Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
44 lines (28 sloc) 1.64 KB

1回目のまとめ

プロジェクト新規作成

Use AndroidX artifactsにチェックを入れておくとgradleの設定を良い感じにしてくれる
以下がgradleの設定に入る

android.useAndroidX=true
android.enableJetifier=true

よく使うショートカットの話

  • option + enter: 赤くなったり黄色くなったりしたら、とりあえずこれ
    • 自動でいろいろコード直してくれる。
    • 素のレイアウトのxmlで叩くとdatabinding用のタグを自動追加してくれて便利だった。
  • command + option+ L: インデント揃える
  • command + option+ A: git add

レイアウトの話

ConstraintLayoutは手で書く人が多かった。 app:layout_constraintBottom_toBottomOf などはタイプが大変なので、 bobo など打つと補完が効いて便利。

DataBinding Support使ってる人もいる https://plugins.jetbrains.com/plugin/9271-databinding-support

編集モードはPreviewを見ながらxml見る人が多そう

Git

CUI,GUI,ASのgit機能を使う人もいろいろ。

ASのコミット機能はコミット前にoptimizeなど自動で掛けてくれるので、凡ミスを事前に防げそうで良かった。

RecyclerView

Groupie とかEpoxy とかの利用者もいた。それらは使わず、一旦素のRecyclerViewを使ってみることに。

gitignoreとcodestyle

デフォルトだと.gitignoreでいろいろなものが無視されてしまうが Squareのスタイルなどに任せてしまうのも手。
https://github.com/square/java-code-styles

You can’t perform that action at this time.