Skip to content

1.02. 開発環境の準備

hidey edited this page Dec 23, 2014 · 8 revisions

GitHub Pagesへ移行しましたmixi-inc.github.ioへお願いします。

wikiの方はしばらくしたら消していきます

この章では、Android の開発環境の準備手順について解説します。 時間を要する為、研修前に、予め下記の手順を元に開発環境を整備しておくことを強く推奨します。

目次

Android SDK のセットアップ

ADT Bundle

下記のURLにアクセスして、Download the SDKをクリックし、SDKをインストールします。

http://developer.android.com/sdk/index.html

ADT Bundled Eclipse Download

Windows 版の場合は、32 bit 版か、64 bit 版かを選択します。
zip ファイルになっているので、好きな場所に解凍します。

ADB Bundled Eclipse Directory

eclipse は、開発に必要なツールです。
この eclipse には、Android SDK を eclipse で使用するための、ADT Plugin がインストールされています。
Android SDK のバージョンアップのたびに、ADT Plugin もバージョンアップされますので、適宜更新をしてください。

sdk は、Android の開発に必要なプラットフォームです。
主に、SDK Manager を用いて、Android SDK のバージョン管理を行います。
この他、各バージョンごとのエミュレータやシステムイメージ、各種開発支援ツールなども、この sdk の中に含まれています。

eclipse ディレクトリの中に居る、eclipse.exe、またはEclipse.appを選択して、Eclipse を起動してください。

ADT-Bundled Eclipse

起動すると、スプラッシュ画面が表示されます。

Splash

初回起動時に、ワークスペース(Eclipse がコードを管理する場所)を訊かれますので、適宜場所を指定してください。

First Launch

無事起動出来ました。

これで、SDK Manager と ADT Plugin が入った Eclipse のインストールが終わりました。 次に、Android SDK で必要なセットアップを行います。

Android Studio

下記 URL にアクセスして、インストーラパッケージをダウンロードします。

http://developer.android.com/sdk/installing/studio.html

インストーラの指示にしたがって、インストールを進めます。

Android SDK Manager のセットアップ

初期状態では、Android 4.2 の SDK しかインストールされていません。 Android 2.1 以上の SDK をインストールするため、ツールバーメニューから、Android SDK Manager を選択します。

Eclipse Toolbar

Android SDK リポジトリにある、SDKの一覧が表示されます。

SDK Manager

実機デバッグの際には、実機の OS 向けにアプリをビルドする必要があるため、必要なバージョンの SDK Platform をインストールしておくことが必須となります。

SDK Platform 以外には、エミュレータを使用する場合には各種 System Imageが必要となります。 Intel x86 Atom System Image を使用する場合は、一覧の最下部にある Extras の中の、Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM) も導入する必要があります。 この Intel x86 Emulator Accelerator は、SDK Managerでダウンロードした後、別途 sdk/extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager ディレクトリにある、IntelHAXM インストーラを実行する必要があります。 また、Google Map をアプリに組み込む場合には、Google APIs を各バージョンごとにインストールします。

チェックし終わったら、右下の Install xx packages ボタンを押下します。 Accept License を選択し、Install ボタンを押下します。

インストールが始まると、ログのコンソールが表示されます。 まれに、TimeOut が発生して正常にインストールが出来ない場合がありますので、一度に全てをインストールせず、小分けにしてインストールすることをお奨めします。

インストールが終わったら、ひと通りの開発環境のセットアップは終了です。

You can’t perform that action at this time.