Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse files

fix environment translation

  • Loading branch information...
commit 6ff2e2106288b624207aacbb11513dd672515719 1 parent 005bd88
@miyagawa authored
View
4 ja/02_hello_world.md
@@ -23,7 +23,7 @@ plackup はアプリケーションをデフォルトのHTTPサーバ HTTP::Serv
### 違うものを表示
-Hello Worldはとてもシンプルなものですが、もう少し違ったことをやってみましょう。クライアント情報をPSGI environmentから取得し、表示します。
+Hello Worldはとてもシンプルなものですが、もう少し違ったことをやってみましょう。クライアント情報をPSGI環境変数から取得し、表示します。
my $app = sub {
my $env = shift;
@@ -34,7 +34,7 @@ Hello Worldはとてもシンプルなものですが、もう少し違ったこ
];
};
-このコードはクライアントのリモートアドレスをPSGIのenvironmentハッシュから表示します。ローカルホストで起動している場合、値は127.0.0.1 になるはずです。PSGI environmentにはHTTPの接続やクライアントに関する情報、たとえばHTTPヘッダやリクエストパスなどが格納されていて、CGIの環境変数によく似ています。
+このコードはクライアントのリモートアドレスをPSGI環境変数ハッシュから表示します。ローカルホストで起動している場合、値は127.0.0.1 になるはずです。PSGI環境変数にはHTTPの接続やクライアントに関する情報、たとえばHTTPヘッダやリクエストパスなどが格納されていて、CGIの環境変数によく似ています。
テキスト以外のデータをファイルから表示するには、以下のようにします。
View
2  ja/06_convert_cgi_apps_to_psgi.md
@@ -23,7 +23,7 @@ Perlでウェブアプリケーションを書く方法として長い間もっ
];
};
-`CGI::PSGI->new($env)` はPSGIのenvironmentハッシュを受け取り、CGI.pmのサブクラスであるCGI::PSGIのインスタンスをつくります。`param`, `query_string`といったメソッドは今までどおり動作しますが、CGIの環境変数ではなく、PSGIのenvironmentから値を取得します
+`CGI::PSGI->new($env)` はPSGIの環境変数ハッシュを受け取り、CGI.pmのサブクラスであるCGI::PSGIのインスタンスをつくります。`param`, `query_string`といったメソッドは今までどおり動作しますが、CGIの環境変数ではなく、PSGI環境変数から値を取得します
`psgi_header` はCGIの`header`メソッドのように動作するユーティリティで、ステータスコードとHTTPヘッダの配列リファレンスをリストで返します。
View
2  ja/08_adapting_web_frameworks_to_psgi.md
@@ -120,4 +120,4 @@ Day 7ではCGI::ApplicationベースのアプリケーションをCGI::Applicati
### mod_perl 中心のフレームワーク
-いくつかのフレームワークは mod_perl のAPIを多用して実装されていることがあり、こうした場合はCGI.pmを置き換えるといったアプローチは利用できません。Apache::RequestのAPIをfake/mock objectなどでモックする必要があるでしょう。WebGUIデベロッパーであるPatric Donelanがmod_perlライクなAPIからPSGIへポートした際の事例を[ブログ記事](http://blog.patspam.com/2009/plack-roundup-at-sf-pm)で紹介しています。実際にリンクされている[モッククラス](http://github.com/pdonelan/webgui/blob/plebgui/lib/WebGUI/Session/Plack.pm) を見てみるのもよいでしょう。
+いくつかのフレームワークは mod_perl のAPIを多用して実装されていることがあり、こうした場合はCGI.pmを置き換えるといったアプローチは利用できません。Apache::RequestのAPIをfake/mock objectなどでモックする必要があるでしょう。WebGUIデベロッパーであるPatric Donelanが mod_perl ライクなAPIからPSGIへポートした際の事例を[ブログ記事](http://blog.patspam.com/2009/plack-roundup-at-sf-pm)で紹介しています。実際にリンクされている[モッククラス](http://github.com/pdonelan/webgui/blob/plebgui/lib/WebGUI/Session/Plack.pm) を見てみるのもよいでしょう。
View
2  ja/13_use_plack_test_to_test_your_application.md
@@ -56,7 +56,7 @@ PSGIアプリを作成またはロード([Plack::Util](http://search.cpan.org/pe
### ライブ/モックモード
-デフォルトでは`test_psgi`のコールバックはモックHTTPリクエストモードで実行され、受け取ったHTTP::RequestオブジェクトをPSGI environmentハッシュに変換し、PSGIアプリケーションを実行し、レスポンスをHTTP::Responseに変換します。
+デフォルトでは`test_psgi`のコールバックはモックHTTPリクエストモードで実行され、受け取ったHTTP::RequestオブジェクトをPSGI環境変数ハッシュに変換し、PSGIアプリケーションを実行し、レスポンスをHTTP::Responseに変換します。
これをライブHTTPモードに変更して実行するには、a) パッケージ変数`$Plack::Test::Impl` または b) 環境変数 `PLACK_TEST_IMPL``Server` に設定します。
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.