Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
dotfiles
VimL Shell
branch: master

Fetching latest commit…

Cannot retrieve the latest commit at this time

Failed to load latest commit information.
.oh-my-zsh @ ff4663a
.vim/bundle/neobundle.vim
misc
snippets
svm @ c00c5f3
tools
z @ f1500aa
zsh-completions @ 9609ebb
.bashrc
.ctags
.gitconfig
.gitignore
.gitmodules
.tmux.conf
.vimrc
.vimrc.apperance
.vimrc.basic
.vimrc.bundle
.vimrc.colors
.vimrc.completion
.vimrc.completion.autocomplpop
.vimrc.completion.neocomplcache
.vimrc.editing
.vimrc.encoding
.vimrc.filetype
.vimrc.indent
.vimrc.misc
.vimrc.moving
.vimrc.plugins_setting
.vimrc.search
.vimrc.statusline
.zshrc
.zshrc.linux
.zshrc.mac
README.md
setup.sh

README.md

Git

1.8以降を使いましょう.

gitのバージョンが1.7.xの場合は.gitconfigの [push] default=simple をコメントアウト(#)する. じゃないとエラーが出て悲しくなる.

Vim

プラギンインスコ

vimを起動して :NeoBundleInstall

NeoBundleでhttpsプロトコルを使う方法(gitのプロトコルが通らない時とかに使える) .vimrc.bundleの適当な所にイカを記載

let g:neobundle_default_git_protocol='https'

taglist.vim(Defaultで対応して下され〜)

taglist.vimをscalaでも使えるようにする.

taglist.vimを編集

~/.vim/bundle/taglist.vim/plugin/taglist.vimの適当な所にイカを追加.

let s:tlist_def_scala_settings = 'scala;t:trait;c:class;T:type;' .
\ 'm:method;C:constant;l:local;p:package;o:object'

ctagsをインスコ

mac標準のctagsだとダメなのでbrew isntall ctagsして, 標準のctagsはctags.bkとかにリネームしておく. 標準のctagsはwhich ctagsで探す.

scalaのタグ定義ファイルを追加.

dotfilesの中にある.ctagsファイルをホームディレクトリにシンボリックリンクすべし!(相対パスじゃなくて、絶対パスで指定すること!!)

tmux

CentOSでtmuxをインストールするときはソースコードからビルドすると 依存関係の解決がダルいのでRPMfoegeでやったほうが楽.

でも、古いやつだとオプションが一部の設定が使えなかったりするので、そういう時は頑張る.

macはクリップボードにコピーできなくなる問題を解決するためにreattach-to-user-namespaceをbrewでインスコ.

brew install reattach-to-user-namespace --wrap-pbcopy-pbpaste && brew link reattach-to-user-namespace

zsh-completions

zsh-completionsはサブモジュールとして登録してあるので、cloneした後にリポジトリのルートディレクトリで

git submodule init
git submodule update

する.

Something went wrong with that request. Please try again.