Skip to content
This repository
tree: b02be870b4
Fetching contributors…

Octocat-spinner-32-eaf2f5

Cannot retrieve contributors at this time

file 1579 lines (1514 sloc) 109.306 kb
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653 654 655 656 657 658 659 660 661 662 663 664 665 666 667 668 669 670 671 672 673 674 675 676 677 678 679 680 681 682 683 684 685 686 687 688 689 690 691 692 693 694 695 696 697 698 699 700 701 702 703 704 705 706 707 708 709 710 711 712 713 714 715 716 717 718 719 720 721 722 723 724 725 726 727 728 729 730 731 732 733 734 735 736 737 738 739 740 741 742 743 744 745 746 747 748 749 750 751 752 753 754 755 756 757 758 759 760 761 762 763 764 765 766 767 768 769 770 771 772 773 774 775 776 777 778 779 780 781 782 783 784 785 786 787 788 789 790 791 792 793 794 795 796 797 798 799 800 801 802 803 804 805 806 807 808 809 810 811 812 813 814 815 816 817 818 819 820 821 822 823 824 825 826 827 828 829 830 831 832 833 834 835 836 837 838 839 840 841 842 843 844 845 846 847 848 849 850 851 852 853 854 855 856 857 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 868 869 870 871 872 873 874 875 876 877 878 879 880 881 882 883 884 885 886 887 888 889 890 891 892 893 894 895 896 897 898 899 900 901 902 903 904 905 906 907 908 909 910 911 912 913 914 915 916 917 918 919 920 921 922 923 924 925 926 927 928 929 930 931 932 933 934 935 936 937 938 939 940 941 942 943 944 945 946 947 948 949 950 951 952 953 954 955 956 957 958 959 960 961 962 963 964 965 966 967 968 969 970 971 972 973 974 975 976 977 978 979 980 981 982 983 984 985 986 987 988 989 990 991 992 993 994 995 996 997 998 999 1000 1001 1002 1003 1004 1005 1006 1007 1008 1009 1010 1011 1012 1013 1014 1015 1016 1017 1018 1019 1020 1021 1022 1023 1024 1025 1026 1027 1028 1029 1030 1031 1032 1033 1034 1035 1036 1037 1038 1039 1040 1041 1042 1043 1044 1045 1046 1047 1048 1049 1050 1051 1052 1053 1054 1055 1056 1057 1058 1059 1060 1061 1062 1063 1064 1065 1066 1067 1068 1069 1070 1071 1072 1073 1074 1075 1076 1077 1078 1079 1080 1081 1082 1083 1084 1085 1086 1087 1088 1089 1090 1091 1092 1093 1094 1095 1096 1097 1098 1099 1100 1101 1102 1103 1104 1105 1106 1107 1108 1109 1110 1111 1112 1113 1114 1115 1116 1117 1118 1119 1120 1121 1122 1123 1124 1125 1126 1127 1128 1129 1130 1131 1132 1133 1134 1135 1136 1137 1138 1139 1140 1141 1142 1143 1144 1145 1146 1147 1148 1149 1150 1151 1152 1153 1154 1155 1156 1157 1158 1159 1160 1161 1162 1163 1164 1165 1166 1167 1168 1169 1170 1171 1172 1173 1174 1175 1176 1177 1178 1179 1180 1181 1182 1183 1184 1185 1186 1187 1188 1189 1190 1191 1192 1193 1194 1195 1196 1197 1198 1199 1200 1201 1202 1203 1204 1205 1206 1207 1208 1209 1210 1211 1212 1213 1214 1215 1216 1217 1218 1219 1220 1221 1222 1223 1224 1225 1226 1227 1228 1229 1230 1231 1232 1233 1234 1235 1236 1237 1238 1239 1240 1241 1242 1243 1244 1245 1246 1247 1248 1249 1250 1251 1252 1253 1254 1255 1256 1257 1258 1259 1260 1261 1262 1263 1264 1265 1266 1267 1268 1269 1270 1271 1272 1273 1274 1275 1276 1277 1278 1279 1280 1281 1282 1283 1284 1285 1286 1287 1288 1289 1290 1291 1292 1293 1294 1295 1296 1297 1298 1299 1300 1301 1302 1303 1304 1305 1306 1307 1308 1309 1310 1311 1312 1313 1314 1315 1316 1317 1318 1319 1320 1321 1322 1323 1324 1325 1326 1327 1328 1329 1330 1331 1332 1333 1334 1335 1336 1337 1338 1339 1340 1341 1342 1343 1344 1345 1346 1347 1348 1349 1350 1351 1352 1353 1354 1355 1356 1357 1358 1359 1360 1361 1362 1363 1364 1365 1366 1367 1368 1369 1370 1371 1372 1373 1374 1375 1376 1377 1378 1379 1380 1381 1382 1383 1384 1385 1386 1387 1388 1389 1390 1391 1392 1393 1394 1395 1396 1397 1398 1399 1400 1401 1402 1403 1404 1405 1406 1407 1408 1409 1410 1411 1412 1413 1414 1415 1416 1417 1418 1419 1420 1421 1422 1423 1424 1425 1426 1427 1428 1429 1430 1431 1432 1433 1434 1435 1436 1437 1438 1439 1440 1441 1442 1443 1444 1445 1446 1447 1448 1449 1450 1451 1452 1453 1454 1455 1456 1457 1458 1459 1460 1461 1462 1463 1464 1465 1466 1467 1468 1469 1470 1471 1472 1473 1474 1475 1476 1477 1478 1479 1480 1481 1482 1483 1484 1485 1486 1487 1488 1489 1490 1491 1492 1493 1494 1495 1496 1497 1498 1499 1500 1501 1502 1503 1504 1505 1506 1507 1508 1509 1510 1511 1512 1513 1514 1515 1516 1517 1518 1519 1520 1521 1522 1523 1524 1525 1526 1527 1528 1529 1530 1531 1532 1533 1534 1535 1536 1537 1538 1539 1540 1541 1542 1543 1544 1545 1546 1547 1548 1549 1550 1551 1552 1553 1554 1555 1556 1557 1558 1559 1560 1561 1562 1563 1564 1565 1566 1567 1568 1569 1570 1571 1572 1573 1574 1575 1576 1577 1578
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>願っただけで馬が手に入るなら: ロジバンの接続システム - The Lojban Reference Grammar</title>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="cll-ja.css" />
<meta content="text/html; charset=utf-8" http-equiv="content-type" />
</head>
<body>
<div class="nav">
<div class="nav-prev">
<div class="nav-section-link-prev"><a href="chapter13.html">まえ</a></div>
<div class="nav-section-name">第13章</div>

</div>
<div class="nav-next">
<div class="nav-section-link-next"><a href="chapter15.html">つぎ</a></div>
<div class="nav-section-name">第15章</div>
</div>
<div class="nav-title">
<div class="nav-title-title">第14章 願っただけで馬が手に入るなら: ロジバンの接続システム</div>
<div class="nav-title-link"><a href="../">目次</a></div>
</div>
</div>
<hr />
<h2>第14章<br />
願っただけで馬が手に入るなら: ロジバンの接続システム
</h2>
<h3>1. 論理接続と真偽表</h3>
<p>その名が示すように、ロジバンは論理的な言語である。通常の論理学では、真偽値を表明する「文」(もしくは「命題」)と、文をつないで新たな文を作る「真偽関数」がある。この文の真偽値は個々の文の真偽値のみから求められる。例えば:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">1.1)</a> ジョンは男性、もしくは、ジェームズは女性。
</pre>
ここで、「ジョンは男性」もしくは「ジェームズは女性」が成り立てば、上記の文は真となる。
<p>文を否定する、ということは、その真偽値を逆転させることである。英語であれば、”It is false that...”「というのは真ではない」を文頭に付けるか、“not”を正しい場所に挿入することで否定できる。</p>
<p>「もしくは」のような単語は「論理接続詞」と呼ばれ、ロジバンにはたくさんある。英語にも “and”“and/or”“if”“only if”“whether or not”などの接続詞があるが、これらが全て論理接続詞に対応するわけではない。論理接続詞ではない用法は、ロジバンの他の接続構造によってサポートされる。</p>
<p>ロジバンの接続詞は、章のタイトル通り規則的な「システム」を構成しているが、自然言語の場合そうではなく、規則的ではなく予測不可能な面がある。</p>
<p>可能な真偽関数には16種類ある。以下は“or”の真偽表である:</p>
<table class="or">
<tr>
<th>引数1</th>
<th>引数2</th>
<th>結果</th>
</tr>
<tr>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
</table>
<p>この表(の最初の行)が意味するのは、1個目の文が真であり2個目の文も真であれば論理関数の結果も真となるということである。両方の文が偽である場合を除き、同様に結果は真となる。</p>
<p>「ジョンは男性である」が真であり (つまり「ジョンは男性ではない」は偽)、「ジェームズは女性である」が偽である (つまり「ジェームズは女性ではない」が真)とすると、</p>
<pre>
       「ジョンは男性である, もしくは ジェームズは女性ではない」 (真, 真 ) →真
       「ジョンは男性である, もしくは ジェームズは女性である」 (真, 偽 ) →真
       「ジョンは男性ではない, もしくは ジェームズは女性ではない」 (偽, 真 ) →真
       「ジョンは男性ではない, もしくは ジェームズは女性である」 (偽, 偽 ) →偽
</pre>
実は、この表で表されている「もしくは」“or”は、正式な英語で言うところの“and/or”である。「AかBのどちらか、ただし、両方ではない」を表す「もしくは」“or”はまた別の表になる。
<p>スペースの節約のために、以降はこの真偽表を短く書き表す。真=T、偽=Fと書き、表の2文の真偽値の順番は必ず: TT, TF, FT, FF とすると、結果の列の4つの文字を書くだけで良いことになる。よって、真偽関数「もしくは」の真偽表は TTTF となる。以下は、可能な16種類の真偽関数の一覧である:</p>
<pre>
    TTTT いつも真
    TTTF 第1文が真 もしくは 第2文が真。
    TTFT もし第2文が真なら、第1文が真。
    TTFF 第2文が真か偽かに関わらず、第1文が真。
    TFTT 第2文が真の時に限って、第1文が真。
    TFTF 第1文が真か偽かに関わらず、第2文が真。
    TFFT 第1文が真ならば、またその時に限って、第2文が真。
    TFFF 第1文が真 かつ 第2文が真。

    FTTT 第1文と第2文が同時に真ではない。
    FTTF 第1文か第2文が真であるが、同時に真ではない。
    FTFT 第1文が真か偽かに関わらず、第2文が偽。
    FTFF 第1文が真 かつ 第2文が偽。
    FFTT 第2文が真かどうかに関わらず、第1文が偽。
    FFTF 第1文が偽 かつ 第2文が真。
    FFFT 第1文も第2文も真ではない。
    FFFF いつも偽。
</pre>
※訳注:章タイトルの「願っただけで馬が手に入るなら」は、「願っただけで馬が手に入るなら、乞食が馬に乗る (If If wishes were horses, beggars would ride)」、すなわち望むだけなら何でもできる、という意味の英語のことわざから来ている。
<hr />
<h3>2. 4つの基本母音</h3>
<p>ロジバンでは、この16の真偽関数のうち4つを基本とし、<span class="tru">A</span><span class="tru">E</span><span class="tru">O</span><span class="tru">U</span>の4つの母音を割り当てる。これらの文字が直接シマヴォやセルマホに対応するわけではなく、論理接続シマヴォの構成要素となる。以下が母音、真偽表、おおまかな意味の対応である:</p>
<pre>
    <span class="tru">A</span> TTTF もしくは、片方または両方
    <span class="tru">E</span> TFFF かつ、両方
    <span class="tru">O</span> TFFT もし、その時に限って
    <span class="tru">U</span> TTFF ~に関わらず
</pre>
より正確には:
<pre>
    <span class="tru">A</span> 片方もしくは両方の文が真であれば真
    <span class="tru">E</span> 両方の文が真であれば真。そうでなければ偽。
    <span class="tru">O</span> 文が両方真、もしくは両方偽の場合、真。
    <span class="tru">U</span> 最初の文が真であれば、2つめの文の真偽に関わらず真。
</pre>
<p>この4つの母音と、否定、文の交換を使えば、(無用な)TTTT、FFFF 以外の16個の真偽関数を全て創りだすことができる:</p>
<pre>
    TTTF <span class="tru">A</span>
    TTFT <span class="tru">A</span> (第2文を否定)
    TTFF <span class="tru">U</span>
    TFTT <span class="tru">A</span> (第1文を否定)
    TFTF <span class="tru">U</span> (文を入れ替え)
    TFFT <span class="tru">O</span>
    TFFF <span class="tru">E</span>

    FTTT <span class="tru">A</span> (両方の文を否定)
    FTTF <span class="tru">O</span> (第1文か第2文を否定)
    FTFT <span class="tru">U</span> (文を入れ替え、第2文を否定)
    FTFF <span class="tru">E</span> (第2文を否定)
    FFTT <span class="tru">U</span> (第1文を否定)
    FFTF <span class="tru">E</span> (第1文を否定)
    FFFT <span class="tru">E</span> (両方の文を否定)
</pre>
文の入れ替えが必要なのは <span class="tru">U</span> の場合のみである。他の3つの基本関数は、交換則(文を入れ替えても同じ意味)が成り立つ。他にも同じ真偽表を作る方法があるが、これが通常使われる方法である。
<hr />
<h3>3. 6種類の論理接続詞</h3>
<p>曖昧性を避けるためには、ロジバンには各真偽関数に対して1個だけ論理接続詞を割り当てれば良いわけではない。論理接続が可能な場所はたくさんあり、それぞれに対して適切な接続詞の集合が割り当てられる。(例えば、スムティの接続詞がセルブリに対して使われると曖昧になってしまう)</p>
<p>以下の英語の文を考えてみよう(※):</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">3.1)</a> Mary went to the window and ... (メアリーは窓のところに行ってそして)
</pre>
最後には、“the door”などの名詞句や、“saw the horses”などの主語が省略された文や、“John went to the door”などの完全な文を繋げられる。ロジバンでは、このような文法的ないい加減さは許容されない。
<p>ロジバンでは、5個の異なったセルマホ A、GA、GIhA、GUhA、JA が論理接続に使われる。それぞれに4つの母音に対応して最後の母音のみた違う4つのシマヴォが含まれている。</p>
<p>よって、セルマホ A では、<span class="tru">A</span> の関数を持つものは “a”である。 (Aは<span class="tru">A</span>の真偽値を持つセルマホ、“a”はシマヴォ。混乱しないように。) 同様に、GIhA のセルマホの <span class="tru">E</span> の真偽値を持つものは “gi'e”、セルマホ GA の <span class="tru">U</span> は “gu” である。規則的なため覚えやすくなっている。</p>
<p>明らかに、4つのシマヴォでは第1節の14個の関数を表現するには不十分であるため、複合シマヴォを使う。コアには5つの論理接続セルマホを持つシマヴォが入り、“se” “na”“nai” の補助シマヴォを付ける。どの補助シマヴォをどの論理接続シマヴォと一緒に使い、どのような文法と意味を持つかは以下の節で述べる。</p>
<p>簡便性のため、論理接続用の複合シマヴォにはロジバン名ついている。セルマホの最後の“-A” を “-ek” に変えればよい(なぜ ek かはログラン・プロジェクトの深い歴史に埋もれている)。セルマホ A のシマヴォは ek 、セルマホ JA のものは jek となる。本章で「論理接続詞」と言った場合、これらの種類の複合シマヴォのうちのどれかを指している。</p>
<p>なぜ5個しかセルマホがないのに本節のタイトルは「6個」となっているか、というのは、ロジバンの文の接続詞“.i”が前に付く可能性があるからである。“.i”がついた jek は ijek と呼ばれる。ijek も、ek, jek, gek, gihek, and guhek と並んで6つ目の論理接続詞と考えると便利である。</p>
<p>他にも、論理接続詞ではない gik, joik, ijoik, joigik があり、これらについては後で説明する。</p>
※訳注:ここは英語の原文ではないと文法的曖昧性が明確にならない。
<hr />
<h3>4. ブリディの論理接続</h3>
<p>ここで、 例 1.1をロジバンで言えるようになった。2つのブリディをつなぐ論理接続詞は ijek である:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">4.1)</a> la djan. nanmu .ija la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性 もしくは ジェームズは女性。
</pre>
ここで、“la djan. nanmu” と “la djeimyz. ninmu”の2つのブリディが “.ija”, 関数値 <span class="tru">A</span> の ijek で繋がっている。(“.i”の部分を見ると2つの文を繋げていることが分かる。)同様に、以下も言える。
<pre>
<a id="e2" name="e2">4.2)</a> la djan. nanmu .ije la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性 かつ ジェームズは女性。

<a id="e3" name="e3">4.3)</a> la djan. nanmu .ijo la djeimyz. ninmu
       ジェームズは女性 なら、また、その時に限り、ジョンは男性。

<a id="e4" name="e4">4.4)</a> la djan. nanmu .iju la djeimyz. ninmu
       ジェームズが女性 かどうかに関わらず、ジョンは男性。
</pre>
<p>他の真偽表を表現するには、要素となる文をどうやって否定するかを知る必要がある。“na”をセルブリの前に挿入して直接否定することもできるが、ロジバンでは論理接続詞に否定を含めることができる。</p>
<p>最初の左側のブリディを否定するには、“na”を JA シマヴォの前、 “.i”の後に付ける。2つ目の、右側のブリディを否定するには、接尾辞 “-nai” を JA シマヴォにつける。否定する語が否定されるブリディの近くに来るようになっている。</p>
<p>例えば、FTTF の真偽値表は、どちらかの文を否定した <span class="tru">O</span> であるため、</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">4.5)</a> la djan. nanmu .inajo la djeimyz. ninmu
       ジェームズが女性なら、また、その時に限り、ジョンは男性ではない。

<a id="e6" name="e6">4.6)</a> la djan. nanmu .ijonai la djeimyz. ninmu
       ジェームズが女性ではないなら、また、その時に限り、ジョンは男性である。
</pre>
例4.5 と 4.6の意味は、以下と同じである:
<pre>
<a id="e7" name="e7">4.7)</a> ジョンが男性、もしくは、ジェームズが女性であるが、その両方ではない。
</pre>
<p>もう一つ例を挙げる:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">4.8)</a> la djan. nanmu .ijanai la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性、もしくは、ジェームズは女性ではない。
       ジェームズが女性ならば、ジョンは男性である。
</pre>
この例の4.8の2つの日本語の文は同等なのだろうか。ロジバンの TTFT 真偽値の意味には “BならばA” と書いてあるが、この「もし~ならば」 は通常の自然言語的意味ではない。例4.8 は、ジョンが男性であれば、ジェームズが女性ではなくても真である。同様に、ジェームズが女性ではなければ、ジョンの性別に関わらず真である。この種の「もし~ならば」は専門用語で論理包含と呼ばれている。
<p>ジェームズは、第1節の定義により、女性ではないため、自然言語で言う“ジェームズが女性ならば、ジョンは男性である” は真ではないことを前提としており、真でも偽でもないように思える。この「もし」は TTFT として扱うのが最も便利であり、そうすると例4.8 が真になる。実は、例4.9 も同様に真である:</p>
<pre>
<a id="e9" name="e9">4.9)</a> la djan. ninmu .ijanai la djeimyz. ninmu
       ジェームズが女性ならば、ジョンは女性である。
</pre>
一貫した原理として、「正しくない文が真であるならば、それに続くあらゆる文も真である」というものである。自然言語の「もし」を翻訳する際には気をつける必要がある。

<p>例4.10 では TFTT 真偽関数を使っているが、これも「~の場合に限り」は右辺のブリディが偽の場合にのみうまくいくことに注意しよう。もしそれが真なら、左辺のブリディは真でも偽でも関係がない。例4.10の最後の訳文は、「である時に限り」よりもより自然な「もし~ならば」を使っている。</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">4.10)</a> la djan. nanmu .inaja la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性ではない もしくは ジェームズは女性である。
       ジェームズが女性である時に限り、ジョンは男性である。
       ジョンが男性ならば、ジェームズは女性である。
</pre>
<p>以下の例は文を反転する “se” の用法である。(5章で“se”の通常の用法が出てくるが、これはブリディの場所構造を反転させるものである)</p>
<pre>
<a id="e11" name="e11">4.11)</a> la djan. nanmu .iseju la djeimyz. ninmu
       ジョンが男性かどうかに関わらず、ジェームズは女性である。
</pre>
“na” と “se” の両方をつける場合(これは文法的には問題無いが、必要になることはない)“na”が“se”の前に来る:
<p>ijek の完全な文法は、</p>
<pre>
       .i [na] [se] JA [nai]
</pre>
となる(括弧は省略可能であることを示す)。
<hr />

<h3>5. 前置ブリディ接続</h3>
<p>ロジバンの多くの表現は、「前置」と「後置」の2つの方法で表現できる。前節では、「後置ブリディ論理接続」について説明した。「後置」とは、接続シマヴォと2番目のブリディが最初のブリディの形を変えることなく後に接続されるからである。何か文を言い終わった後に追加・説明できる。</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">5.1)</a> la djan. nanmu
</pre>
は完成したブリディであり、後置接続詞をつなげると、
<pre>
<a id="e2" name="e2">5.2)</a> la djan. nanmu .ija la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性 もしくは ジェームズは女性 (もしくはその両方)
</pre>
となり、前に来るものの形を変えずに情報を追加している。会話では形を変えるのは不可能もしくは現実的ではない(ただし意味は否定接続によって変わる可能性がある)。後置接続によって、重要な真偽関数を全て、色々な方法で表現できる。
<p>前置式では、最初のブリディを表現する前に、論理接続を表現する。前置接続とは異なったセルマホを使う。後置 ijek に対応する前置論理接続詞は gek である:</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">5.3)</a> ga la djan. nanmu gi la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性 もしくは ジェームズは女性 (もしくはその両方) ※
</pre>
※日本語で書くと例5.2と同じであるが、英語で書くと Either ... or ... となり前置接続の感覚に少し近くなる。

“ga” が論理関数 <span class="tru">A</span> を表現するシマヴォ (セルマホ GA)である。語 “gi” は GA には属さず、それだけのセルマホ GI に属し、2つのブリディを繋げるという役割だけを果たす。“ga ... gi” を英語にすると “either ... or”となるが、英語ではこの真偽関数の意味は “either” と “or” の両方の単語によって表現されている。ロジバンではそうではない。

<p>2つのブリディが繋がっているが、gek, gik に “.i” は含まれていない。文法的には、2つのブリディを接続し単一の文にしてしまう。</p>

<p>他にも例を示そう:</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">5.4)</a> ge la djan. nanmu gi la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性 かつ ジェームズは女性(というのは真である)

<a id="e5" name="e5">5.5)</a> gu la djan. nanmu gi la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性であり、これはジェームズが女性であるかどうかには関わらない。
</pre>
例 5.5. では、ジェームズが女性であるか、そうではないかについては表明していないことに注意しよう。 “la djeimyz. ninmu” が真でも偽でも良いと示している“gu” は、それによって影響されるブリディとは分離している。
<p>前置で表現される最も重要な真偽関数は TFTT 、すなわち “もし ... なら ... ”であろう:</p>
<pre>
<a id="e6" name="e6">5.6)</a> ganai la djan. nanmu gi la djeimyz. ninmu
       ジョンが男性ではない、もしくは、ジェームズが女性。
       ジョンが男性ならば、ジェームズは女性である。
</pre>
例5.6 の“nai”に注意しよう。JA などの後置セルマホに追加された場合、これは2つめのブリディを否定するが、GA に追加された場合、最初のブリディを否定する。

<p>例 5.6を言う場合、なぜ英語(※そして日本語)の場合、前置的な構文になるのだろうか。おそらく、ある文を表明してから、これを条件にする(そしてそれは否定を含む)のは紛らわしいからであろう。最初の文を否定する真偽関数は、後置を使った場合、ロジバン的理解でも紛らわしい。</p>
<p>自然言語の「もし ... ならば」が必ずしもロジバンの“.inaja” や “ganai ... gi”できちんと翻訳できるわけではないのを強調しておきたい。時間の概念を含むものは少し異なった訳となり、これは18章で取り上げる。“豚にエサをやるなら、それは成長する” などの因果関係を表す文は論理接続ではなく、“rinka”を2つの事象抽象化を繋げるセルブリとして使い翻訳する:</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">5.7)</a> le nu do cidja dunda fi le xarju cu rinka le nu ri ba banro
       その 事象 (あなた 食べ物-与える 豚に) 引き起こす その 事象 (それ [未来] 成長).
</pre>
因果関係は、9章で詳しく述べられている。
<p>例 5.8と例 5.9は、真偽関数 FTTF の例であり、ここでは1つめか2つめのブリディを否定する必要がある。1つめのブリディを否定する方法は既に学んだ:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">5.8)</a> gonai la djan. nanmu gi la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性ではないなら、また、その時に限って、ジェームズは女性
       ジョンが男性、もしくは、ジェームズが女性、ただし、その両方ではない。
</pre>
2つ目のブリディは、“-nai” を “gi”につけることで否定できる:
<pre>
<a id="e9" name="e9">5.9)</a> go la djan. nanmu ginai la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性ならば、また、その時に限って、ジェームズは女性ではない。
       ジョンが男性、もしくは、ジェームズが女性、ただし、その両方ではない。
</pre>
“gi” に基づく複合シマヴォは gik と呼ばれている。gik には、“gi” そのものと “ginai”が含まれている。
<p>さらに例を見よう:</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">5.10)</a> ge la djan. nanmu ginai la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性 かつ ジェームズは女性ではない。

<a id="e11" name="e11">5.11)</a> ganai la djan. nanmu ginai la djeimyz. ninmu
       ジョンは男性ではない もしくは ジェームズは女性ではない。
</pre>
gek の文法は、
<pre>
      [se] GA [nai]
</pre>
であり、gi (これ自身は接続詞ではなく、前置接続の仕組みの一部)の文法は、
<pre>
      gi [nai]
</pre>
である。
<hr />
<h3>6. スムティ接続</h3>
<p>gek と ijek があれば、ブリディを接続するには十分であるが、2つのブリディが共通部分を持つことがある:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">6.1)</a> la djan. klama le zarci .ije la .alis. klama le zarci
       ジョンは市場へ行く。そして、アリスは市場へ行く。
</pre>
ここででは、単一のスムティが異なっているだけであり、ロジバンでは、両方のブリディを完全に表現しなくても良い。
その代わり、両方のスムティを異なるセルマホを持つ論理接続詞で繋いだ単一のブリディによって表現できる:
<pre>
<a id="e2" name="e2">6.2)</a> la djan .e la .alis. klama le zarci
       ジョンとアリスは、市場へ行く。
</pre>
例6.2の意味は例6.1と全く同じであり、正確に相互変換が可能である。この規則は、ロジバンの他の論理接続詞でも同じであり(ただし例外が1つある。12節を参照)、全ての論理接続詞が、同じ真偽関数を表す文どうしの論理接続詞に変換できる。
<p>スムティの後置接続詞は ek であり、セルマホ A に属する接続シマヴォを含んでいる。例 6.2 で ijek を使うと、意味が変わってしまう:</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">6.3)</a> la djan. .ije la .alis. klama le zarci
       ジョン [は何かをする/何かである]. そして、アリスは市場へ行く。
</pre>
読者はなぜジョンが登場したのか分からないままであろう。
<p>自然言語で直接翻訳するのは難しいかもしれないが、どんな ek であってもスムティの間で使うことができる。</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">6.4)</a> la djan. .o la .alis. klama le zarci
       ジョン もし、その時に限って アリス 行く 市場へ。
       ジョンは、アリスが市場へ行くなら、また、その時に限って、市場へ行く。
</pre>
例6.3 の訳はとても堅苦しいが、最初の行は素晴らしいロジバン文である。
<p>前置スムティ接続はどうだろう?ブリディ接続と同様に、gek を使う。これらは、単に前置論理接続詞のセルマホであるだけではなく、最も広く使われているものである。</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">6.5)</a> ga la djan. gi la .alis. klama le zarci
       ジョンもしくはアリス(もしくは両者)は、市場へ行く
</pre>
ek も、ijek と同様の複合シマヴォを作ることができる。“na” や “se” が含まれているとき、書き方の慣例に気をつけよう:
<pre>
<a id="e6" name="e6">6.6)</a> la djan. na.a la .alis. klama le zarci
       ジョン の場合にのみ アリス 行く 市場に
       ジョンは、アリスが市場に行くときのみ、市場へ行く。
</pre>
“na.a”のピリオドに注意しよう。A のシマヴォは母音で始まるため、必ず休止が必要である。通常は複合接続シマヴォは単一の語として書くが、この場合は休止を入れないと、“na” と “a” がくっついてしまう。
<hr />

<h3>7. 3つ以上の命題</h3>

<p>これまでは2つの文を繋げる論理接続詞を見てきた。3つ以上の場合はどうするのであろう?これはロジバンでも可能であるが、いくつか注意する点と制限がある。</p>
<p>4つの基本真偽関数 <span class="tru">A</span>, <span class="tru">E</span>, <span class="tru">O</span>, <span class="tru">U</span>, のうち、 <span class="tru">O</span> 以外はその要素文がどのように結合していても同じ真偽値となる。よって、</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">7.1)</a> mi dotco .ije mi ricfu .ije mi nanmu
       私 ドイツ人である。 そして 私 お金持ちだ。 そして 私 男性である。
</pre>
は、3つの要素文が全て真であることを示している。同様に、
<pre>
<a id="e2" name="e2">7.2)</a> mi dotco .ija mi ricfu .ija mi nanmu
    私 ドイツ人である。 もしくは 私 お金持ちだ。 もしくは 私 男性である。
</pre>
は、3つの要素文のうち1つ以上が真であることを示している。
<p>しかし、<span class="tru">O</span> は異なる。</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">7.3)</a> mi dotco .ijo mi ricfu
            .ijo mi nanmu
       私 ドイツ人である。 もし、また、その時に限って 私 お金持ちだ。
            もし、また、その時に限って 私 男性である。
</pre>
の真偽値は、「私」についてこの3つの全てが成立する、もしくは、いずれも成立しない、ではない。正確な訳は、
<pre>
       私は、3つの性質 — ドイツ人であること, 金持ちであること, 男性であること — のうち、ちょうど1つ、もしくは、3つすべてを有する。
</pre>
となる。この直感的ではない結果のため、文が2つより多い時は<span class="tru">O</span>を避けたほうが安全である。また、否定をともなう接続詞も、予期しない真偽値となる。
<p>実際、意図したような「全か無か」は、ブリディのうちどれかを繰り返さなければ、論理接続詞を組み合わせて作ることはできない。例8.10を参照のこと。</p>
<p>他にも、3つ以上の文を使う場合の難しさがある。以下の意味は何であろうか?</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">7.4)</a> mi nelci la djan. .ije mi nelci la martas. .ija mi nelci la meris.
       私 好き ジョン。 そして 私 好き マーサ。 もしくは 私 好き メアリー.
</pre>
この意味は、
<pre>
<a id="e5" name="e5">7.5)</a> 私はジョンが好きであり、そして、マーサもしくはメアリー(もしくは両者)が好き。
</pre>
なのか、それとも、
<pre>
<a id="e6" name="e6">7.6)</a> 私は、ジョンとマーサが好き、もしくはメアリーが好き、もしくはその両方。
</pre>
であろうか?正しい翻訳は例 7.6 である。理由は、ロジバンの論理接続詞は、他の文法構造と同様、左から対になっているからである。この左結合則と呼ばれる法則は、直感と反する場合忘れやすい。前置接続詞は、この問題が起きない:
<pre>
<a id="e7" name="e7">7.7)</a> ga ge mi nelci la djan. gi mi nelci la martas. gi mi nelci la meris.
       (私は、ジョンとマーサが好き) もしくは、メアリーが好き、もしくはその両方。
</pre>
は、例7.4 の意味と同じである。一方、
<pre>
<a id="e8" name="e8">7.8)</a> ge mi nelci la djan. gi ga mi nelci la martas. gi mi nelci la meris.
       私はジョンが好き、そして、(私はマーサもしくはメアリー、もしくは両者が好き)。
</pre>
は、意味は例7.4と同じではないが、例7.5を前置接続詞を使ってロジバン訳したものとして正しい。
<hr />
<h3>8. 後置接続詞のまとめあげ</h3>
<p>例7.5 を、後置のみを使って作る方法がいくつかある。最も簡単なのは、シマヴォ“bo”(セルマホ BO)を使うことである。このシマヴォにはいくつか機能があるが、必ず優先順位・係る範囲の変更と関連がある。特に、“bo” が ijek の後に置かれた場合、通常の左結合則を上書きする、文法的に異なった ijek となる。“bo”のついた接続詞は、ついていない接続詞よりも先に解釈される。例 8.1 は、例7.8 と同じ意味である:</p>

<pre>
<a id="e1" name="e1">8.1)</a> mi nelci la djan. .ije mi nelci la martas. .ijabo mi nelci la meris.
       私はジョンが好きであり、かつ、私はマーサが好きもしくはメアリーが好き(もしくはその両者)である。
</pre>
<p>ここの翻訳では、句読点を使ってなんとなく表されているのが、ロジバンでは明確に「マーサが好き」と「メアリーが好き」が“.ija”によって最初に結合されており、その後「ジョンが好き」と“.ije”によって結ばれている。ek に “bo” を同様につけることもでき、例 8.2 の意味は例 8.1 と同じになる:</p>
<pre>
<a id="e2" name="e2">8.2)</a> mi nelci la djan. .e la martas. .abo la meris.
</pre>
<p>前置接続詞は、使うたびにまとめあげの範囲を明確にするため、“bo”をつけることはできない。</p>
<p>“bo”が両方の接続詞に使われ、両方の優先順位を上げたらどうなるであろうか?</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">8.3)</a> mi nelci la djan. .ebo la martas. .abo la meris.
</pre>
“bo”の2つ目のルールは、“bo”が連続で使われた場合、ロジバンの左結合則が右結合則になるというものである。結果として、例 8.3 の意味は例8.1、8.2 と同じになる。この規則はある種の効果のために使われることがあるが、きちんと理解するのが大変であるため、容易に理解できることを意図した文章においては、“bo”のついた接続詞を連続で使うのは避けるべきである。
<p>例7.7、7.8 の訳を振り返ると、まとめあげを明確にするため括弧を使った。ロジバンにもこの括弧に対応するものが2組ある。ijek とともに使われる “tu'e”と “tu'u” と、ek やそれ以外の接続詞とともに使われる “ke” と “ke'e” である。</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">8.4)</a> 私があなたにキスをし、かつ、あなたが私にキスをする。もし私があなたを愛しており、かつ、あなたが私を愛しているのなら。
</pre>
ここでの意味から、「かつ」は「もし」よりも高い優先順位を持っていることが分かる。これを後置で言いたい場合、
<pre>
<a id="e5" name="e5">8.5)</a> mi cinba do .ije[bo] do cinba mi .ijanai mi prami do .ijebo do prami mi
       私があなたにキスをし、かつ、あなたが私にキスをする。もし私があなたを愛しており、かつ、あなたが私を愛しているのなら。
</pre>
ijek のうち2つに“bo”をつけ、優先順位を上げる(最初の“bo”は、左結合則のため厳密には必要なく、ここでは括弧で示してある)
<p>しかし、括弧の単語を明確に使い、以下のように言ったほうが分かりやすいかもしれない:</p>
<pre>
<a id="e6" name="e6">8.6)</a> tu'e mi cinba do .ije do cinba mi tu'u
            .ijanai tu'e mi prami do .ije do prami mi [tu'u]
       ( 私があなたにキスをし、かつ、あなたが私にキスをする。)
            もし ( 私があなたを愛しており、かつ、あなたが私を愛している。 ).
</pre>
ここで、“tu'e ... tu'u” の組み合わせが構造を強調している。“tu'u”は省略可能であり、テキストの最後では全ての終端詞が省略可能であるため、ここでは括弧で示している。
<p>なお、括弧は汎用性のある解決法である。括弧は複数入れ子にでき、かつ、既存の構造を壊すことなく後置詞を追加できる。この2つは“bo”にはない特徴である。一般的に、後置接続は、単純性のかわりに汎用性を犠牲にしている。</p>
<p>左結合則のため、最初の “tu'e ... tu'u”は省略可能である:</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">8.7)</a> mi cinba do .ije do cinba mi
            .ijanai tu'e mi prami do .ije do prami mi [tu'u]
       私があなたにキスをし、かつ、あなたが私にキスをする。
            もし ( 私があなたを愛しており、かつ、あなたが私を愛している。 ).
</pre>
<p>スムティ接続を括弧でくくる場合は?以下を考えてみよう:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">8.8)</a> 私は、市場と家、もしくは、学校とオフィスまで歩いていく。
</pre>
例8.6のように括弧の組を2つ使うと良いように思える。しかし、スムティは“ke”で始まらないというロジバンの規則があるため、最初の組は省略しなければならず、例 8.9 のようになる:
<pre>
<a id="e9" name="e9">8.9)</a> mi dzukla le zarci .e le zdani .a ke le ckule .e le briju [ke'e]
       私は、市場と家、もしくは(学校とオフィス)に歩いていく。
</pre>
もしスムティが“ke”で始まってもよいとしたら、曖昧性が発生するのは避けられないため、“ke”のまとめあげは論理接続詞の後でのみ許可されている。これは、例8.6のように“tu'e”でブリディをまとめあげる際には適用されない。
<p>ここで、例7.3の問題を扱う道具がそろった。以下の文は正しい意味になっている:</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">8.10)</a> [tu'e] mi dotco .ijo mi ricfu [tu'u]
            .ije tu'e mi dotco .ijo mi nanmu [tu'u]
       ( 私 ドイツ人である。 もし、また、その時に限って 私 お金持ちだ )
            かつ (私 ドイツ人である。 もし、また、その時に限って 私 男性である )。
</pre>
この真偽値は、3つの文が全て真、もしくは、全て偽の場合に限って、Tとなる。
<hr />
<h3>9. 複合ブリディ</h3>

<p>これまで、まったく共通部分を持たない2つの文を扱う方法(ブリディ接続)と、一つのスムティのみが異なる2つの文を扱う方法(スムティ接続)を見てきた。ここで、セルブリだけが異なる文を論理接続する方法が気になるのはごく自然である。</p>
<p>なんと!ロジバンにはセルブリだけを扱う論理接続詞が無いのである。その代わり、「複合ブリディ」と呼ばれるより汎用メカニズムの一部として、セルブリ接続ができる。複合ブリディは、セルブリやいくつかのスムティの異なる文どうしを論理接続することにより作られる。</p>
<p>最も単純な場合は、 x1 のみが同一の場合に作られる:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">9.1)</a> mi klama le zarci .ije mi nelci la djan.
       私は市場へ行く、そして、私はジョンが好きだ。
</pre>
この意味は、以下の複合ブリディと同じである:
<pre>
<a id="e2" name="e2">9.2)</a> mi klama le zarci gi'e nelci la djan.
       私は市場へ行く、そして、ジョンが好きだ。
</pre>
<p>例9.2 の示す通り、gihek を後置で使い、複合ブリディを使う。ここで、 “klama le zarci” や “nelci la djan.” など gihek が接続しているものは「ブリディ末端 (bridi-tail)」と呼ばれる。セルブリとその後に続くスムティを含み、セルブリの前に来るスムティを覗いたブリディの「末端」を表しているからである。</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">9.3)</a> mi ricfu gi'e klama le zarci
       私 金持ちである そして 行く 市場へ
</pre>
<p>例9.3 では、最初のブリディ末端は単一セルブリの“ricfu”であり、次のブリディ末端は、セルブリと後続スムティを含んだ“klama le zarci”である。</p>
<p>2つ以上のスムティが2つの文で共通している場合を考えよう:</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">9.4)</a> mi dunda le cukta do .ije mi lebna lo rupnu do
       私 与える その 本 あなたに、 そして 私 受け取る いくつか 通貨単位 あなたから
</pre>
ここでは、最初と最後のスムティが同一である。最後のスムティを最初に持ってくると、例9.2 のようなことが可能である:
<pre>
<a id="e5" name="e5">9.5)</a> fi do fa mi dunda le cukta gi'e lebna lo rupnu
       ~へ/~から あなた 私 与える その 本を そして 受け取る いくつか 通貨単位
</pre>
ここでは、 “fi”は“lebna” と “dunda”の3番めの場所に置くだけであるため、正確な訳語がない。
ただ、スムティの自然な順番を保持する形式もロジバンにはある。
gihek は2つのブリディ末端を接続するが、ブリディ末端の後にスムティを置くこともできる。これらのスムティは「末端名辞(tail-term)」と呼ばれており、両方のブリディに作用する。例9.4 の直接 gihek 版は、よって、
<pre>
<a id="e6" name="e6">9.6)</a> mi dunda le cukta gi'e lebna lo rupnu vau do
       私 (本を与える) そして (いくつか通過単位を受け取る) ~へ/~から あなた
</pre>
となる。
<p> “vau” (セルマホ VAU) は、ブリディ末端と末端名辞とを分割する。ブリディ末端は省略可能な“vau” で終端されるが、複合ブリディの場合しか実際にはこの“vau”を表現する必要はない。よって、</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">9.7)</a> mi klama le zarci [vau]
       私 行く その 市場へ
</pre>
は“vau”がひとつ省略されており、例9.2は、
<pre>
<a id="e8" name="e8">9.8)</a> mi klama le zarci [vau] gi'e nelci la djan. [vau] [vau]
</pre>
と同等である。ここで、最後の2つの“vau”は、右側のブリディ末端と、表現されていない末端名辞を終端する。
<p>gihek の最後の用法は、完全な文として使われているブリディ末端を接続するものである:</p>
<pre>
<a id="e9" name="e9">9.9)</a> klama le zarci gi'e dzukla le briju
       市場へ行くひと(もの)であり、かつ、オフィスへ歩いていくひと(もの)
</pre>
例9.9の元となったブリディの両方において、x1 が省略されているため、
行くひと(もの)と歩いていくひと(もの)が同じであるとは限らない。x1 が明示的に存在する時に限り(ただし、省略と同等の意味を持つ“zo'e”以外)、その両者が同じであることを強制できる。
<p>A strong argument for this convention is provided by analysis of the following example:</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">9.10)</a> klama la nu,IORK. la finyks. gi'e klama la nu,IORK. la rom.
       ニューヨークへフェニックスから行くひと(もの)であり、かつ、ニューヨークへローマから行くひと(もの)
</pre>
もし2つの元となったブリディの x1 の場所が同じであるというルールならば、(x1だけを特別扱いすることはないため)、明示されていない x4 (経路)としてx5 (方法)も同じでなければならず、フェニックスからニューヨークまでの経路とローマからニューヨークまでの経路が同じであるというばかげた結果になってしまう。おおよそ「何か」を意味する“da”をx1の場所に挿入すると、この問題を解決できる:
<pre>
<a id="e11" name="e11">9.11)</a> da klama la nu,IORK. la finyks.
            gi'e klama la nu,IORK. la rom.
       何かは 行くひと(もの) ニューヨークへ フェニックスから
           そして 行くひと(もの) ニューヨークへ ローマから
</pre>
<p>giheksの構文は、</p>
<pre>
      [na] [se] GIhA [nai]
</pre>
であり、ek の構文と全く同じである。
<hr />
<h3>10. 複数複合ブリディ</h3>
<p>gihek は、ek と同様に、“bo” で接続することができる:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">10.1)</a> mi nelci la djan. gi'e nelci la martas. gi'abo nelci la meris.
       私はジョンが好き かつ ( マーサが好き もしくは メアリーが好き ).
</pre>
この意味は例8.1 と 8.2 と同じである。同様に、“ke ... ke'e” でグループ化もできる:
<pre>
<a id="e2" name="e2">10.2)</a> mi dzukla le zarci gi'e dzukla le zdani
            gi'a ke dzukla le ckule gi'e dzukla le briju [ke'e]
       私は 市場へ歩いていく かつ 家に歩いていく
            もしくは 学校へ歩いていく かつ オフィスへ歩いていく
</pre>
これは、例8.9 の gihek 版である。“ke ... ke'e”は(スムティ、ブリディ末端とも)接続詞の後でしか使えないので、最初の2つのブリディ末端を明示的にグループ化はできない。
<p>複数の gihek で繋げたブリディ末端は、それぞれ末端名辞を持つことができる。</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">10.3)</a> mi dejni lo rupnu la djan. .inaja mi dunda le cukta la djan.
            .ijabo mi lebna le cukta la djan.
       もし 私が ジョンにお金の借りがあるなら、 私は本をジョンにあげる
            もしくは 私は本をジョンからもらう
</pre>
の意味は、以下と同じである:
<pre>
<a id="e4" name="e4">10.4)</a> mi dejni lo rupnu nagi'a dunda gi'abo lebna vau le cukta vau la djan.
       もし 私が ジョンにお金の借りがあるなら、 (あげる/もらう) 本を ジョンへ/ジョンから
</pre>
<p>翻訳はかなり意味不明であるが、ロジバンは完全に文法的である。ここで、“mi”は3つのセルブリの x1 の位置を埋める。 “lo rupnu” は“dejni”の x2、 “le cukta” は “dunda” と “lebna” で共有された末端名辞である。“la djan.” は “dejni” と “dunda gi'abo lebna” で共有された末端名辞である。この場合、“la djan.” を先頭に持ってくるとより明確になる:</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">10.5)</a> fi la djan. fa mi dejni lo rupnu nagi'a dunda gi'abo lebna vau le cukta
       ジョンから/ジョンへ, もし私がお金の借りがあるなら あげるもしくはもらう 本を
</pre>
<p>ブリディ末端の前置接続を直接実現する方法は無いが、
前置接続した文の組をブリディ末端として機能させることができ、もちろんセルブリの前に名辞がある必要はない。例えば:</p>

<pre>
<a id="e6" name="e6">10.6)</a> mi ge klama le zarci gi nelci la djan.
       私は [かつ] 市場へ行く、かつ、ジョンのことが好き。
</pre>
は、意味としては例9.2 と同じである。
<p>もちろん、文が gihek を含んでいることもある:</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">10.7)</a> mi ge klama le zarci gi'e dzukla le zdani gi nelci la djan.
       私は [かつ] ( 市場へ行き そして 家へ歩いていく ) そして ジョンのことが好き
</pre>
gek でつながった組の前に“na”を置くことで全体を否定できる:
<pre>
<a id="e8" name="e8">10.8)</a> mi na ge klama le zarci gi dzukla le zdani
       [否定!] 私は [かつ] 市場へ行く そして 家へ歩く
</pre>
<p>gek でつながった文の組はブリディ末端と同等なので、末端名辞が付いても
  よい。例9.6の前置版は、</p>
<pre>
<a id="e9" name="e9">10.9)</a> mi ge dunda le cukta gi lebna lo rupnu vau do
       私は [かつ] ( 本をあげる ) かつ ( お金をもらう ) あなたから/あなたへ
</pre>
以下は、gek でつながった観察文で、9.9 の前置版である:
<pre>
<a id="e10" name="e10">10.10)</a> ge klama le zarci gi dzukla le briju
       [かつ] 市場に行くひと/もの かつ オフィスに行くひと/もの
</pre>
<p>最後に、以下の例は、セルブリに共有された名辞と共有されてない名辞の両方を持つ gek 接続文の例である。</p>
<pre>
<a id="e11" name="e11">10.11)</a> mi gonai le zarci cu klama gi le bisli cu dansu
       私 どちらか片方 オフィスへ 行く もしくは 氷の上で 踊る
       私は、オフィスへ行くか、もしくは氷の上で踊る。(ただし両方ではない)
</pre>
<hr />
<h3>11. 名辞組の論理接続</h3>
<p>これまで、ブリディ接続(文が完全に異なる)、スムティ接続(一つのスムティだけが異なる)、ブリディ末端接続(セルブリと1つ以上のスムティが異なる)を見てきた。名辞組接続は、セルブリが同じで2つ以上のスムティが異なる場合に使われる。例えば:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">11.1)</a> 私は、市場へオフィスから行き、家へ学校から行く。
</pre>
<p>これをロジバンで表現するには、2つの名辞組が必要になる。「名辞(term)」とは、スムティもしくは“pu” や “bai”などの間制もしくは法制タグが前に着いたスムティである。
後置名辞組は、名辞をシマヴォ “ce'e” (セルマホ CEhE) で接続することで作られる。さらに、論理接続詞 (jek) にはシマヴォ “pe'e” (セルマホ PEhE) を前に付けなければならない (“pehejek”と言うべきか)</p>
<pre>
<a id="e2" name="e2">11.2)</a> mi klama le zarci ce'e le briju pe'e je
            le zdani ce'e le ckule
       I 行く 市場へ [プラス] オフィスから [結合] かつ
            家へ [プラス] 学校から
</pre>
この直訳では、“[プラス]” は名辞組接続、“[結合]” は論理接続詞結合である。ブリディ結合版(x2 と x3 の場所だけが違う)は、
<pre>
<a id="e3" name="e3">11.3)</a> mi klama le zarci le briju .ije mi klama le zdani le ckule
       私は 行く 市場へ オフィスから かつ 私は 行く 家へ 学校から。
</pre>
<p>2つの名辞組の長さが異なる場合はどうだろうか。ブリディ接続へ展開すればどの名辞がどの場所に入るかは明確になる。スムティが、あるブリディの x2 の場所と、もう1つのブリディの x3 の場所に入る場合にこれは起こり得る:</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">11.4)</a> mi pe'e ja do ce'e le zarci cu klama le briju
       私 [結合] もしくは あなた [プラス] 市場へ 行く オフィスへ/から
</pre>
は、明らかに、
<pre>
<a id="e5" name="e5">11.5)</a> mi klama le briju .ija do le zarci cu klama le briju
       私 行く オフィスへ、 もしくは あなた 市場へ 行く オフィスから
</pre>
なので、“le briju” は「私」の目的地で、「あなた」の起点であり、“klama” の x2 と x3 の場所に同時に入るのである。ここにはセルブリ“klama”は1個しかないが、2つの異なるブリディが表現されているからである。例 11.4 の “mi”は名辞をひとつだけ含む名辞組として機能している。 同じ矛盾は、末端名辞と、接続されたブリディ末端中に数の異なるスムティを持つ複合ブリディに対しても当てはまる:
<pre>
<a id="e6" name="e6">11.6)</a> mi klama le zarci gi'e dzukla vau le briju
       私 ( 行く 市場へ そして 歩く ) オフィスから/へ
</pre>
これは、市場へはオフィスから行って、そして、オフィスに歩いていくという意味である。
“le briju” は “klama” の x3 の場所、“dzukla”の x2 の場所である。

<p>前置名辞組も存在する。“nu'i”(セルマホ NUhI)を始めに、“nu'u”(セルマホ NUhU)を最後に(省略可能)つける。各名辞の間には何も挿入してはいけない。論理接続をするには、“nu'i”のすぐ後に gek 、gik の前に“nu'u”をつける:</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">11.7)</a> mi klama nu'i ge le zarci le briju
            nu'u gi le zdani le ckule [nu'u]
       私 行く [名辞組開始] かつ 市場へ オフィスから
            [結合] [そして] 家へ 学校から [名辞組終了].
</pre>
2つ名辞組が接続されているが、“nu'i”はひとつしかつかわれていないことに注意しよう。
<p>論理接続を含まない名辞組の文法的な使い方は、<a href="chapter12.html">12章</a><a href="chapter16.html">16章</a>で説明されている。</p>
<hr />
<h3>12. タンル内の論理接続</h3>
<p>9節の最初で述べたように、ロジバンにはセルブリだけを接続する論理接続詞はない。しかし、セルブリ内で論理接続を使い、論理接続をともなったタンル的なものを作ることができる。“blanu zdani”(青い家)を考えよう。そして、青いボールは、かならず、青くてかつボールである。“blanu bolci” と言うかわりに、ロジバンでは “blanu je bolci” と jek 論理接続詞を使って言える。 (jek は 11節でも出てきたが、ここでは “pe'e”を付けずに単独で使う。</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">12.1)</a> ti blanu zdani
       これは 青い タイプの 家だ。

<a id="e2" name="e2">12.2)</a> ti blanu je zdani
       これは 青く かつ 家である。
</pre>
<p>もちろん、上の2つの例の意味は同じではない。ロジバンのタンルの最も基本的なポイントとして、例12.1 は、</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">12.3)</a> これは、青い居住者のための家だ。
</pre>
という意味かもしれない。この場合、例12.2 と 12.3 の意味は明らかに同じではない。
<p>タンル内の論理接続を完全に説明しようとすると、論理接続一般の話というより、セルブリ構造の話になってしまう。なぜなら、例12.2 は、</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">12.4)</a> ti blanu gi'e zdani
</pre>
と同じであり、
<pre>
<a id="e5" name="e5">12.5)</a> ti blanu .ije ti zdani
</pre>
となるからである。別々のブリディに展開する法則は、タンル接続の場合必ずしも成り立たない。
例えば、アリスが、青い家に住んでいる人であるとすると、
<pre>
<a id="e6" name="e6">12.6)</a> la .alis. cu blanu je zdani prenu
       アリスは ( 青く、かつ、家 ) タイプの 人だ。
</pre>
は正しいであろう。(jek は、タンルのまとめあげより優先順位が高い)しかし、
<pre>
<a id="e7" name="e7">12.7)</a> la .alis. cu blanu prenu .ije la .alis. cu zdani prenu
       アリスは 青い人 かつ アリスは 家の 人
</pre>
は、「青さ」を持つのは家であってアリスではないため正しくないであろう(アリスが「青い 人」であるというのはどういう意味かというのをさしおいても。青チームに所属しているかもしれないし、青い服を着ているかもしれない)。タンルは意味的に曖昧であるため、こういった論理操作ができないのである。
<p>なので、ここでは、タンル論理接続について純粋な文法点だけを述べるに留めておく。
“bo” は jek にも ek と同様に付けられる:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">12.8)</a> la teris. cu ricfu je nakni jabo fetsi
       テリーは お金持ち かつ ( 男性 もしくは 女性 )
</pre>
タンルの構成要素は“ke”を論理接続詞の前や後につけてまとめあげることができる:
<pre>
<a id="e9" name="e9">12.9)</a> la .teris. cu [ke] ricfu ja pindi [ke'e] je ke nakni ja fetsi [ke'e]
       テリーは (お金持ち もしくは 貧乏) かつ (男性 もしくは 女性).
</pre>
最初の“ke ... ke'e”は、左結合則により省略可能である。最後の “ke'e” は省略可能である。
<p>jek の文法は:</p>
<pre>
       [na] [se] JA [nai]
</pre>
であり、 ek や gihek と同じである。
<p>タンルの前置接続は、gek の代わりに guhek を使う。guhek は gek と全く同じ形である:</p>
<pre>
       [se] GUhA [nai]
</pre>
guhek をタンル接続に使うと、ブリディ末端とタンル接続の曖昧性を解消できる:
<pre>
<a id="e10" name="e10">12.10)</a> la .alis. gu'e ricfu gi fetsi
       アリスは [両方] お金持ち [そして] 女性
</pre>
gik は gek と使う場合と同様に使われていることに注意しよう。
jek と同様、guhek は何もないタンルのまとめあげよりも結びつきが強い:
<pre>
<a id="e11" name="e11">12.11)</a> la .alis. gu'e blanu gi zdani prenu
       アリスは ([かつ] 青い [そして] 家) タイプの 人
</pre>
これは 例12.6 の前置版である。
<p>描写内で論理接続タンルを使う場合、英語の直感に引きずられないよう注意が必要である。</p>
<pre>
<a id="e12" name="e12">12.12)</a> mi viska pa nanmu .ije mi viska pa ninmu
       私 見る 一人の 男、 そして 私 見る 一人の 女
</pre>
を、
<pre>
<a id="e13" name="e13">12.13)</a> mi viska pa nanmu .e pa ninmu
       私 見る 一人の 男 と 一人の 女
</pre>
に正しく変換する際には、これを
<pre>
<a id="e14" name="e14">12.14)</a> mi viska pa nanmu je ninmu
       私 見る 一人の 男 と 女
</pre>
としてしまいたくなりそうである。しかし、例12.14 が意味するのは、男でありかつ同時に女であもある一つの何かを見たという意味である。“nanmu je ninmu”は「オトコオンナ」、つまり、“nanmu”でありかつ “ninmu”であるというおそらく存在しない生物である。
<hr />

<h3>13. 真偽疑問文と接続疑問文</h3>

<p>これまでは平叙文のみを扱ってきたが、ロジバンでは、自然言語と同様、疑問文を扱う必要がある。質問をする言い方はいくつもあるが、量や時制、感情などを尋ねる言い方は他の章にゆずる。</p>
<p>最も単純な形は、「...というのは真か」という形のもので、これは「真偽疑問文」と呼ばれ、日本語では以下のようになる。</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">13.1)</a> ファイドが犬であるというのは真ですか。
       ファイドは犬ですか。
</pre>
真偽疑問文は、「...というのは真か」(英語:Is it true that ...)というのを文の最後につけると作れる。日本語では、実際には、「か」を文末に付けるだけで、より慣例的な疑問を表す言い方ができる。ロジバンでは、このしくみは、シマヴォ “xu” (セルマホ UI)を文頭につけることである:

<pre>
<a id="e2" name="e2">13.2)</a> xu la faidon. gerku
       というのは真か ファイド 犬である
</pre>
例13.1 と 13.2 の意味は同じである。
<p>真偽疑問文は、真ならば「はい」、偽であれば「いいえ」でそれぞれ答えられる。ロジバンで「はい」を言う標準的な言い方は“go'i”、 「いいえ」を言うのは“nago'i”である。(理由は7章を参照) 例13.2 への可能な返答には、以下のものがある。</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">13.3)</a> go'i
       ファイドは犬だ。
</pre>
and
<pre>
<a id="e4" name="e4">13.4)</a> nago'i
       ファイドは犬ではない。
</pre>
<p>英語の文には、見た目が真偽疑問文に似たものがある。例えば、</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">13.5)</a> Is Fido a dog or a cat?
</pre>
表層的には、例13.5 は、以下の平叙文を持つ真偽疑問文のように見える:
<pre>
<a id="e6" name="e6">13.6)</a> Fido is a dog or a cat.
</pre>
例13.6を真偽疑問文の“xu”を使って翻訳すると、以下のようになる。
<pre>
<a id="e7" name="e7">13.7)</a> xu la faidon. gerku gi'onai mlatu
       というのは真か ファイド 犬である もしくは 猫である (しかし両方ではない)?
</pre>
ファイドが本当に犬もしくは猫であるなら、正しい返答は “go'i” である。もしファイドが魚ならば、正しい返答は “nago'i”となろう。
<p>しかし、これは例13.5 を発話した人が聞きたいことではない。例13.5の真に意味することは、話者は、内在する2つのブリディのどちらかの真偽値を知りたいということである(どちらか片方だけが真であるという仮定のもとで。)</p>
<p>ロジバンには、英語で使われているのとは異なが、このような質問を作るためのエレガントな仕組みがある。ロジバンでは、ブリディの真偽値を聞く代わりに、それらを接続している真偽関数そのものを聞く。これは、各論理接続セルマホに対して、1つずつ特別な質問シマヴォが割り当てられている:</p>
<pre>
    ge'i GA 前置接続疑問
    gi'i GIhA ブリディ末端接続疑問
    gu'i GUhA タンル前置接続疑問
    je'i JA タンル接続疑問
    ji A スムティ接続疑問
</pre>
(このリストでは、論理接続シマヴォの規則性から残念なことに外れてしまっている。音節を2つ持つセルマホの GIhA and GUhA では、真偽関数では使われない “-i”で終わるシマヴォになっているが、“gi” と “.i” は使えないため、違うシマヴォを選ばざるを得ない。)
<p>例13.5 を正しく翻訳するには、gihek の疑問詞を使うことになる:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">13.8)</a> la .alis gerku gi'i mlatu
       アリス 犬である [真偽関数?] 猫である?
</pre>
これに対する有りえる返答は、
<pre>
<a id="e9" name="e9">13.9)</a> nagi'e
       アリスは犬ではなく、猫である。

<a id="e10" name="e10">13.10)</a> gi'enai
       アリスは犬であり、猫ではない。

<a id="e11" name="e11">13.11)</a> nagi'enai
       アリスは犬ではなく、猫でもない。

<a id="e12" name="e12">13.12)</a> nagi'o
       gi'onai
       アリスは犬であるか、もしくは猫であるが、両方ではない。(どちらかとは言っていない)
</pre>
例13.12 は正しいが、協力的ではない。
<p>いつものように、ロジバンの質問文は、疑問詞によって示された空欄を埋める形で答えることができる。ここで、空欄は論理接続詞であり、単に論理接続詞を発話するだけでも文法的である。</p>
<p>アリスが犬でもあり猫でもあるという “gi'e” は現実世界では不可能であるが、以下のような例:</p>
<pre>
<a id="e13" name="e13">13.13)</a> do djica tu'a loi ckafi
            ji loi tcati
       あなた 欲しい ~について何か ~のまとまり コーヒー
            [真偽関数?] ~のまとまり お茶
       コーヒーか紅茶はいかがですか。
</pre>
ここで “.e” と答えた場合、つまり、両方欲しいと言うのは完全に有りえることである(が、あまり礼儀正しくはないかもしれない)
<p>前置疑問詞の “ge'i” と “gu'i” も他と同様に使えるが、曖昧性があるため前置疑問詞だけを答えとして単体で答えることはできない。前置で接続されたブリディが始まるように聞こえてしまうのである。そのため、例13.14は例13.13の前置バージョンであるが、</p>
<pre>
<a id="e14" name="e14">13.14)</a> do djica tu'a
            ge'i loi ckafi
            gi loi tcati
       あなた 欲しい ~について何か
            [真偽関数?] ~のまとまり コーヒー
            [もしくは] ~のまとまり お茶
</pre>
答えは後置のかたちを使わなければならない。
<p>自然言語の中には、中国語のように、ロジバンのような形の接続疑問文を使うものがある。以下の中国語の文</p>
<pre>
<a id="e15" name="e15">13.15)</a> 你走还是跑 (ni<sup>3</sup> zou<sup>3</sup> hai<sup>2</sup>shi pao<sup>3</sup>)
       あなた 歩く [もしくは?] 走る?
</pre>
は、 “あなたは歩きますか、それとも走りますか”であり、ロジバンの以下の文とちょうど対応している:
<pre>
<a id="e16" name="e16">13.16)</a> do cadzu gi'i bajra
       あなた 歩く [もしくは?] 走る?
</pre>
しかし、中国語でも答えるのに論理接続詞を使うわけではないため、ここでの類似性は表面的なものである。
<p>真偽疑問文は、ブリディ接続に対しても使える。この文の形は完全に文法的であり、答えが「はい」ならば真、「いいえ」ならば偽として解釈される。同様に命令文 (「あなた」を意味するが、文を命令形にする特別な代スムティ “ko”を使った場合)は、その命令に従ったのであれば真、そうでなければ偽となる。アブラハム・リンカーンの依頼は、以下のようになる</p>
<pre>
<a id="e17" name="e17">13.17)</a> ganai ti ckafi gi ko bevri loi tcati mi
       .ije ganai ti tcati gi ko bevri loi ckafi mi
       もし これ コーヒーである ならば [あなた!] 運ぶ ~のまとまり 紅茶 私に
       そして もし これ 紅茶である ならば [あなた!] 運ぶ ~のまとまり コーヒー 私に
       これがコーヒーなら、紅茶を持って来ておくれ。ただし、これが紅茶なら、コーヒーを。
</pre>
(※訳注:この言葉は、リンカーンがあまりにも薄くてまずい、コーヒーだか紅茶だか分からないものを出された時に言った言葉であるそうだ。)

論理的にいえば、「ただし」“but”は、“and”と同じであり、違いは前の文との違和感、相違のようなものである。ロジバンでは、この違いを、談話シマヴォ“ku'i” (セルマホ UI, 13章で解説)を、論理接続詞 “.ije” に追加することにより表現する。

<hr />
<h3>14. 非論理接続</h3>
<p>1節で、“and”(そして)、や、“もし...なら...” が必ずしもロジバンの論理接続を表現するわけではないことを説明した。特に、以下の “and” (と)を考えてみよう:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">14.1)</a> John and Alice carried the piano.(ジョンとアリスがピアノを運んだ)
</pre>
ピアノの性質を考えると、これはおそらくジョンが片方を持ち、アリスがもう片方を持って運んだということであり、以下とは違うことになる:
<pre>
<a id="e2" name="e2">14.2)</a> John carried the piano, and Alice carried the piano.(ジョンはピアノを運んだ。アリスもピアノを運んだ。)
</pre>
これは、彼らがそれぞれピアノを運んだということになる。ロジバンでは、この特定の「群」という言語現象を扱うことができる。ジョンとアリスが一緒に群「ジョン&アリス」を成し、別々にではなく、その群がピアノを運んだということになる。シマヴォ“joi” (セルマホ JOI) が、複数の構成要素を群にまとめる役割を果たす。
<pre>
<a id="e3" name="e3">14.3)</a> la djan. joi la .alis. cu bevri le pipno
    ジョン [群] アリス 運ぶ その ピアノ
</pre>
<p>例14.3 は、二人が協力して運んだことを意味している。もしかしたら、ジョンが運搬を、アリスがその監督をしたのかもしれない。このような可能性は、群の性質はその構成要素の性質であるという性質に起因している。これは、明らかに矛盾を引き起こす可能性がある。もしジョンが小さくアリスが大きければ、「ジョン&アリス」小さくかつ大きいということになる。群については6章でも議論されている。</p>

<p>文法的には、“joi” は、ek と同様に2つのスムティの間か、jek と同様に2つのタンル要素の間に使うことができる。この柔軟性のせいで、時々終端詞を省略できないという代償を払わなければならない。</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">14.4)</a> le nanmu ku joi le ninmu [ku] cu klama le zarci
       その男 [群] その 女性 行く その 市場へ
</pre>
<p>シマヴォ “ku” は “le”の省略可能な終端詞であり、ほとんどの場合で省略可能であるが、この場合はそれができない。もし最初の “ku” を省略すると、構文解析ルールが “le nanmu joi” を最初に受け取り、他のタンル要素が次に来ると予測してしまう。2つ目の “le” はタンルの要素になり得ないため、構文解析エラーが起こる。論理接続詞では、ek はスムティ、jek はタンル要素が来ることを明確に区別するため、このような問題は起こらない。</p>
<p>セルマホ JOI の単一のシマヴォもしくは複合シマヴォは joik と呼ばれている。joik を使ってブリディ末端を接続するのは文法的ではない。</p>
<p>タンルでは、“joi” は “~と混ざって”という意味を持つ:</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">14.5)</a> ti blanu joi xunre bolci
       これ ~である(青 ~と混ざって 赤) ボール
       これは、赤と青の混ざった色のボールだ。
</pre>
ここで、ボールは完全に青や赤ではなく、部分的に青でありかつ部分的に赤である。(ただ、何か青いものが「完全に青」というのはどういうことか、という疑問は解決していない。例えば「青い家」は、一部が青でも“blanu zdani”と言えるかもしれない。)
<p>他にも、同じような文法構造において使えるセルマホ JOI に属するシマヴォがある。あらゆる文脈においてきちんと定義されているわけではない。スムティ接続詞としては明確な定義がある:</p>
<pre>
    A joi B A と B を構成要素に持つ群
    A ce B A と B を要素とする集合
    A ce'o B A と B を、この順で要素とする並び
    A sece'o B B と A を、この順で要素とする並び
    A jo'u B A と B を一緒に見なして
    A fa'u B A と B それぞれ
    A sefa'u B B と A それぞれ
    A jo'e B 集合 A と B の和集合
    A ku'a B 集合 A と B の積集合
    A pi'u B 集合 A と B の外積
    A sepi'u B 集合 B と A の外積
</pre>
<p>シマヴォ “se” は、どの JOI につけても文法的であるが、順序を持つものに対してでないと意味がない。以下は joik の例である:</p>
<pre>
<a id="e6" name="e6">14.6)</a> mi cuxna la .alis. la frank. ce la .alis. ce la djeimyz.
       私 選ぶ アリス フランク [と要素] アリス [と要素] ジェームズから
       私は、フランク、アリス、ジェームズからアリスを選ぶ。
</pre>
“cuxna” の x3 は、選択元の集合である。集合(set) は、その要素を指定することで決定される抽象的なものであり、群とは違い、集合の性質はその要素の性質とは無関係である。この章では、集合論については説明しない。

<p>例14.6 では、要素を列挙し、それらを“ce”でつなぐことで、その集合を規定した。</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">14.7)</a> ti liste mi ce'o do ce'o la djan.
       これ リストである 私 [と並び] あなた [と並び] ジョン
       これは、あなた、私、ジョンのリストである。
</pre>
 “liste” の x2 は、リストで述べられている並びである。(ちなみに、“lo liste” はおつかいメモのような物理的な物体で、純粋に抽象的なリストは、並びを表す “lo porsi”である。) ここでは、“ce'o” でつなげられた3つのスムティは、集合や群のように単にまとめられているのではなく、明確な順序を持っている。

<p>よって、“joi” “ce” “ce'o” は、個体のスムティを繋げ、その結果は何か別のもの(それぞれ群、集合、並び)になるという点で対応している。 “jo'u” は、このパターンに沿う4つめの要素である。繋げるスムティは個体であり、結果もなお個体である。ただし、不可分の個体である。ジェームズとジョージが兄弟であると言うのに、通常のロジバンでは、</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">14.8)</a> la djeimyz. bruna la djordj.
       ジェームズ 兄弟である ジョージの
</pre>
となる(「逆もまた真なり」を意味する談話系(※訳注 soi)を挿入してもよい。しかし、“ジェームズとジョージは、お互いに兄弟である”というのは、
<pre>
<a id="e9" name="e9">14.9)</a> la djeimyz. .e la djordj. bruna
       ジェームズ と ジョージは 兄弟である
</pre>
としては正しく翻訳できない。なぜなら、これを2つのブリディに分解すると、ジェームズは(誰かの)兄弟であり、ジョージもそうであるが、お互い兄弟どうしとは限らないからである。しかし、“.e” を “jo'u”に変えると、例 14.8 の意味は保たれる。
<pre>
<a id="e10" name="e10">14.10)</a> la djeimyz. jo'u la djordj. cu remei bruna
       ジェームズ [一緒に見なして] ジョージ 2人の 兄弟
</pre>
“remei bruna” というタンルは厳密には必要ではないが、ジェームズとジョー
ジは、ここでは言及していないある他の3人目の兄弟ではないということを明確
にしている。もしくは、タンルを反転させてもよい。“remei”の x1 の場所は2つの要素を持った群であるので、

<pre>
<a id="e11" name="e11">14.11)</a> la djeimyz. joi la djordj. cu bruna remei
       ジェームズ [群] ジョージ 兄弟 [的な] 2人のもの
</pre>
とできる。ここでは、 “joi” は、群を作るために必要である。
<p>同様に、“fa'u” は、順序が重要な時に、2つの個体をまとめるのに使う。通常、同じブリディ中のどこかにもう1個の “fa'u” がある。</p>
<pre>
<a id="e12" name="e12">14.12)</a> la djeimyz. fa'u la djordj. prami la meris. fa'u la martas.
       ジェームズ [一緒に、順に見なして] ジョージ 愛する メアリー [一緒に、順に見なして] マーサ
       ジェームズとジョージは、それぞれ、 メアリーとマーサを愛している。
</pre>
ここで、「それぞれ」という副詞(と句読点)の表現している情報(ジェームズがメアリーを愛し、ジョージがマーサを愛している)は、2回出現する“fa'u”が担っている。もしこの “fa'u” を “.e” に変えると、
<pre>
<a id="e13" name="e13">14.13)</a> la djeimyz. .e la djordj. prami la meris. .e la martas.
       ジェームズ と ジョージ 愛する メアー と マーサ
</pre>
となり、これは、以下の4つのブリディになる:
<pre>
<a id="e14" name="e14">14.14)</a> la djeimyz. prami la meris. .ije la djordj. prami la meris.
            .ije la djeimyz. prami la martas. .ije la djordj. prami la martas.
       ジェームズ 愛する メアリー そして ジョージ 愛する メアリー
            そして ジェームズ 愛する マーサ, そして ジョージ 愛する マーサ
</pre>
これは、例14.12 とはだいぶ異なった状態である。例14.12 の意味は、名辞組を用いて、
<pre>
<a id="e15" name="e15">14.15)</a> la djeimyz. ce'e la meris. pe'e .e la djordj. ce'e la martas. prami
    ジェームズ [プラス] メアリー [結合] そして ジョージ [プラス] マーサ 愛する
</pre>
とも言える(順番を入れ替えペアを明確にしなければならないが)。これは、片方のリストが列挙されていないときには使えない:
<pre>
<a id="e16" name="e16">14.16)</a> la djeimyz. fa'u la djordj. prami re mensi
    ジェームズ [一緒に、順に見なして] ジョージ 愛する 2人の 姉妹を
</pre>
これは、ジェームズが姉妹のうち一人を、ジョージがもう一人を愛する(ただし、どっちがどっちかは分からない)という意味になる。
<hr />

<h3>15. 非論理接続について詳しく</h3>

<p>最後の3つ、“jo'e” “ku'a” “pi'u”は、それぞれ和集合、積集合、直積に対応し、集合に言及している時にしか使わない。和集合は、どちらかに含まれている要素からなる集合、積集合は、両方に含まれている要素からなる集合、積集合は、両方の集合から取った要素のペアからなる集合である。</p>

<pre>
<a id="e1" name="e1">15.1)</a> lo'i ricfu ku jo'e lo'i dotco cu barda
       集合 金持ち 和集合 集合 ドイツ人 大きい

<a id="e2" name="e2">15.2)</a> lo'i ricfu ku ku'a lo'i dotco cu cmalu
       集合 金持ち 積集合 集合 ドイツ人 小さい
</pre>
論理学と集合論は対応しており、以下のようにしても等価である:
<pre>
<a id="e3" name="e3">15.3)</a> lo'i ricfu ja dotco cu barda
       集合 金持ち もしくは ドイツ人 大きい
</pre>
<pre>
<a id="e4" name="e4">15.4)</a> lo'i ricfu je dotco cu cmalu
       集合 金持ち かつ ドイツ人 小さい
</pre>
<p>以下の例文の “se remei” は、要素を2つ持つ集合である:</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">15.5)</a> la djeimyz. ce[bo] la djordj. pi'u la meris. cebo la martas.
            cu prami se remei
       ジェームズ [と要素] ジョージ [直積] メアリー [と要素] マーサ
            愛する ペアである
</pre>
この意味は、ジェームズ/メアリー, ジョージ/メアリー, ジェームズ/マーサ, ジョージ/マーサはお互いに愛しあっているということで、例14.13 と似ているが、例14.13 では男性が女性を愛しているだけである。
<p>joik は、論理接続詞の ek や jek と同様に“bo” や “ke”と一緒に使うことができる。</p>
<pre>
<a id="e6" name="e6">15.6)</a> mi joibo do ce la djan. joibo la djein.
            cu gunma se remei
       (私 [群] あなた) [と要素] (ジョン [群] ジェーン)
            群である 2つの集合
</pre>
この文は、群である要素を2個持つ集合が1個あるということを言っている。
<p>非論理接続によって名辞組をつなげ、複数の名辞を関連付けることができるので便利である。“casnu”の場所構造は:</p>
<pre>
      casnu: 群 x1 が、x2 について話す/議論する
</pre>
であるため、x1 には群が来る必要がある(その理由はここでは説明しない)。しかし、群の構成要素が、それぞれ異なる言語で話しているかもしれない。したがって、
<pre>
<a id="e7" name="e7">15.7)</a> mi ce'e bau la lojban.
            pe'e joi do ce'e bau la gliban. nu'u casnu
       ( 私 [プラス] ~語で ロジバン
            [結合] あなた [プラス] ~語で 英語で ) 話す
</pre>
のように言うこともできる。
<p>他の非論理接続詞と同様、例15.7の用法は、これ以外の場所に非論理接続詞を置いたような形に機械的に変更できない。例15.7の前置版は:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">15.8)</a> nu'i joigi mi bau la lojban gi do bau la gliban. nu'u casnu
</pre>
<p>非論理前置名辞組も、非論理接続されるものに時制や法制 (BAI) がついている場合に便利である。</p>
<pre>
<a id="e9" name="e9">15.9)</a> la djan. fa'u la frank. cusku nu'i bau la lojban.
            nu'u fa'u bai tu'a la djordj. [nu'u]
       ジョン [順に、一緒に見なして] フランク 表現する [名辞組開始] ~語で ロジバン
            [結合] [順に、一緒に見なして] ~に強制されて ジョージ
       ジョンとフランクは、それぞれ、ロジバンで、ジョージに強制されて、話す。
</pre>
ここでは、フランクが何語を使ったのか、ジョンが誰かに強制されて話したのかどうかは分からない。
<p>joik は、“.i” を前につけて ijoik を造り、文を非論理的につなげることもできる。“.ice'o” という ijoik は、
2つ目のブリディの出来事が、1つ目のブリディに、時間の前後とは関係なく続くということを示している</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">15.10)</a> mi ba gasnu la'edi'e
            .i tu'e kanji lo ni cteki
            .ice'o lumci le karce
            .ice'o dzukansa le gerku tu'u
       私 [未来] する 以下の内容を:
            ( 計算する 量 その 税金.
            そして 洗う その 車
            そして 歩いて 付きそう その 犬)
       やるべきことリスト:
            税金の計算
            洗車
            犬の散歩
</pre>
例15.10 は、やるべきことリストを、優先度の順番で表現したものである。順序は重要なため、並びによって表されているが、時系列の順番とはかぎらない。“tu'e” と “tu'u” が汎用括弧として使われていることに注意しよう。最初のフレーズ “mi ba gasnu la'edi'e” と残りとの間に論理接続が無いため、8節と関連しているが異なった使い方である。括弧は、“di'e”(以下の発話)がどのぐらい長いかを示している。

<p>同様に、“.ijoi”は、関連のある出来事、例えば関連のある原因をつなぐのに使われる。例えば「フランは頭をぶつけ、ボートから落ちたので、溺れた。」という場合、「頭をぶつけた」と「ボートから落ちた」は“.ijoi” でつなぐことになる。</p>

<pre>
訳注:ロジバンにすると以下のようになる:
.i tu'e la fran. darxi lo stedu
.ijoi fy. farlu fi lo bloti tu'u
.i ri'a la'edi'u fy. jaurvasmro
</pre>

<p>“nai”が続いても、接続したものを否定するわけではなく、論理接続か非論理接続かに関わらず、他の接続が適切であるのを意味する(段階否定):</p>
<pre>
<a id="e11" name="e11">15.11)</a> mi jo'unai do cu remei
    私 一緒に見なして [否定] あなた 2つのもの(群)
</pre>
 “mi jo'u do” の結果は群ではなく2人の個人であり、“jo'u” ではなく “joi” が適切である。
<p>joik そのものを聞く言い方はないが、論理接続疑問の返事として joik や ijoik を答えることはできる:</p>
<pre>
<a id="e12" name="e12">15.12)</a> do djica tu'a
            loi ckafi ji loi tcati
       あなた 望む ~について何か
            群 コーヒー [真偽関数?] 群 紅茶?
       コーヒーか紅茶はいかがですか?

<a id="e13" name="e13">15.13)</a> joi
       [群]
       両方を、群として (混ぜて).
</pre>
ウェー! (ロジバンなら、 .a'unaisairo'o.)
<hr />

<h3>16. 範囲接続詞と前置非論理接続</h3>

14節と15節で説明したセルマホ JOI の非論理接続詞に加え、joik には他にも3種類の接続詞がある:“bi'i”, “bi'o”, “mi'i” (セルマホ BIhI) である。最初の二つは範囲(2つの端点によって定義される抽象的なもの)を示すのに使われる。“bi'i”は、端点の順序を問わないとき、“bi'o”と“sebi'o”は順序が重要な時に使われる。

<p>“bi'i”を、スムティ接続で使った例である:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">16.1)</a> mi ca sanli la drezdn. bi'i la frankfurt.
       私 [現在] ~に立つ ドレスデン [範囲] フランクフルト
       私は、ドレスデンとフランクフルトの間に立っている。
</pre>
例16.1 では、「ドレスデンとフランクフルトの間」であろうが、「フランクフルトとドレスデンの間」であろうが同じであるので“bi'i”が適切である。

“la drezdn. bi'i la frankfurt.” というスムティは、“sanli” x2の場所、立っている表面に入る。区間は、その範囲によって表面を決定する。(もちろん、区間全体に渡って立っているわけではない。“sanli” の x2 は通常、立っている人の足のサイズよりも大きい表面を指定する。)
<pre>
<a id="e2" name="e2">16.2)</a> mi cadzu ca la pacac. bi'o la recac.
    私 歩く 同時 1時 [順序付き範囲] 2時
    私は、1時から2時まで歩く。
</pre>
一方、例16.2 では、“la pacac.” が “la recac.” の前に来るのが重要である。(そうでなければ、範囲は11時間となってしまう)こういった使い方では、区間全体もしくは大部分のことを意図している。
<p>例16.2は、以下と等価である:</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">16.3)</a> mi cadzu ca la recac. sebi'o la pacac.
       私 歩く 同時 2時 [反転] [順序付き範囲] 1時
</pre>
英語(や日本語など)では、“sebi'o”を簡単に表すことはできないが、2つのスムティを反転させれば理解できるであろう。
<p>セルマホ BIhI の3つ目のシマヴォ “mi'i”は、範囲を、端点の組ではなく、中心点とそこからの距離で表す。</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">16.4)</a> le jbama pu daspo la .uacintyn. mi'i lo minli be li muno
       その 爆弾 [過去] 破壊 ワシントン [中心] ~であるもの (マイル)単位 50
       その爆弾は、ワシントンと周囲半径50マイルを破壊した。
</pre>
<p>例16.1 では、自分がドレスデン(もしくはフランクフルト)そのものの上に立っているのは有りえる。セルマホ BIhI の接続詞は、端点が含まれているかどうかについて曖昧である。
補助的なシマヴォ “ga'o” (含む)と “ke'i”(含まない) (セルマホ GAhO) を使って、終点が含まれるかどうかを明確にできる:</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">16.5)</a> mi ca sanli la drezdn. ga'o bi'i ga'o la frankfurt.
       私 [現在] 立つ ドレスデン [含む] [範囲] [含む] フランクフルト
       私は、ドレスデンとフランクフルトの間(両方含む)に立っている。

<a id="e6" name="e6">16.6)</a> mi ca sanli la drezdn. ga'o bi'i ke'i la frankfurt.
       私 [現在] 立つ ドレスデン [含む] [範囲] [含まない] フランクフルト
       私は、ドレスデン(含む)とフランクフルト(含まない)の間に立っている。

<a id="e7" name="e7">16.7)</a> mi ca sanli la drezdn. ke'i bi'i ga'o la frankfurt.
       私 [現在] 立つ ドレスデン [含まない] [範囲] [含む] フランクフルト
       私は、ドレスデン(含まない)とフランクフルト(含む)の間に立っている。

<a id="e8" name="e8">16.8)</a> mi ca sanli la drezdn. ke'i bi'i ke'i la frankfurt.
       私 [現在] 立つ ドレスデン [含まない] [範囲] [含まない] フランクフルト
       私は、ドレスデンとフランクフルトの間(両方含まない)に立っている。
</pre>
例から分かるように、ある端点に作用するGAhOシマヴォは、その端点に近いものものである。片方だけを指定するのは非文法的である。
<p>(語源的には、“ga'o” は「閉じた」を意味する“ganlo”、“ke'i”は「開いた」を意味する “kalri”から来ている。数学では、端点を含む範囲は「閉区間」、含まないものは「開区間」と呼ばれる)</p>
<p>BIhI の joik は、他の joik が使えるところであれば、タンル接続や ijoik の文接続など、どこでも文法的である。これらの使用の意味はまだ発見されていないが。</p>
<p>BIhI シマヴォに “-nai” のついた「否定範囲」は、端点の内側以外の(ある暗黙のスケールにおける)範囲全体を表す:</p>
<pre>
<a id="e9" name="e9">16.9)</a> do dicra .e'a mi ca la daucac. bi'onai la gaicac.
       あなた 邪魔をする (許可) 私 10時 [否定 ~から] 12時
       10時から12時以外は、私に連絡を取っても良い。
</pre>
<p>joiksの完全な文法は、</p>
<pre>
            [se] JOI [nai]
            [se] BIhI [nai]
       GAhO [se] BIhI [nai] GAhO
</pre>
“bi'i”と “bi'o” の英語の直訳は、“between ... and” や “from ... to”など前置の形を取ることに気がついたであろうか。ロジバンでも、非論理接続は前置の形で表せる。独立したセルマホを使うのではなく、前置論理接続は、 “gi” を最後につけることで構成でき、“joigik”と呼ばれている。joigik の文法は:
<pre>
            [se] JOI [nai] GI
            [se] BIhI [nai] GI
       GAhO [se] BIhI [nai] GAhO GI
</pre>
joigik は、ブリディ、スムティ、ブリディ末端を(名辞組の形でも)接続できる。

<p>例 14.3 の前置版は、以下のようになる:</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">16.10)</a> joigi la djan. gi la .alis. bevri le pipno
       [一緒に] ジョン と アリス 運ぶ その ピアノ
</pre>
最初の “gi” は、joigik の一部であり、次の “gi” は、前置でつなげた2つのものを分離する通常の gi である。
<p>例16.7 は、前置で以下のように表せる:</p>
<pre>
<a id="e11" name="e11">16.11)</a> mi ca sanli ke'i bi'i ga'o gi la drezdn. gi la frankfurt.
       私 [現在] 立つ [含まない] 間 [含む] ドレスデン と フランクフルト
       私は、ドレスデン(含まない)とフランクフルト(含む)の間に立っている。
</pre>
前置版では、残念ながら、GAhO のシマヴォは端点から離れているが、同じルールが適用される。つまり、最初の GAhO が、最初の端点に対応する。
<hr />

<h3>17. メクソ内の論理・非論理接続</h3>
<p>ロジバンには、“2 + 2”などの数式(ロジバンでメクソと呼ばれる)を表現するための別の文法がある(18章で説明)。メクソの基礎構成要素は、“2”のような被演算子と、“+”のような演算子である。これらは、両方とも、論理・非論理的に接続できる。</p>

<p>被演算子は、スムティのように、後置 ek もしくは前置 gek で接続できる。演算子は、タンル構成要素のように、後置 jek もしくは 前置 guhek で接続できる。(ただし、“bo” をともなった jek や joik は演算子には適用できない。)この類似性はたまたまではない。</p>

<p>さらに、論理接続された被演算子は “bo” のついた ek や “ke ... ke'e” でグルーピングでき、論理接続された演算子は“ke ... ke'e”でグルーピングできる(ただし、演算子をタンルのようにつなげることはできないが)。</p>

<p>メクソの各接続について、少数しか例を挙げていない。この特徴を支えるには多くのルールが必要だが、mekso や論理接続のしくみの中での重要度は比較的低い。これらの例は 18章から取ってきたもので、本章では説明していない mekso の特徴を多く含んでいる。</p>
<p>例 17.1 は、被演算子間の後置論理接続の例である:</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">17.1)</a> vei ci .a vo [ve'o] prenu cu klama le zarci
       ( 3 か 4 ) 人 行く その 市場へ
</pre>
例17.2 は意味の上では等価だが、前置接続を使っている:
<pre>
<a id="e2" name="e2">17.2)</a> vei ga ci gi vo [ve'o] prenu cu klama le zarci
       ( どちらか 3 か 4 ) 人 行く その 市場へ
</pre>

例17.1, 2 のメクソは、限定詞として使われていることに注意しよう。ロジバンでは、単純な数字以外のメクソは、限量子として使う場合、“vei” と “ve'o”の括弧で囲まなければならない。右側の“ve'o”は省略可能である。

<p>演算子間の論理接続の簡単な例を思いつくのは難しい。不自然な例は、以下のようになる:</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">17.3)</a> li re su'i je pi'i re du li vo
       数字 2 加算 かつ 乗算 2 等しい 数字 4
       2 + 2 = 4 かつ 2 x 2 = 4。
</pre>
例17.3 の前置版は
<pre>
<a id="e4" name="e4">17.4)</a> li re ge su'i gi pi'i re du li vo
       数字 2 両方 加算 かつ 乗算 2 等しい 数字 4
       2 + 2 = 4 かつ 2 x 2 = 4。
</pre>
となる。
<p>joik や joigik の非論理接続も、被演算子・演算子の間で許可されている。使い方のひとつに、“bi'i”を使って被演算子をつなげ、数学的な区間を作ることである:</p>
<pre>
<a id="e5" name="e5">17.5)</a> li no ga'o bi'i ke'i pa
       数字 0 (含む) ~から~まで (含まない) 1
       [0,1)
       (数字0から1まで、0を含むが1は含まない)
</pre>
<p>2つの演算子を “ce'o”(並びを作る接続詞)で接続し、複合的な添字を作ることもできる:</p>
<pre>
<a id="e6" name="e6">17.6)</a> xy. boi xi vei by. ce'o dy. [ve'o]
       “x” 添字 ( “b” 並び “d” )
       x<sub>b,d</sub>
</pre>
例17.6 の “boi”は(訳注:数字や文字を終端する)は、“xi” は何かくっつくものが必要であるため、省略可能ではないことに注意しよう。
<hr />

<h3>18. 間制・法制と論理接続</h3>
<p>間制・法制と論理接続は相互作用がある。1章で全てを説明するのは難しいため、各章でそれぞれ焦点をあてて説明している。本章では、色々なセルマホを持つ間制や、BAIのセルマホを持つ法制を全て“pu”, “ca”, “ba” (過去、現在、未来の時間を表す)で置き換えて説明している。セルブリの前につけると、英語の動詞時制のように、ブリディの時間を述べ、スムティの前につけると、ブリディ本体の事象が、そのスムティの事象(通常は“le nu”の抽象化)よりも前、同時、後であることを表す。</p>
<p>間制と論理接続間の相互作用には、論理接続された間制と、間制つき論理接続がある。前者は簡単で、 jek を使って間制シマヴォをつなげ、2つのブリディの間制のみが異なっているということを表す:</p>

<pre>
<a id="e1" name="e1">18.1)</a> la .artr. pu nolraitru
            .ije la .artr. ba nolraitru
       アーサー [過去] 最も偉い統治者
            かつ アーサー [未来] 最も偉い統治者
       アーサーは王であったし、将来も王である
</pre>
は、以下のように簡約できる:
<pre>
<a id="e2" name="e2">18.2)</a> la .artr. pu je ba nolraitru
       アーサー [過去] かつ [未来] 最も偉い統治者
       アーサーは、過去も将来も王である。
</pre>
例 18.1 と 18.2 の意味は等価であり、どちらも現在、王であるかどうかは言っていない。
<p>間制間の非論理接続も可能である:</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">18.3)</a> mi pu bi'o ba vasxu
       私 [過去] ~から ~へ [未来] 呼吸する
       私は、昔から将来まで呼吸をする。
</pre>
<p>間制システムを駆使すると、「ちょっと前から、ずっと先まで」などのような面白い表現ができる。</p>
<p>ただし、間制の前置接続は無く、デフォルトの左結合則を上書きできない。これによって文法が簡単になる。間制や法制で言えることは全て従属ブリディで時間・場所・法を明確にして言えるので、複雑にならないようにするというのは納得が行く。</p>
<p>間制付き論理接続はより複雑かつ重要である。以下の文:</p>
<pre>
<a id="e4" name="e4">18.4)</a> 私は市場へ言って、食べ物を買った。
</pre>
を直訳すると、
<pre>
<a id="e5" name="e5">18.5)</a> mi pu klama le zarci .ije mi pu tervecnu lo cidja
       私 [過去] 行く その 市場。 そして 私 [過去] 買う (不特定) 食べ物
</pre>
となるが、これでは、買ったことが行ったことの後に起こったことや、行った結果、買ったということを完全には表現できていない。しかし、“.ije” を “.ijebo” で置き換え、“ba” を挿入すると、市場へ行ったことが買ったことの前に起こったという間制情報を追加できる:
<pre>
<a id="e6" name="e6">18.6)</a> mi pu klama le zarci .ijebabo mi pu tervecnu lo cidja
       私 [過去] 行く その 市場。 そして [その後] 私 [過去] 買う (不特定) 食べ物
</pre>
ここで、2つの“pu”は話者に対して両方の事象が過去に起こったことを表す。一方、“ba”は、2つめの事象が1つめの事象より後に来ることを表す。ここで、“bo”を省略してしまうと、“ba”と“pu”がくっついて、2つめのブリディ末端だけにかかる複合間制 “bapu”ができてしまう。
<p>論理結合に間制や法制を追加するのは、以下のような場合だけ許可されている:</p>
<p>ek や joik と “bo”の間。例:</p>
<pre>
<a id="e7" name="e7">18.7)</a> la .djan .ecabo la .alis. klama le zarci
       ジョン かつ [同時] アリス 行く その 市場
       ジョンとアリスは、同時に市場へ行った。
</pre>
<p>ek や joik と “ke”の間。例:</p>
<pre>
<a id="e8" name="e8">18.8)</a> mi dzukla le zarci .epuke le zdani .a le ckule [ke'e]
       私 歩いて行く その 市場 そして [前] ( その 家 もしくは その 学校 ).
       私は市場へ歩いていったが、その前に、家か学校まで歩いていった。
</pre>
<p> gihek と “bo” の間。例:</p>
<pre>
<a id="e9" name="e9">18.9)</a> mi dunda le cukta gi'ebabo lebna lo rupnu vau do
       私 与える その 本 そして [後] 受け取る いくつか 通貨単位 あなたから/あなたへ
       私はあたなに本を渡し、あなたからいくらかお金を受け取る。
</pre>
<p> gihek と “ke”の間。例:</p>
<pre>
<a id="e10" name="e10">18.10)</a> mi dzukla le zarci gi'ecake cusku zo'e la djan. [ke'e]
       私 歩いて行く その 市場 そして [同時] 表現する 何か ジョンに
       私は市場へ歩いて行き、同時にジョンに話す。
</pre>
<p> ijek や ijoik と “bo” の間。例:</p>
<pre>
<a id="e11" name="e11">18.11)</a> mi viska pa nanmu .ijebabo mi viska pa ninmu
       私 見る 一人 男性 そして [後] 私 見る 一人 女性
       私は一人の男性を見て、そして、一人の女性を見る。
</pre>
<p>ijek や ijoik と、“tu'e” の間。例:</p>
<pre>
<a id="e12" name="e12">18.12)</a> mi viska pa nanmu .ijebatu'e mi viska pa ninmu [tu'u]
       私 見る 一人 男性。そして [後] 私 見る 一人 女性
       私は一人の男性を見て、そして、一人の女性を見る。
</pre>
<p>jek や joik と “bo” の間。例:</p>
<pre>
<a id="e13" name="e13">18.13)</a> mi mikce jebabo ricfu
       私 医者である そして [後] お金持ち
       私は医者であり、将来お金持ちになる人である。
</pre>
<p>例18.11 と 18.12 から分かるように、繋がるものが二つしかない場合は、“bo” か “ke” (もしくは “tu'e”)の選択は任意である。間制は、続く“bo”, “ke”, “tu'e” の間に挟まなければならないが、もちろん、間制情報が無い場合、どちらも付ける必要はない(例 18.7, 18.8, 18.13)</p>
<p>“bo” や“ke” を伴う非論理接続は、論理接続と全く同様に、間制情報を含めることができる。ただし、以下で述べた場合を除き、前置接続や、名辞組や間制接続はそれができない。数学被演算子や演算子も、スムティやタンル要素と類似しているため、時制を含めることができる:</p>
<pre>
<a id="e14" name="e14">18.14)</a> vei ci .ebabo vo [ve'o] tadni cu zvati le kumfa
       ( 3 と [未来] 4 ) 学生 ~にいる その 部屋
       学生が3人、そしてその後4人、部屋にいる。
</pre>
前置ブリディ末端接続の両方に間制を適用する場合、その接続構造単体の前に間制を付けられる。例えば:
<pre>
<a id="e15" name="e15">18.15)</a> mi pu ge klama le zarci gi tervecnu lo cidja
       私 [過去] かつ 行く その 市場 そして かう いくつか 食べ物
       私は市場へ行って、食べ物を買った。
</pre>
例18.15 は 例18.5 と似ている。「行った」と「買った」は、両方とも単に過去というだけで、そのの間の関係は指定されていない。
<hr />

<h3>19. 抽象詞接続と、抽象化内での接続</h3>
<p>最後に、あまり重要ではないのだが、jek を用いてセルマホ NU の抽象化の間での論理接続もできる。通常と同じく、抽象化マーカーだけが異なる2つのブリディに展開される。以下の2つの意味は等価である。</p>
<pre>
<a id="e1" name="e1">19.1)</a> le ka la frank. ciska cu xlali .ije le ni la frank. ciska cu xlali
       その 質 フランク 書く 悪い、 そして その 量 フランク 書く 悪い。

<a id="e2" name="e2">19.2)</a> le ka je ni la frank. ciska cu xlali
       その 質 と 量 フランク 書く 悪い。
</pre>
間制、法制と同様、前置形式や、左結合ルールを上書きすることはできない。
<p>論理接続と抽象化の関係は他にもある。抽象化はブリディを含むため、ブリディに論理接続が入っている場合もある。その場合、外側のブリディを2つに分け、論理接続で繋いでしまっては等価にならない場合がある。例えば:</p>
<pre>
<a id="e3" name="e3">19.3)</a> mi jinvi le du'u loi jmive cu zvati gi'onai na zvati vau la .iupiter.
       私 信じる その 事実 ~の群 生物 (居る もしくは 以内) 木星
       私は、木星には居るか居ないかのどちらかであることを信じる。
</pre>
は、埋め込まれた文がトートロジーなので正しいが、
<pre>
<a id="e4" name="e4">19.4)</a> mi jinvi le du'u loi jmive cu zvati la .iupiter.
            .ijonai mi jinvi le du'u loi jmive cu zvati la .iupiter.
       私 信じる その 事実 ~の群 生物 居る 土星
            もしくは 私 真実 その 事実 ~の群 生物 居ない 土星
</pre>
は偽である。なぜなら、どちらについても、それが正しいという証拠が無いからである(“jinvi”は、“krici”と違って、何らかの証拠を必要とする)
<hr />

<h3>20. 適切な接続を作る</h3>
<p>以下のテーブルは、ロジバンで論理的・非論理的に接続できる構造で、どのような接続詞が必要かを、後置、そして可能な場合は前置の場合に対して示したものである。アスタリスク(*)は、間制接続が可能なことを表している。</p>
<p>ダッシュ(-)は、その種の接続が可能ではないことを示している。</p>
<table class="conn">
<tr>
<th>構成</th>
<th>後置<br />
論理接続</th>
<th>前置<br />
論理接続</th>
<th>後置<br />
非論理接続</th>
<th>前置<br />
非論理接続</th>
</tr>
<tr>
<td>ブリディ</td>
<td>ijek*</td>
<td>gek</td>
<td>ijoik*</td>
<td>joigik</td>
</tr>
<tr>
<td>スムティ</td>
<td>ek*</td>
<td>gek</td>
<td>joik*</td>
<td>joigik</td>
</tr>
<tr>
<td>ブリディ末端</td>
<td>gihek*</td>
<td>gek</td>
<td></td>
<td>joigik</td>
</tr>
<tr>
<td>名辞組</td>
<td>ek*</td>
<td>gek</td>
<td>joik*</td>
<td>joigik</td>
</tr>
<tr>
<td>タンル要素</td>
<td>jek</td>
<td>guhek</td>
<td>joik*</td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td>非演算子</td>
<td>ek*</td>
<td>gek</td>
<td>joik*</td>
<td>joigik</td>
</tr>
<tr>
<td>演算子</td>
<td>jek</td>
<td>guhek</td>
<td>joik</td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td>間制/法制</td>
<td>jek</td>
<td></td>
<td>joik</td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td>抽象詞</td>
<td>jek</td>
<td></td>
<td>joik</td>
<td></td>
</tr>
</table>
<hr />

<h3>21. 真偽関数と対応する論理接続詞</h3>
<p>以下のテーブルは、各真偽関数に対して、6種類の論理接続を表すのに最もよく使われるシマヴォ・複合シマヴォを挙げている。(他の複合シマヴォも可能な場合がある:例えば、“se.a”は “a” と同じ意味なので、代わりに使える。)</p>
<table class="conn">
<tr>
<th>真偽値</th>
<th>ek</th>
<th>jek</th>
<th>gihek</th>
<th>gek–gik</th>
<th>guhek–gik</th>
</tr>
<tr>
<td>TTTF</td>
<td>.a</td>
<td>ja</td>
<td>gi'a</td>
<td>ga–gi</td>
<td>gu'a–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>TTFT</td>
<td>.anai</td>
<td>janai</td>
<td>gi'anai</td>
<td>ga–ginai</td>
<td>gu'a–ginai</td>
</tr>
<tr>
<td>TTFF</td>
<td>.u</td>
<td>ju</td>
<td>gi'u</td>
<td>gu–gi</td>
<td>gu'u–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>TFTT</td>
<td>na.a</td>
<td>naja</td>
<td>nagi'a</td>
<td>ganai–gi</td>
<td>gu'anai–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>TFTF</td>
<td>se.u</td>
<td>seju</td>
<td>segi'u</td>
<td>segu–gi</td>
<td>segu'u–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>TFFT</td>
<td>.o</td>
<td>jo</td>
<td>gi'o</td>
<td>go–gi</td>
<td>gu'o–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>TFFF</td>
<td>.e</td>
<td>je</td>
<td>gi'e</td>
<td>ge–gi</td>
<td>gu'e–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>FTTT</td>
<td>na.anai</td>
<td>najanai</td>
<td>nagi'anai</td>
<td>ganai–ginai</td>
<td>gu'anai–ginai</td>
</tr>
<tr>
<td>FTTF</td>
<td>.onai</td>
<td>jonai</td>
<td>gi'onai</td>
<td>go–ginai</td>
<td>gu'o–ginai</td>
</tr>
<tr>
<td>FTFT</td>
<td>se.unai</td>
<td>sejunai</td>
<td>segi'unai</td>
<td>segu–ginai</td>
<td>segu'u–ginai</td>
</tr>
<tr>
<td>FTFF</td>
<td>.enai</td>
<td>jenai</td>
<td>gi'enai</td>
<td>ge–ginai</td>
<td>gu'e–ginai</td>
</tr>
<tr>
<td>FFTT</td>
<td>na.u</td>
<td>naju</td>
<td>nagi'u</td>
<td>gunai–gi</td>
<td>gu'unai–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>FFTF</td>
<td>na.e</td>
<td>naje</td>
<td>nagi'e</td>
<td>genai–gi</td>
<td>gu'enai–gi</td>
</tr>
<tr>
<td>FFFT</td>
<td>na.enai</td>
<td>najenai</td>
<td>nagi'enai</td>
<td>genai–ginai</td>
<td>gu'enai–ginai</td>
</tr>
</table>
注意: ijek は、“.i” が前に付くこと以外、対応する jek と全く同じである。
<hr />

<h3>22. 論理接続・非論理接続を作るルール</h3>
<p> “na”, “se”,“nai”を接続要素に挿入する方法の全体を以下にまとめた。</p>
<p>後置論理接続 (ek, jek, gihek, ijek):</p>
<ul>
<li>一つ目の要素を否定する:<br />
“na” を接続シマヴォの前に置く(但し ijek の場合は “.i” の後)。</li>
<li>二つ目の要素を否定する:<br />
“nai”を接続シマヴォの後に置く</li>
<li>要素を交換する:<br />
“se” を接続シマヴォの前に置く (“na”があればその後に)。</li>
</ul>
前置論理接続 (gek, guhek):
<ul>
<li>一つ目の要素を否定する:<br />
“nai”を接続シマヴォの後に置く</li>
<li>二つ目の要素を否定する:<br />
“nai”を“gi”の後に置く</li>
<li>要素を交換する:<br />
“se” を接続シマヴォの前に置く。
</ul>
非論理接続 (joik, joigik):
<ul>
<li>接続を否定する:<br />
“nai” を接続シマヴォの後に置く (ただしjoigik の “gi”の前)。</li>
<li>要素を交換する:<br />
“se” を接続シマヴォの前に置く。
</ul>
<hr />
<!--
<h3>23. Locations of other tables</h3>
<p><a href="../1/">Section 1</a>: a table explaining the meaning of each truth function in English.</p>
<p><a href="../2/">Section 2</a>: a table relating the truth functions to the four basic vowels.</p>
<p><a href="../13/">Section 13</a>: a table of the connective question cmavo.</p>
<p><a href="../14/">Section 14</a>: a table of the meanings of JOI cmavo when used to connect sumti.</p>
<hr /> -->


<div class="nav">
<div class="nav-prev">
<div class="nav-section-link-prev"><a href="chapter13.html">まえ</a></div>
<div class="nav-section-name">第13章</div>
</div>
<div class="nav-next">
<div class="nav-section-link-next"><a href="chapter15.html">つぎ</a></div>
<div class="nav-section-name">第15章</div>
</div>
<div class="nav-title">
<div class="nav-title-title">第14章 願っただけで馬が手に入るなら: ロジバンの接続システム</div>
<div class="nav-title-link"><a href="./">目次</a></div>
</div>
</div>
</body>
</html>
Something went wrong with that request. Please try again.