序によってスケールのセットを掛けあわせることについて、修飾詞の説明があります。また、スケール上の感覚を混合することも可能です。それは、「cu&#39;i」で表現される可能性がありまが、一度に「肯定」と「否定」の両方のスケールの感情を同時に使用することで表現することも可能です。「毅然とした態度」の1つの表現は「ii.iinai」かもしれません ---恐怖が安全と対になっています。</p> <p>いくつかの事柄を反映した感情を表現するために、1つ、または、さらに心態詞を表現します。我々は、私たちに対する重要性という即時の順番で、感情を表現する傾向があるでしょう。我々は、一度に、いくつかの感情を感じ、同時に、これらの感情を反映して表現します。私たちにとって重要な順序も明らかですが、いわば、私たちの態度に対する私たちの態度です。これには少々分析が必要です。あなたが感じるそれらの感情のために、あなたはそれらを表現します。「ベクトル和」は自然の結果を表しています。これは心態詞として、その性質上非常に重要です---もし、それらに対してちょっと考えて見なければならなくなったら、または、文法について困惑したら、それらは感情ではなく、合理化でしょう。</p> <p>人々は他のすべてと同じように、ブリディとして心態詞が表現されることを提案してきました。しかし感情は、論理的でも分析的でもありません。--- 「私は畏敬する」と言うのは、「うわ!!」と同じではありません。ロジバンのシステムは、思考を巻き込むことなしに、分析的システムの効果をもたらすことを意図しています。したがって、シンプルにロジバンで感じることができます。</p> <p>この設計の便利な点は、あなたは単純でも複雑でもあることができ、そして、システムは同じ方法で動きます。最も直接的な利益は、学習の面です。あなたは、スケールの単語の対と、態度の単語の対をだけを覚える必要があります。そうすればロジバン的に感情を表現する準備は万端です。あなたはより多くを学ぶにしたがって、あなたは感情を、より徹底的に、より正確に表現できます。しかし、限られた語彙であっても、幅広い範囲の表現を提供します。</p> <h3><a id="s6" name="s6">6.</a><a id="s6" name="s6">感情のカテゴリ</a></h3> <p>ロジバンの態度システムは、英語の感情語彙の長いリストを発端として設計されました。リストは、VV-形式のシマヴォで利用可能な39個にあわせることからは、かけ離れていました。シマヴォの限られた数を維持するために、リスト内の感情語彙は、共通の機能によって分類されました:各グループには、別のシマヴォを割り当てられていました。これは逆回しでtanruを作るようなもので、結果はtanruのように組み合わせられた、とても複雑な感情を表現する指標の集合です。ちょっとだけ、いくつかの例を示します。</p> <p>私たちが識別した、最も重要な「共通機能」は、リストの中の感情語彙を簡単に6つのグループに分割することができました。それぞれをシマヴォに割り当てています:</p> <p></p> <pre>
ro&#39;a 社会 非社会的 反社会的
ro&#39;e 知的 思慮のない
ro&#39;i 感情 感情否定
ro&#39;o 肉体的 肉体的否定
ro&#39;u 性的 禁欲
re&#39;e 精神的 世俗的 冒とく</pre> <p>これらを使用して、私たちは「一般的快適さ」と呼べるかもしれないもののスケールを示すために「o&#39;u」を割り当てることができました。快適なとき、リラックス、満足しているとき、あなたは「o&#39;u」を使用して、快適さを表現する。さらに、どれくらい快適化を示すようためにスケール指標を続ける事も可能だ。上記の6つのシマヴォは、希望するなら、このスケールを6つのものに変更することを許されています。</p> <p>たとえば、恥ずかしさは、社会的不快感として「o&#39;unairo&#39;a」のように表現できます。英語で「stress」と名付けたいくつかの感情を、私たちはロジバンで「o&#39;unairo&#39;i」と表現します。物理的な苦痛は「o&#39;unairo&#39;o」で表現できます。それを感情を込めて言うなら、ひどいうめき声になります。精神的な不快感は、テストの問題の答えがわからないときなどに感じるかもしれませんが、感じるべきときに感じてください。ほとんどの大人たちは、性的な不快感を感じたいくつかの例を思い出すことができます「o&#39;unairo&#39;u」精神的な不快感は、「o&#39;unaire&#39;e」。間違った種類の宗教的建物に迷い込んだ教会の礼拝者が感じるかもしれません。</p> <p>感情を表現するとき、ほとんどの場合は、決して、これらの言葉で感情を分類しません。感情表現は、それらについて考慮されることなく、即時に行われるものです。しかしながら、我々は時々、このセット内で感情を複雑に組み合わせます。例えば感情的な不快感の物理的と物理的な不快感を結合させます。または、逆もまた同様です。</p> <p>39の態度スケールでこれら6つの語彙を組み合わせると、それぞれが「肯定」と「否定」の面を持ちます、既に、英語の感情語彙よりも、はるかに多くの感情表現の語彙を与えられています。したがって、ロジバンの可能性をすべてカバーする、ロジ英語感情辞書を見ることは決してあません。いくらかは役に立たないかもしれませんが、そのほかは、おそらく、多くの人々が感じていたにもかかわらず、以前にそれらを伝える語彙を持っていなかった感情を伝達します。(例えば、「eiro&#39;u」---意味は考えてみて)。</p> <p>あなたは、6つのカテゴリー語彙とともにスケール指標と「nai」を使用できますが、感情を特定することなしにもカテゴリ語彙を使用できます。したがって、「私は集中しようとしている」、は「ro&#39;e」と単純に表現することができます。また、もし貴方が何らかの不特定に、反社会的なことを感じた場合、それを「ro&#39;anai」と表現できます。</p> <p>あなたの腕をあちこちに動かすことで、6つの感情カテゴリを覚える方法があります。次の表に従って、あなたの手を頭の上から開始し、順に身体の下方へ移動します。</p> <pre>
ro&#39;a 頭上に手を 社会的
ro&#39;e 頭に手を 知的
ro&#39;i 心臓に手を 感情的
ro&#39;o 腹に手を 肉体的
ro&#39;u 股間に手を 性的
re&#39;e 手を回して 精神的
</pre> <p>暗黙的な比喩である、感情を表す「心臓」、物理的を表す「腹」は、まったくロジバン的ではありませんが、英語話者にはよい覚え方です。</p> <h3><a id="s7" name="s7">7.</a><a id="s7" name="s7">態度の修飾子</a></h3> <p>このセクションでは次のシマヴォを議論します:</p> <p></p> <pre>
ga&#39;i 横柄/階級 同等の階級 柔和/階級の欠如
[galtu]
le&#39;o 攻撃的 受動的 防衛的
vu&#39;e 美徳(zabna) 罪(mabla)
[vrude]
se&#39;i 自己志向 他者指向
[sevzi]
ri&#39;e 解放 拘束 制御
[zifre]
fu&#39;i 助けを得て 反対され、助けを得ず
     簡単に 苦労して
[frili]
be&#39;u 欠如/必要性 現前/満足 飽食/飽き
se&#39;a 自給 依存
     [sevzi]
</pre>我々は、ひとたび、6つの感情の種類を考案すると、感情の中でいくつかの他の共通点を認識しました。これらは、うまく、それらの尺度に収まる傾向がありますが、一般的に別々の感情として考えることができない傾向があります。これらのいくつかは一目瞭然で、いくつかは文脈に配置する必要があります。これらのいくつかは、少数の心態詞とのみ、一緒に使いやすい傾向があり、他はその他のほとんどの心態詞と一緒に使用します。これらの修飾詞を真に理解するには、<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s2">セクション2</a>と <a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s3">3</a> にある心態詞を1つか2つと組み合わせて使ってみてください。そうすれば、貴方が作り出した感情図を見ることができます:<p>シマヴォ 「ga&#39;i」は尊大さ、または、丁寧さ、敬意を示すために使われるスケールを表現します。それは「io」のような一般的な尊敬ではありません。それを添付されたどのようなものも、話者の階級者、または、社会的地位に対して、「ga&#39;i」の場合、下位が示され、「ga&#39;inai」の場合、上位のものとして示されます。指示されるのは、話者または聞き手ではなく、常に指示対象であることに注意ください。聞き手を指示するには、文章中に聞き手が現れる必要があります。「doi ga&#39;inai」のように。これは、社会的下層階級へ話しかける文へ追加します。</p> <pre>
7.1) ko ga&#39;inai
nenri klama le mi zdani
あなた-命令[下層階級]
私の家に、入る的に来る
もしあなたが私の住まいに来るなら、私は光栄だ</pre>ロジバンの命令が横柄である必要はないことに注意してください。
「ga&#39;icu&#39;i」と「ga&#39;inai」に対応した例:<pre>
7.2) ko ga&#39;icu&#39;i
nenri klama le mi zdani
あなた-命令[等しい階級]
私の家に、入る的に来る
私の家においで
7.3) ko ga&#39;i
nenri klama le mi zdani
あなた-命令[上層階級]
私の家に、入る的に来る
おまえ!中に入れ!</pre> <p>「ga&#39;i」は話者と指示対象の相対的な階級を表現するので、話者が「mi」をグループをさすためにつかっていたり(英語で言うところの「we」のように)、未来や過去の階級の違う自分自身でない限りは、「mi」にたいして付与される時には、さしたる意味を生みません。</p> <p>特定のブリディが参照する事象に対して、話者の優越性を表現するケースのときには「ga&#39;i」をブリディ全体に付与することも可能です。</p> <pre>
7.4) ga&#39;i le xarju pu citka
[上流階級!]豚は、[過去]食べる
豚は、食べた。(これは私の注意の支配下にある事象です)</pre>なにかのブリディに追加することなく使用するとき、「ga&#39;i」は一般的に、物事への話者の優越性を表現します。それは、絶対的な社会的階級を表現できます。「ga&#39;icai」は 王座の皇帝の発言を適切に開示する言葉です<p>シマヴォ「le&#39;o」は、攻撃の規模を表します。私たちは、私たちが攻撃的または、防衛的に感じていることを、あからさまに認識することはめったにありません。しかし、おそらくカウンセリングのセッションでは、心理学者はこのスケールのそれらの感覚について表現することを激励するでしょう。そして、サッカーチームは、彼らのコーチが「ro&#39;ole&#39;o」を使用することで、掻き立てられるでしょう。 「le&#39;o」は、怒りを感じた時に表現する「o&#39;onai」の代替手段として、脅威を感じているときにも便利です。</p> <p>シマヴォ「vu&#39;e」は、美徳、またはその不在を表しています。ほぼすべての過剰な感情は、通常、ほとんどの倫理システムからみて、いくらか「罪深い」です。一方、私たちはしばしば私たちの感情に高潔な感じ---私たちに正しい義憤を呼び覚ますかもしれない物を「o&#39;onaivu&#39;e」とすることができるでしょう。これは「u&#39;unai」の罪悪感の欠如から区別されますので注意してください。</p> <p>シマヴォ「se&#39;i」は利己的と利他的の間の違いを表現します。例えば「au」と組み合わせて。</p> <pre>
7.5) ause&#39;i
[欲望] [自己]
私はそれが欲しい!
7.6) ause&#39;inai
[欲望] [他者]
私はあなたがそれを持って欲しい!</pre> <p>どちらの場合でも、英語では、「それ」は曖昧で、ブリディの不在を反映しています。<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e7d5">例7.5</a>と<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e7d6">例7.6</a>は純粋な態度の表現です。同様に、「uuse&#39;i」は自己憐憫であるのに対して、「uuse&#39;inai」は誰かのために哀れさを感じています。</p> <p>修飾子「ri&#39;e」は感情制御に対する感情的解放を示します。「私がどれだけ怒っているか、彼には知らせない」、貴方は部屋に入る前に自分自身に言います。ロジバンでは、はるかに短いです:</p> <pre>
7.7) .o&#39;onai ri&#39;enai
[怒り] [制御]</pre> <p>一方、「ri&#39;e」はそれ自体で、感情の爆発を示すために使用することができます。</p> <p>シマヴォ 「fu&#39;i」は、それ自体についての感情とは対照的に、私たちが行う方法について感じていることに対して理由を表現するでしょう。しかしそれは、たいていの場合、さらに感情的に決定されます。たとえば、それは、難しいテストの時とは対照的に、簡単なテストのときに感じる<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#s6">第6章</a>でのべた精神的な不快感の違いを示すことができます。だれかが、貴方の背中をマッサージしたときに、あなたは、快適になるように手助けしてくれたことへの感謝として、「o&#39;ufu&#39;i」を使用することができます。</p> <p>シマヴォ「be&#39;u」は、おおざっぱにいって、あなたが十分に持っていない、または、もっている、持ち過ぎている何かに反応して、それを変更しようとする感情かどうかを表現します。それは、多かれ少なかれ、主観的数量詞「mo&#39;a」「rau」そして「du&#39;e」(これらはセルマホ PAに属しており、18章で議論されます)と同等の主観的同等物です。例えば、</p> <pre>
7.8) .uiro&#39;obe&#39;unai
[イェーイ!][肉体的] [十分!]</pre>は、貴方が長い食事を楽しんだ後に言った何かかもしれません。<p>すべての修飾子と同様に、「be&#39;u」は単独で使用することができます:</p> <pre>
7.9) le cukta be&#39;u cu zvati ma
本[必要!]は~にある [どこ?]
その本はどこにある? ---私はそれが必要だ!</pre>最後に、修飾子の「se&#39;a」は、自足または他者への依存と関連する感覚があるかどうかを表現する。<pre>
7.10) .e&#39;ese&#39;a
[私はできます!][自足!]
私はすべて自分で行うことができます!</pre>上記はロジバン語を話す子供は言うかもしれないものです。一方、<pre>
7.11) .e&#39;ese&#39;anai
[私はできます!][依存]
あなたが私を助けてくれるなら、私はそれを行うことができます。</pre>同じ子供からの上記発言は、(願わくば一時的に)自信を失っていることをを示しているようですこれは、つぎのように<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e7d7">例7.10</a>、<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e7d7">例</a><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e7d7">7.11 </a>の中で「e&#39;e」の否定も可能です:<pre>
7.12) .e&#39;enaise&#39;a
[私はできない!][自足]
私は自分でそれを行うことができない!</pre>そして<pre>
7.13) e&#39;enaise&#39;anai
[私はできない!][依存]
あなたが、私を助けることに固執するならば、私はできません!</pre>いくつかの感情表現は、使用するには複雑すぎるように見えるかもしれません。ほとんどの状況で、そうでしょう。ほとんどの組み合わせは、決して使われない可能性が高いでしょう。しかし、だれか一人がいずれかの表現を使用する場合、他の人は(表現者が意図したのと同じ非あいまいさで)どのような感情が表現されているを理解することができます。おそらく、システムのほとんどは、ロジバンの話者によく知られ、内面化されます。特定の態度の組み合わせは、感情表現の標準的な表現(そうでなければ、決まり文句)になります。<h3><a id="s8" name="s8">8.</a><a id="s8" name="s8">複合指標</a></h3> <p>指標の文法は非常に簡単です。ほぼ、すべての面でオプションです。あなたは任意の順序で指標を組み合わせることができ、それらは、なお文法的です。推定される明示的意味は混合的です。そのため、最初に表現されたことが、一番話者にとって重要と推定されるにもかかわらず、表現の順番によらず、全体は部分の総和です。UI類のシマヴォのすべての可能な文字列は、いくつかの意味を持ちます。</p> <p>指標の文字列内に、総体として二次的な文法の一種になる、解釈の規則があります。ひとつだけの場合、各修飾語は、左側にある指標を変更すると推定されます。(「不特定の感情」を表す言葉、「ge&#39;e」は、根源となる感情なしに修飾子を表現したい場合に確保されています。それは、つけたしません、そして、前を修飾しません、しかし、明瞭な感情表現です。)</p> <p>たとえば、「ieru&#39;e」 は同意のスケールで弱い正の値を表します:(おそらく、聞き手、または、たんに記載された何かに対して)、話者が同意します。しかし、ありえる最低限の弱い程度で。しかし、「.ie ge&#39;eru&#39;e」は弱い程度で感じている、いくばくかの、他の言葉にならない感情を従えて、(不特定の強度の)同意を、表しています。英語における「ie ge&#39;eru&#39;e」のおおざっぱな同等物は、「but」が左にかかっていることろの「I agree, but...」かもしれません。(繰り返しますが、英語の中では、態度は常に英語の心態詞で表現されていません。)</p> <p>スケール変数は、同様に、ひとつ前の感情の言葉を修飾します。あなたは、修飾詞の前にある、土台となる感情の単語を修飾するために、スケールの単語を置くことができます。それから、修飾詞は独自のスケールの単語を持つことができます。このような仕組みは、単に、情報表現性の総量を最大化します。たとえば、「.oinaicu&#39;i ro&#39;ucai」 は、痛み(.oi)と喜び(.oinai)の間の中間を感じて居ることを表現しており、その強度は現実に性的に強いということを表しています。</p> <p>シマヴォ「nai」は、言語の中で最も緊密に結びつけられた修飾子です:それは常に正確に一つの言葉を否定します。前に続く項をです。指標構造の中で使用されたすべての単語のうち、「nai」は指標システムの外にあるどのような意味でも備える、たった一つの単語です。あなたが非指標のシマヴォと、その否定たる「nai」の間に指標を置こうと思うならば、「nai」は指標の最後の言葉を否定するでしょう。その結果は、明白なことですが、貴方が求めるものではありません。例えば、</p> <pre>
8.1) mi .e .ui nai do
私と[イェーイ!][じゃない!]あなた</pre>は、「私と(残念なことに)あなた」を意味しますが、一方<pre>
8.2) mi .e nai .ui do
私と[じゃない!][イェーイ!]あなた</pre>は「私であって(幸いなことに)貴方ではない」を意味します。態度の「nai」は第15章で説明された概念である、段階的否定を表します。全ての態度の言葉は正確に一つのスケールを示唆するので、「nai」のそれぞれでの効果は明白です。<p>従って、UI類の完全な内的文法は次の通りで、それは明らかに意味に影響を与えますが、文法的な影響なしに、それぞれの列挙された部分が選択的にあるか、ないかになります。</p> <dl> <dt></dt> <dd>態度語 「nai」 強度語 「nai」 修飾語 「nai」 強度語 「nai」 (繰り返しはあり得ます)</dd> </dl>「ge&#39;e」は非特定の感情の言葉であり、態度として機能します。複数の態度が一度に表現されたならば、二番目または、それ以上の位置にある、「ge&#39;e」またはVVの言葉は、修飾詞が前の心態詞を修飾するのを妨げるために使用する必要があります。<h3><a id="s9" name="s9">9.</a><a id="s9" name="s9">指標の使用</a></h3> <p>「文法外」におけるの指標の動作は、その内部構造と、ほとんど同じくらいシンプルです。メタ言語的消しゴムである「si」、「sa」、および、「su」他、すべてではありませんが、引用符の類のあとの指標グループは、すぐに、それとわかります。このような相互作用の詳細は第19章で議論する。</p> <p>指標グループは、(19章で説明される「zo」引用符の中のような)複合シマヴォを使用することができないような、いくつかの状況を除いて、どこでも一つの指標として表すことがきでます。</p> <p>テキストの先頭にあれば、無制限に、指標はそれに続くすべてを修飾します。このような使い方は、生の感情的な表現として解釈されます。私達は通常、文章を開始し、終了するときに私達の感情をオフにしません。発話内のすべての他の場所では、指標(またはグループ)は単語のすぐ左側に接続し、その態度は、その単語が参照するものや概念に関するものとして指示されます。</p> <p>もし、指標(またはグループ)が接続している言葉が、それ自体が文法構造を支配するシマヴォであれば、指標構造は、その文法構造全体の参照に属しますそこにはまた仕組みがあり、第19章で議論されます。指標が適用する言葉の範囲を明確にするためです
</p> <p>指標の使用方法についてのさらなる詳細、また、他の専門的なシマヴォとの相互作用については第19章で扱います。現実世界の解釈は、公式なスコープ規則で一貫性を持つ必要が、必ずしもないことについては、言及すべきでしょう。人々は一般的に、感情を感じた時に、それを表現するのに最も文法的な制約の少ない方法で、表現します。感情表現の複雑さは、ほとんど論理的に解析可能ではありません。ロジバンは、可能なかぎり本能的なレベルで浸透することができる体系的なリファレンスを提供しようと試みています。しかし、指標の参照は、幾分の不確実性があることを常に想定する必要があります。</p> <p>たとえば、複数の指標の例で一緒に表現されたとき、統合された形は、解釈についてい、いくらかあいまいさを有しています。二番目の指標は初めの指標の態度を表現していると解釈することは可能です、また、両方の指標は共通の参照先についての態度を表現しているという解釈も可能です。たとえば、つぎのように。</p> <pre>
9.1) mi pu tavla do .o&#39;onai .oi
私は[過去]あなたに話しました[怒り][不快]</pre>まず、「くそ、私はあなたを糾弾した」という意味であれば、怒りについて不快感を表現していると解釈できます。もしくは、「貴方に言ったよ、この疫病神!」という意味であれば、怒りと不快感の両方を聞き手について表現していると解釈できます。<p>同様に、tanruの最終brivlaの後の指標は、(ルールがあるとして)そこに配置された特定のbrivlaについての態度を表現していると解釈できますが、もしくは、brivlaにつながったブリディ全体についてとも解釈できます。指標は直接的な感情の表現であると想定されていることを思い起こせば、このあいまいさは許容できます。</p> <p>指標に対するスコープ規則が非実用的で、非直観的であることが、会話で使用すると明らかになるにもかかわらず、それらは記述表現の中では依然として便利です。また、どこに戻り、マーカーの中に入れ、言葉を周辺に動かしても、スコープ規則はボディランゲージやイントネーションの精巧なニュアンスの代わりに作家の意図を伝えるために使用することができます。</p> <h3><a id="s10" name="s10">10.</a><a id="s10" name="s10">態度の質問、共感、態度の外観</a></h3> <p>次のシマヴォはこのセクションで議論することである:</p> <pre>
pei 態度の質問
dai 共感
bu&#39;o 感情の感じ始め 継続中 終了
</pre> <p>あなたはだれかに、普通のブリディ文についてどのように感じたかを誰かに尋ねることができます。しかし、応答では、普通のブリディ文の回答を得るでしょう。それは、真、または、偽のいずれかです。感情についての質問への応答は、感情それ自体が論理的でないのと同様に、論理的ではなく、適切ではありません。</p> <p>単語「pei」は、それゆえに、態度の質問のために予約されます。それ自体による質問は、「How do you feel?」と対になっている英語の「How are you?」のすべての明示的意味をとらえています。(これは多少使用範囲が異なっています)</p> <p>談話の文脈で使用すれば、「pei」は他のロジバンの質問の言葉のように働きます。それは、参照された表現について、回答者の感情を描写する適切な態度が伴っているケースで、「空白を埋めよ」と回答者に要求します。その他の質問と同様に、もっともらしさは礼儀正しさです。もしあなたが、談話として、とりとめのないような、関係のないUI シマヴォを答えた場合、あなたはおそらく、質問者を楽しませるでしょう。(「ge&#39;e」は、しかしながら、常に秩序的です。あなたは感情的に答える必要がありません。これは、「i&#39;inai」と同じではありません。それは、お祭り気分と逆の、内密さの感覚です。)</p> <p>しかしながら、ほとんどの場合、質問者は強度のマーカーのためのプレースホルダとして「pei」を使用します。(結果として「pei」は、セルマホ UIが、ほぼ適切な分類であろうにもかかわらず、セルマホ CAIに配置されます。文法的には、UIとCAIの間に違いはありません。)このような使い方は、自然言語の慣用用途の全範囲に対応します:</p> <pre>
10.1) .iepei
[同意] [疑問]
あなたは同意する?
10.2) .iare&#39;epei
[信念] [精神的] [疑問]
あなたは信者ですか?
10.3) .aipei
[意図] [疑問]
あなたはそれをするつもりですか?</pre><a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e10d3">例10.3</a>は、ある指示の最後に、これの応答に対して、現れるでしょう<pre>
10.4) .aicai
[意図] [最大]</pre> 「ぜひ!、ぜひに!」に対応します(そんなわけで、シマヴォの選択です)。<pre>
10.5) .e&#39;apei
[許可] [疑問]
お願い、ママ!していい??</pre>さらに、「pei」は、指標構造の初めに使用されたとき、特に、(病気や痛みにある誰かの質問などで)回答者の態度を反映した構造であるかを尋ねます。:<pre>
10.6) pei.o&#39;u
[質問] [快適]
気分はいいですか?
10.7) pei.o&#39;ucu&#39;i
[質問] [快適] [中立]
もう痛みませんか?
10.8) pei.o&#39;usai
[質問] [快適] [強い]
全快しましたか?</pre>共感は、真に感情ではありませんが、指標の「dai」を使用して表現されます。(同情と共感を混同しないでください。同情は「uuse&#39;inai」です)。ときには、物語を語ったときのように、あなたは他の誰かに感情を帰属させたいと思います。もちろん、だれだれが、これこれの感情を感じることをブリディの主張にすることはできます。しかし、指標「dai」を追加することで心態詞のシステムを使用することができます。この態度は、誰かへの態度に先行する属性で、正確に誰なのか文脈から決定される必要があります。また、共感、または、自分のことのように他人の感情を感じた時、打ち解けた感じで「dai」を使用することができます:<pre>
10.9) .oiro&#39;odai
[痛い!][物理] [共感]
痛っ!傷を作ったに違いないでしょう!</pre> <p>等しく、非生物にも共感することが可能です:</p> <p></p> <pre>
10.10) le bloti .iidai .uu pu
klama le xasloi
船[恐怖!][共感] [残念!][過去]
海洋に行く
恐れる船、かわいそうにも、沈没した。</pre>その船が差し迫った破壊に恐怖を感じていることを示唆し、同時に、その状況に対する話者の同情を報告します。<p>「pei」と「dai」は共に話者の態度を反映した心態詞の通常のルールの例外を表します。</p> <p>最後に、私たちは、しばしば、どのように私たちの態度が変化しているか報告したいです。私たちの態度が変化していない場合は、私たちは心態詞を繰り返すことができます。(したがって、「ui ui ui」は「uisai」と同じではありません。単に、私たちが幸せであり続けているということです。)我々が感じ始め、感じ続け、感じ終わることを報告する場合は、態度外観シマヴォ「bu&#39;o」を使用することができます。</p> <p>心態詞を付与するとき、「bu&#39;o」は、ある態度を持ち始めていること、「bu&#39;ocu&#39;i」は持ち続けており、「bu&#39;onai」は消えつつあることを意味します。いくつかの例です:</p> <pre>
10.11) o&#39;onai bu&#39;o
[怒り!][感じ始める]
私は怒りはじめているだよ!
10.12) .iu bu&#39;onai .uinai
[愛してる][感情の終了] [不幸!]
私はあなたを、もはや愛していない、私は悲しい。</pre> <p>例10.12と次との間の効果の違いに注意ください :
</p> <pre>
10.13) mi ca ba&#39;o prami do ja&#39;e le nu
mi badri
私は[現在][完了]あなたを愛する、結果として事象が生じることを伴って
(私が悲しむという事象を)
私は、もはやあなたを愛していない。だから、私は悲しい。</pre>これは単刀直入なブリディの主張です。<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e10d13">例10.13</a>の状態は、特定の感情を、あなたが持っている(または、持ち続けている)ということを表明しています。 <a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e10d12">例10.12</a>は直接それらの感情を表現します。<h3><a id="s11" name="s11">11. </a><a id="s11" name="s11">認識系</a></h3> <p>このセクションでは、次のシマヴォを議論しています:</p> <pre>
ja&#39;o つまり
[jalge]
ca&#39;e 定義すると
ba&#39;a 予期するに 経験するに 回想するに
[balvi]
su&#39;a 一般化すると 詳細化すると
[sucta]
ti&#39;e 聞いたところによると
[tirna]
ka&#39;u 文化的な意味で知っている
[kulnu]
se&#39;o 内的経験で知っている
[senva]
za&#39;a 観察したところ
[zgana]
pe&#39;i 考えたところによると[pensi]
ru&#39;a 仮定して
[sruma]
ju&#39;a 前提として [jufra]
</pre>今まで、態度の指標と、それ以外に対するそれらの親戚、意味論的な無関係なもの、指標の種類に進みました。認識系として知られる指標は、話者がどこから来たものを発話するようになったのかを示します。例えば、アイデアまたは情報の源など。ロジバンの認識系のリストは、いくつかのアメリカンインディアンの言語の記述リストから派生しました。認識系は、言語学者であり作家のSuzette Haden Elginによって作られた言語ラーダンにも不可欠です。ラーダンの指標のセットはロジバンの指標システムの開発時に広範囲に使用されています。<p>しかし、認識系は、どこでもない場所の終わりの一端に住んでいる奇妙な人々によって使われている、奇妙なシステムではないことを認識することは重要です:それらの英語同等物は1つの単語ではないですが、英語の話者は、根拠を構成する対象の鮮やかな概念を持っており、異なる種類の根拠の概念です。</p> <p>態度指標と同様に、認識系はセルマホ UIに属し、同じ文法上の目的のために扱われることがあります。それらのほとんどは、通常、自然に量を持つものではないですが、いくつかはスケールと関連付けられています。</p> <p>認識系を持つブリディは、話者が議論を越えて「彼/彼女とともに、どのようにしてあるか」について話者が話しているという意味で、「議論の余地がない」ものになります。自分自身の精神状態についての主張は真または偽かもしれません。しかし、それは、他の人々が検証をする主題にするのは難しいです。もし、あなたが考え、または、認識し、また、あれこれの前提を仮定したことを言ったならば、誰が反論できるのでしょう。認識系を使用する談話は、それゆえに、談話にはない、異なる修辞的な特色を持ちます。議論は、あなたの偏見に応じて、対話、または、交互の独り言と呼ばれる何かになります。</p> <p>認識系は最も頻繁に文章の冒頭に配置され、しばしば、接続された談話文を区切る「i」に取り付けられていいます。それは認識系が配置されたブリディ全体に影響を与える認識系の自然なあり方です。命題の態度指標のように。それらは主たるブリディによって作られた主張へ強く影響します。</p> <p>「ja&#39;o」でマークされたブリディは、他者の(表現、または、表現外の)情報やアイデアの話者による結論です。「ja&#39;o」のおおざっぱな英語相当物は「thus」と「therefore」です。</p> <p>「ca&#39;e」でマークされたブリディは、話者がそのように言うことを理由として真実です。言葉の定義に加えて、「ca&#39;e」は、いわゆるパフォーマティブ(遂行的)という点で、適切です。言葉を話す行為をするところで、それらは真になります。「私は今、あなたを、夫と妻と発音する」(I now pronounce you husband and wife)という英語の例では、言葉を発するという行為をしたところでは、聞き手は「夫と妻」になります。ロジバンの翻訳はこのように可能です:</p> <pre>
11.1) ca&#39;e le re do cu simxu speni
[私は定義する!]二人は、相互に配偶者です</pre>ブリディに接続されたとき、「ba&#39;a」の3つのスケールの位置は、それが現実世界の話者の視点に基づいています。したがって「ba&#39;a」は話者によって予想された将来の事象を表す表現を意味します。「ba&#39;acu&#39;i」は話者が経験した現在の事象で、「ba&#39;anai」は話者が思い出した、過去の事象です。このスケールが過去から未来にではなく、未来から過去へ動作するのは偶発的です。<pre>
11.2) ba&#39;acu&#39;i le tuple be mi cu se cortu
[経験した!]私の脚は、痛みの中心だ
足が痛い。</pre>「su&#39;a」でマークされたブリディは、他者の(表現、または、表現外の)情報やアイデアを一般化したものです。「su&#39;a」と「ja&#39;o」の違いは、「ja&#39;o」は推論や演繹(必ずしも厳密ではない)の一種であるのに対して、「su&#39;a」は既存の例からの帰納またはパターン認識(必ずしも厳密ではない)の一種であることです。<p>スケールの反対の地点は「su&#39;anai」で、仮説的推論を示し、または一般的な前提やパターンから特定の結論を描いています。</p> <p>このシマヴォは推論としても機能します(12節を参照 )。その場合の「su&#39;a」は「抽象的」もしくは「一般的」を意味します。また、「su&#39;anai」は 「具体的」または「特定」の意味になります</p> <p>「ti&#39;e」でマークされたブリディは話者以外の、ある情報源からの中継情報です。その情報は話者の耳を経由して得た情報であることを含意する必要はありません。新聞を読んで得られたものは、内容について個人的に知識がない限りは、「ti&#39;e」の同様に良い例です。
</p> <pre>
11.3) ti&#39;e la .uengas cu zergau
[私は聞いた!]ウエンガは犯罪実行者
私はウエンガは詐欺師だと聞いています。
</pre>「ka&#39;u」でマークされたブリディは話者の文化的文脈において真実になることのひとつです。例えば、神話または慣習の事としてです。このような表明は、人々のコミュニティで認められています---あなただけの独自の文化的背景は作ることができません---が、事実に対する実際の対応の意味での客観性は確かに必要はありません。<p>一方、「se&#39;o」でマークされたブリディは、夢、ビジョン、または個人の啓示のような、他の人にとって直接利用できない内的な経験の結果を真実であると主張するものです。いくつかの文化では、「ka&#39;u」と「se&#39;o」は あいまいであるか、等しく存在ません。</p> <p>「za&#39;a」でマークされたブリディは話者による知覚または直接観測に基づいています。この「観察」の使用は、ロジバンの「観察法」、または最初のスムティを省略したブリディとつながっていません。後者は、明示的な側面を持っておらず、また、直接的な観察、結論、意見、または他の実際的な視点でありえます。</p> <pre>
11.4) za&#39;a do tatpi
[私は観察する!]あなたは疲れている。
私はあなたが疲れているようにみえる。</pre>「pe&#39;i」でマークされたブリディは話者の意見です。「pe&#39;ipei」の形が「それはあなたの意見ですか?」を意味する一般的なフォームです。(厳密には、例10.6から10.8に説明されている区別に従えば、これは「peipe&#39;i」にすべきです。しかし、「pe&#39;i」は真に段階的ではありません、そのため、2つの順番の間には大きな違いがありません。)<p></p> <pre>
11.5) pe&#39;i la kartagos. .ei se daspo
[私は意見する!]カルタゴ[義務]は破壊される。
私の意見では、カルタゴは破壊される必要があります。
</pre>「ru&#39;a」でマークされたブリディは話者によって作られた仮定です。これは「e&#39;u」の、ひとつの可能な使いかたに似ています。<p></p> <pre>
11.6) ru&#39;a doi livinston.
リビングストン博士でらっしゃいますよね?
(修辞的な質問:スタンリーは彼が誰であったのかを知っていた。)
</pre>最後に、認識系の「ju&#39;a」は表明の特定の基準を示すことを避けるために使用されます。また、話者の発言の根拠が、他の証拠でカバーされない場合に時にも使用することができます。ほとんどの状況については、「ju&#39;a」を使用することはひとつも認識系心態詞を使用していないのと、まったく一緒です。しかし、疑問形で便利なときがあります。「ju&#39;apei」は「あなたの表明の根拠は何ですか」の意味になります。それは、感情とは明確に異なる、認識的な質問として振舞います。<h3><a id="s12" name="s12">12.</a><a id="s12" name="s12">談話系</a></h3> <p>「談話系」の用語は談話の構造を提供するセルマホ UIのメンバーに使用されます。そして、これらは、全体の談話に関連して、どのように単語や発言が与えられたのかを示します。標準的なブリディでこれらの概念を表現しようとすると、余分な入れ子の層を含んでしまうでしょう:「私も来た」という表明よりも、「私は来た、さらに、私が来たという事象は、前の表明で表現された関係の追加の一例である」というように表現する事になります。それは耐えられないほどの不恰好さです。談話系の典型的な英語の同等物は、「however」(しかしながら)、「summarizing」(まとめると)、「conclusion」(結論として)、「for example」(例として)のような単語やフレーズです。
</p> <p>談話系は態度を表すものではありません:これらは、特定の感情を、まったく表現しません。むしろ、それらは、文もしくは文章が現れる参照先についてのメタ言語的な要求の略語です。</p> <p>談話系は文章の冒頭に最も頻繁に使用されます。しばしば、進んでいる談話で文を区切る「i」に付加されて使用されます。しかし、要または有用と思われるときは、(他のすべての指標と同じように)ひとつの単語につくことも可能です。</p> <p>このセクションで説明されている談話系は、グループになっており、大雑把に機能でまとめられています。まず、「連続談話」グループ:</p> <p></p> <pre>
ku&#39;i けれども/しかし/対照的に [karbi]
ji&#39;a 加えて [jmina]
si&#39;a 同様に [simsa]
mi&#39;u 同上 [mintu]
po&#39;o 関連したケースのみ
</pre>これらの5つ談話系は相互に排他的であり、したがって、これらは通常スケールするものであるとはみなされません。最初の4つは、連続した談話で使用されます。最初に「ku&#39;i」は前の議論にたいして例外を作ります。2番目の「ji&#39;a」 は前の議論に重みを加えます。3番目の「si&#39;a」は、追加の例を列挙し、前の議論へ量を追加します。4番目の「mi&#39;u」は前の議論と平行しているケースを追加し、さらに、表にあるか、前の欄から繰り返されている何かを示すようなものとして使われます。これは「go&#39;i」 (<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter7.html">第7章</a> で議論されているセルマホ GOhAの)と区別されます。これは「同上」の非推論的なバージョンで、前のブリディの要求を明確に繰り返します。<p>最後に、「po&#39;o」は他に比較される場合がない場合に使用され、そのため「のみ(only)」のいくつかの使い方に対応します。これは、純粋なブリディの形式で表現するのが難しい言葉です。</p> <p></p> <pre>
12.1) mi po&#39;o darxi le mi tamne fo le nazbi
私[だけ]は私のいとこをぶった、鼻を
(他の誰でもなく)私が、私のいとこの鼻をぶった
12.2) mi darxi po&#39;o le mi tamne fo le nazbi
私はぶった[だけ]私のいとこの鼻を
私は私のいとこの鼻をぶっただけだ
(他には何もしていない)
12.3) mi darxi le mi tamne po&#39;o fo le nazbi
私は私のいとこを[だけ]ぶった、鼻を
私は私のいとこだけ、鼻をぶった(ほかにぶった人はいない)
12.4) mi darxi le mi tamne fo le nazbi po&#39;o
私は私のいとこの鼻[だけ]をぶった
私は私のいとこの鼻[だけ]をぶった(他の場所はぶっていない)</pre>「のみ(only)」は英語では、修飾したものの前、もしくは後ろだけに置けますが、指標としての「po&#39;o」は常に後ろ側にくることに注意してください。<p>次は、「言葉の注釈」グループです:</p> <p></p> <pre>
va&#39;i いいかえると 同じ言葉で
[valsi]
ta&#39;u tanruを拡張 tanruを作る
[tanru]
</pre>談話系「va&#39;i」と「ta&#39;u」は、 談話の適切さというより、単語のレベルで動作します。または、あなたがそうしたいなら、物事がどのように発話されたかについて扱います。「va&#39;i」の英語の代替表現は「rephrasing(言い換え)」、「va&#39;inai」は「repeating(繰り返す)」です。「va&#39;i」と「ke&#39;u」との比較についても、以下で説明します。<p>シマヴォ「ta&#39;u」はロジバンに固有の談話系です。それはtanruのロジバン機構を表しています。tanruは意味的にあいまいのため、誤解する場合があります。この曖昧さは、いくつかの意味明確な構造にtanruを拡張することで取り除くことができます。それは、しばしば相対的な節を含ませることで、もしくはbrivlaの追加導入です。談話系「ta&#39;u」は短文の利用からの移行を示します。しかし、より明確になる拡張と、その意味の充実はtanruを混乱させるものでありえます。談話系「ta&#39;unai」は、逆の方向を示します。</p> <p>次に、「談話の注釈」グループです:</p> <p></p> <pre>
li&#39;a 明確に/明らかに ひっそりと
[klina]
ba&#39;u 誇張 正確に 控えめ
[banli]
zo&#39;o ユーモラス 鈍く 真剣に
sa&#39;e 正確に言うと 大ざっぱに言えば
[satci]
to&#39;u 手短に 詳しく
[tordu]
do&#39;a 寛大 けちな
[dunda]
sa&#39;u 簡潔に 入念に
[sampu]
pa&#39;e 正義 偏見
[pajni]
je&#39;u 本当 虚偽
[jetnu]
</pre>このグループは、スピーカーによる談話の性質を特徴的にし、誤解を防ぐために使用されます。聞き手は、しばしばユーモラスな文の認識に失敗して、真剣に受け止めるか、誇張を見逃すか、または話者がそこに意図した内容以上の事を文章から読み取ります。スピーチでは、声のトーンしばしば必要なヒントを提供します。しかし、読み手には、皮肉や控えめさ、または不正確な言説には、しばしば、単にヒントがありません。心態詞と同様に、これらのシマヴォの使用が、新しいロジバニストには厄介に見えますが、「zo&#39;o」を思い出すことは重要です。例えば、話すときの笑顔と同等です。「私が言おうとしていることは面白いことだと思います」のような平たい宣言と同じではありません。&#39;<p>「sa&#39;enai」に対する、いくつかの追加の英語対応表現は「大雑把に話すと(roughly speaking)」や「おおよそで話すと(approximately speaking)」で、「sa&#39;unai」は、「さらに(furthermore)」、「to&#39;u」は「手短に」、「詳細を省いて」、「do&#39;a」は「広く解釈して」、「do&#39;anai」は、(あなたの予想できる通り)「狭く解釈して」です。</p> <p>シマヴォ 「pa&#39;e」は、(本当であるか、もしくは、うそをついて)ある事が公平であり、すべての関係者に言及されている、という主張に使用されます。一方「pa&#39;enai」は、ある一つの当事者を支持する偏見を是認(または宣言)します。</p> <p>「je&#39;u」と「je&#39;unai」のスケールはこのグループ内の他のものと少々異なります。通常は、我々は人々が真実を話すと仮定するか、少なくとも、彼らがもし嘘をついていたとして、彼らは私たちにそれを隠すために最善を尽くします。そんなとき、どのような状況で「je&#39;unai」もしくは「je&#39;u」が便利に使えるでしょうか?。一つには、「je&#39;u」はトートロジーを示すために使用することができます:「すべての猫は猫である」のような、文章がひとつの論理的な真実であるとき。その反対である「je&#39;unai」は論理矛盾を示すのに役立ちます。また、「je&#39;unai」は話者が彼・彼女が言ったことを信じるふりをしていて、しかし実際は反対意見であると聞き手が推測することを願う場合に、あざけりや皮肉の一種を表現するのにも使用できます。皮肉の他の形は「zo&#39;o」(ユーモア)や「.ianai」(信じられない)で示すことができます。</p> <p>談話系として使用する際には「su&#39;a」(Section 11参照)はこのグループに所属します。</p> <p>次は、「知識」グループです:</p> <p></p> <pre>
ju&#39;o 確かに 不確かな 確かでない
[djuno]
la&#39;a たいていの場合起きる 起こりそうにない [lakne]</pre>これら2つの談話系は、関連するブリディの主張について、話者の知識状態を説明します。これらはセクション3の命題態度指標に類似していて、仮説世界を作ります。我々は非常に何かが真実であるというようにいえるとき、「ju&#39;o」とブリディにラベルを付けます。しかし、それは、それでも同様に虚偽であるかもしれません。<p>次に、「談話管理」グループ:</p> <p></p> <pre>
ta&#39;o ところで 話を戻すと
[tanjo]
ra&#39;u 主に 等しく ついでに
[ralju]
mu&#39;a 例外を除外した例 最後の例
[mupli]
zu&#39;u 一方で もう一方で
ke&#39;u くりかえす 続ける
[krefu]
da&#39;i 想定では 実際には</pre>この最後のグループは「談話管理」と呼ばれることを行うために使用されます。これは、ある文から次の文の流れについて、聞き手の理解を助ける参照点を提供します。<p>「ta&#39;onai」の他の英語相当語彙は「どっちみち(any way)」、「なんにせよ(anyhow)」、「いずれにしても(in any case)」、「どんな場合でも(in any event)」、「さっき話したように(as I was saying)」、「つづけると(continuing)」です。</p> <p>「ra&#39;u」のスケールは、表現された、または、表現しようとしているポイントの重要さをあつかえます。「ra&#39;u」は最も重要なポイント、「ra&#39;ucu&#39;i」は同等な重要なポイント、「ra&#39;unai」は重要性の劣ったポイントです。「ra&#39;u」の他の英語相当語彙は「とりわけ(above all)と「主に」です</p> <p>「ke&#39;unai」と「va&#39;inai」はかなり異なっているにもかからわず、シマヴォ 「ke&#39;u」は「va&#39;i」にとても似ています。「ke&#39;u」と「va&#39;i」は両方とも、同じ考えが起こっていることを別の単語を使用して表現しています。しかし、2つのシマヴォは強調しているところが異なります。「ke&#39;u」を使用すると、その内容が同じだと強調します。「va&#39;i」を使用すると、言葉が異なっていると強調します。したがって、「ke&#39;unai」はその内容が(それゆえに、その言葉も)新しいことが示されます。「va&#39;inai」は、言葉が(それゆえに、その内容も)同じであることを示します。「ke&#39;unai」の1つの英語相当語彙は「さらに」です。</p> <p>談話系「da&#39;i」は非現実世界の視点(「仮定として(Supposing that)」、「仮説によると(By hypothesis)」)についてのありうる話しとしての談話を示します。「da&#39;inai」は現実世界の視点を主張します(「事実上(In fact)」、「真実として(In truth)」、「事実によると(According to the facts)」)「da&#39;i」の一般的な使用法は、次の例の間に区別されます:</p> <p></p> <pre>
12.5) ganai da&#39;i do viska le mi citno mensi
gi ju&#39;o do djuno le du&#39;u ri pazvau
あなたが[仮想]私の妹をみる
[確信]あなたは、彼女が妊婦であるのがわかる
あなたが、仮に、私の妹にみるなら
あなたは確実に彼女は妊婦なのがわかるだろう</pre>上記と:<pre>
12.6) ganai da&#39;inai do viska le mi citno mensi
gi ju&#39;o do djuno le du&#39;u ri pazvau
あなたが[事実]私の妹を見れば
[確信]あなたは、彼女が妊婦であるのがわかる
あなたが私の妹を見たのだから
あなたは確実に彼女は妊婦なのがわかっているだろう</pre> <p>その重要性の意味を示すためにコンテキストを残して、すっかり談話系を省略することは完全に的確です。中国語は、常にコンテキストにこの区別を残します:次は中国語の文です</p> <pre>
12.7) 如果你看到我妹妹,
你一定知道她怀孕了
もし、あなたが若い妹に見る-到着する場合
あなたは確かに彼女が妊娠していることを知っている
</pre>は例<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e12d5">12.5</a>例<a href="http://www.lojban.org/publications/reference_grammar/chapter13.html#e12d6">12.6 </a>のいずれかと同等です
<h3><a id="s13" name="s13">13.</a><a id="s13" name="s13">その他の指標</a></h3> <p>いくつかの指標はきれいに、態度・認識・談話のカテゴリに収まりません。このセクションでは、次の、その他の指標を説明します:</p> <pre>
ki&#39;a 逐語的困惑(メタ言語的困惑)
na&#39;i メタ言語的否定
jo&#39;a メタ言語的肯定
li&#39;o 省略されたテキスト(引用文)
sa&#39;a 語り手や編集者に挿入されたもの
xu   真偽確認
pau 疑問前置指標 修辞的疑問
pe&#39;a 比喩 文字通り
bi&#39;u 新情報 旧情報
ge&#39;e 不特定の態度・感情</pre>シマヴォ「ki&#39;a」は、その他の指標のもっとも一般的なもののひとつです。これは、メタ言語的な困惑を表現します。たとえば、言われたことについての困惑、逆に、(「uanai」のように)談話に結びついていない困惑です。困惑は単語の意味や文法の構造、スムティの参照についてである可能性があります。「ki&#39;a」に対する、英語対応語彙のひとつは「which」です:<pre>
13.1) mi nelci le ctuca
.i le ki&#39;a ctuca
私は先生がすきです
どの先生?
</pre> <p>ここでは、2番目の話者は、スムティ 「le ctuca」の示しているものを理解していません。そして、困惑の指標をつけたスムティをオウム返しにします。</p> <p>メタ言語否定シマヴォ 「na&#39;i」とその反対の「jo&#39;a」は15章で全体を説明されています。一般に、「na&#39;i」はある談話の一部に何かの間違いがあることを示しています:ミスか、ある仮定、または並びの何かによる誤りです、談話は、指標がついた言葉または構造のために、無効または不適切です。</p> <p>同様に、「jo&#39;a」は、間違って見えるが、実際には正しい何か、の指標です。これら2つのシマヴォは、スケールを構成しますが、異なった2つの理由があります:「na&#39;inai」は「jo&#39;a」と同じことを意味します。しかし「na&#39;inai」はひとつの肯定命題としてあまりにも混乱するでしょう。「jo&#39;anai」は「na&#39;i」と同じことを意味します。しかし、「jo&#39;anai」は便利なメタ言語的否定として使用するにはあまりにも長いです。</p> <p>次の2つシマヴォは、ほかの人が話した、もしくは、書いたテキストを引用して、助けにするするために使われます。それは、よくあるケースとして、テキストの一部だけを引用したいと思ったり、解説したり、または、文法的に断片的なテキストを作るときの、追加材料を供給したいと思ったときです。シマヴォ 「li&#39;o」は前者の機能を果たします。それは引用から言葉が省略されたことを示します。引用された部位は文法的である必要があります、しかし、「li&#39;o」はどのような文法的機能も提供していません。これは、たとえば、ブリディで不足しているselbriの場所を取ることができませんが、描写スムティの失われた末尾を付け加えられます。孤立した「le li&#39;o」は文法的ではありません。</p> <p>引用符の中のシマヴォ 「sa&#39;a」は指標のついた単語や構造が実際に表現されたものではないことを示しますが、注釈、物語、または文法的な目的のために挿入されます。厳密には、当然ながら「li&#39;o」でさえ「li&#39;osa&#39;a」の形で現れます。&#39;「li&#39;o」はもとの引用文の一部ではないからです。実際には、これらやメタ言語表現にすでに関連した形式、SEI類の「se&#39;I」やTO類の「to&#39;i」のようなものは、結果として混乱が生じるであろう場所を除いて追加する必要はありません。</p> <p>まれなケースでは、引用符で囲まれた内容はすでに「sa&#39;a」の実例をひとつ、または、複数含んでいますが、それは「sa&#39;asa&#39;a」に変更することができます。</p> <p>シマヴォ「xu」は真実の問いの指標で、第15章で詳細に議論します。一般的に、「xu」は「~は、真実ですか(Is it true that ~?)」と翻訳されるかもしれません。そして、添付されたブリディが真のときの疑問です。「xu」が特定の単語や構造についたとき、それらの単語や構造は質問の焦点を示します。</p> <p>これらのロジバンの疑問語は、英語とは異なり、しばしば、疑問文のはじめに位置しません。シマヴォ「pau」をブリディのはじめに位置することは、聞き手にブリディは疑問文であることを築かせます。スペイン語の疑問文のはじめにかかれる上下逆のクエスチョンマークのようにみえる標識のようなものです。聞き手は、そのとき、実際の疑問語を注意するように警告されます。</p> <p>「pau」は文法的にどこにでも置ける(すべての指標が躁であるように)にもかかわらず、ブリディのはじめか、その近くに置かなければ、真に有用ではありません。そのスケールの反対、「paunai」はその形にかかわらず、ブリディは疑問でないことの合図です。これを英語では修辞的疑問(rhetorical question)と呼んでいます。11節のはじめの辺りに英語の例文があります。</p> <p>シマヴォ 「pe&#39;a」は、比喩的な話の指標で、指標の前の単語は、文字通りではなく比喩的に取られるべきであることを示します。</p> <pre>
13.2) mi viska le blanu pe&#39;a zdani
私は青い[比喩的]の家をみる
私は「青い」の家をみる
</pre> <p>ここでは、家は色の意味での青ではなく、いくつかの他の意味です。その意味は完全に文化に依存します。「pe&#39;a」の使用は疑いなく文化的な参照を示します。例13.2の「blanu」は「悲しい」(英語として)を示すことが可能で、もしくは、まったく別の何かを示します。</p> <p>否定形式、「pe&#39;anai」は、言われたものが、文字通り、ロジバンの通常の方法で解釈されることを示します。自然言語的な直感は無視されます。</p> <p>UI類のシマヴォの中で「pe&#39;a」は唯一、「pev」というラフシを持っています。このラフシは(文化的に依存する)比ゆ的なルジヴォを形成するときに使用されます。そのPS構造は内容物のPSと関連を持つ必要はありません。したがって「risnyjelca」(胸やけ)は次のような場所の構造を持つかもしれません:</p> <dl> <dt></dt> <dd>x1はx2のハートである、それは大気x3の温度x 4で燃えている。</dd> </dl>「pevrisnyjelca」は明確に比喩として指標されているのにもかかわらず、PS構造を持つことがあります:<dl> <dt></dt> <dd>x1はx2を原因とする消化不良/胸焼けです
</dd> </dl>これは明らかに「risna」や「jelca」の場所によるものではありません<p>「bi&#39;u」と「bi&#39;unai」の使用法は、英語の「the」と「a/an」の使用方法のひとつと対応します。「私は男を見た(I saw a man who...)」という始まりの物語を話している英語話者は、その後、物語の中で、同じ男が「その男(the man)」というフレーズで参照するでしょう。ロジバンは、同じ方法で、その項目を使用しません:「a man」と「the man」の両方は「le nanmu」として翻訳されます、そして話者は心の中で特定の男を念頭に置きます。しかし、前者に指標をつけることができ、「le bi&#39;i nanmu」とすると、これは新しい男で、以前言及されていないことを示します。後者は対応して「le bi&#39;unai nanmu」として指標をつけることができます。</p> <p>ほとんどの場合、聞き手が正しい対象を推測することができれば、「bi&#39;u」と「bi&#39;unai」の区別はつける必要がありません。しかし、もし、別の男が、まだ後の物語の中で参照されるのであれば、「le bi&#39;u nanmu」はこの男が前の男と異なることを明確に示します。</p> <p>最後に、8章、10章で議論されている「ge&#39;e」です。これは、どんな態度であるかの表現を避けたり、既存のセットでカバーできない態度を表現するために使用されます。</p> <p>「ge&#39;e」の別の用途は、明示的に与えられたスケールで感じたことを表現することを回避することです。この使用方法では、CAI類の「iige&#39;e」のように機能します。「iige&#39;e」はおおよそ「私は恐れているかどうかを述べていない」ということを意味します。</p> <p></p> <pre>
kau 間接疑問文</pre> <p>このシマヴォはで第11章で詳細に説明します。これは、くっついた単語を間接疑問文の焦点として示します:</p> <pre>
13.3) mi djuno le du&#39;u
dakau klama le zarci
私はあることを知っている
誰かが[?]店に行く。
私は誰が店に行くか知っている。
</pre> <h3><a id="s14" name="s14">14.</a><a id="s14" name="s14">呼応系スケール</a></h3> <p>呼応系は直接、誰かを指し示すときに使用する言葉です。先行して、直接指定する名前にくっつきます。ちょうど、「la」が(そして、LA類のほかのメンバーが)誰かを参照するために使われる名前にくっつくのと同様です。呼応系は、実際に指標です、事実として、談話系ですが、名前や、UI類からそれらを分離する、その他の聞き手の描写に結びつける必要があります。しかし、UI類のシマヴォのように、COI類のメンバーは、スケールの反対の部位を得るために「nai」を使って否定することができます。</p> <p>ノイズの多い環境での冗長性確保の必要性のために、ロジバンの設計は、最小のスケールへ呼応系を圧縮していません。そうすると、非冗長的な「nai」は、この章の最後で説明されるように、儀礼の合図の解釈にとって、しばしばあまりに核心的になってしまいます。</p> <p>呼応系の文法は6章で説明されています。しかし、手短に言うと、ある呼応系指標は(laのない)名前、(leまたは、それに近いものを持たない)描写、完全なスムティを従えてもよいですし、(もし、その位置が文脈から明白であれば)もしくは、まったく何も従えなくてもよいです。ここには省略可能な終端子があります、DOhU類の「do&#39;u」は呼応形に続く名前がないか、ほかの位置の指示がなければ、ほぼ、決して必要とされません。</p> <p>「mi&#39;e」を除くどんな呼応系を使用しても、(下記で説明されるように)暗黙のうちに代スムティの「do」の意味が暗黙に定義されます。全体として、呼応系のポイントは、聞き手を特定するか、もしくは、ともかく望む聞き手を特定します。たとえ、望んでいる聞き手が聞いていなかったとしても。ロジバンで書いている場合は、「書き手」と「読み手」が適切な言葉かもしれませんが、私たちは、「話者」と「聞き手」という言葉を明確に使用します。</p> <p>呼応系の次の一覧で、翻訳は、シンボルXを含んでいます。これは聞き手の名前(もしくは、対象を特定する叙述など、なんでも)をあらわします。</p> <p>シマヴォ 「doi」は汎用的な目的の呼応系です。COI類のシマヴォとは異なり、以下に説明されるように、「doi」は邪魔な一時停止をせず直接的に名前に先行させることができます。これは、スケールを考慮されませんので、「doinai」は非文法的です。一般的には、「doi」は、英語では翻訳できません(私たちによる名前は、どんな先行する語もなし使用します。詩形式の中では時々「Oh X」というように「doi」に相当することを言うことはありますが。)1つには「doi」に対してさまざまな英語の呼応系を表現するための、態度をつけることができます。たとえば、「doi .io」は「サー/マダム(Sir/Madam)」を意味し、一方、「doi .ionai」は「そこのお前ら(You there !)」を意味します</p> <p>COI類のすべてのメンバーは、名前がCOIの語を吸収してしまうのを防ぐために、名前の直前で使うときには一時停止が必要です。これはDOI類やLA類とは異なります。これらのシマヴォの音節は、ロジバンの名前に埋め込まれることは許されませんので、一時停止は必要ありません。誰かを呼び出すとき、これは、なんといっても、妥当な自然さです。「ヘイ!ジョン!」は、そんなわけで、「ヘイ ジョン!」よりも、よりよい「ju&#39;i .djan」の訳です。呼応系の参照が名前以外の何か、たとえばロジバン雑誌のタイトル「ju&#39;i lobypli」などの場合、一時停止は不要です。</p> <p>(もしくは、「doi」は、COI類のシマヴォと名前の間に挿入でき、一時停止を不要にします「coi doi djan」)</p> <p></p> <pre>
coi 挨拶
</pre>「ハロー、X」「こんにちは、X 」は聞き手に挨拶することを示します。<p></p> <pre>
co&#39;o 別れ</pre>「さようならは、X」は話者または聞き手によって、即時の交流から離れること示します。「coico&#39;o」は「通過時の挨拶」を意味します。<p></p> <pre>
ju&#39;i 配慮して 気楽に 無視して
[jundi]</pre>「留意して!/見よ!/傾聴して!/注意して!/おーい!/聞いて X 」は、聞き手が耳を傾けるべき重要なコミュニケーションを示します。<p></p> <pre>
nu&#39;e 約束 約束を解除 約束ではない
[nupre]</pre>「私は約束する。X」は聞き手に約束を示しています。いくつかの文脈では、「nu&#39;e」は宣誓またはその他の正式な宣言の、接頭辞とされるかもしれません。<p></p> <pre>
ta&#39;a 中断
[tavla]
</pre>「私は割り込む、X」「私は話したい、X」は何かを宣言すること、表現することを求めて、(できれば)中断するための呼応系の表現です。乱暴な中断は、おそらくまったく呼応系を使用しない傾向がありますが、これは、乱暴な中断にも丁寧な中断にも使用されます。中断への適切な応答は「re&#39;i」(または、中断を無視するのであれば「re&#39;inai」)でしょう。<p></p> <pre>
pe&#39;u 依頼
[cpedu]
</pre>「お願い、X」は聞き手への依頼を示しています。これは形式的に、特定の受信者が示されたときの「e&#39;o」の非態度的な対応物です。一方、「e&#39;o」は特定の聞き手がいないときにも使用できます。しかし、特定の聞き手がいなければ、そうであるように、ただ単に「空気中に浮遊する嘆願の感覚」です。<p></p> <pre>
ki&#39;e 評価する 評価しない
[ckire]
感謝 感謝の気持ちがない
</pre>「ありがとう、X」は聞き手に対して、評価、もしくは感謝を示します通常の応答は「je&#39;e 」ですが、「fi&#39;i」がまれに適します。「fi&#39;i」の説明をご覧ください。<pre>
fi&#39;i 歓迎 歓迎しない
提供 冷遇
[friti]</pre>「ご自由になさって、X」「家にいるようにくつろいで、X」は、聞き手に歓迎の意を申し出ます(感謝への応答でも可能ですが、必須ではありません)。「fi&#39;i」は、下記に記すように、アメリカ英語の「Thank you (ありがとう)」に対する「Your&#39;re welcome(どういたしまして)」の機械的応答と同等ではないことに注意ください。<pre>
be&#39;e 送信要求
[benji]
</pre>「Xに送ることを要求する」は話者が何かを表現することを願っていて、そして、聞き手が聞いていることを確認したいことを示しています。電話での会話では、望んでいる話し相手を要望するために使用することができます。さらに口語的な、同等物のひとつは「こんにちは、Xと代わっていただける?」です<pre>
re&#39;i 受信準備完了 未完了
[bredi]</pre>「受信準備終了、X」は話者は聞き手からの伝達を待っていて、注意していることを示しています。これは電話で応答するときに、「mi&#39;e」の代わりに使用することができます。否定形は話者が注意を払うことができないときに、聞き手が話し続けることを妨げることに使うこともできます。それは「待ってください」、「すこしだけ、まって」というように訳すことができます。<pre>
mu&#39;o 発話の終了 さらに続ける
[mulno]</pre>「以上だよ、X」は、話者は現在の発話を完了して、聞き手からの応答を聞く状態にあるということを示します。否定形は、一時停止や、それに続く非言語的な音は、現在の発話の終わりを表現しないことを示しています。もっと口語的に言うと、「まだ、話し終えてない!」
<pre>
je&#39;e 成功 失敗
受理 受理
[jimpe]</pre>「了解、X」「わたったよ」は、聞き手からの交信の受理が成功したことを認識します。否定形は、正しく受信することに失敗したことを示し、通常「ke&#39;o」が続きます。「je&#39;e」と「je&#39;enai」の口語的な英語同等語彙は「うんうん(uh-hun)」や「何?/なんですか?(What?/Excuse me?)」と典型的にかかれる不満です。「je&#39;e」は、それが「ありがとう(Thank you )」への応答のときには、「どういたしまして(You&#39;re welcome)の意味でも使用されます。<pre>
vi&#39;o 従うだろう 従わないだろう
</pre>「承諾する、X」、「理解し、そして、従う」。「je&#39;e」に似ていますが、(「ai」に同様に)意思を示しており、ほかの話者の要望に従います。このシマヴォは、「ie」はいくらか同じ意味となりますが、ロジバンで「同意」の通常の意味で「OK」を言うときの主要な方法です。否定形は、メッセージは受信されたが、従うことはないということを示します。とても口語的なありようでは「いやだ!(No Way!)」です<pre>
ke&#39;o 繰り返してください 繰り返さないでください
[krefu]</pre>「なんて言ったの?、X」。受信失敗や、理解不能なために、繰り返しや説明求めています。これは「ki&#39;a」の呼応系の同等物であり、「je&#39;enai 」と関連しています。否定形は「よっしゃ、まるっとわかった!。ポイントをつかんだ!」というように、表現されるかもしれません。<pre>
fe&#39;o 交信終了 交信未終了
[fanmo]
</pre>「終わったよ、X」は、識別された個人に対して直接的な交流や宣言が完了したことを示します。(メモの中のように)すでに送信者が特定されていて、署名が不要な場合の文章の終了に使用します。否定形は「待って、そのままにして、まだ終わってない」を意味します。「mu&#39;onai」との違いは、現在の交流が不完了であるというよりは、さらに交流が後に続くという意味を持つ点です。<p>「fe&#39;o」と機械的に文章が完了したことを文法外で示す「fa&#39;o」とを混同しないでください。ある人は多方向の会話の一人の参加者に「fe&#39;o」をいうかもしれません。そして、続いて他の人に話します。</p> <p></p> <pre>
mi&#39;e 自己紹介 非紹介
[シマヴォ: mi]</pre>「私はX」は、自分呼びかけを作ります。「mi&#39;e」は文法的にはCOI類の他のメンバーと同じようですが、意味的にはまったく異なっています。特に、むしろ聞き手を指定するよりも、「mi&#39;e」に続く名前(または説明)を持つ人が話者となります。したがって、「mi&#39;e」を使用して代スムティ「mi」の意味を示すことができます。それは文章の終わりに、もしくは、電話で自己紹介するときに、自分自身を説明するのに使用できます。<p>このシマヴォはしばしば他のCOI類のメンバーと結びつきます。「fe&#39;omi&#39;e」は手紙の終わりに適切な終わり方です。「re&#39;imi&#39;e」は、電話へ呼ばれたときや、ひょっとすると点呼のときありえる、遅れた応答に使用される、自己呼応になるでしょう。「mi&#39;e」が最後にくる限り、その次の名前は話者の名前です。もし他のCOI類のシマヴォが最後なら、続く名前は聞き手の名前です。単一の呼応系の表現で、話者と聞き手の両方の名前を示すことは不可能です。しかし、この事実は重要ではありません。なぜなら、ある呼応系の表現が文法的であるとこではどこでも、連続した呼応系がいくらでも現れるからです。</p> <p>否定形は、誰かがあなたに付与した属性の自己同一性を否定します。「mi&#39;enai djan」は、あなたはジョンでないとあなたが言っていることを意味しています。</p> <p>呼応形の多くは、無線での使用から引用された翻訳が並べられています。「了解(roger)」、「了承する(wilco)」、「通信終了(over and out)」。翻訳のこの形式は、ロジバンは、無線の愛好家の言語であることを意味しませんが、多くの自然言語で、これらの形は、無線の中の会話のような特定の領域文脈でのみでうまく処理されていて、特別な言葉を必要とします。ロジバンでは、文脈に依存することは危険です。話者と聞き手が、正しい文脈を共有していないことがありえます。そして、適切な時に、使用方法に対する形式的な規約が呼応系によって、もたらされます。その他の適切な文脈は、コンピューターの通信や議会手続きを含みます。後者の文脈では、規約的質問「ta&#39;apei」は「発言してもよろしいでしょうか?」の意味になります。</p> <h3><a id="s15" name="s15">15.</a><a id="s15" name="s15">対話サンプル</a></h3> <p>次のロジバンの対話は、心態詞と、規約的な呼応系の会話での使用法を示します。「sei ... se&#39;u」で囲まれているフレーズは、それぞれの文の話者を示しています。(訳注:下記では「コメント」と訳していますが、副詞的にも使えます。例:sei klina = 明らかに)</p> <pre>
15.1) la rik. .e la .alis. nerkla le kafybarja
リックとアリスはコーヒー店にいく
リックとアリスはコーヒー店にいく
15.2) .i sei la rik. cusku se&#39;u
ta&#39;a ro zvati be ti
mi baza speni ti .iu
[コメント]リックは、いう[コメント終了]
[割り込み]この場所のみんな、
私は[未来] [中]このひと[愛]と結婚する
リックは言った、「割り込んでごめん、みんな
 まもなく、私は愛するこの人と、結婚します。
 (訳注:厳密にはbaza speniは将来、結婚していることを意味し
 いつ結婚するかは表現していません)
15.3) .i sei la djordj. cusku se&#39;u
a&#39;o ko gleki doi ma
[コメント]ジョージは言う[コメント終了]
[希望][命令法]幸せ、あのう[誰?]
ジョージは言った、「あなたが幸せになることを祈っているよ、えと?、だれ?」
15.4) .i sei la pam. cusku se&#39;u
pe&#39;u .alis.
xu mi ba terfriti
le nunspenybi&#39;o
[コメント]パムは言う
[お願い]アリス、[コメント終了]
[それは本当?]私は[未来]申し込みを受ける
結婚の
パムは言った、「アリス、お願い。
      私を結婚式に招待してくれる?」
15.5) .i sei la mark. cusku se&#39;u
coi baza speni
a&#39;o le re do lifri
le ka gleki
[コメント]マークは言う[コメント終了]
[ご挨拶] [未来] [中]結婚
[希望]あなた方二人が経験する
幸せの性質
マークは言った、「こんにちは、ご結婚されるご両人
私はお二人が幸せになることを祈っています」
15.6) .i sei la rik. cusku se&#39;u
mi&#39;e .rik. doi terpreti
[コメント]リックは言う[コメント終了]
[私は]リック。どうも、知りたがりさん
リックは言った。「私の名前はリック、知りたい人のためにいうよ」
15.7) .i sei la .alis. cusku se&#39;u
nu&#39;e .pam. .o&#39;ero&#39;i
do ba zvati
[コメント]アリスは言う[コメント終了]
[約束]パム[親密] [感情]
あなたは[未来]にある
アリスは言った。「私はあなたが結婚式にいることを約束するよ、パムちゃん」
15.8) .i sei la fred. cusku se&#39;u
.uinaicairo&#39;i
mi ji&#39;a prami la .alis.
fe&#39;o .rik.
[コメント]フレッドは言う[コメント終了]
        [幸福][否定] [強調] [感情]
私は[さらに]アリスを愛す
[通信終了]リック
「私もアリスが好きだ」フレッドはぶざまに言った
「新しい人生に幸あれ、リック」
15.9) .i la fred. cliva
フレッドは去った
そして、彼は去った
15.10) .i sei la rik. cusku se&#39;u
fi&#39;i ro zvati
ko pinxe pa ckafi
fi&#39;o pleji mi
[コメント]リックは言う[コメント終了]
[ようこそ]この場所にいるみんな
[命令法]コーヒーを飲んで
私に支払って
声を上げてリックは言った、「この店のみんなに一杯のコーヒーを、私のおごりで」
15.11) .i sei la pam. cusku se&#39;u
be&#39;e selfu
[コメント]パムは言う[コメント終了]
[話すことを要求する]給士
パムは言った。「ウェイター!」
15.12) .i sei le selfu cu cusku se&#39;u
re&#39;i [コメント終了]
[コメント]給士はいう
[受信準備]
ウェイターは「何かお困りですか」と返答した
15.13) .i sei la pam. cusku se&#39;u
e&#39;o ko selfu
le traji xamgu ckafi
le baza speni
fi&#39;o pleji mi
[コメント]パムは言う[コメント終了]
[請願][命令法]給士
(最高に良い)コーヒー
[将来] [中]結婚相手に
私の支払いで
パムは言った、「ここの恋人たちのために、最上級のコーヒーをおねがい、
       私のおごりで」
15.14) .i sei le selfu cucusku se&#39;u
vi&#39;o
[コメント]給士は言う[コメント終了]
        [遵守]
「わかったよ」とウェイターと言った
15.15) .i sei la rik. cusku se&#39;u
ki&#39;e .pam.
[コメント]リックは言う[コメント終了]
[感謝]パム
    「ありがとう、パム」、リックは言った。
15.16) .i sei la pam. cusku se&#39;u
je&#39;e
[コメント]パムは、[コメント終了]を言う
[了承]
「どういたしまして」 パムと言った。
15.17) .i sei la djan. cusku se&#39;u
.y. mi .y. mutce spopa .y.
le nu le speni si .y.
ba speni .y. .y.
su .yyyyyy. mu&#39;o
[コメント]ジョンは言う[コメント終了]
[えと]私は[ええと]非常にふんりょ[=存在しないギスム][あー]
結婚式[消去][えーと]
[将来]配偶者[あー] [うー]
[すべて消去][あー] [発話終了]
ジョンは言った「私と、ふんりょ、ロッタ、えーと、婚約、
今後の結婚、...。あー、忘れてくれ。
えーと、あとで。」
15.18) .i sei la djordj. cusku se&#39;u
ke&#39;o .djan. zo&#39;o
[コメント]ジョージは言う[コメント終了]
[ジョンへ繰り返し]ジョン[ユーモア]。
「もう一度いえるかい、ジョン?」
         とジョージ。
15.19) .i sei la pam. cusku se&#39;u
ju&#39;i .djordj.
.e&#39;unai le kabri bazi farlu
[コメント]パムは言う[コメント終了]
[注意]ジョージ、
[警告]カップの[未来] [短]落ちる
「ジョージ、気をつけて!」パムは言った。「カップが落ちる」
15.20) .i le kabri cu je&#39;a farlu
カップは確かに落ちている。
カップは下落した。
15.21) .i sei la djan. cusku se&#39;u
e&#39;o doi djordj. zo&#39;o rapygau
[コメント]ジョンは言う[コメント終了]
[請願] ジョージ[ユーモア]反復原因
ジョンは言った「もう一度やり直して、ジョージ」
15.22) .i sei la djordj. cusku se&#39;u
co&#39;o ro zvati pe secau la djan. ga&#39;i
[コメント]ジョージは言った[コメント終了]
[別れ]ジョン[優位性]以外のすべてのここにいる人
「みなさん、さよなら」ジョージはせせら笑って言った。
「ジョン以外はね」
15.23) .i la djordj. cliva
ジョージは去る
ジョージは去った
</pre> <h3><a id="s16" name="s16">16.</a><a id="s16" name="s16">暫定的結論</a></h3> <p>実際の使用において、指標システムの正確な波及効果はわかりません。もともと、自然言語には、そのような何かをもっていません。指標システムは、明確なサピア=ウォーフの効果が期待できる、感情的な表現と転写の大きな可能性をもたらします。コミュニケーションが複数の文化的境界を交差するとき、同じ感情に対する異なる指標が使用されるところでは、偶発的な侮辱を避けることができます。もし、私達がエイリアンの種族にかつてあっていたら、感情について文化的に中立の言葉は不可欠になるでしょう。(典型的な例は、ラリーニーヴンのSF小説から、Kzintiと呼ばれる肉食戦士へロジバンを話すことを想像することです。人間の笑顔は歯をあらわにし、彼らには攻撃の意図として見ることができることを注記します)また、コンピュータとの感情的コミュニケーションにとって、私たちが、すべて識域下の人間同士のコミュニケーションの信号を特定できないとき(ボディーランゲージのようなものもまた文化的です)、このようなシステムは必要です。
</p> <p>私たちは、過剰な仕様を作る事について、試行錯誤してきました。どんな文化の中でも、誰も作ろうとしないであろう、このシステムには、はっきりとした可能性があります。しかし、限られたセットを選択し、感情的な表現を制限するよりも、過剰に仕様を決めて、使用法を決めた方がより、自然であるとみなしました。現在の指標セットでさえ十分ではない状況については、シマヴォ「sei」を使用することが可能で。「sei」は19章で説明され、指標のような動きをするメタ言語的なコメントを作ります。
</p> <p>私たちは、進化的発展を思い描いています。この点で、このシステムは心のおもちゃ以上のものです。これを読んでいる方の多くは、その表現が便利である場合、そして、表現したい感情がなんであるかを、見つけ出そうと挑戦して、様々な指標の組み合わせで遊ぼうとするでしょう。貴方は、現在、英語の言葉としては良くない表現を見つけて、それを使い始めることすらするかもしれません。もし、それがあなたの感情を表現することを助けるのなら、なぜそれをしないのでしょう。</p> <p>かなり普遍的に使用できる数十の指標があります -- 大部分は単純な心態詞で、ほとんどの場合、強度の指標がつきます。これらは、素早く、潜在意識レベルで表現されるものです。しかし、このリストで遊ぶすべてのロジバニストは、新しい単語の組み合わせをもたらすでしょう。詩人は、感情的な絵を描き、その絵と意気投合した人々は、彼らの経験に対して作り出された言葉を使用するでしょう。</p> <p>tanruのライブラリが構築されたのと同様に、態度のライブラリは構築されます。tanruとは異なり、感情表現はいくつかの非常に漠然とした根源的な感情に基づいています--- ギスムの精度で定義されてことができない言葉です。ロジバンの感情の言葉は、彼ら自身の生活で、非常に迅速に使用されるでしょう。そして、ここで与えられたアウトラインは、感情の真のシステムへと進化するでしょう。</p> <p>感情の性質に対する仮説はいくつかあり、私たち自身について年々学ぶにつれて、変化します。ロジバンの追加的な、軸を持った感情モデルが人間の感情の正確なモデルであるかどうか。それは、感情を表現するための言語的必要性をサポートするかどうかです。研究者はロジバン話者のシステム利用を探求し、人間の感情の性質について、さらに学ぶことができます。また、より明確に感情を記録するための手段としてロジバンシステムを使用することができるかもしれません。</p> <p>スケールや態度の完全なリストは、おそらく誰かが、生まれたときから言語を話すまでは使用されません。それまでは、人々は自ら対して重要な態度を使用します。この方法では、私たちは文化的バイアスに遭遇します。もし、ある文化で、特定の感情が他の感情よりも識別されやすい傾向にあるなら、その構成員は利用可能な莫大な組み合わせの中からそれらだけを使用するでしょう。文化が特定の感情を隠すなら、その構成員は、単にそれを、決して表現しないでしょう。</p> <p>おそらく、ネイティブのロジバン話者は、他の人より、自分の感情を表情豊かに明確にします。おそらく、彼らは語彙選択と相関することのできる方法で他の感情よりもいくつかの感情を強く感じるでしょう。その他の文化的規範から来る、どのような違いも明確になるでしょう。心理学者は態度や個性を測定するための複雑なテストを考案してきました。これは単純に、サピア=ウォーフ仮説を確認しようと探索する方式の、あるシステマティックな文化的影響を検出する最も簡単な領域でしょう。なぜなら、それを検査するための道具は既に存在しているからです。ロジバンは、さまざまな言語のなかで、拡張的で表現力のある指標を持つという点で特徴的です。それはサピア=ウォーフの効果が発生する可能性が高く、認識されやすいでしょう。</p> <p>多文化的なロジバン話者環境の中で育った子供たちが現れてくるまでは、そうでない限り、私たちはこのようなシステムの真の可能性を知りえないでしょう。私たちは、「母親の膝の上」で、あまりにも多くの、感情的コミュニケーションの領域での文化習慣を学びます。このような子どもたちは、どのような典型的な文化システムよりも、より強く補強されたロジバンシステムを持つでしょう。そのような子どもの第2世代は、そうして、真のロジバン的文化の開始と言えるでしょう。</p> <p>私たちは、明確な効果を検出するために、そのような長く待つ必要はありません。感情は私たちの生活にとって、とても基本的なので、感情的コミュニケーションの小さな変化や改善でも、すぐに顕著な効果をもたらすでしょう。おそらく、私たちの「論理的な言語」の最も重要な貢献は、非論理的な感情の領域にあるでしょう。</p> <hr /> <p>最終更新日:2005年6月27日(月) 午前23時13分41秒 太平洋夏時間</p> <p>コメントや提案、ご興味があれば、<a href="http://www.lojban.org/llg/feedback.php">ご連絡</a>ください</p> </div></body> </html>
Jump to Line
Something went wrong with that request. Please try again.