Skip to content

HomeWork 1.1 Objective C の基本文法

satoshin2071 edited this page Jul 11, 2013 · 5 revisions

制御構文

  • 基本的にはC言語と同じです
  • if, else, while, for, switch-case などは同じように使えます
  • 高速列挙に for-in 文があります
  • Perlのように後置ifやmap, grepなどはありません

簡単なsandboxとコンソールへの出力

sandbox プロジェクトの作成

簡単なsandboxとして適当なプロジェクトを作ってください。

  • Xcodeを起動
  • 左上File → New → Project
  • SingleViewApplication → Product Name などは適当に → 保存するディレクトリも適当で構いません
  • 新しいプロジェクトが出来ます。
  • ViewControllerのメソッド viewDidLoad に色々書き込んで行けば実行されます。

NSLogによるコンソールへの出力

  • コンソールへの出力は昔ながらのprintfも使えますが、オブジェクトを出力するNSLogがよく使われます。
  • NSLog(@"hello world"); をviewDidLoadに書き込んで左上のRunを押すと実行されます。
  • Xcode下部コンソールに"hello world"と表示されれば成功です。
  • NSLog(@"%@", obj); とすると結構なんでも表示してくれるので使いましょう。

Objective Cの基本的なデータ型

NSArray

  • いわゆる配列型
  • オブジェクトは何でも代入できる。プリミティブなint型などはできない
  • インスタンス化 @[hoge, fuga];
  • インスタンス化後の改変は不可
  • 事後改変可能な配列はNSMutableArray型
NSArray *array = @[obj1, obj2]; // インスタンス化
id obj = array[0]; // 0番目のオブジェクトを取り出す( obj = obj1 )
array[0] = hogehoge; // 代入は無理

NSMutableArray *mutableArray = [NSMutableArray array]; // mutable
[mutableArray addObject:hoge]; //mutableArrayの末尾にhogeを追加 ( mutableArray = @[hoge] )
[mutableArray addObject:fuga]; //                   fugaを追加 ( mutableArray = @[hoge, fuga] )
[mutableArray removeObjectAtIndex:0)]; // 先頭のオブジェクトを削除 ( mutableArray = @[fuga] )

NSDictionary

  • 辞書型
  • NSArrayと同様にオブジェクトは何でも代入できる。プリミティブなintなどは代入できない
  • キー名はNSStringで指定
  • インスタンス化 @{key : value}
  • インスタンス化後の改変は不可
  • 事後改変可能な辞書はNSMutableDictionary型
NSDictionary *dict = @{ @"key" : value}; // インスタンス化. valueは適当なオブジェクト
id obj = dict[@"key"]; // 0番目のオブジェクトを取り出す( obj = value )
dict[@"key2"] = fuga; // 代入は無理

NSMutableDictionary *mutableDict = [NSMutableDictionary dictionary]; // mutable

mutableDict[@"key"] = @"value"; // keyをキーとしてvalueという文字列を追加
[mutableDict removeObjectForKey:@"key"]; // キー名 @"key" のオブジェクトを削除
mutableDict[@"key"] = nil; // nilを代入するとクラッシュします。

NSString (文字列)

  • 文字列型。よく使う
  • 様々なインスタンス方法があるが、 @"hogefuga" @+ダブルクオーテーションで括る形が一般的
  • 後から改変する場合は NSMutableStringを使う
  • 正規表現はNSRegularExpressionを使います。
NSString *str = @"hoge fuga";
NSMutableString *mutable = [NSMutableString string];
[mutable appendString:@"hogehoge"]; // 文字列をappend

NSString *string = [NSString stringWithFormat:@"%d + %d = %d",1 ,2, 3]; // フォーマット指定子も利用可能
NSLog(@"%@", string); // "1 + 2 = 3"

NSNumber (数値型)

  • 数値をラップしたデータ型です
  • NSArrayやDictionaryにint型などを持たせたい時などに使います
  • @1, @2, などでインスタンス化できます
  • int型、double型に変換したい時は[number intValue], [number doubleValue]のように使います
NSNumber *number = @1;
NSArray *array = @[number, @2]; //直接intなどを代入できないが、NSNumberでラップしたら使える
NSNumber *num = @YES; // YES, NO などもキャスト可能

int a = [number intValue]; // int型へ変換

NSData, NSURL, NSError, NSSet...

その他のデータ型はいろいろありますが、説明しきれないので参考図書なりググるなりお願いします。

NSObject, nil, id型

特殊なオブジェクト型など

NSObject

単一継承のみのObjective Cにおけるルートのオブジェクト。全てのオブジェクトはNSObjectを継承している。 簡単なモデルとかを作る時の親クラスに使うことなどが多いです。

時々使うメソッド

  • performSelector:withObject:afterDelay: : delayを指定して遅延実行する

nil

  • 未初期化のオブジェクトでnullのクラスオブジェクト。何もないことを表す。NULLと同じようなものです
  • 条件判断ではNOを返す
  • nilオブジェクトのメソッドを呼び出しても握りつぶされます。(クラッシュなどはしません)
id obj = nil;
if(obj) { // always fales
 // do not come here
} else {
  // come here
}

[obj method]; // クラッシュはしませんが、何も起きません

id型

  • 全てのクラスを表すことのできる、汎用的な型。
  • Cなどのvoid型に通じる物があると思います。

課題

課題1 基本的なデータ構造

以下のデータ構造を持つオブジェクトを上記オブジェクトなどを使って再現してください。(クラス化などはしなくても結構です)

(
  {
     domain => "mixi.jp"
     entry  => ("list_voice.pl", "list_diary.pl", "list_mymall_item.pl" )
  },
  {
    domain => "mmall.jp"
    entry => (
      {
        path => "add_diary.pl"
        query => (
          { "tag_id" => 7 }
        )
      }
    )
  },
  {
    domain => "itunes.apple.com"
  }
)

目的:NSDictionary, NSArrayの使い方に慣れる.

時間があれば:Mutableなクラスを使って、適宜addObjectやremoveObjectなどを行ってみてください

課題2 クラスの作成

NSMutableArrayを用いて、キューを実現するクラス TestQueue と スタックを実現する TestStackを作ってください。 それぞれ、以下のメソッドを追加してください

  • - (void)push:(id)object オブジェクトを追加する。(TestQueueの場合は末尾に、TestStackの場合は先頭に追加する)
  • - (id)pop 先頭のオブジェクトを返す
  • - (NSInteger)size Queue, Stack の長さを返す

目的:クラスの作り方について学ぶ

時間があれば:優先度付きキューを作ってみてください 参考プロジェクト

はじめに

  1. iOSについて

  2. Xcode最初のステッフ

  3. 導入

  4. Objective C の基礎

  5. メモリ管理

  6. 1.3 UIViewController1 UIViewController のカスタマイズ(xib, autoresizing)

  7. 1.3 UIViewController1 UIViewController のカスタマイズ(storyboard)

  8. UIViewController2 - ModalViewController

  9. UIViewController2 - ModalViewController(storyboard)

  10. UIViewController3 - ライフサイクル

  11. HomeWork 1 Objective C の基本文法

  12. HomeWork 2 UIViewControllerとModalViewController

  13. HomeWork 3 UIViewController + Animation

  14. UIKit 1 - container, rotate-

  15. UINavigationController

  16. UITabController

  17. Custom Container View Controller

  18. Supporting Multiple Interface Orientations

  19. HomeWork 1 - タブバーからモーダルビューを表示する

  20. HomeWork 2 - NavigationController

  21. HomeWork 2.3 デバイスことに回転対応

  22. UIKit 2- UIView -

  23. UIView

  24. UIView のカスタマイズ

  25. UIView Animation

  26. HomeWork 1 - UIScrollView

  27. UIKit 3 - table view -

  28. UITableView について

  29. UITableViewとNavigationController

  30. custom UITableViewCell の作成

  31. UITableViewのその他のオプション、カスタマイズ

  32. HomeWork 1 - Dynamic height with a custom uitableviewcell

  33. UIKit 4 - image and text -

  34. UIImagePickerController

  35. Assets Library

  36. UITextFiled, UITextView

  37. KeyboardNotification

  38. Homework 1 - フォトの複数枚選択

  39. ネットワーク処理

  40. NSURLConnection

  41. JSONのシリアライズとデシリアライズ

  42. UIWebView

  43. ローカルキャッシュと通知

  44. NSUserDefaults, Settings Bundle

  45. NSFileManager

  46. Key Value Observing

  47. NSNotification、NSNotificationCenter を用いた通知

  48. UILocalNotification

  49. Blocks, GCD

  50. Blocks

  51. GCD

  52. 【演習】GCD,-Blocksを用いたHTTPリクエストマネージャの作成

  53. 設計とデザインパターン

  54. クラス設計 1

  55. クラス設計 2

  56. [クラス設計演習] (https://github.com/mixi-inc/iOSTraining/wiki/9.3-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E8%A8%AD%E8%A8%88%E6%BC%94%E7%BF%92)

  57. 開発ツール

  58. Instruments, デバッガ

  59. CocoaPods

  60. テスト

  61. iOS開発におけるテスト

  62. GHUnit

  63. Kiwi

  64. KIF

  65. In-App Purchase

  66. In-App Purchase

  67. 付録

  68. Tips of Xcode

  69. Auto Layout 入門

  70. Auto Layout ドリル

Edit sidebar

Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.