QGIS plugin to retrieve data from LinkData.org
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
help
i18n
scripts
test
LICENSE
Makefile
README.md
__init__.py
get_link_data.py
get_link_data_dialog.py
get_link_data_dialog_base.ui
icon.png
metadata.txt
pb_tool.cfg
plugin_upload.py
pylintrc
resources.py
resources.qrc

README.md

GetLinkData

LinkData.orgからQGISにデータを取り込むためのQGISプラグインです。

インストール

QGISの「プラグイン」メニューから「プラグインの管理とインストール…」を選択し、「設定」タブでプラグインリポジトリに

http://midoriit.com/qgis/plugins.xml

を追加し、「実験的プラグインも表示する」にチェックを付け、「全ての」タブで「GetLinkData」をインストールします。

使用方法

QGISの「Web」メニューに追加された「GetLinkData」→「LinkData.orgからデータを取得する」を選択すると、ダイアログボックスが表示されます。

ダイアログボックス1

はじめに、データセットのIDを入力して[選択]ボタンをクリックします。 データセットのIDは、LinkData.orgでデータセットの情報を表示したときのURLの「http://linkdata.org/work/」につづく「rdf」で始まる文字列です。

LinkData.org

データセットのIDを入力して[選択]ボタンをクリックすると、ドロップダウンリストに情報がセットされます。 データセットに複数のファイルが含まれる場合は、「ファイル」ドロップダウンリストで選択します。

ダイアログボックス2

ファイルに

http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#lat
http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#long

または

http://imi.ipa.go.jp/ns/core/rdf#緯度
http://imi.ipa.go.jp/ns/core/rdf#経度

というプロパティが含まれている場合は、それぞれ緯度・経度のプロパティとして自動的にドロップダウンリストに設定され、変更することはできません。緯度経度の情報が別のプロパティ名で入っている場合は、ドロップダウンリストで選択します。

「ラベル」ドロップダウンリストでプロパティを選択すると、QGISのマップキャンバスにデータを表示する際のラベルとして使用されます。

ダイアログボックス3

ファイルに

http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label

または

http://imi.ipa.go.jp/ns/core/rdf#名称

というプロパティが含まれていると自動的にラベルのプロパティとして選択されますが、変更することができます。「ラベル」ドロップダウンリストで空白を選択すると、ラベルは表示されません。 最後に[OK]ボタンをクリックすると、ファイル名をレイヤ名とするベクタレイヤが新規に作成され、ファイルに含まれる各レコードがマップキャンバス上にプロットされます。

QGIS

ファイルによっては、緯度経度のプロパティを持ちながら、その値を持たないレコードが含まれていることがあります。その場合には以下のような警告が表示されます。

Warinig