Skip to content
No description, website, or topics provided.
ShaderLab C# HLSL
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.

Files

Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Assets 地形導入 Feb 9, 2020
Logs 地形導入 Feb 9, 2020
Packages 地形導入 Feb 9, 2020
ProjectSettings 地形導入 Feb 9, 2020
RequestPackages 少し動くと消える板glassを1面に追加 Feb 16, 2018
images 地形導入 Feb 9, 2020
.collabignore add collaborate Sep 26, 2017
.gitignore 少し動くと消える板glassを1面に追加 Feb 16, 2018
README.md 地形導入 Feb 9, 2020
referenceType2File.xml 少し動くと消える板glassを1面に追加 Feb 16, 2018
referencemap.xml 少し動くと消える板glassを1面に追加 Feb 16, 2018

README.md

sig4ng-ws

IGDA日本 SIG-for NextGeneration による子供向けワークショップの教材です。ワークショップでは、1つのステージを、1人の参加者が担当して、みんなで1つの「からくり装置」を作ります。


同梱リソース

プロジェクト内で下記のリソースを同梱・利用しています。

  • Unityのパーティクルシステムで爆発を作る_からあげ編
    使用しているコードがこちらです。

  • 富士山周辺の地形データ
    詳細はAssets/共通/mtfuji terrain/mtfuji README.txtを確認してください。切り出したエリアの緯度経度の情報が含まれます。

  • 富士山周辺の地図データ © OpenStreetMap contributors
    「エクスポート」に緯度経度を入力すると、地図上に矩形が表示されます。「共有」-「画像」で「独自の寸法を設定」を選び、エクスポート用に表示されている矩形に画像領域の矩形を重ねます。縮尺を修正してPNGでダウンロードする。得られた地図画像は、Assets/共通/MapMaterial.matに適用すると、地形に貼られます。


ワークショップの準備

  • Unity2018.4LTS
    これ以外のバージョンでの動作は確認していません。

  • Unity Collaborate
    参加者がプロジェクトをリアルタイムで共有するために使います。


ワークショップの進行

1時間目:
はじめのアンケート
今日できることのお話
はじめの一歩
地図に情報を書き込む
自分の描いたキャラクタを登場させる
休憩

2時間目:
みんなの仕事を合体させる
好きなだけ改造する
休憩

3時間目:
出来上がったものを見てみよう
今日やったことのお話
ふりかえり
さいごのアンケート


ワークショップで体験できること

  • Unityを使って、みんなで1つのからくり装置を改造する
  • 自分の描いたキャラクタをからくり装置に登場させる
  • プロと同じ道具を使ってゲーム作りの一部を体験する

グローバルゲームジャムの1コマ

ゲームを作っている様子。1人では作っていない。


はじめの一歩

  1. このプロジェクトをダウンロードして展開し、Unity2018.4を起動して、プロジェクトを開く。

sig4ng-wsを読み込んだ画面

  1. 画面右のエリアのタブ「WS専用パネル」から自分の担当するステージを選ぶ。 (1度、自分の担当ではないステージのボタンを押してから、自分の担当ステージのボタンを押すことを推奨)

  2. 画面中央部のタブを「ゲーム」にして、「再生時に最大化」ボタンが押し下げられた状態だった場合、「再生時に最大化」ボタンを押して、押された状態を解除しておく。

実行の仕方

  1. 画面上部の再生ボタン(▶、横向きの三角)で実行すると、動作が確認できる。もう1度再生ボタンを押すと、止まる。先に選んだ自分の担当するステージから、再生が始まるようになっている。

自分のステージを改造する

  1. シーンの表示を俯瞰(見下ろし)にする。ヒエラルキーの「(箱のアイコン)ステージ?」(左に三角が付いたもの)をダブルクリックすると、画面中央にステージが表示される。シーンの右上にあるシーンギズモを操作して俯瞰視点に変更する。マウスホイールを操作して、拡大縮小を行える。

シーンギズモ

  1. シーンにあるヒョウ柄の直方体(オブジェクト)をクリックして選択する。選択されると、オレンジの枠で表示される。他のオブジェクトも併せて選択されてしまったら、もう1回、直方体をクリックすると、直方体のみが選択される。

オブジェクトの移動

  1. オブジェクトが選択された状態で、画面左上のトランスフォームツールズの上下の矢印のアイコンを選ぶと、オブジェクトに矢印が生える。この矢印をドラッグして動かすと、矢印に平行な方向にオブジェクトを移動させることができる。

  2. トランスフォームツールズの回転のアイコンを選ぶとオブジェクトを回転させることができる。斜めの矢印のアイコンを選ぶとオブジェクトの大きさを変えられる 画面右側で、選択されたオブジェクトの情報を表示している「インスペクター」の「トランスフォーム」の数字を直接変更しても、位置、角度、大きさを変えることができる。

特別なメニュー

  1. オブジェクトを選択した状態で「ふやす」ボタンを押すと、オブジェクトがコピーされる。オブジェクトを選択した状態で「じめんにつける」ボタンを押すと、オブジェクトが床にぴったりと乗った状態に調整される。操作の取り消しは、「やりなおす」ボタンを押す。選択したオブジェクトを消したい場合は、「DEL」キーで消せる。

  2. 少し変更したら、再生ボタンで動作を確認する。こまめに動作を確認することで、変更した結果が、ステージの動きのじゃまになっていないことを確認しながら作業を進められる。

地図に情報を書き込む

  1. 自分の担当エリア内もしくは、中心のエリアで、ランドマークを探す
  2. ヒエラルキーで「掲示板」を選択して「ふやす」
  3. ふやした「掲示板」の「インスペクター」-「TextMeshPro(Script)」-「テキスト」に、ランドマークの名前と、説明を書く
  4. ランドマークの場所まで移動させる

ランドマークの例:

  • 今日、ここまで来るのに通った駅や場所は、地図の上にないかな?
  • 動物園や公園など、行ったことのある場所は、地図の上にないかな?
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場で知っている施設はある?
  • おいしいラーメン屋さんの場所

自分の描いたキャラクタを登場させる

お絵描きWS

  1. シートにお絵描きをして、webカメラで撮り込む。撮り込んだキャラクタの番号を覚えておく。

  2. ヒエラルキーで「お絵描きキャラクタ」を選択する 「インスペクター」-「Drawws(Script)」のCharNoに自分の描いたキャラクタの番号を入れる。

  3. 実行して確認する。

  4. 「お絵描きキャラクタ」のコピーを作って、配置を決めて、キャラクタの番号を設定すると、2つ目も出せる

みんなの仕事を合体させる

  1. CTRL+S、もしくは、「ファイル」-「シーンを保存」で、自分の作業を保存する。

コラボレート

  1. 画面上部の「コラボ」を押す。下矢印表示の場合は、他の人の作業内容が取り込まれる。上矢印表示の場合は、自分の作業内容が他の人に配られる。他の人が「コラボ」を押した直後だと失敗することがあるので、ひと呼吸待ってから、やり直す。表示になったら、最新の状態。

  2. 最新の状態で実行すると、みんなの仕事が合体した状態の動作を見ることができる。

好きなだけ改造する

ドミノの並びを変えてみる

「ヒョウ柄の直方体の大きさや位置を変えてみよう」と同じ要領で、ドミノを移動させて並びを変える。

ドミノを「ふやす」したり、「DEL」で消したりする 大きさを変えてみても面白いかも。

ドミノが床にぴったりと乗った状態に整えるために「じめんにつける」を使う。

ぶつかった時の音を変えてみる

ドミノの板を1つ選択する。

「インスペクター」-「Sound(script)」のAcに、「プロジェクト」-「Assets」-「Resources」内の効果音を、ドラッグアンドドロップで設定すると、そのドミノがぶつかった時の音が変わる。

カメラの位置を変えてみる

ヒエラルキーで「カメラ操作スイッチ」を選択する。

「インスペクター」-「Gate(Script)」のTargetX、TargetY、TargetZで、カメラの座標(各ステージ中央からの相対座標)を指定しているので、変更するとカメラの位置が変わる。

「カメラ操作スイッチ」をコピーして、ドミノが倒れて触れるところに配置すると、ステージの途中でもカメラ位置が変わるようにできる。

配置した状態で、「カメラ操作スイッチ」と他のオブジェクトが触れていないように注意する。

メッセージでアピールしてみる

ヒエラルキーで「掲示板」を選択する。

「インスペクター」-「テキストメッシュ」-「テキスト」に、自分のメッセージを書くと、ステージに表示される。カメラの向きに合わせて回転させると見やすくなる。

オブジェクトの模様と色を変えてみる

「プロジェクト」-「Assets」-「ステージ?素材」-「Materials」フォルダを開く。

自分のステージのオブジェクトの模様がならんでいるので、1つを選んで、インスペクターのアルベドの左の四角に、「プロジェクト」-「Assets」-「Resources」-「Texture」から、好きな模様を選んで、ドラッグ&ドロップすると、模様を変えられる。

マテリアルを新規作成して、インスペクターを操作して、好きなマテリアルを作ることもできる。模様を付けたい場合は、インスペクターのアルベドの左の四角に、「プロジェクト」-「Assets」-「Resources」-「Texture」から、好きな模様を選んで、ドラッグ&ドロップすると、模様を変えられる。作ったマテリアルを、模様を貼り付けたいオブジェクトにドラッグ&ドロップすると、オブジェクトの模様を変えられる。


関連情報

Unity初心者が知っておくと少しだけ幸せになれる、 シーンにオブジェクトを配置する時に使える18のTips+7

特に、コライダーの上に載せる感じで配置するを使うことで、ドミノを並べる際に、地面にメリ込ませないで、配置が行える。

パブリックドメインの素材を使う

コンテンツの部品となる画像や音などの素材には、個々に著作権があります。このため、自分の作品に勝手に他人の作った素材を使うことはできません。著作権が放棄された状態のことを「パブリックドメイン」といい、パブリックドメインの素材は自由に使うことができます。

Public Domain Pictures.net

freesound

You can’t perform that action at this time.