Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
173 lines (132 sloc) 9.55 KB

この記事は Kogakuin Univ Advent Calender 2015 の19日目の記事です.お誘いありがとうございました.

#自分の通っている大学の話2

・あらかじめ断っておくと,僕は自分の大学が大好きです.嫌いな訳ではありません.
・この記事は,大学の闇を伝えたいわけではありません.
・自分が本当に体験した,大学での出来事を洗いざらい列挙し省みよう.ということが目的です.
2で一応終わりのつもりです.


####工学院大学が羨ましい??

工学院大学は新宿にあるが故に,「羨ましい」「工学院大学に通いたい」とおっしゃる他大学の友人がいます.ネタであると信じてる

確かに,うちの大学はいい大学です.中堅技術者を育成するためのカリキュラムは揃っていると思います.

では,それ以外の所はどうなのか.僕の周りで起こった実話から,うちの大学を見ていきましょう.

これは,どちらかというとエンターテインメントです.以下に書き出される体験談は,特徴的な事柄ばかりです.”全てではない”, つまり "日常的ではない" ということに留意して,読んでもらえればと思います.


####数学 編

  • 先生が三角関数を教えてくれる(学部1年)
  • 先生「微分って知ってますか?」(学部2年)
  • 先生「単位行列を知ってますか?」(学部2年)
  • 先生「逆行列を知ってますか? これが求められると便利なんですよ.」(学部3年)
  • まず,エックスに矢印を書いたらベクトルですよね? エックスに縦棒を書いて太文字にしてもベクトルという意味になるんですよ.(学部3年生)
  • 小テストの内容が「午前2時から26時間作業をしたら,何時に終わるでしょうか?」(学部3年生)
  • 数学の試験は,演習の問題と同じ

####英語 編

  • 毎週1時間自習(学部1年)
  • 授業で使ってない単語を回答用紙に書くと減点される(学部1年)
  • 英語の歌を歌うと加点される(学部2年)
  • a と an の違いを習う(学部1,2年)
  • 必修以外の英語のクラスは,履修者がほとんどいない(学部3年)
  • 外国人の先生が廊下を歩くと,みんな逃げる

####プログラミング 編

  • 課題だけ出したら先生がいなくなる授業がある
  • 演習の時間に,次の講義の授業で使うスライドをTAに作らせる教授がいる
  • 習ってないから,出来ないという学生がほとんど
  • 課題が出なければ,プログラミングはしない
  • 先生「お願いだから実装してみてください.お願いです.お願いです.」
  • どこを直したら,コピペじゃなくなりますか? と質問する学生がいる
  • とりあえず変数名と関数名を変える
  • 問題がバグってることが多い
  • プログラミング演習がサクラエディタ演習になってしまっている授業がある
  • 先生が学生に「テキストエディタは何を使ってますか?」と質問すると9割以上が ”サクラエディタ” か ”ビジュアルスタジオ と答える
  • コンパイルって何ですか?
  • グラフ理論の授業がほとんどない
  • include は,おまじない(学部4年)
  • 好きな言語 1位VBA(エクセル) 2位プログラミング嫌い 3位C言語
  • 好きなアルゴリズムランキング 1位ソート 2位アルゴリズムって何ですか? 3位アルゴリズム体操
  • Matlab演習の試験の内容は,for , if ,else , 配列
  • プログラミング演習(前期)とアルゴリズム演習(後期)という名前の演習があるおかげで 「プログラミングは分かります!アルゴリズム(基礎的な課題 if, for,配列の使い方,関数の使い方,基本的なポインタなど)が分かりません!」 が続出する.

####授業の様子

  • 学生証のタッチによる出席者 = 133人
    実際に椅子に座っている人数 =  36人

  • 学生「(立ち上がって,教室の外へ出る)」
    先生A「コラ!待ちたまえ!どこへ行く!荷物は置いていけ!」
    学生「(逃げる)」
    先生A「(・・・)えっと,どこまでやったっけ」

  • 学生「(立ち上がって,教室の外へ出る)」
    先生B「コラ!待ちたまえ!どこへ行く!荷物は置いていけ!」
    学生「(逃げる)」
    先生B「教室を出るときは,静かに出てくださいね!」

  • 先生「〜〜〜って知ってますか?」
    学生「(しーん)」
    先生「知ってるみたいですね.次行きます」

  • 学生「パシャパシャパシャ」

  • 先生「お昼ご飯は,昼休みに食べようね」

  • 抜き打ちテストが始まると,みんなスマホで仲間と連絡を取り始め,人が増える

  • 先生「じゃあ,この列の一番後ろの人,答えて!」
    一番後ろの学生「(後ろを振り返る)」
    先生「君だよ!君! 後ろは壁だよ〜!」

  • 履修登録の日   -> 立ち見が出るほぼ満員
    2〜13回目   -> 5割前後の空席率
    14回目,テスト -> 教室変更

  • ラブライブ,パズドラ,モンスト

  • 定期的にいびきが聞こえる

  • 学部長「誰かが質問しないと授業終わりませんよ?」
    学生「・・・」
    学生「・・・」
    学生「・・・」
    学生「・・・」
    学生「・・・」
    学生「・・・」
    学生「・・・」
    学部長「・・・では.終わります・・・」

  • 記者会見(スライド進めるたびに,ぱしゃぱしゃぱしゃ)

  • 机に突っ伏してる人と起きてる人でビンゴゲームが出来る

  • 先生「今日はクリスマスなので,プレゼントを配ります(PDF).テストはここからしか出しません.後,電卓持ってない人が多いと思うので,スマホの持ち込みを許可します.電卓機能だけ使ってくださいね」

  • 学生のレスポンスがないので,先生がいつも悲しい顔をしている

  • 90デシベルを記録する授業がある

  • 前3列ぐらいの空席率が95%を超える授業が半数ぐらいある

  • 名誉教授「俺の手をよく見ろ,これがロケットだ!(手の平にホワイトボードマーカーを置く)これがグラグラしてもちゃんと目標状態になる.これが線形システムだ!!!!」

  • 外部講師「えー,ロケットがちゃんと自立するっていうのは,センサーを用いたフィードバック制御により目標値との差分を入力して,不安定なシステムを安定化することを言います.」

  • 先生「難しいスライドから,辛くなったら,諦めていいですよ.」 スライド「高校数学」
    先生「ここは難しいから,わかるかなー,間違えても大丈夫だから答えてくださいねー x^2を微分するとどうなりますか??」
    学生「2x」
    先生「おおすごい!正解です.」

  • ホワイトボードに3文字ぐらい先生が追加で書いたら,パシャ(スマホで撮影)

  • 先生「どうか,どうか,アラン・チューリングの名前だけは,覚えて,コンピュータ科学科を卒業してほしい.」

  • 実験で表紙がもらえないと逆ギレ

  • 先生「みなさん,これは何に見えますか?」
    学生「・・・」
    先生「みなさん,見えてますか?」
    学生「・・・」
    先生「みなさん,せめて頷いてください」
    学生「・・・」

  • 先生「では,演習を始めてください」
    先生が見回りを初める
    先生「どうですか?わかりますか?(PCを覗き込む)」
    先生「あ,違うことやってるか・・・」


####成績評価

S(90点以上),A(80点以上),B(70点以上),C(60点以上,単位が取れる),F(60点未満,単位が取れない)

全てが,この基準ではないが,こうなることが多い.

S : 勉強する
A : 毎回授業に出席する
B : 課題を出す
C : 履修登録をする
F : 講義に来ない





僕の大学がどのような大学だか分かっていただけましたか?
お気づきのように,たまに大喜利のような面白いことが本当に起こります.
しかし!勘違いして欲しくないのは,このようなことはたまにしか起こらないということです.普段はとても良い大学です.いつも動物園のような活気があります.学生はみな元気です.

最後に,学長の言葉をお借りて大学紹介を締めくくりたいと思います.

工学院大学は,学生・生徒の無限の可能性を開花させる学園 です.僕は,この大学で学べることの誇りを持っています.だからこそ,もっともっと良い大学になって欲しいです.そのために,少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思います.