Training course repository for android app development
Java Other
Latest commit 13d8047 Nov 6, 2016 @hidey hidey committed on GitHub Merge pull request #141 from mixi-inc/work/how-to-open-projects
課題の開き方説明

README.md

Android Development Training Course Repository

Android Arsenal

Android アプリ開発の基礎知識と実務スキルを身に付けるトレーニングコース

前提

このトレーニングコースに入る前に、下記の知識・スキルについて勉強しておいてください。

  1. Java の知識・スキル
  2. Android Studio の使い方
    • 基本操作が分かる程度で大丈夫です。

ゴール

このトレーニングコースを受講することで、下記のような知識・スキルが身につきます。

  1. Android の仕組みが分かる
  2. 自分で Android アプリを開発することができる
  3. リリース可能な品質を担保できる

準備

このトレーニングコースを受講する上で、下記のものを準備しておいてください。

  1. Android デバイス
    • Android 4.0.3 以上であることが望ましいです。
  2. 開発環境
    • 下記の構成の、まえがきの章を参考に準備してください。
    • Mac または Linux の各種 OS で実践することを推奨します。

構成

このトレーニングコースは、下記のカリキュラムで構成されています。
カリキュラム構成は、予告なく変更される場合があります。

  1. まえがき
    1. Android について
    2. 開発環境の準備
    3. Android プロジェクトの作成
    4. Android アプリの基礎知識
    5. Android のビルドについて(Gradle)
    6. 課題プロジェクトの開き方
  2. 基礎編
    1. アプリのレイアウト作成
    2. Activity と Fragment
    3. アプリのリソース管理
    4. メッセージングと通知
    5. ActionBarとインタラクション制御
    6. ListViewとViewPager
    7. 直列化とコレクション、永続化
    8. 非同期処理
    9. ネットワーク通信
    10. データベース
    11. テスト
    12. テスト(AndroidStudio)
  3. 実務編
    1. デバッグと自動ビルド
    2. 自動ビルド(Android Studio)
    3. アーキテクチャ設計と DI
    4. 続・アプリのレイアウト作成
    5. ユーザインタフェース設計
    6. セキュリティ
    7. Google API
    8. Google Play Services
    9. クラウド同期
  4. 付録
    1. Git リポジトリからのプロジェクトのインポート
    2. Java の文法の基礎
    3. 仮想デバイスの作成
    4. Javaの活用

また、リポジトリには下記のディレクトリ構成で、プロジェクトが作成されています。
Eclipse、Android Studio双方に対応していましたが今後Eclipseについての記述は削除する予定です。
IDE別にディレクトリが分かれている部分がありますが、基本的にはAndroid Studioを利用してください。
課題提出の際には、このリポジトリを fork して、各章ごとにブランチを作成し、コミットを作ってください。

参考資料・図書

  • Android Developers
    • 公式のリファレンスとして、Android の基礎から API の仕様まで幅広く解説資料が用意されています。このリファレンスは必ず目を通すようにしましょう。
  • プログラミング Android
    • Android のプログラミングの基礎から発展までを幅広く取り扱っています。
  • Effective Java
    • Java 言語を取り扱う際のプラクティスが詰まっています。

Pull Request

Pull Requestは歓迎します。
コードはmasterブランチ、http://mixi-inc.github.io/AndroidTraining への変更はmasterブランチのdocs以下にPull Requestしてください。

License

Code released under the Apache License, Version2.0. Docs released under Creative Commons Attribution 4.0 International License.